導入

次の手順を使用して 、Workspace Environment Management サービスの配置を設定します。デプロイを開始する前に、プロセス全体を確認して、何を期待するかを把握してください。製品のドキュメントおよび動画へのリンクを記載しています。

Workspace Environment Management サービスの配置で使用されるコンポーネントに精通していない場合は、Workspace Environment Management サービスを参照してください。

Workspace Environment Management サービスを評価または購入すると、Citrix サービスオペレーションチームが継続的なオンボーディングヘルプを提供します。また、このチームはお客様と連絡を取り、Workspace Environment Management サービスが正しく実行され、構成されていることを確認します。

オンボードの手順は次のとおりです:

  1. Citrix アカウントにサインアップして、Workspace Environment Management サービスの試用版をリクエストします。
  2. 統合の要件についてシトリックス担当者と相談する。
  3. Citrix Cloudポータルで設定を完了する。

Citrixアカウントを新規登録してトライアルをリクエストするには、Citrixの営業担当者にお問い合わせください。準備が整ったら、https://onboarding.cloud.comにアクセスします。

ログオンした後、[Workspace Environment Management] サービスタイルで、[ 試用版の要求] をクリックします。テキストが [トライアルがリクエストされました] に変わります。トライアルが利用可能になると、メールが届きます。

注:

試用版を待っている間に、「 次に行く場所」で参照されている情報を確認できます。Citrix は、Workspace Environment Management サービスソリューションをホストして提供しますが、アプリケーションやデスクトップ、およびアプリケーションとユーザーを配信するマシンも管理します。この待ち時間を利用して、Active Directoryなど、社内サービス用のインフラストラクチャを設定することをお勧めします。

試用版にアクセスする権限が付与されると、Workspace Environment Management サービスタイルのテキストが [管理]に変わります。

注:

[ 管理] をクリックすると、管理コンソールでWorkspace Environment Management サービスの構成を開始できます。ただし、その前に、Citrix Cloud Connectorを追加してリソースの場所を設定します。

次のステップ

Hypervisor またはクラウドサービス、または Active Directory をまだセットアップしていない場合は、「リソースの場所を設定する」を参照してください。

ホスト環境とActive Directoryを設定済みの場合は、「接続の作成」を参照してください。

構成プロセスの全体像については、「インストールと構成」を参照してください。