Workspace Environment Management

詳細設定

これらの設定を使用して、エージェントがアクションを処理する方法とタイミングを制御します。

監視環境設定

このページには、インサイトに関連する次の設定が含まれています。

  • 最適化と使用状況の洞察アプリケーションの動作に関するインサイトを得ることができます。次のオプションを使用して、エージェントがインサイトのためにデータを収集してアップロードするかどうかを制御します。
    • データの収集とアップロードを可能にし、最適化と使用状況に関するインサイトを得る

    このオプションを有効にすると、データの更新が完了するまでに数時間かかることがあります。

  • コンテナのインサイトをプロファイルします。Profile ManagementおよびFSLogix用のプロファイルコンテナに関するインサイトを得ることができます。次のオプションを使用して、Agent がプロファイルコンテナ上の大きなファイルをスキャンするかどうかを制御します。

    • 大容量ファイルのスキャンを有効にする

      有効にすると、コンテナーの使用量が指定したしきい値を超えたときに、プロファイルコンテナー上の大きなファイルのスキャンを実行します。スキャンは 24 時間に 1 回に制限されています。どのファイルを大きなファイルとして扱うかを、そのサイズに基づいて指定できます。

  • Profile Management ヘルスチェック。Profile Management のヘルスチェックレポートの対象となる設定の範囲を指定できます。ヘルスチェックは 24 時間ごとまたはオンデマンドで実行されます。 レポートでカバーするProfile Management 設定を選択します

    注:

    • オンデマンドでヘルスチェックを実行するには、[ [監視] > [管理] > エージェント] の [Profile Managementヘルスチェックの実行] オプション
    • 行った変更は新しいレポートにのみ反映され、既存のレポートには影響しません。エージェントごとに最新のレポートのみが保持されます。
詳細設定

この記事の概要