XMLプリンターリストの構成

Workspace Environment Management には、XMLプリンタ・リスト・ファイルを介してユーザー・プリンタを構成する機能が含まれています。

XMLプリンターリストファイルを作成したら、管理コンソールで [アクションの種類] オプションを [デバイスマッピングプリンターファイルを使用] に設定してプリンタのアクションを作成します。

注:

特定の Windows 資格情報を必要としないプリンターのみがサポートされます。

XMLプリンターリストファイル構造

XML ファイルは UTF-8 でエンコードされ、次の基本的な XML 構造を持ちます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

    <ArrayOfSerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
    ...
    </ArrayOfSerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter>

すべてのクライアントおよび関連デバイスは、次のタイプのオブジェクトで表されます。

シリアル化可能キー値ペア<文字列, リスト <VUEMUserAssignedPrinter> >>

各デバイスは次のように表されます。

    <SerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter>
        <Key>DEVICE1</Key>
        <Value>
            <VUEMUserAssignedPrinter>
               ...
            </VUEMUserAssignedPrinter>
        </Value>
    </SerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter>

デバイスの各ブロックは、特定のクライアントまたはコンピュータ名と一致する必要があります。**<Key>タグには、関連する名前が含まれています。<Value>タグには、指定されたクライアントに割り当てられたプリンタに一致する **VUEMUserAssignedPrinter オブジェクトのリストが含まれます。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

       <ArrayOfSerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
        <SerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter>
            <Key>DEVICE1</Key>
            <Value>
                <VUEMUserAssignedPrinter>
             ...
                </VUEMUserAssignedPrinter>
            </Value>
        </SerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter>
       </ArrayOfSerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter>

VUEMユーザー割り当てプリンタタグ構文

構成された各プリンタは、 **<VUEMUserAssignedPrinter> 次の属性を使用して、タグで定義する必要があります。

<IdPrinter>. これは、構成されたプリンタのWorkspace Environment Management プリンタIDです。各プリンタには異なる ID が必要です。注: Workspace Environment Management コンソールで構成された XMLプリンターリストのアクションは、独自の ID を持つプリンターアクションでもあります。このアクションは、XML リストで個別に構成されたプリンタの ID とは異なる必要があります。

<IdSite>. 関連するWorkspace Environment Management サイトのサイト ID が含まれます。このサイト ID は、既存のサイトの ID と一致する必要があります。

<State>. 1 がアクティブで、0 が無効になっているプリンタの状態を指定します。

<ActionType>. 常に 0 にする必要があります。

<UseExtCredentials>. 0 でなければなりません。特定の Windows 資格情報の使用は現在サポートされていません。

<isDefault>. 1 の場合、プリンタは既定の Windows プリンタです。0 の場合、デフォルトとして設定されていません。

<IdFilterRule>. 常に 1 である必要があります。

<RevisionId>. 常に 1 である必要があります。その後プリンターのプロパティを変更する場合は、この値を 1 ずつ増やしてエージェントホストに通知し、プリンターのアクションが再処理されるようにします。

<Name>. これは、Workspace Environment Management エージェントホストによって認識されるプリンタ名です。このフィールドは空白のままに することはできません

<Description>. これは、Workspace Environment Management エージェントホストによって認識されるプリンタの説明です。このフィールドは空白にできます。

<DisplayName>. これは未使用であり、空白のままにしてください。

<TargetPath>. これは、プリンタへの UNC パスです。

<ExtLogin>. 接続用の Windows 資格情報を指定するときに使用される Windows アカウントの名前が含まれます。「[現在サポートされていません。 このフィールドは空白のままにします。]」を参照してください。

<ExtPassword>. 接続用の Windows 資格情報を指定するときに使用する Windows アカウントのパスワードが含まれます。 [現在サポートされていません。 このフィールドは空白のままにします。]。

<Reserved01>. 詳細設定が含まれています。いかなる方法でも変更しないでください

&gt;&lt;VUEMActionAdvancedOption&gt;&lt;Name&gt;SelfHealingEnabled&lt;/Name&gt;&lt;Value&gt;0&lt;/Value&gt;&lt;/VUEMActionAdvancedOption

特定のプリンタオブジェクトの自己修復を有効にするには、上記の内容をコピーして貼り付けて、ハイライト 0 の値を 1 に変更します。

プリンタオブジェクトの例

次の例では、クライアントまたはコンピュータ DEVICE1に 2 つのアクティブなプリンタを割り当てます。

  • HP レーザージェット 2200 シリーズ UNC パス \\\server.example.net\HP LaserJet 2200 Series (既定のプリンタ)
  • キヤノン C5531i シリーズ プリンタ UNC パス\**\server.example.net\Canon C5531i Series**

また、クライアントまたはコンピュータの DEVICE2 に 1 つのアクティブなプリンタが割り当てられます。

  • HPレーザージェット2200シリーズ UNCパス \\server.example.net\HP LaserJet 2200 Series
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
      <ArrayOfSerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
        <SerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter>
            <Key>DEVICE1</Key>
            <Value>
                <VUEMUserAssignedPrinter>
                    <IdPrinter>1</IdPrinter>
                    <IdSite>1</IdSite>
                    <State>1</State>
                    <ActionType>0</ActionType>
                    <UseExtCredentials>0</UseExtCredentials>
                    <isDefault>1</isDefault>
                    <IdFilterRule>1</IdFilterRule>
                    <RevisionId>1</RevisionId>
                    <Name>HP LaserJet 2200 Series</Name>
                    <Description />
                    <DisplayName />
                    <TargetPath>\server.example.net\HP LaserJet 2200 Series</TargetPath>
                    <ExtLogin />
                    <ExtPassword />
                    <Reserved01>&lt;?xml version="1.0" encoding="utf-8"?&gt;&lt;ArrayOfVUEMActionAdvancedOption xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"&gt;&lt;VUEMActionAdvancedOption&gt;&lt;Name&gt;SelfHealingEnabled&lt;/Name&gt;&lt;Value&gt;0&lt;/Value&gt;&lt;/VUEMActionAdvancedOption&gt;&lt;/ArrayOfVUEMActionAdvancedOption&gt;</Reserved01>
                </VUEMUserAssignedPrinter>
            </Value>
          <Value>
                <VUEMUserAssignedPrinter>
                    <IdPrinter>2</IdPrinter>
                    <IdSite>1</IdSite>
                    <State>1</State>
                    <ActionType>0</ActionType>
                    <UseExtCredentials>0</UseExtCredentials>
                    <isDefault>0</isDefault>
                    <IdFilterRule>1</IdFilterRule>
                    <RevisionId>1</RevisionId>
                    <Name>Canon C5531i Series</Name>
                    <Description />
                    <DisplayName />
                    <TargetPath>\server.example.net\Canon C5531i Series</TargetPath>
                    <ExtLogin />
                    <ExtPassword />
                    <Reserved01>&lt;?xml version="1.0" encoding="utf-8"?&gt;&lt;ArrayOfVUEMActionAdvancedOption xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"&gt;&lt;VUEMActionAdvancedOption&gt;&lt;Name&gt;SelfHealingEnabled&lt;/Name&gt;&lt;Value&gt;0&lt;/Value&gt;&lt;/VUEMActionAdvancedOption&gt;&lt;/ArrayOfVUEMActionAdvancedOption&gt;</Reserved01>
                </VUEMUserAssignedPrinter>
            </Value></SerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter>
          <SerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter>
            <Key>DEVICE2</Key>
            <Value>
                <VUEMUserAssignedPrinter>
                    <IdPrinter>1</IdPrinter>
                    <IdSite>1</IdSite>
                    <State>1</State>
                    <ActionType>0</ActionType>
                    <UseExtCredentials>0</UseExtCredentials>
                    <isDefault>0</isDefault>
                    <IdFilterRule>1</IdFilterRule>
                    <RevisionId>1</RevisionId>
                    <Name>HP LaserJet 2200 Series</Name>
                    <Description />
                    <DisplayName />
                    <TargetPath>\server.example.net\HP LaserJet 2200 Series</TargetPath>
                    <ExtLogin />
                    <ExtPassword />
                    <Reserved01>&lt;?xml version="1.0" encoding="utf-8"?&gt;&lt;ArrayOfVUEMActionAdvancedOption xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"&gt;&lt;VUEMActionAdvancedOption&gt;&lt;Name&gt;SelfHealingEnabled&lt;/Name&gt;&lt;Value&gt;0&lt;/Value&gt;&lt;/VUEMActionAdvancedOption&gt;&lt;/ArrayOfVUEMActionAdvancedOption&gt;</Reserved01>
                </VUEMUserAssignedPrinter>
            </Value></SerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter>
       </ArrayOfSerializableKeyValuePairOfStringListOfVUEMUserAssignedPrinter>