Workspace Environment Management

メモリ管理

これらの設定により、Workspace Environment Management (WEM) を通じてアプリケーションのメモリ使用量を最適化できます。

メモリ管理

これらの設定が有効になっている場合、WEM は、安定性を失うことなく、プロセスが使用しているメモリ量とプロセスが必要とする最小メモリ量を計算します。WEM は、その差を過剰なメモリと見なします。プロセスがアイドル状態になると、WEM はプロセスが消費する余分なメモリをページファイルに解放し、その後の起動のためにプロセスを最適化します。通常、アプリケーションはタスクバーに最小化されるとアイドル状態になります。

タスクバーからアプリケーションを復元すると、最初は最適化された状態で実行されますが、必要に応じて追加のメモリを消費し続けることができます。

同様に、WEM はユーザーがデスクトップセッション中に使用するすべてのアプリケーションを最適化します。複数のユーザーセッションに複数のプロセスがある場合、解放されたすべてのメモリは他のプロセスで使用できます。この動作により、同じサーバー上でより多くのユーザーをサポートできるようになり、ユーザー密度が高まります。

アイドル状態のプロセスのメモリ使用量を最適化します。指定された時間アイドル状態が続いたプロセスに、アイドル状態がなくなるまで余分なメモリを解放するように強制します。

アイドルサンプル時間 (分)。プロセスがアイドル状態とみなされ、その後に余分なメモリを強制的に解放するまでの時間を指定できます。この間、WEM は、安定性を失うことなく、プロセスが使用しているメモリ量と、プロセスが必要とする最小メモリ量を計算します。デフォルト値は 120 分です。

アイドル状態の制限 (パーセント)。CPU 使用率のパーセンテージを指定して、この値を下回るとプロセスがアイドル状態とみなされます。デフォルトは 1% です。5% を超える値は使用しないことをお勧めします。そうしないと、アクティブに使用されているプロセスがアイドルと誤解され、そのメモリが解放される可能性があります。

[使用可能なメモリの合計が (MB) を超えた場合は最適化しない]。WEM がアイドル状態のアプリケーションのメモリ使用量を最適化するしきい値制限を指定できます。

メモリ使用量の最適化からプロセスを除外する。メモリ使用量の最適化からプロセスを除外できます。プロセス名 (notepad.exe など) を指定します。

WEM は、次のシステムプロセスのアプリケーションメモリ使用量を最適化しません。

  • rdpshell
  • wfshell
  • rdpclip
  • wmiprvse
  • dllhost
  • audiodg
  • msdtc
  • mscorsvw
  • spoolsv
  • smss
  • winlogon
  • svchost
  • taskmgr
  • System Idle Process
  • System
  • LSASS
  • wininit
  • msiexec
  • services
  • csrss
  • MsMpEng
  • NisSrv
  • Memory Compression

メモリ使用量上限

特定のプロセスに対するメモリ使用量の制限を有効にします。プロセスが消費できるメモリの上限を設定して、プロセスのメモリ使用量を制限できます。

警告:

特定のプロセスにメモリ使用量の制限を適用すると、システムの応答が遅くなるなど、意図しない影響が生じることがあります。

  • 追加。メモリ使用量の制限を適用するプロセスを追加できます。

  • [削除]。既存の項目を削除できます。

  • 編集。既存の項目を編集できます。

  • ダイナミックリミット。指定したプロセスに動的制限を適用できます。この設定は、指定したプロセスに割り当てられるメモリ量を動的に制限します。適用すると、使用可能なメモリに応じてメモリ使用量の制限が適用されます。そのため、指定したプロセスが消費するメモリが、指定した量を超える可能性があります。

  • 静的制限。指定したプロセスに静的制限を適用できます。この設定では、指定したプロセスに割り当てられるメモリ量が常に制限されます。適用すると、使用可能なメモリ量に関係なく、プロセスが指定したメモリ量を超えるメモリを消費しないように制限します。その結果、指定されたプロセスが消費するメモリは、指定された量に制限されます。

プロセスを追加するには:

  1. [管理コンソール] > [システム最適化] > [メモリ管理] > [メモリ使用量の制限 ] タブで [ 追加] をクリックします

  2. [Add Process ] ウィンドウで、追加するプロセスの名前 (notepad.exe. など) を入力し、メモリ使用量の制限を構成し、ドロップダウンメニューから制限モードを選択して、[ 保存] をクリックします。

アイテムを編集するには、アイテムを選択して「編集」( Edit) をクリックします。

項目を削除するには、項目を選択して [ 削除] をクリックします。

項目に動的制限を適用するには、項目を選択して「動的制限」( Dynamic Limit) をクリックします。

項目に静的制限を適用するには、項目を選択して [ 静的制限] をクリックします。

メモリ管理