HDX 3D Pro

XenAppとXenDesktopのHDX 3D Pro機能を使用すると、ハードウェアアクセラレーションにグラフィックス処理装置(GPU)を使用して最高の性能を発揮するデスクトップとアプリケーションを配信できます。たとえば、OpenGLやDirectXを使用する高度な3Dグラフィックアプリケーションでこの機能を使用します。標準VDAでは、DirectXのGPUアクセラレーションのみがサポートされます。標準VDAまたはHDX 3D Pro VDAの選択について詳しくは、「手順5:HDX 3D Proモードを有効にするかどうかを選択する」を「VDAのインストール」の記事内で参照してください。

サポートされているすべてのCitrix Receiverは、3Dグラフィックとともに使用できます。複雑な3Dワークロード、高解像度モニター、マルチモニター構成、および高フレームレートアプリケーションで最高のパフォーマンスを得るには、最新バージョンのCitrix Receiver for WindowsおよびCitrix Receiver for Linuxをお勧めします。サポートされているCitrix Receiverのバージョンについて詳しくは、「Lifecycle Milestones for Citrix Receiver」を参照してください。

高度な3Dグラフィック処理アプリケーションとして次のものがあります:

  • コンピューター支援設計(CAD)、コンピューター支援製造(CAM)、およびコンピューター支援エンジニアリング(CAE)アプリケーション
  • 地理情報システム(GIS)ソフトウェア
  • 医療画像処理のための画像保存通信システム(PACS)
  • 最新バージョンのOpenGL、DirectX、NVIDIA CUDA、OpenCL、およびWebGLを使用するアプリケーション
  • 並列計算にNVIDIA Compute Unified Device Architecture(CUDA)GPUを使用する計算集約型の非グラフィックアプリケーション

HDX 3D Proでは、さまざまな帯域幅において最適なユーザーエクスペリエンスが提供されます。

  • WAN接続の場合:帯域幅が1.5MbpsのWAN接続でもインタラクティブなユーザーエクスペリエンスが提供されます。

  • LAN接続の場合:LAN接続ではローカルデスクトップに匹敵するユーザーエクスペリエンスが提供されます。

    ユーザーが使用する複雑で高価なワークステーションをよりシンプルなユーザーデバイスに置き換えて、グラフィック処理をユーザー側から中央管理が可能なデータセンター内に移管できます。

HDX 3D Proにより、WindowsデスクトップOSマシンとWindowsサーバーOSマシンでのGPUアクセラレーションが提供されます。詳しくは、「WindowsデスクトップOSのためのGPUアクセラレーション」および「WindowsサーバーOSのためのGPUアクセラレーション」を参照してください。

HDX 3D Proは、次のハイパーバイザーが提供するGPUパススルーやGPU仮想化、およびベアメタルと互換性があります:

  • Citrix XenServer
    • NVIDIA GRIDおよびIntel GVT-dによるGPUパススルー
    • NVIDIA GRIDおよびIntel GVT-gによるGPU仮想化
  • Microsoft Hyper V
    • NVIDIA GRIDおよびAMDによるGPUパススルー(Discrete Device Assignment)
  • VMware vSphere
    • NVIDIA GRID、Intel、およびAMD IOMMUによるGPUパススルー(vDGA)
    • NVIDIA GRIDおよびAMD MxGPUによるGPU仮想化

サポート対象のXenServerバージョンについては、「Citrix XenServerのハードウェア互換性リスト」を参照してください。

HDX Monitorを使用すると、HDX仮想テクノロジの操作と構成を検証して、HDXの問題を診断して解決できます。このツールの詳細およびダウンロード方法については、https://taas.citrix.com/hdx/download/を参照してください。

HDX 3D Pro

In this article