アプリケーショングループの管理

はじめに

この記事では、作成済みのアプリケーショングループの管理手順について説明します。

以下の操作方法を含む、アプリケーショングループまたはデリバリーグループでのアプリケーションの管理について詳しくは、「アプリケーション」を参照してください:

  • アプリケーショングループのアプリケーションの追加または削除
  • アプリケーショングループの関連付けの変更

アプリケーショングループの管理には、組み込みの役割であるデリバリーグループ管理者の委任管理権限が必要です。詳しくは、「委任管理」を参照してください。

アプリケーショングループの有効化または無効化

アプリケーショングループを有効にすると、このグループに追加されたアプリケーションを配信できます。アプリケーショングループを無効にすると、グループ内のアプリケーションもすべて無効になります。ただし、これらのアプリケーションが他の有効なアプリケーショングループにも関連付けられている場合は、これらの他のアプリケーショングループから配信できます。同様に、アプリケーションが(アプリケーショングループへの追加に加えて)アプリケーショングループに関連付けられているデリバリーグループに明示的に追加されている場合は、アプリケーショングループを無効にしても、これらのデリバリーグループに追加されたアプリケーションには影響しません。

アプリケーショングループは作成時に有効になります。これをグループの作成時に変更することはできません。

  1. Studioのナビゲーションペインで [アプリケーション] を選択します。
  2. 中央ペインでアプリケーショングループを選択し、[操作]ペインで [アプリケーショングループを編集します] を選択します。
  3. [設定] ページで、[アプリケーショングループを有効にする] チェックボックスをオンまたはオフにします。
  4. [適用] をクリックして行った変更を適用しウィンドウを開いたままにするか、[OK]をクリックして変更を適用しウィンドウを閉じます。

アプリケーショングループ間でのアプリケーションセッション共有の有効化または無効化

アプリケーショングループ間でのセッション共有は、アプリケーショングループの作成時に有効になります。これをグループの作成時に変更することはできません。アプリケーションセッション共有について詳しくは、「アプリケーション間のセッション共有」を参照してください。

  1. Studioのナビゲーションペインで [アプリケーション] を選択します。
  2. 中央ペインでアプリケーショングループを選択し、[操作]ペインで [アプリケーショングループを編集します] を選択します。
  3. [設定] ページで、[アプリケーショングループ間のアプリケーションのセッション共有を有効にします] チェックボックスをオンまたはオフにします。
  4. [適用] をクリックして行った変更を適用しウィンドウを開いたままにするか、[OK]をクリックして変更を適用しウィンドウを閉じます。

アプリケーショングループ内のアプリケーションのセッション共有を無効にします

同じアプリケーショングループのアプリケーション間のセッション共有は、アプリケーショングループを作成した場合、デフォルトで有効です。アプリケーショングループ間でのアプリケーションセッション共有を無効化しても、同じアプリケーショングループのアプリケーション間のセッション共有は引き続き有効です。Broker PowerShell SDKを使用して、所属するアプリケーション間のセッション共有を無効化したアプリケーショングループを構成できます。状況によっては、この機能が望ましい場合もあります。たとえば、ユーザーが複数の非シームレスアプリケーションを個別のモニターのフルサイズのアプリケーションウィンドウで起動できるようにする場合などです。アプリケーションセッション共有について詳しくは、「アプリケーション間のセッション共有」を参照してください。

アプリケーショングループ内でのアプリケーションセッション共有を無効にした場合、そのグループ内の各アプリケーションは新しいアプリケーションセッションで起動します。適切な切断されたセッションで同じアプリケーションが動作中の利用可能なセッションがあれば、そのセッションが再接続されます。たとえば、Notepadを起動する場合、Notepadが動作中の切断されたセッションがあれば、新しいセッションを作成しないでそのセッションが再接続されます。複数の適切な切断されたセッションが利用可能な場合、そのうちの1つのセッションが再接続先として、ランダムだが決定的な方法で選択されます。同じ状況で同じ状態が再現した場合は、同じセッションが選択されます。しかし、そうでない場合は再接続されるセッションは、予測できるとは限りません。 Broker PowerShell SDKを使用して、既存のアプリケーショングループのすべてのアプリケーションでアプリケーションセッション共有を無効化するか、アプリケーションセッション共有を無効化したアプリケーショングループを作成できます。

PowerShellコマンドレット例

セッション共有を無効化するには、Broker PowerShellコマンドレットのNew-BrokerApplicationGroup、またはSet-BrokerApplicationGroup‑SessionSharingEnabledパラメーターをFalseに、‑SingleAppPerSessionパラメーターをTrueに設定して実行します。

たとえば、グループ内のすべてのアプリケーションでアプリケーションセッション共有が無効のアプリケーショングループを作成するには、以下を実行します。

New-BrokerApplicationGroup AppGr1 -SessionSharingEnabled $False ‑SingleAppPerSession $True

たとえば、既存のアプリケーショングループ内のすべてのアプリケーション間でアプリケーションセッション共有を無効化するには、以下を実行します。

Set-BrokerApplicationGroup AppGR1 -SessionSharingEnabled $False ‑SingleAppPerSession $True

注:

  • SingleAppPerSessionプロパティを有効化するには、SessionSharingEnabledプロパティをFalseに設定する必要があります。この2つのプロパティは、同時に有効化してはなりません。SessionSharingEnabledパラメーターは、アプリケーショングループ間のセッション共有に関するものです。
  • アプリケーションセッション共有は、アプリケーショングループに割り当てられているが、デリバリーグループには割り当てられていないアプリケーションに対してのみ有効です。(デリバリーグループに直接割り当てられているアプリケーションはすべてデフォルトでセッションを共有します)。
  • 1つのアプリケーションが複数のアプリケーショングループに割り当てられている場合、グループどうしで設定が矛盾(たとえば、同じオプションを一方はTrueに、他方はFalseに設定しているような場合)しないようにしてください。予想のつかない動作を引き起こします。

アプリケーショングループ名の変更

  1. Studioのナビゲーションペインで [アプリケーション] を選択します。
  2. 中央ペインでアプリケーショングループを選択し、[操作]ペインで [アプリケーショングループ名を変更します] を選択します。
  3. 新しい一意の名前を指定し、[OK] をクリックします。

アプリケーショングループとデリバリーグループの関連付けの追加、削除、または優先度変更

アプリケーショングループは、アプリケーションを配信可能な共有(プライベートではない)マシンが含まれるデリバリーグループに関連付けることができます。

また、(1)デリバリーグループに共有マシンが含まれていてこのグループがXenDesktop 7.x バージョンで作成されており、かつ(2)[デリバリーグループの編集]権限が付与されている場合は、デスクトップのみを配信可能な共有マシンが含まれるデリバリーグループを選択することもできます。デリバリーグループの種類は、[アプリケーショングループを編集します]ダイアログボックスが表示されると、自動的に「デスクトップとアプリケーション」に変換されます。

  1. Studioのナビゲーションペインで [アプリケーション] を選択します。
  2. 中央ペインでアプリケーショングループを選択し、[操作]ペインで [アプリケーショングループを編集します] を選択します。
  3. [デリバリーグループ] ページを選択します。
  4. デリバリーグループを追加するには、[追加] をクリックします。使用可能なデリバリーグループのチェックボックスをオンにします(互換性のないデリバリーグループは選択できません)。 選択が完了したら、[OK] をクリックします。
  5. デリバリーグループを削除するには、削除するグループのチェックボックスをオンにして、[削除] をクリックします。確認のメッセージが表示されたら、削除を確定します。
  6. デリバリーグループの優先度を変更するには、デリバリーグループのチェックボックスをオンにして、[優先度の編集] をクリックします。優先順位(0が最高)を入力し、[OK] をクリックします。
  7. [適用] をクリックして行った変更を適用しウィンドウを開いたままにするか、[OK]をクリックして変更を適用しウィンドウを閉じます。

アプリケーショングループのタグ制約の追加、変更、または削除

重要: タグ制約を追加、変更、および削除すると、どのマシンがアプリケーション起動の対象となるかについて、予期しない効果を招くことがあります。「タグ」に記載されている考慮事項と注意を必ず確認してください。

  1. Studioのナビゲーションペインで [アプリケーション] を選択します。
  2. 中央ペインでアプリケーショングループを選択し、[操作]ペインで [アプリケーショングループを編集します] を選択します。
  3. [デリバリーグループ] ページを選択します。
  4. タグ制約を追加するには、[タグでマシンの起動を制限します:] を選択し、ドロップダウンからタグを選択します。
  5. タグ制約を変更または削除するには、異なるタグをドロップダウンから選択するか、[次のタグを持つマシンに起動を制約する:] をオフにして、タグ制約を完全に削除します。
  6. [適用] をクリックして行った変更を適用しウィンドウを開いたままにするか、[OK]をクリックして変更を適用しウィンドウを閉じます。

アプリケーショングループのユーザーの追加または削除

ユーザーについて詳しくは、「アプリケーショングループの作成」の記事で「ユーザー」のセクションを参照してください。

  1. Studioのナビゲーションペインで [アプリケーション] を選択します。
  2. 中央ペインでアプリケーショングループを選択し、[操作]ペインで [アプリケーショングループを編集します] を選択します。
  3. [ユーザー] ページを選択します。アプリケーショングループ内のアプリケーションの使用を、関連付けられたデリバリーグループ内のすべてのユーザーに許可するか、特定のユーザーおよびグループにのみ許可するかを指定します。ユーザーを追加するには、[追加] をクリックし、追加するユーザーを指定します。ユーザーを削除する場合は、1人または複数のユーザーを選択し、[削除]をクリックします。
  4. [適用] をクリックして行った変更を適用しウィンドウを開いたままにするか、[OK]をクリックして変更を適用しウィンドウを閉じます。

アプリケーショングループのスコープの変更

スコープの変更は、スコープを作成済みの場合のみ行うことができます([すべて]のスコープを編集することはできません)。詳しくは、「委任管理」を参照してください。

  1. Studioのナビゲーションペインで [アプリケーション] を選択します。
  2. 中央ペインでアプリケーショングループを選択し、[操作]ペインで [アプリケーショングループを編集します] を選択します。
  3. [スコープ] ページを選択します。スコープの横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。
  4. [適用] をクリックして行った変更を適用しウィンドウを開いたままにするか、[OK]をクリックして変更を適用しウィンドウを閉じます。

アプリケーショングループの削除

アプリケーションは、少なくとも1つのデリバリーグループまたはアプリケーショングループに関連付ける必要があります。アプリケーショングループの削除により1つまたは複数のアプリケーションがグループに属していない状態になる場合は、グループを削除するとこれらのアプリケーションも削除されることを通知する警告メッセージが表示されます。削除を確定またはキャンセルすることができます。

アプリケーションを削除しても、そのアプリケーションは元のソースからは削除されません。ただし、このアプリケーションを再び使用可能にするには、追加し直す必要があります。

  1. Studioのナビゲーションペインで [アプリケーション] を選択します。
  2. 中央ペインでアプリケーショングループを選択し、[操作]ペインで [グループの削除] を選択します。
  3. 確認のメッセージが表示されたら、削除を確定します。