XenApp 6.5ワーカーから新しいVDAへのアップグレード

XenAppp6.5ファームに移行した後は、以前のソフトウェアを削除し、新しいVDA for Server OSをインストールすることで、セッションホスト専用モード(セッションホストモードまたはワーカーとも呼ばれます)で構成されたXenApp6.5サーバーを使用できます。

注: XenApp 6.5ワーカーサーバーはアップグレードできますが、クリーンなマシンに最新のVDAソフトウェアをインストールする方が、セキュリティは優れています。

XenApp 6.5ワーカーから新しいVDAにアップグレードするには、以下の操作を行います。

  1. hotfix readmeの説明に従って、XenApp 6.5のHotfix Rollup Pack 7を削除します。CTX202095を参照してください。
  2. 役割やコンポーネントを削除する」の説明に従って、XenApp 6.5をアンインストールします。このプロセスでは再起動が数回必要です。アンインストール時にエラーが発生した場合は、エラーメッセージに従ってアンインストールエラーログを参照してください。ログファイルは、%TEMP%\Citrix\XenDesktop Installation\XenApp 6.5 Uninstall Log Files\フォルダーに生成されます。
  3. このリリースで提供されるインストーラーを使って、VDA for Server OSをインストールします。「VDAのインストール」または「コマンドラインを使ったインストール」を参照してください。

新しいVDAをインストールした後、新しいXenAppサイトのStudioを使用して、アップグレードされたワーカーのマシンカタログを作成(または既存のマシンカタログを編集)します。

トラブルシューティング

問題:XenApp 6.5ソフトウェアのアンインストールに失敗し、アンインストールログにメッセージ「Error 25703. An error occurred while plugging XML into Internet Information Server. Setup cannot copy files to your IIS Scripts directory. Please make sure that your IIS installation is correct.」が記録される。

原因:この問題は、元のXenApp 6.5のインストール時にCitrix XML Service(CtxHttp.exe)とIISとのポート共有を無効にしたシステム、および.NET Framework 3.5.1がインストールされたシステムで発生します。

解決策:

  1. Windowsのサーバーの役割の削除ウィザードを使用して[Webサーバー(IIS)の役割]を削除します。Webサーバー(IIS)の役割は必要に応じて後で再インストールできます。
  2. サーバーを再起動します。
  3. [プログラムの追加と削除]を使って、Citrix XenApp 6.5とMicrosoft Visual C++ 2005 Redistributable(x64)バージョン8.0.56336をアンインストールします。
  4. サーバーを再起動します。
  5. VDA for Windows Server OS をインストールします。

XenApp 6.5ワーカーから新しいVDAへのアップグレード