クラウドサービスのライセンスおよびアクティブな使用状況の監視

Citrix Cloudのライセンス機能により、購入したクラウドサービスのライセンス消費を常に把握できます。概要レポートと詳細レポートを使用すると、次のことが実行できます:

  • ライセンスの可用性と割り当てを一目で把握する
  • 関連するクラウドサービスの日次および月次のアクティブな使用状況の傾向を表示する
  • 個別のライセンス割り当ての詳細と使用傾向をドリルダウンして確認する
  • ライセンス使用状況データをCSVにエクスポートする

クラウドサービスのライセンスデータを表示するには、コンソールメニューで [ライセンス] を選択します。

Citrix Cloudの[ライセンス]メニュー

注:

この記事では、サポートされているすべてのCitrix Cloudサービスに共通のライセンス機能について説明します。ライセンスのいくつかの要素は、サービスによって異なる場合があります(ライセンスの割り当てなど)。各サービスのライセンスと使用状況に関する詳細については、以下の記事を参照してください。

サポートされている地域とクラウドサービス

ライセンス機能は、米国、EU、南アジア太平洋地域のサポートされているサービスでのみ利用できます。

ライセンス機能は次のクラウドサービスでサポートされています:

  • Virtual Apps and Desktops(ユーザー/デバイスライセンスモデル)
  • Endpoint Management

ライセンス割り当て

一般に、ユーザーには、クラウドサービスの最初の使用時にライセンスが割り当てられます。一部のサービスでは、使用するライセンスモデルに基づいて異なる方法でライセンスを割り当てる場合があります。各サービスのライセンスの割り当て方法について詳しくは、この記事の上部で参照されているライセンスの記事を参照してください。

ライセンスの概要と詳細

ライセンスの概要表示

ライセンスの概要では、サポートされている各サービスに関する次の情報を一目で確認できます:

  • 購入済みライセンス合計に対する割り当て済みライセンスの割合。割合が100%に近づくにつれて、表示は緑色から黄色に変わります。割合が100%を超えると、表示が赤になります。
  • 購入したライセンスに対する割り当てられたライセンスの比率、および使用可能なライセンスの残りの数。
  • クラウドサービスのサブスクリプションが期限切れになるまでの残り時間。サブスクリプションが90日以内に期限切れになる場合、警告メッセージが表示されます。

一部のサービスでは、この概要にアクティブな使用などの追加情報が含まれる場合があります。サービス固有の詳細について詳しくは、この記事の上部で参照されているライセンスの記事を参照してください。

使用状況の傾向とライセンスアクティビティ

クラウドサービスライセンスの詳細を表示するには、[使用状況の詳細の表示] をクリックします。使用状況の傾向と、クラウドサービスライセンスを使用しているユーザーの内訳を確認できます。

ライセンス使用状況の割り当て傾向グラフ

この内訳には、クラウドサービスに応じてさまざまな情報が含まれます。使用状況の傾向とライセンスアクティビティについて詳しくは、この記事の上部で参照されているライセンスの記事を参照してください。

割り当て済みライセンスを解放する

一般に、割り当て済みライセンスは、ユーザーがクラウドサービスを30日間連続して使用していない場合、解放対象となります。ライセンスが解放されると、それに応じて残りのライセンス数が増加し、割り当て済みライセンス数が減少します。

一部のサービスでは、使用するライセンスモデルによって、ライセンスの解放が異なる場合があります。各サービスのライセンスの解放について詳しくは、この記事の上部で参照されているライセンスの記事を参照してください。

よくある質問

  • 割り当てられたライセンス数が購入したライセンス数を超えた場合、クラウドサービスの使用が停止されますか? いいえ。購入済みクラウドライセンスの使用数を超過した場合でも、サービスは停止されません。[ライセンス使用状況]ではクラウドライセンスの使用数を把握するための情報が提供されるため、お客様はライセンスの割り当てを監視し、購入したライセンス数内でサービスを使用されることを期待されます。ライセンス数を超えてサービスを使用することが判明した場合、営業担当者にご連絡いただき、ライセンス要件の見直しについてご相談いただくようお願いします。
  • どのようなライセンス情報がキャプチャされていますか? 現在、ユーザーログインに関連するライセンス情報のみがキャプチャされます。