プライマリのリソースの場所の選択

ドメイン内に複数のリソースの場所がある場合は、Citrix Cloudの「プライマリの」、つまり「最も優先される」場所を選択できます。プライマリのリソースの場所は、Citrix Cloudとドメイン間で最高のパフォーマンスと接続性を提供するため、ユーザーはすぐにサインインできるようになります。

プライマリのリソースの場所を選択すると、そのリソースの場所にあるCloud Connectorがユーザーのログオンとプロビジョニング操作に使用されます。プライマリのリソースの場所のCloud Connectorが利用できない場合、これらの操作はドメイン内の別のCloud Connectorを使用して実行されます。

注: 任意のリソースの場所で常にCloud Connectorを使用できるようにするには、少なくとも2つのCloud Connectorをインストールすることをお勧めします。

プライマリのリソースの場所に使用するリソースの場所を決定するには、次の点を考慮してください。

  • ドメインとの接続に優れたリソースの場所である。
  • Citrix Cloud管理コンソールを使用している地理的地域に最も近いリソースの場所である。例えば、Citrix Cloudコンソールがhttps://us.cloud.comにある場合は、米国地域に最も近い場所をリソースの場所に選択します。

プライマリのリソースの場所を選択するには

  1. Citrix Cloud管理コンソールでメニューボタンをクリックし、[IDおよびアクセス管理] を選択します。
  2. [ドメイン] をクリックし、使用するリソースの場所を含むドメインを展開します。
  3. [プライマリのリソースの場所を設定する] をクリックし、プライマリとして指定するリソースの場所を選択します。
  4. [保存] をクリックします。選択したリソースの場所の横に「プライマリ」と表示されます。

注: 別のドメインを展開する前に、ドメインでの選択内容を保存してください。ドメインを展開してから別のドメインを展開すると、最初に展開されたドメインが折りたたまれ、保存されていない選択が破棄されます。

別のプライマリのリソースの場所を選択する

  1. Citrix Cloud管理コンソールでメニューボタンをクリックし、[IDおよびアクセス管理] を選択します。
  2. [ドメイン] をクリックし、変更するプライマリのリソースの場所を含むドメインを展開します。
  3. [プライマリのリソースの場所を変更する] をクリックし、使用するリソースの場所を選択します。
  4. [保存] をクリックします。

プライマリのリソースの場所をリセットする

プライマリのリソースの場所をリセットすると、別の場所を選択せずにリソースの場所から「プライマリ」の指定を削除できます。「プライマリ」の指定を削除すると、ドメイン内のどのCloud Connectorでもユーザーログオン操作を処理できるようになります。その結果、一部のユーザーのログオンが遅くなる可能性があります。

  1. Citrix Cloud管理コンソールでメニューボタンをクリックし、[IDおよびアクセス管理] を選択します。
  2. [ドメイン] を選択し、変更するプライマリのリソースの場所を含むドメインを展開します。
  3. [プライマリのリソースの場所を変更する] を選択し、[リセット] を選択します。ログオンのパフォーマンスが影響を受ける可能性があることを警告する通知が表示されます。
  4. [利用者に影響を与える可能性があることを了承します。] を選択し、[リセットの確認] をクリックします。