Citrix Cloud

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスのライセンスとアクティブな使用状況の監視(ユーザー/デバイス)

ライセンス割り当て

Citrix Cloudでは、一意のユーザーまたはデバイスによるアプリまたはデスクトップの初回起動時にライセンスが割り当てられます。

ライセンスの概要

ライセンスの概要表示

ライセンスの概要では、次の情報を一目で確認できます:

  • 割り当てられた購入済みライセンスの合計パーセンテージ。割合が100%に近づくにつれて、表示は緑色から黄色に変わります。割合が100%を超えると、表示が赤になります。

    購入したライセンスの総数は、ユーザー/デバイスライセンスモデルを使用するVirtual Apps、Virtual Desktops、およびVirtual Apps and Desktopsサービスの使用のために購入したライセンスの合計です。

  • 購入したライセンスに対する割り当てられたライセンスの比率、および使用可能なライセンスの残りの数。
  • 月次および日次のアクティブな使用状況の統計:
    • 月次のアクティブな使用状況とは、過去30日間にサービスを使用した一意のユーザーまたはデバイスの数を指します。
    • 日次のアクティブな使用状況とは、過去24時間以内にサービスを使用した一意のユーザーまたはデバイスの数を指します。
  • クラウドサービスのサブスクリプションが期限切れになるまでの残り時間。サブスクリプションが90日以内に期限切れになる場合、警告メッセージが表示されます。

割り当てられたライセンスとアクティブな使用状況の計算

Virtual Apps and Desktopsサービスのユーザー/デバイスライセンスモデルが正確に反映されるよう、Citrix Cloudではサービスを使用した一意のユーザー数とデバイス数がカウントされます。Citrix Cloudは、割り当て済みライセンスを計算するために、これらのうち少ない方の数を使用します。Citrix Cloudは、アクティブな使用状況を計算するために、特定の期間のアクティブなユーザーとアクティブなデバイスの数として、各カウントを使用します。

割り当て済みライセンスの計算例

サービスを使用している一意のユーザー数が100、一意のデバイス数が50の場合、Citrix Cloudでは少ない方の数(50)を使用して割り当て済みライセンスの数を判断します。使用されているライセンスの割合と使用可能なライセンスの数は、割り当てられた50のライセンスに基づきます。

アクティブな使用状況の計算例

過去30日間に10人の一意のユーザーと20人の一意のデバイスがサービスを使用した場合、Citrix Cloudは、月次のアクティブな使用状況が10人のアクティブなユーザーと20人のアクティブなデバイスで構成されていると判断します。同様に、過去24時間以内に30人の一意のユーザーと15人の一意のデバイスがカウントされた場合、Citrix Cloudは、日次のアクティブな使用状況が30人のアクティブなユーザーと15人のアクティブなデバイスで構成されていると判断します。

使用状況の傾向とライセンスアクティビティ

ライセンスの詳細を表示するには、概要の右端にある [使用状況の詳細の表示] をクリックします。使用傾向と、クラウドサービスライセンスを使用している個々のユーザーおよびデバイスの内訳を確認できます。

ライセンスの概要ビューと[詳細の表示]の強調表示

[使用状況の傾向] セクションでは、この内訳がグラフで表示されます。

ライセンス使用状況の割り当て傾向グラフ

[ライセンス割り当て] グラフで、特定の月または日のバーをポイントすると、次の情報が表示されます:

  • ライセンス合計: 合計したクラウドサービス使用権のために購入済みのライセンス合計数。
  • 割り当てられたユーザー: 今月までにユーザーに割り当てられたライセンスの累積数。
  • 割り当てられたデバイス: 今月までにデバイスに割り当てられたライセンスの累積数。特定の月にこの数が特に多いと思われる場合、アプリまたはデスクトップがWebブラウザーを介して起動していることが原因である可能性があります。この数を減らすには、ローカルにインストールされたWorkspaceアプリを使用することをお勧めします。
  • 新しく割り当て済み: 各月に割り当てられた新しいライセンスの数。たとえば、7月にクラウドサービスに初めてアクセスするユーザーにライセンスが割り当てられたとします。このライセンスは、7月に[新しく割り当て済み]としてカウントされます。
  • リリース済み: 各月にリリースされた対象ライセンスの数。たとえば、20個のライセンスがリリースの対象であり、7月に10個をリリースした場合、7月に表示されるリリース済みライセンスの数は10個です。

[アクティブな使用] を選択して、前の暦月と暦年の、アクティブなユーザーとデバイスのグラフをそれぞれ表示します。グラフ上の特定の場所をポイントすると、アクティブなユーザーまたはデバイスの数と使用率が表示されます。

日次アクティブ使用傾向グラフ

[ライセンスアクティビティ] セクションには、次の情報も表示されます:

  • 関連するデバイスを含む、ライセンスを割り当てた個々のユーザーのリスト。 [ライセンス使用状況]割り当て済みユーザー一覧
  • 関連するユーザーを含む、ライセンスを割り当てたデバイスのリスト。 [ライセンス使用状況]割り当て済みユーザー一覧
  • ライセンスがユーザーまたはデバイスに割り当てられた日付。

割り当て済みライセンスを解放する

過去30日間にアプリまたはデスクトップを起動していないユーザーのライセンスを解放できます。過去30日間にデバイスからアプリやデスクトップが起動されていない場合は、デバイスのライセンスを解放できます。ライセンスは複数を一括で解放するか、個別に解放できます。(これは、非アクティブなライセンスが90日後に自動的に解放されるオンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktops展開とは異なります。)

ライセンスが解放されると、それに応じて残りのライセンス数が増加し、割り当て済みライセンス数が減少します。ライセンスが解放された後、ユーザーはクラウドサービスにログインして使用することによって、別のライセンスを取得できます。

複数の割り当て済みライセンスを解放するには

  1. [ライセンスアクティビティ] で、[ライセンスを解放] を選択します。 [ライセンスを解放]ボタンが強調表示された[ライセンス使用ユーザー]リスト
  2. リストから、管理するユーザーを選択し、[[デバイス] に進む] を選択します。 解放対象のライセンスを持つユーザーのリスト
  3. 管理するデバイスを選択して [[解放] に進む] を選択します。 解放対象のライセンスがあるデバイスのリスト
  4. 選択したライセンスを確認して [ライセンスを解放] を選択します。 選択したユーザーおよびデバイスのライセンスのリスト

1つの割り当て済みライセンスを解放するには

[ライセンス使用ユーザー] または [ライセンス使用デバイス] リストから、個別のライセンスを解放できます。これらのリストには、解放対象のライセンスがあるユーザーまたはデバイスのみに省略ボタンが表示され、クリックできます。省略ボタンは、過去30日間にアプリやデスクトップを起動した個々のユーザーおよび個々のデバイスに対してはアクティブになりません。

  1. [ライセンスアクティビティ] で、[ライセンス使用ユーザー] または [ライセンス使用デバイス] タブを選択します。
  2. 管理するユーザーまたはデバイスを見つけて、ライセンスを解放します:
    1. 単一ユーザーのライセンスを解放するには、省略記号ボタンをクリックして [ユーザーを解放] を選択します。 [ユーザーを解放]メニューオプション
    2. 単一デバイスを解放するには、省略記号ボタンをクリックして [デバイスの解放] を選択します。 [デバイスの解放]メニューオプション
  3. 選択内容を確認してから [続行] を選択します。
  4. 解放を確認するメッセージが表示されたら、[解放] を選択します。
Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスのライセンスとアクティブな使用状況の監視(ユーザー/デバイス)