Citrix Virtual Apps and Desktops

SCCMを使用したVDAのインストール

概要

Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)または同様のソフトウェア配信ツールを使用してVirtual Delivery Agent(VDA)を正常に展開するには、VDAインストーラーを一連の手順で使用することをお勧めします。

VDAのインストールまたはアップグレードの一部としてVDA Cleanup Utilityを使用することはお勧めしません。VDA Cleanup Utilityは、以前にVDAインストーラーで失敗した場合にのみ使用してください。

再起動

VDAのインストール中に必要な再起動回数は、環境によって異なります。次に例を示します:

  • 以前のソフトウェアインストールからの更新や再起動が保留になっている場合は、再起動が必要になることがあります。
  • 以前に別のプロセスによってロックされていたファイルは、更新が必要になり追加で再起動が必要になる場合があります。
  • VDAインストーラーの一部のオプションコンポーネント(Citrix Profile Management、Citrix Filesなど)は、再起動が必要な場合があります。

SCCMのタスクシーケンサにより、必要なすべての再起動が管理されます。

タスクシーケンスの定義

すべての前提条件と再起動を確認したら、SCCMのタスクシーケンサを使用して次の作業を完了します:

  • VDAは、インストールメディアのアクセス可能なコピーから、またはVDAスタンドアロンインストーラーの1つからインストールできます:

    • VDAWorkstationSetup_XXXX.exe
    • VDAServerSetup_XXXX.exe
    • VDAWorkstationCoreSetup_XXXX.exe

    VDAインストーラーについて詳しくは、「インストーラー」を参照してください。

  • VDAをアップグレードする場合、VDAがインストールされているマシンは、セッションがなく、メンテナンスモードである必要があります。
  • マシン上でVDAインストールを初めて実行すると、使用されているVDAインストーラーがそのマシン上にコピーされます。
    • VDAWorkstationCoreSetup_XXXX.exe以外のVDAインストーラーを使用している場合、VDAインストーラーは %ProgramData%\Citrix\XenDesktopSetup\XenDesktopVdaSetup.exeにコピーされます。
    • VDAWorkstationCoreSetup_XXXX.exeを使用している場合、VDAインストーラーは%ProgramData%\Citrix\XenDesktopSetup\XenDesktopRemotePCSetup.exeにコピーされます。 `
  • VDAインストーラーのディレクトリの場所もレジストリ“HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\MetaInstall” “MetaInstallerInstallLocation”に保存されます。
  • /NOREBOOT/NORESUME、および/QUIETをコマンドラインオプションに追加します。
    • /QUIET: SCCMがインストールプロセスを制御できるように、インストール中にユーザーインターフェイスを表示しないでください。
    • /NOREBOOT: VDAインストーラーが自動的に再起動されないようにします。SCCMは、必要に応じて再起動をトリガーします。
    • /NORESUME:通常、インストール中に再起動が必要な場合、VDAインストーラーはrunonceレジストリキー(\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunOnce)を設定します。マシンが再起動されると、Windowsはこのキーを使用してVDAインストーラーを起動します。これは、SCCMがインストールをモニターして終了コードをキャプチャすることができないため、SCCMの問題です。

SCCMを使用したインストールシーケンスの例

以下は、インストールシーケンスの例です。

  1. SCCM TASK1: マシンを再起動することでマシンを準備します。
  2. SCCM TASK2: VDAのインストールを開始します。
    1. /quiet/noreboot、および/noresumeのオプションをコマンドラインオプションに追加します。
    2. 任意のVDAインストーラー(ローカルイメージ、または最小限のインストーラーの1つ)を実行します。
    3. SCCMがリターンコードをキャプチャする必要があります。
      • リターンコードが0または8の場合、インストールは完了しており、再起動が必要です。
      • リターンコードが3の場合は、マシンを再起動してから、SCCM TASK3に制御を渡します。
  3. SCCM TASK3: VDAのインストールを続行します。
    1. SCCM TASK2が0または8を返さない場合は、再起動が完了した後、インストールを続行する必要があります。
    2. SCCM TASK3は、VDAインストーラーが3(SCCM TASK3を繰り返す必要があることを示す)を返した場合は繰り返され、0または8(インストールが成功したことを示す)を返すまで繰り返されます。その他のリターンコードはエラーとして扱われ、SCCM TASK3は、エラーを報告して停止する必要があります。
    3. 適切なVDAインストーラー(ほとんどの場合はXenDesktopVdaSetup.exe、またはVDAWorkstationCoreSetup_XXXX.exeが使用されている場合はXenDesktopRemotePCSetup.exe)を、それがコピーされた場所(「タスクシーケンスの定義」の説明を参照)から、コマンドラインパラメーターなしで実行することでVDAのインストールを再開します。(VDAインストーラーは、その初回実行時に保存されたパラメーターを使用します。)
    4. VDAインストーラーからのリターンコードを確認します。
      • 0または8: 成功し、インストールが完了し、再起動が必要です。
      • 3:インストールが完了していません。マシンを再起動し、0または8が返されるまでSCCM TASK3を繰り返します。その他のリターンコードはエラーとして扱われ、SCCM TASK3は、エラーを報告して終了する必要があります。

リターンコードについて詳しくは、「Citrixインストールリターンコード」を参照してください。

VDAインストールコマンドの例

使用可能なインストールオプションは、使用するインストーラーによって異なります。コマンドラインオプションの詳細については、次の記事を参照してください。

リモートPCアクセス用のインストールコマンド

  • 次のコマンドでは、シングルセッションのコアVDAインストーラー(VDAWorkstationCoreSetup.exe)を使用します:

    VDAWorkstationCoreSetup.exe /quiet /controllers “control.domain.com” /enable_hdx_ports /noresume /noreboot

  • 次のコマンドでは、シングルセッションの完全版VDAインストーラー(VDAWorkstationSetup.exe)を使用します:

    VDAWorkstationSetup.exe /quiet /remotepc /controllers “control.domain.com” /enable_hdx_ports /noresume /noreboot

専用VDIのインストールコマンド

  • 次のコマンドでは、シングルセッションの完全版VDAインストーラー(VDAWorkstationSetup.exe)を使用します:

    VDAWorkstationSetup.exe /quiet /components vda /controllers “control.domain.com” /enable_hdx_ports /enable_remote_assistance /noresume /noreboot

SCCMを使用したVDAのインストール