構成

Citrix WorkspaceアプリでのContent Collaborationサービスの統合

このリリースでは、Citrix Content Collaboration ServiceがCitrix Workspaceアプリに統合されました。Citrix Content Collaborationを使用すると、ドキュメントを簡単かつ安全に交換したり、メールで大容量のドキュメントを送信したり、サードパーティへのドキュメント転送を安全に処理したり、コラボレーションスペースにアクセスすることができます。また、Webベースのインターフェイス、モバイルクライアント、デスクトップアプリ、Microsoft OutlookやGmailとの統合など、さまざまな方法で作業できます。

Citrix Content Collaboration機能には、Citrix Workspaceアプリの [ファイル] タブからアクセスできます。[ファイル] タブは、Citrix Cloudコンソールのワークスペース構成でContent Collaborationサービスが有効になっている場合にのみ表示できます。

:オペレーティングシステムでセキュリティオプションが設定されているため、Citrix WorkspaceアプリでのCitrix Content Collaborationの統合は、Windows Server 2012およびWindows Server 2016ではサポートされていません。

次の図は、新しいCitrix Workspaceアプリの [ファイル] タブの例です:

[ファイル]タブ

制限事項

  • Citrix Workspaceアプリをリセットしても、Citrix Content Collaborationはログオフされません。
  • Citrix Workspaceアプリでストアを切り替えても、Citrix Content Collaborationはログオフされません。

Chrome向けCitrix WorkspaceアプリのユーザーがCitrix Virtual Apps and Desktopsでホストされているリソースにアクセスできるようにするには、StoreFrontストアを作成する必要があります。また、必要に応じて、Citrix Gateway、Citrix Virtual Apps、およびCitrix Virtual Apps and DesktopsでWebSocket接続を有効にする必要があります。

複数StoreFrontのサポートの構成

Citrix Workspaceを再起動せずにストアアドレスを変更できます。既存のCitrix Workspaceセッションが実行中であれば、中断せずに続行します。

Chromeを使用して複数のストアを追加し、ストア間で切り替えるには:

  1. Chrome向けCitrix Workspaceアプリで [設定] をクリックし、[アカウント] ウィンドウで [ストアを追加] をクリックします。

    設定の画像

  2. [Store Address] フィールドにStoreFront URLを入力します。
  3. [適用] をクリックして新しいストアを保存します。

    ストアアドレスの画像

  4. ドロップダウンリストから既存のストアを選択できます。

    既存のストア選択の画像

  5. 一覧からストアを削除するには、削除するストアアドレスの横の [削除] アイコンをクリックし、削除を確定します。

    一覧からのストア削除の画像

  6. ドロップダウンリストから別のストアを選択すると、[適用] ボタンが [切り替え] に変わります。

  7. [切り替え] をクリックして、別のストアへの切り替えを確定します。

    別のストアへの切り替えの画像

制限事項

  • この機能は、ユーザーモードやパブリックモードで使用できますが、キオスクモードでは使用できません。
  • 最大5つのストアを追加できます。

選択的なH.264の構成

StoreFrontのweb.configファイルを使用して選択的なH.264を構成する

web.configファイルを使用して選択的なH.264の構成を変更するには:

  1. Citrix Workspace for Webサイトのweb.configファイルを開きます。 このファイルは、通常C:\inetpub\wwwroot\Citrix\<Storename>Webフォルダーにあります( Storenameはストア作成時に指定したストア名)。
  2. chromeAppPreferencesフィールドを見つけて、構成の値をJSON文字列として設定します。例: chromeAppPreferences=’{“graphics”:{“ selectiveH264”:false}}

configuration.jsファイルを使用して選択的なH.264を構成する

configuration.jsファイルは、ChromeAppルートフォルダーにあります。Chrome向けCitrix Workspaceアプリに変更を加える場合は、このファイルを編集します。

デフォルトでは、選択的H.264はtrueに設定されています。

configuration.jsファイルを使用して選択的なH.264の構成を無効にするには:

  1. configuration.jsファイルを開いて、selectiveH264属性をfalseに設定します。

    selective属性false

メモ

  • configuration.jsファイルに変更を加える前に、バックアップを作成することをお勧めします。
  • Chrome向けCitrix Workspaceアプリをユーザー向けに再パッケージする場合のみ、この方法を使用することをお勧めします。
  • configuration.jsファイルを編集するには、管理者レベルの資格情報が必要です。ファイルを編集した後、変更を保存するには、アプリを再パッケージしてください。

公開セッションで公開デスクトップの全画面モードを構成

デスクトップセッションを常に全画面モードで開くように構成するには、Google Admin Policyを編集して以下を含めます:

{

      "settings": {

                     "Value": {
                     "settings_version": "1.0",
                     "engine_settings": {
                     "ui": {
                     "sessionsize": {
                     "windowstate": "fullscreen"
                              }
                                      }
                                               }
                            }
                }
}

マルチモニター表示の構成

デフォルトでは、この機能は[有効]に設定されています。

メモ

  • XenApp 6.5で実行されるChrome向けCitrix Workspaceアプリを使用する場合、マルチモニター機能を使用するにはシャドウポリシーを [無効] に設定します。
  • デスクトップセッションで画面が全画面に設定されていると、設定の表示解像度オプションが非アクティブになります。
  • UIダイアログとツールバーは、プライマリモニターでのみ表示されます。一方、USBおよびスマートカード認証ダイアログはすべてのモニターに表示されます。

キオスクモードで拡張マルチモニター表示を使用するには

キオスクモードでの拡張マルチモニター表示は、デフォルトで有効になっています。

キオスクモードを無効にするには、configuration.jsファイルまたはGoogle管理コンソールポリシーを編集し、kioskMultimonitorプロパティの値をfalseに設定します。

{
    "settings": {
        "Value": {
            "settings_version": "1.0",
            "engine_settings": {
                "features": {
                    "graphics": {
                        "kioskMultimonitor": false
                  }
              }
           }
       }
    }
 }

メモ

  • キオスクモードでセッションを起動できるようにするには、デスクトップ統合モードを有効にする必要があります。
  1. Webブラウザーを起動して次のコマンドを入力します。chrome://flags

  2. フラグ一覧からUnifiedDesktopModeを検索して、これを [有効] に設定します。

Google Admin Policyを使用して統合デスクトップモードを構成するには

  1. Google管理コンソールにログオンします。
  2. [端末管理]>[Chrome搭載端末]>[ユーザー設定]の順に移動します。
  3. 統合デスクトップポリシーを [Make Unified Desktop mode available to user] に設定します。
  4. [保存]をクリックします。

Chrome向けCitrix Workspaceアプリでマルチモニター機能を無効にするには

デフォルトでは、マルチモニター機能は[有効]に設定されています。

  1. Chrome向けCitrix Workspaceアプリを起動します。
  2. [設定]>[一般]を選択します。
  3. [すべてのモニターにまたがって表示する] をオフにします。

    マルチモニターの画像

    デスクトップとアプリケーションの両方で、マルチモニター表示を使用できます。

    マルチモニター表示を使用すると、デスクトップセッションは以下の2通りの方法ですべてのモニターに表示されます:

  4. ウィドウモード:デスクトップセッションが単一モニターモードで表示されます。
  5. 全画面モード:デスクトップセッションが全画面モードに切り替えられると、[すべてのモニターにまたがって表示する]が選択されている場合のみ、セッションはマルチモニターモードで表示されます。

    2つのモニターが接続されている場合、デスクトップセッションのモニターにまたがって表示するには、[すべてのモニターにまたがって表示する] オプションを選択して全画面モードを選択します。

    アプリケーションセッションで、2つのモニターが接続され、[すべてのモニターにまたがって表示する] オプションが選択されていると、セッションは自動的にマルチモニターモードで表示されます。

HDX SDK for Chrome

サードパーティChromeアプリでAPIを使用する手順

  1. 最新バージョンのChrome向けCitrix Workspaceアプリをインストールします。詳しくは、Citrixダウンロードページを参照してください。
  2. Chrome管理設定で、Chrome向けCitrix Workspaceアプリのポリシーファイルを追加して、サードパーティのChromeアプリをホワイトリストに登録します。 詳しくは、Googleサポートの「組織部門単位でのChromeアプリの管理」を参照してください。 以下は、サードパーティChromeアプリをホワイトリストに登録するためのサンプルpolicy.txtファイルです:

    {
          "settings": {
                 "Value": {
                 "settings_version": "1.0",
                 "store_settings": {
                 "externalApps": [“<3rdParty_App1_ExtnID>”,“<3rdParty_App2_ExtnID>”]
                                   }
                           }
                    }
    }
    

    3rdParty_App1_ExtnIDは、externalAppsの名前の例として使用され、Chrome向けCitrix Workspaceアプリにメッセージを送信できます。chrome://extensionsサイトからappidを取得します。

  3. 以下の手順に従って、Chrome向けCitrix Workspaceアプリでアプリケーションまたはデスクトップセッションを起動します:
  • workspaceappIDを取得します。

    var workspaceappID = “ haiffjcadagjlijoggckpgfnoeiflnem “;

注:この例で、workspaceappIDはChrome向けCitrix Workspaceアプリのストアバージョンです。Chrome向けCitrix Workspaceアプリの再パッケージされたバージョンを使用する場合、適切なworkspaceappIDを使用してください。

  • ICAデータをINIからJSON形式に変換します。

    注:通常、ICAファイルはINIファイルとしてStoreFrontから取得されます。以下のヘルパー機能でICA INIファイルをJSONに変換します。

//ヘルパー機能でINI形式のicaファイルをJSONに変換します。 function convertICA_INI_TO_JSON(data){ var keyVals = {}; if (data) { var dataArr; if(data.indexOf(‘\r’)==-1){ dataArr = data.split(‘\n’); }else{ dataArr = data.split(‘\r\n’); } for (var i = 0; i < dataArr.length; i++) { var nameValue = dataArr[i].split(‘=’, 2); if (nameValue.length === 2) { keyVals[nameValue[0]] = nameValue[1]; } //LaunchReferenceにも「=」が含まれるためにこれが必要です。上の「split(‘=’,2)」では //完全なLaunchReferenceにはなりません。理想的には、次のような形式を使用する必要があります。 //これは、値の一部に「=」を使用する他の変数があるためです。 if (nameValue[0] === “LaunchReference”) { var index = dataArr[i].indexOf(‘=’); var value = dataArr[i].substr(index + 1); keyVals[nameValue[0]] = value; } } console.log(keyVals);//to remove return keyVals; } return null; }

  • サードパーティのChromeアプリからChrome向けCitrix WorkspaceアプリにICAメッセージを送信します。
    var icaFileJson = {...}; // ICA file passed as JSON key value pairs.
    var message = {
    "method" : "launchSession",
    "icaData" : icaJSON
    };
    chrome.runtime.sendMessage(workspaceappID, message,
    function(launchStatus) {
    if (launchStatus.success) {
    // handle success.
    console.log("Session launch was attempted successfully");
    } else {
    // handle errors.
    console.log("error during session launch: ", launchStatus.message);
    }
    });

sendmesage APIコマンドについて詳しくは、以下のリンクを参照してください:

https://developer.chrome.com/extensions/runtime#event-onMessageExternal

https://developer.chrome.com/extensions/runtime#method-sendMessage

Chrome向けCitrix Workspaceアプリ機能の構成

Chrome向けCitrix Workspaceアプリの機能は、次の方法で構成できます:

  • Google Admin Policy
  • StoreFrontのWeb.config
  • default.ica
  • configuration.js

キオスクモードおよび公開セッションモードでは、スプラッシュスクリーンは無効になっています。

Google Admin Policyの使用

メモ

Chrome向けCitrix Workspaceアプリをユーザー向けに再パッケージする場合のみ、この方法を使用することをお勧めします。

バージョン2.1より前は、ストア/ビーコンに関連した構成はGoogle Admin Policyを介してプッシュできました。ポリシーについて詳しくは、Knowledge CenterのCTX141844を参照してください。

Chrome向けCitrix Workspaceアプリバージョン2.1では、他のChrome構成もGoogle Admin Policyを介してプッシュできます。

詳しくは、以下のサンプルポリシーテキストを参照してください:

    {
        "settings": {
          "Value": {
         "settings_version": "1.0",
          "store_settings": {
            "name": "RTST",
            "gateways": [
             {
             "url":“https://yourcompany.gateway.com",
             "is_default": true
               }
               ],
               "beacons": {
              "internal": [
              {
            "url": “http://yourcompany.internalwebsite.net"
              }
              ],
              "external": [
             {
             "url": “http://www.yourcompany.externalwebsite.com"
              }
              ]
              },
             "rf_web": {
             "url": “http://yourcompany.storefrontstoreweb.net”
              }
              },
              "engine_settings":{
              "ui":{
              "sessionsize": {
              "windowstate": "fullscreen",
              "available" : {
               "default" : "Fit_To_Window",
             "values" : ["Fit_To_Window", "Use_Device_Pixel_Ratio","1280x800","1440x900","1600x1200"]
                }
                },
               "toolbar": {
               "menubar":true,
               "usb": true,
               "fileTransfer":true,
               "about":true,
                "lock":true,
                "disconnect":true,
                "logoff":true,
                "fullscreen":true,
                "multitouch":true,
                "preferences":true,
                "gestureGuide":true
                }
                }, “features”:{
                “com”:{
                “portname” :”COM5”
                 },
                 "graphics" : {
                "features" : {
                "graphics" : {
                 "jpegSupport" : true,
                 "h264Support" : {
                 "enabled" : true,
                 "losslessOverlays" : true,
                 "dirtyRegions" : true,
                 "yuv444Support" : false
                  }
                  },
                  "filetransfer" : {
                  "allowupload" : true,
                  "allowdownload" : true,
                  "maxuploadsize"               : 2147483647,
                  "maxdownloadsize" : 2147483647
                   }
                   },
                   "nacl" : {
                   "supportNacl" : true,
                   "graphics": {
                   "enable": true
                   },
                   "video": {
                   "enable": true
                    },
                    "audio": {
                   "enable": true
                    }
                    }
                    }
                    }
                    }  }

Googleポリシーを使用してスプラッシュスクリーンを無効にするには、engine_settings >uiの下に“splashScreen”: falseを追加する必要があります。

Web.configファイルの使用

メモ

Chrome向けCitrix Workspaceアプリのストアバージョンを使用している場合、web.configファイルの方法は構成目的でのみ使用することをお勧めします。

Web.configファイルを使用して構成を変更するには:

  1. Citrix Workspace for Webサイトのweb.configファイルを開きます。このファイルは通常、C:\inetpub\wwwroot\Citrix\storenameWebにあります。ここでstorenameは、ストアが作成されたときに特定した名前です。
  2. chromeAppPreferencesフィールドを見つけて、構成の値をJSON文字列として設定します。

次に例を示します。

chromeAppPreferences = ‘{“ui”: {“toolbar”: {“menubar”: false}}}’

default.icaファイルの使用

メモ

default.icaファイルの方法は、Web Interfaceユーザー向けに構成する場合のみ使用することをお勧めします。

Chrome向けCitrix Workspaceアプリでは、初期プログラム値なしでカスタムICAファイルを使用できます。

default.icaファイルを使用して構成を変更するには:

  1. default.icaファイルを開きます。Web Interfaceユーザーの場合、このファイルは通常、C:\inetpub\wwwroot\Citrix\site name\conf\default.icaディレクトリにあります。ここで、sitenameはストアの作成時に指定した名前です。 StoreFrontユーザーの場合、default.icaファイルは通常、C:\inetpub\wwwroot\Citrix\Storename\App_Data\default.icaにあります。ここで、storenameはストアの作成時に指定した名前です。
  2. ファイルの末尾に新しいキーchromeAppPreferencesを追加して、構成の値をJSONオブジェクトとして設定します。

次に例を示します。

chromeAppPreferences={“ui”:{“toolbar”: {“menubar”: false}}}

サンプルdefault.icaファイルは、次のようになります:

    ;

    ; ICA Override File

    ;

    ; Add ICA file settings that you want to be sent to client devices

    ; to this file. Settings contained in this file override any

    ; settings generated by Delivery Services.

    ;


    [WFClient]

    Version=2

    RemoveICAFile=yes

    ProxyTimeout=30000

    ProxyFavorIEConnectionSetting=Yes

    ProxyUseFQDN=Off


    [ApplicationServers]

    Application=


    [Application]

    TransportDriver=TCP/IP

    DoNotUseDefaultCSL=On

    BrowserProtocol=HTTPonTCP

    LocHttpBrowserAddress=!

    WinStationDriver=ICA 3.0

    ProxyTimeout=30000

    AutologonAllowed=ON

    ;EncryptionLevelSession=RC5 (128 bit)


    [EncRC5-0]

    DriverNameWin16=pdc0w.dll

    DriverNameWin32=pdc0n.dll


    [EncRC5-40]

    DriverNameWin16=pdc40w.dll

    DriverNameWin32=pdc40n.dll


    [EncRC5-56]

    DriverNameWin16=pdc56w.dll

    DriverNameWin32=pdc56n.dll


    [EncRC5-128]

    DriverNameWin16=pdc128w.dll

    DriverNameWin32=pdc128n.dll


    [Compress]

    DriverNameWin16=pdcompw.dll

    DriverNameWin32=pdcompn.dll

    chromeAppPreferences={"ui" : {"toolbar" : { "menubar" : false}}}

configuration.jsファイルを使用する

configuration.jsファイルは、ChromeAppルートフォルダーにあります。Chrome向けCitrix Workspaceアプリに変更を加える場合は、直接このファイルにアクセスします。

メモ

  • configuration.jsファイルに変更を加える前に、バックアップを作成することをお勧めします。
  • configuration.jsファイルを編集するには、管理者レベルの資格情報が必要です。ファイルを編集した後、ツールバー要素の追加変更を行うには、アプリを再パッケージしてください。
  • キオスクモードでは、ツールバーはデフォルトで非表示になっています。configuration.jsファイルを編集してツールバーを有効にする場合、キオスクモードを無効にしてください。ツールバーを有効にするそのほかの方法(default.icaファイルなど)を使用することをお勧めします。

configuration.jsファイルを使用してスプラッシュスクリーンを無効にするには、chromeApp > uiの下に"splashScreen” : falseを追加する必要があります。

スマートカード認証

Chrome向けCitrix Workspaceアプリは、StoreFrontでUSBスマートカードリーダーをサポートしています。スマートカードは、以下の目的で利用できます:

  • スマートカードによるChrome向けCitrix Workspaceアプリへのログオン認証が可能です。
  • スマートカード対応の公開アプリを使って、ローカルのスマートカードリーダーにアクセスできます。
  • ICAセッション内で起動するMicrosoft WordやOutlookなどのアプリケーションからスマートカードにアクセスして、ドキュメントやメールにデジタル署名を追加できます。

サポートされているスマートカード:

  • PIVカード
  • Common Access Card

前提条件:

  • StoreFrontバージョン3.6以降

重要

StoreFront 3.5以前でのスマートカード認証で、スマートカード認証を有効にするには、カスタムスクリプトが必要です。詳しくは、Citrixのサポート担当者に問い合わせてください。

  • XenDesktop 7.6以降
  • XenApp 6.5以降

Chromeデバイス上でスマートカードのサポートを構成するには:

  1. スマートカードコネクタアプリケーションをインストールします。ChromeデバイスでPCSCをサポートするには、スマートカードアプリケーションが必要です。このアプリケーションは、USBインターフェイスを使用して、スマートカードを読み取ります。このアプリケーションは、ChromeのWebサイトからインストールできます。

  2. ミドルウェアアプリケーションをインストールします。ミドルウェアアプリケーション(CharismathicsやCACKeyなど)は、スマートカードや他のクライアント証明書と通信するインターフェイスとして必要です。

    • Charismathicsスマートカード拡張機能またはCACKeyをインストールするには、ChromeのWebサイトを参照してください。

    • ミドルウェアアプリケーションおよびスマートカード認証について詳しくは、Googleサポートサイトを参照してください。

  3. Citrix Gatewayを使用してスマートカード認証を構成します。詳しくは、Citrix Gatewayドキュメントで「スマートカード認証の構成」を参照してください。

制限事項

  • スマートカード証明書は、スマートカードがChromeデバイスから削除された後でも、キャッシュされます。これはGoogle Chromeでの既知の問題です。クライアントデバイスを再起動してキャッシュをクリアします。
  • Chrome向けCitrix Workspaceアプリを再パッケージする場合、管理者はスマートカードコネクタアプリケーションがパススルーできるように、Googleのホワイトリストに登録されたappIDを取得する必要があります。
  • 同時にサポートできるスマートカードリーダーは1つのみです。

シリアルCOMポートリダイレクトの構成

シリアルCOMポートリダイレクトを構成するには、ポリシーのCitrix Virtual Apps and Desktopsポートリダイレクト設定を適用して、機能を有効にします。ポートリダイレクトについて詳しくは、「ポートリダイレクトのポリシー設定」を参照してください。

メモ

デフォルトでは、Chrome向けCitrix Workspaceアプリは、COM5をリダイレクトで優先するシリアルCOMポートとしてマッピングします。

VDAでポリシーのシリアルCOMポートリダイレクト設定を有効にするには、次の方法のうちの1つを使用してChrome向けCitrix Workspaceアプリを構成します:

  • Google Admin Policy
  • configuration.jsファイル
  • アクティブなICAセッションでコマンドを発行して、デフォルトのマッピングを変更する。

Google Admin Policyを使用してCOMポートリダイレクトを構成する

この方法では、ポリシーファイルを編集してシリアルCOMポートをリダイレクトします。

ヒント

Chrome向けCitrix Workspaceアプリが再パッケージされる時のみ、ポリシーファイルを使用してCOMポートを構成することをお勧めします。

Google Admin Policyの編集に、以下を含めます:

    {
      "settings": {
               "Value": {
                "settings_version": "1.0",
                "store_settings": {
                "rf_web": {
                "url": "<http://YourStoreWebURL>"
                 }
                 },
                 "engine_settings":{
                 "features" : {
                 "com" : {
       "portname" : "<COM4>", where COM4 indicates the port number that is set by the administrator.                                                   }
                                      }
                                      }
                                      }
                                      }
                                     }

configuration.jsファイルを使用して、COMポートリダイレクトを構成する

この方法では、configuration.jsファイルを編集して、シリアルCOMポートをリダイレクトします。configuration.jsファイルでportnameフィールドを見つけて、ポート番号を変更することで値を編集します。

次に例を示します。

"com" :{

"portname" : "COM4"

}

メモ

Chrome向けCitrix Workspaceアプリが再パッケージされ、StoreFrontに再公開された場合のみ、configuration.jsファイルを使用した方法でシリアルポートリダイレクトを構成することをお勧めします。

ICAセッションでコマンドを発行して、COMポートリダイレクトを構成する

この方法を使用してシリアルCOMポートをリダイレクトします。ここでは、アクティブなICAセッションで、次のコマンドを実行します:

    net use COM4 : \Client\COM5

ヒント

上記の例では、COM4がリダイレクトで優先して使用されるシリアルポートです。

SAML認証を使用してGoogleおよびCitrixでシングルサインオン(SSON)を構成

Single Sign-Onを構成するには:

  1. SAML認証のIDプロバイダー(IdP)が既に設定されていない場合、サードパーティのIdP(ADFS 2.0など)をセットアップします。詳しくは、Knowledge CenterのCTX133919を参照してください。
  2. SAML IdPを使用して、Google AppsでSSOをセットアップします。これによって、Google Enterpriseアカウントの代わりにGoogle Appsを使用して、サードパーティのIDを活用できるようになります。詳しくは、GoogleサポートのサードパーティのIDプロバイダーを使用したGoogle Appsアカウントへのシングルサインオン(SSO)の設定を参照してください。
  3. SAML IdP経由でChromeデバイスを構成します。これによって、サードパーティのIDプロバイダーを使用してChromeデバイスにログオンできるようになります。詳しくは、GoogleサポートのChrome搭載デバイスにSAMLシングルサインオンを設定するを参照してください。
  4. SAML IdPを介したCitrix Gatewayへのログオンを構成します。これによって、ユーザーはサードパーティのIDプロバイダーを使用してCitrix Gatewayにログオンできます。詳しくは、「SAML認証の構成」を参照してください。
  5. Citrix Virtual Apps and Desktopsをフェデレーション認証のために構成して、ユーザー名とパスワードの組み合わせでログインするのではなく、SAMLログオンプロセス後に動的に生成された証明書でCitrix Virtual Apps and Desktopsにログインできるようにします。詳しくは、「フェデレーション認証サービス」を参照してください。
  6. Chromeデバイス上で、ChromeアプリのSAML SSO拡張機能をインストールして構成します。詳しくは、GoogleのWebサイトを参照してください。この拡張機能は、SAML Cookieをブラウザーから取得して、Citrix Workspaceに提供します。Citrix WorkspaceがSAML Cookieを取得できるようにするには、次のポリシーを構成する必要があります。

    {
        "whitelist" : {
            "Value" : [
                {
                "appId" : "haiffjcadagjlijoggckpgfnoeiflnem",
                "domain" : "saml.yourcompany.com"
                }
            ]
         }
    }
    

    Chrome向けCitrix Workspaceアプリを再パッケージする場合、appIdに適切な変更を加える必要があります。ドメインを組織のSAML IdPドメインに変更する必要もあります。

  7. SAMLログオン用に構成されたCitrix Gatewayを使用するように、Citrix Workspaceを構成します。これによって、SAMLログオン用に構成されたCitrix Gatewayを使用できるようになります。Chromeの構成について詳しくは、Knowledge CenterのCTX141844を参照してください。

Citrixユニバーサルプリンタードライバー

Citrix PDFユニバーサルプリンタードライバーによりユーザーは、XenDesktop 7.6およびXenApp 7.6以降で配信された、ホストされているアプリケーション、または仮想デスクトップ上で実行しているアプリケーションで使用されているドキュメントを印刷できます。ユーザーが[Citrix PDF Printer]オプションを選択すると、ドライバーがファイルをPDFに変換して、これをローカルデバイスに転送します。PDFは新しいウィンドウで表示したり、Googleクラウドプリントで印刷したりできます。

重要

ローカルPDF出力は、XenApp/XenDesktop 7.6以降でのみサポートされています。

要件

Chrome向けCitrix Workspaceアプリのダウンロードページにアクセスするには、My Citrixアカウントが必要です。

Citrix PDFプリンターをCitrixダウンロードページからダウンロードします。

ホストされたデスクトップおよびアプリケーションで開いたドキュメントをユーザーが印刷できるようにするには:

  1. Citrix PDFプリンターをダウロードして、Chrome向けCitrix Workspaceアプリユーザーにデスクトップまたはアプリを配信する各マシンにCitrix PDFユニバーサルプリンタードライバーをインストールします。プリンタードライバーをインストール後、マシンを再起動します。

  2. Citrix Studioの左側のペインで[ポリシー]ノードを選択し、新しいポリシーを作成するか、既存のポリシーを編集します。

    Citrix Virtual Apps and Desktopsポリシーの構成について詳しくは、「ポリシー」を参照してください。

  3. ポリシーの[PDFユニバーサルプリンターの自動作成]設定を [有効] にします。

Googleクラウドプリントのサポート

Googleクラウドプリントがサポートされます。これにより、リモートの印刷デバイス(自宅にあるプリンターなど)をユーザーやユーザーが指名した人が使用できるようになります。

デフォルトでGoogleクラウドプリントを使用するようにCitrix Workspaceを構成して、印刷時に毎回選択および構成することなく、ファイルをリダイレクトできます。

Googleクラウドプリントを使用するには:

  • Citrix PDFプリンタードライバーをVDAにインストールする必要があります。最新のソフトウェアパッケージについては、Citrixのダウンロードサイトを参照してください。
  • GoogleクラウドプリントをユーザーのGoogleアカウントに登録する必要があります。詳しくは、GoogleクラウドプリントのWebサイトを参照してください。
  • カスタマイズしたChrome向けCitrix WorkspaceアプリのパッケージをGoogle管理コンソールを使って展開する場合、manifest.isonファイルに正しいOAuth2.0資格情報が含まれているか、そのパッケージを確認してください。OAuth2.0の取得について詳しくは、Google Developersのサイトを参照してください。 次に例を示します。
"oauth2": {

"client_id": "replace this with your client ID",

"scopes": [

"<https://www.googleapis.com/auth/cloudprint>"

]

}

メモ

この機能はGoogleクラウドプリントでのみ動作します。追加情報については、Google Deverlopersのサイトを参照してください。

Googleドライブへのアクセスの有効化と無効化

Googleドライブにより、ユーザーはCitrix Workspaceを実行するChromeデバイスからWindowsのファイルタイプを開き、それを編集したり、保存したりできます。Google Chromeデバイスを実行中に、ユーザーは既存のWindowsベースのアプリケーション(Microsoft Wordな)をシームレスに使用して、Googleドライブに置かれているファイルにアクセスできます。

たとえば、ユーザーがGoogleドライブのファイル(Gmailからダウンロードされた添付の.DOCファイルなど)を開き、それを編集してGoogleドライブに保存すると、Citrix Virtual Appsがホストするアプリケーションでアクセスできます。そのファイルにアクセスして開き、編集して、Googleドライブに保存できます。

前提条件

Googleドライブへのアクセスを有効にするには、ユーザーのVDA上にCitrix File Accessコンポーネント(FileAccess.exe)をインストールして、Citrix Studioでファイルタイプの関連付けを有効にします。Citrix File Accessは、Citrixのダウンロードページからダウンロードします。

Citrix WorkspaceからGoogleドライブへのアクセスを有効にするには

  1. 各Citrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Apps and DesktopsのVDAにFileAccess.exeをインストールします。
  2. Citrix Studioの公開アプリケーション用に適切なFTAを構成します。
  3. Citrix Virtual AppsまたはVirtual Apps and DesktopsのVDAでは、https://accounts.google.comおよび<https://ssl.gstatic.com>を信頼し、これらのサイトのCookieを有効にする必要があります。

Citrix Workspaceを使ってGoogleドライブのファイルのみを開くことができます。Googleドライブからファイルを開くには、ファイルを右クリックしてCitrix Workspaceで開きます。

1つのファイルタイプは1つの公開アプリケーションに対してのみ割り当てることをお勧めします。

プロキシ接続のサポート

Chrome向けCitrix Workspaceアプリは、認証されていないプロキシサーバー経由で、公開アプリケーションを使用してGoogleドライブのドキュメントを開くことができます。この機能を有効にするには、インターネットオプションでプロキシ設定を構成します。

Citrix WorkspaceからGoogleドライブへのアクセスを無効にするには

manifest.jsonファイルで、次のように置換を実行します:

"file_handlers" : {

      "all-file-types" : {

         "extensions" : [

            "*"

         ]

      }

   },

with:

    "file_handlers" : {
          "cr-file-type" : {
             "extensions" : [
                "cr",
               "ica"
             ]
          }
       },

キオスクモード

Chrome向けCitrix Workspaceアプリは、キオスクモードで同じウィンドウ内にすべてのアプリを実行できます。この機能を使って、Citrix Workspaceをキオスクモードで実行し、同じモードで任意のWindowsアプリやデスクトップを起動できます。さらにキオスクモードを使って、永続URLを使用する専用Chromeパッケージとしてリモートアプリやデスクトップを公開できます。

管理されているChromeデバイスのCitrix管理パネルでキオスク設定を調節して、この機能セットを制御できます

管理されているおよび管理されていないChromeデバイスでキオスクモードを実行するためにCitrix Workspaceアプリを有効にする手順については、Googleサポートサイトを参照してください。

Citrix Workspaceアプリを展開中の場合は、Public/unlistedに設定した表示のオプションを使って公開し、キオスクモードとの相互運用性を確保する必要があります。Chrome Web Store Developer Dashboardにアクセスします。

キオスクモードがアクティブな場合、ストアURLは読み取り専用で、アカウント設定画面を使って編集できません。ただしこの設定は、.crファイルでアプリを再パッケージ化するか、またはGoogle管理コンソールを使いGoogle Policy Managementを介して、変更することができます。

<Services version="1.0">
<Service>
<rfWeb>http://your_RfWebURL_or_persistenturl</rfWeb>
<Name>Mystore</Name>
<Gateways>
<Gateway>
<Location>https://yourcompany.gateway.com</Location>
</Gateway>
</Gateways>
<Beacons>
<Internal>
<Beacon>http://yourcompany.internalwebsite.net</Beacon>
</Internal>
<External>
<Beacon>http://www.yourcompany.externalwebsite.com</Beacon>
</External>
</Beacons>
</Service>
</Services>

Google管理コンソールを使っている場合は、Citrix Workspace構成を含むpolicy.txtファイルを編集します。“rf_web”の下の“url”の値を永続URLと置き換えます。

    {
    "settings": {
    "Value": {
    "settings_version": "1.0",
    "store_settings": {
    "beacons": {
    "external": [
    {
    "url": "http://www.yourcompany.externalwebsite.com"
    }
    ],
    "internal": [
    {
    "url": "http://yourcompany.internalwebsite.net"
    }
    ]
    },
    "gateways": [
    {
    "is_default": true,
    "url": "https://yourcompany.gateway.com"
    }
    ],
    "name": "mystore",
    "rf_web": {
    "url": " http://your_RfWebURL_or_persistenturl "
    }
    }
    }
    }
    }

クリップボードのサポート

Chrome向けCitrix Workspaceアプリは、セッションのクライアントとVDA間でのプレインテキストに加えて、HTML形式をサポートするようになりました。これは、Microsoft Officeアプリやブラウザーで役に立ちます。強化されたクリップボードはChromeおよびSafariブラウザー上でのみサポートされます。

クリップボードを構成する

Chromeでリンクをコピーすると、HTMLコンテンツをコピーし、形式を保持できます。<img>タグがHTML形式で追加され、テキストに加えて画像もコピーできます。これは、プレーンテキストよりも豊富なデータを提供します。

この機能を有効にするには、VDAに次のレジストリエントリを追加する必要があります:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix\wfshell\Virtual Clipboard\Additional Formats\HTML Format “Name”=”HTML Format”

警告

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、Windowsのインストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、Citrixでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。 メモ

この機能の導入によって解決された問題について詳しくは、Knowledge CenterでCTX112063およびCTX086028を参照してください。

USBデバイスリダイレクト

Chrome向けCitrix Workspaceアプリでは、より幅広いUSB周辺機器がサポートされています。この機能の追加により、Googleポリシーを作成して、Citrix Workspaceでの使用を有効にするデバイスのPID/VIDを特定できます。3D Spaceマウス、追加の混合デバイス、Bloombergキーボード、UC-Logic TabletWP5540Uなど、新しいUSBデバイスもサポートしています。

USBデバイスの構成について詳しくは、Knowledge CenterでCTX200825を参照してください。

USBデバイスの自動リダイレクト

キオスクモードでは、USBデバイスは手動で操作することなくセッション内で自動的にリダイレクトされます。ユーザーモードとパブリックモードでは、最初にツールバーまたはコネクションセンターからUSBデバイスをセッションに手動でリダイレクトする必要があります。この操作は、ChromeオペレーティングシステムにUSBデバイスへのアクセスを許可するために必要です。その後USBデバイスが挿入されると、自動的にセッションにリダイレクトされます。

複数のセッションを実行している時にUSBデバイスを挿入すると、フォーカスされているセッションにリダイレクトされます。セッションにフォーカスがない場合、USBデバイスはどのセッションにもリダイレクトされません。1つのセッションが実行中で、USBデバイスを挿入した時にフォーカスされていない場合、デバイスがリダイレクトされないことがあります。

ファイル転送

Chrome向けCitrix Workspaceアプリでは、ユーザーデバイスとCitrix Virtual Apps and Desktopsセッション間で安全なファイル転送を実行できます。この機能は、クライアントドライブマッピングの代わりにファイル転送仮想チャネルを使用します。

デフォルトでは、ユーザーは次のことを実行できます:

  • ローカルのダウンロードフォルダーまたは接続された周辺機器からファイルをアップロードし、
  • Citrix Virtual Apps and Desktopsセッションからのデータにシームレスにアクセスできます。
  • Citrix Virtual Apps and Desktopsセッションからユーザーデバイスのローカルフォルダーや周辺機器にファイルをダウンロードできます。

管理者は、Citrix Studioのポリシーを使用して、ファイルの転送、アップロード、またはダウンロードを有効または無効にできます。

前提条件

  • 以下を含むXenApp or XenDesktop 7.6以降:
    • サーバーOS VDA(Windows 2008 R2またはWindows 2012 R2)上のHotfix ICATS760WX64022.msp
    • クライアントOS VDA(Windows 7またはWindows 8.1)上のHotfix ICAWS760WX86022.mspまたはICAWS760WX64022.msp
  • ファイル転送ポリシーを変更するには:Citrix Studioを実行中のマシン上のグループポリシー管理(GPM)Hotfix GPMx240WX64002.msiまたはGPMx240WX86002.msi

制限事項

  • ユーザーが一度にアップロードまたはダウンロードできるのは、最大10ファイル
  • 最大ファイルサイズ:
    • アップロード:2147483647バイト(2GB)
    • ダウンロード:262144000バイト(250MB)
  • [デスクトップへのファイルのアップロード]または[デスクトップからのファイルのダウンロード]ポリシーのどちらかが[無効]に設定された場合、ツールバーは[アップロード]および[ダウンロード]アイコンを両方表示したままですが、ポリシー設定に従って機能します。両方のポリシーが[無効]に設定されると、[アップロード]および[ダウンロード]アイコンはツールバーに表示されません。

ファイル転送ポリシーを構成する

Citrix Studioポリシーを使ってファイル転送を構成するには

デフォルトでは、ファイル転送は有効になっています。

Citrix Studioを使って、[ユーザー設定]>[ICA]>[ファイルのリダイレクト]にあるこれらのポリシーを変更します。

   
CITRIX STUDIOポリシー 説明
デスクトップとクライアント間のファイル転送を許可 ファイル転送機能を有効または無効にします
デスクトップにファイルをアップロード セッションでファイルのアップロードを有効または無効にします。[デスクトップとクライアント間のファイル転送を許可する]ポリシーをtrueに設定する必要があります。
デスクトップからのファイルのダウンロード セッションでファイルのダウンロードを有効または無効にします。[デスクトップとクライアント間のファイル転送を許可する]ポリシーをtrueに設定する必要があります。

configuration.jsファイルを使用してファイル転送を構成するには

configuration.jsファイルは、ChromeAppルートフォルダーにあります。Chrome向けCitrix Workspaceアプリに変更を加える場合は、直接このファイルを編集します。

注:configuration.jsファイルに変更を加える前に、バックアップを作成することをお勧めします。

注:configuration.jsファイルを編集するには、管理者レベルの資格情報が必要です。ファイルを編集した後、ツールバー要素の追加変更を行うには、アプリを再パッケージしてください。

configuration.jsファイルを使用してツールバーの構成を無効にするには:

  1. configuration.jsファイルを開き、以下のように設定します:
   
ファイル転送クライアントの設定 説明
AllowUpload クライアント側からのアップロードを有効または無効にします。デフォルトでは、true(有効)に設定されています。
AllowDownload クライアント側からのダウンロードを有効または無効にします。デフォルトでは、true(有効)に設定されています。
MaxUploadSize アップロードできるファイルの最大サイズ(バイト)で設定します。デフォルトでは、2147483648バイト(2GB)に設定されています。
MaxDownloadSize ダウンロードできるファイルの最大サイズ(バイト)で設定します。デフォルトでは、2147483648バイト(2GB)に設定されています。

Citrix Studioとクライアントで設定されたポリシーが異なる場合、次のように動作します。

     
Citrix Studioポリシー アップロード/ダウンロード クライアント側の設定 アップロード/ダウンロード 動作
無効 有効 無効
無効 無効 無効
有効 無効 無効
有効 有効 有効

メモ

レジストリおよびクライアント側の設定でアップロードまたはダウンロードの最大ファイルサイズに競合する値が設定されている場合、どちらか小さいサイズが適用されます。

ファイル転送ログ

ファイル転送ログは、クライアントおよびサーバーの両方から取得できます。

クライアントからファイル転送ログを取得するには:

  1. ブラウザーを起動します。
  2. 次のURLでログ取得を開始します。 <storefronturl>/clients/html5client/src/viewlog.html ここで、storefronturlは、ストアが構成されたStoreFrontサーバーFQDNまたはIPアドレスです。

詳しくは、HTML5およびChromeファイル転送に関するブログを参照してください。