機械統計

[マシン統計]ページには、過去24時間の選択したマシンでのリソース消費とセッションエクスペリエンスの包括的なビューが表示されます。この情報は、管理者がCPUまたはメモリの使用率が高い場合の発生を、VirtualAppsおよびDesktop環境のマシン全体のセッション障害およびエクスペリエンスと関連付けるのに役立ちます。

マシン統計ページへのアクセス

マシンのセルフサービスビューからマシン名のリンクをクリックします。

マシン統計ビュー

マシン統計ページの使用

[マシン統計]ページには、マシンとセッションのパフォーマンス統計が同じビューに表示されます。このビューは、マシンリソースとその使用パターンを分析し、マシンリソースがパフォーマンス低下のボトルネックであったかどうかを理解するのに役立ちます。

[マシン統計]ページには、デフォルトで過去24時間のデータが表示されます。ただし、過去14日間のデータが利用可能です。別の24時間の期間を選択するには、カレンダーを使用します。選択した時刻から過去24時間のデータが表示されます。

マシン統計属性

マシン属性

主要なマシン属性が表示されます。

  • マシンが属するデリバリーグループサイト
  • OSタイプ、マシンの OS
  • ダウンタイム は、過去24時間にマシンが UnregisteredFailedShutdown、または Powered off 状態にあった期間を表します。

マシンパフォーマンス統計

マシンのパフォーマンスを定義する主要なメトリックが表示されます。

  • CPUピーク は、過去24時間のマシンの最大CPU使用率を表します。
  • Sustained CPU Spikes は、CPU使用率がCPUしきい値の80%を超え、5分以上持続した回数を表します。
  • メモリピーク は、過去24時間の最大メモリ消費量を表します。
  • Sustained Memory Spikes は、メモリ消費量がメモリしきい値の80%を超え、5分以上持続した回数を表します。
  • 過去24時間のデフォルトの4時間ウィンドウの マシンパフォーマンスの傾向 は、CPU使用率とメモリ消費量を5分の粒度でプロットしたものです。

セッションパフォーマンス統計

主要なセッションパフォーマンス関連のメトリックが表示されます。

  • 過去24時間にマシンで発生したセッション障害
  • セッション障害の傾向に は、過去24時間のデフォルトの4時間ウィンドウに対してプロットされたセッション障害の数が表示されます。
  • ピーク同時セッション は、過去24時間にマシン上で確立された同時セッションの最大数を表します。
  • ユーザーセッションパフォーマンスの傾向 は、セッションエクスペリエンスに基づいたセッションの分類を、過去24時間のデフォルトの4時間ウィンドウに対してプロットされた、Excellent、Fair、またはPoorとして示しています。

時間ナビゲーションバー

マシンとユーザーセッションのパフォーマンスの傾向は、デフォルトの4時間のウィンドウでプロットされます。24時間範囲の他のウィンドウに対応するデータを表示するには、時間ナビゲーションバーを移動して、別の時間範囲を選択します。2〜8時間のウィンドウでズームインまたはズームアウトして、選択した時間範囲に対応するイベントを表示できます。

マシン統計属性

使用上の注意

  • マシンのダウンタイムにより、マシンパフォーマンスの傾向のプロットが中断される可能性があります。
  • サイトがPerformanceAnalyticsにオンボーディングされる前に、オンプレミスのVirtual Apps and Desktops環境のマシンがマシンカタログに追加された場合、マシンのOS情報が[マシン統計]ビューに表示されない可能性があります。回避策として、サイトのオンボーディング後にマシンをマシンカタログに追加します。
  • オンプレミスのVirtualApps and Desktops環境にあるマシンの統計は、Performance Analyticsへのオンボーディングが開始されてから24時間後に利用できます(最大)。
  • マシンが UnregisteredFailedShutdownPowered off ステータスにある間、またはマシンがデリバリーグループから削除された場合、マシンパフォーマンストレンドは利用できません。統計は、マシンが使用可能だった期間についてのみ使用できます。

マシン統計の障害

典型的なユースケース

マシン統計ビューは、マシンを包括的にトラブルシューティングするための情報を提供します。 ユーザーエクスペリエンスダッシュボードから始めて、典型的なユースケースでこのビューの使用法を理解しましょう。 ユーザーエクスペリエンスダッシュボードの障害イン サイト パネルには、3つ以上の連続したセッション障害が発生したブラックホールマシンのリストが表示されます。

ブラックホールマシン

ブラックホールマシンのリンクをクリックすると、マシンベースのセルフサービスビューに移動します。このビューには、ダウンタイム、ピークCPU、ピークメモリなどのブラックホールマシンに関連するすべてのメトリックが一覧表示されます。

ブラックホールマシン

マシンのセルフサービスビューでマシン名をクリックして、マシン統計ページを表示します。このページには、同じ時間範囲でプロットされたマシンとセッションのパフォーマンスパラメータが表示されます。この情報を使用して、セッション障害時のリソース使用量を比較し、リソース不足が障害の原因である可能性についての洞察を得ることができます。

マシン統計属性

機械統計