解決された問題

Citrix Receiver for Chrome 2.6.9で解決された問題

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

Citrix Receiver for Chrome 2.6.8で解決された問題

Citrix Receiver for Chrome 2.6.7との比較

Citrix Receiver for Chrome 2.6.8には、バージョン2.6.7以前に含まれていたすべての修正に加えて、以下の新しい修正が含まれています。

  • Citrix Receiver for Chromeは、Linux VDA 7.17でのH.264ビデオコーデックの使用をサポートしていない場合があります。その結果、Linux VDA 7.17を起動すると、黒い画面またはエラー61が表示されます。この問題を解決するには、以下のようにconfiguration.jsファイルでH.264を無効にすることができます。

    ‘graphics’ : {    ‘h264Support’ : {    ‘enabled’ : false, [RFHTMCRM-2308]

Citrix Receiver for Chrome 2.6.7で解決された問題

Citrix Receiver for Chrome 2.6.6との比較

Citrix Receiver for Chrome 2.6.7には、バージョン2.6.6以前に含まれていたすべての修正に加えて、以下の新しい修正が含まれています。

  • 登録されたデバイスで管理者がGoogleポリシーを使ってストアURLを構成すると、[ストアを追加] ボタンは表示されますが機能しません。ボタンをクリックすると、ストアアドレスが空白になります。ただし、ストアはアクティブなまま維持されます。[RFHTMCRM-2264]

Citrix Receiver for Chrome 2.6.6で解決された問題

Citrix Receiver for Chrome 2.6.5との比較

Citrix Receiver for Chrome 2.6.6には、バージョン2.6.5以前に含まれていたすべての修正に加えて、以下の新しい修正が含まれています。

  • Google ChromeデバイスでOS 65以降を実行している場合、ファイルのダウンロード操作は機能しません。[RFHTMCRM-2259]

Citrix Receiver for Chrome 2.6.5で解決された問題

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

Citrix Receiver for Chrome 2.6.4で解決された問題

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

Citrix Receiver for Chrome 2.6.3で解決された問題

Citrix Receiver for Chrome 2.6.2との比較

Citrix Receiver for Chrome 2.6.3には、バージョン2.6.2以前に含まれていたすべての修正に加えて、以下の新しい修正が含まれています。

  • 管理対象Chromebookの [マルチモニター設定][すべてのモニターにまたがって表示する] チェックボックスをオフにした時、全画面モードでセッションを開始しようとすると、セッションがすべてのモニターにまたがって表示されることがあります。[LC8828]

Citrix Receiver for Chrome 2.6.2で解決された問題

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

Citrix Receiver for Chrome 2.6.1で解決された問題

Citrix Receiver for Chrome 2.6との比較

Citrix Receiver for Chrome 2.6.1には、バージョン2.6以前に含まれていたすべての修正に加えて、以下の新しい修正が含まれています。

  • Citrix Receiver for Chromeアプリがインストールされている場合、Chromebookデバイスを使用しようとすると空白のログオンページが表示されることがあります。[75145985]

Citrix Receiver for Chrome 2.6で解決された問題

このリリースで解決された問題はありません。

Citrix Receiver for Chrome 2.5.2で解決された問題

このリリースで解決された問題はありません。

Citrix Receiver for Chrome 2.5.1で解決された問題

Citrix Receiver for Chrome 2.5との比較

Citrix Receiver for Chrome 2.5.1には、バージョン2.5以前に含まれていたすべての修正に加えて、以下の新しい修正が含まれています。

  • アプリケーションのdefault.icaファイルでTWIModeがOFFに設定されると、アプリは常にウィンドウモードで開始されます。[7558]

  • Google Chromebook上のCitrix Receiver for ChromeセッションでWebインターフェイスのURLを使用すると、XenAppバージョン6.5を起動できません。[1883]

Citrix Receiver for Chrome 2.5で解決された問題

Citrix Receiver for Chrome 2.4との比較

Citrix Receiver for Chrome 2.5には、バージョン2.4以前に含まれていたすべての修正に加えて、以下の新しい修正が含まれています。

  • スマートカード認証を使用してセッションを起動後、Chromebookデバイスからスマートカードリーダーを取り外すと、セッションが応答しなくなることがあります。[RFHTMCRM-990]

  • デスクトップセッションでツールバーを右にドラッグすると、操作中にスクロールバーが表示されます。[RFHTMCRM-1483]

  • アプリセッションをキオスクモードで起動すると、Google管理コンソールポリシーを使用してAppSwitcher機能を無効にしても、AppSwitcher機能は機能し続けます。[RFHTMCRM-1651]

  • マルチモニターモードで、セカンダリモニターを取り外すとセカンダリモニターで実行されているアプリセッションにスクロールバーが表示されます。[RFHTMCRM-1652]

  • マルチモニターモードで実行されているデスクトップセッションでネットワークが切断されると、プライマリモニターにスクロールバーが表示されます。#RFHTMCRM-1677]

  • VDAにRealTime Connectorがインストールされていると、Skype for BusinessはChromebookデバイスでWebカメラを検出できないことがあります。[LC7674]

Citrix Receiver for Chrome 2.4で解決された問題

Citrix Receiver for Chrome 2.3との比較

Citrix Receiver for Chrome 2.4には、バージョン2.3以前に含まれていたすべての修正に加えて、以下の新しい修正が含まれています。

  • マルチモニター構成で、ユーザーがセッションツールバーを第2のモニターにドラッグすると、セッションが応答しなくなることがあります。[RFHTMCRM-1113]

  • 公開されたRDPアプリケーションのシナリオでは、アプリケーションが非アクティブになることがあります。[RFHTMCRM-1541]

Citrix Receiver for Chrome 2.3で解決された問題

Citrix Receiver for Chrome 2.2との比較

Citrix Receiver for Chrome 2.3には、バージョン2.2以前に含まれていたすべての修正に加えて、以下の新しい修正が含まれています。

  • Linux上で実行されているVDAから公開アプリケーションを起動すると、セッションがフリーズすることがあります。[662083]

Citrix Receiver for Chrome 2.1で解決された問題

Citrix Receiver for Chrome 2.0との比較

Citrix Receiver for Chrome 2.1には、バージョン2.0以前に含まれていたすべての修正に加えて、以下の新しい修正が含まれています。

  • RDPまたはCitrix ICAダブルホップシナリオからセッションを起動できません。[653980]

  • 以前のバージョンのStoreFrontやNetScaler Gatewayに接続できません。セッションが、Citrix Receiverではなくブラウザーで開かれます。[653981]

  • ファイルまたはテキストを選択すると、CtrlキーおよびShiftキーが機能しません。[654185]