ユーザーエクスペリエンス

Citrix Receiver for HTML5は、Citrix Receiver for Webサイトに統合されます。Citrix Receiver for HTML5で仮想デスクトップやホストされているアプリケーションにアクセスするには、サポートされるオペレーティングシステム上で動作する互換性があるWebブラウザーでCitrix Receiver for Webサイトを開きます。

Citrix Receiver for HTML5でのユーザーエクスペリエンスは以下のとおりです:

  • 管理者がCitrix Receiver for HTML5の常時使用を構成していないサイトでは、WindowsおよびMac OS Xデバイス上にCitrix Receiverがインストールされているかどうかが判別されます。Citrix Receiverが検出されない場合は、対応するプラットフォームのCitrix Receiverをダウンロードしてインストールするように促すメッセージが表示されます。Citrix Receiverをインストールできないユーザーについては、Citrix Receiver for Webサイトにログオンするたびにこれが実行されます。Citrix Receiverがローカルにインストール済みのユーザーは、それを使用してサイトのリソースにアクセスします。Citrix Receiver for HTML5を使用することはできません。管理者がCitrix Receiver for HTML5の常時使用を構成したサイトでは、Citrix Receiverがローカルにインストール済みかどうかに関係なく、ユーザーはCitrix Receiver for HTML5を使用してサイトのリソースにアクセスする必要があります。
  • Citrix Receiver for HTML5でデスクトップやアプリケーションにアクセスすると、ユーザーのWebブラウザー設定に応じて新しいタブまたはウィンドウが開き、そこでそのリソースが起動します。Citrix Receiver for Webサイトと同じタブでリソースが常に起動するようにCitrix Receiver for HTML5を構成することもできます。詳しくは、「Citrix Receiver for HTML5のブラウザータブ使用を構成するには」を参照してください。
  • ユーザーが追加のアプリケーションを起動すると、新しいセッションを作成する前に既存のセッション内でアプリケーションを開始できるかどうかがCitrix Receiver for HTML5によりチェックされます。これにより、ユーザーは単一の接続で複数のアプリケーションにアクセスできるようになり、利用可能なリソースをより効率的に使用できます。

ファイル転送

デフォルトでは、ユーザーは次のことを実行できます:

  • ローカルのダウンロードフォルダーまたは接続された周辺機器からファイルをアップロードし、XenDesktopセッションからのデータにシームレスにアクセスできます。
  • XenDesktopセッションからユーザーデバイスフォルダーや周辺機器にファイルをダウンロードできます。

管理者は、Citrix Studioのポリシーを介して、ファイルの転送、アップロード、またはダウンロードを選択的に有効または無効にできます。

要件

  • XenDesktop 7.6またはXenApp 7.6と次のユーティリティ:
    • サーバーOS VDA(Windows 2008 R2またはWindows 2012 R2)上のHotfix ICATS760WX64022.msp
    • クライアントOS VDA(Windows 7またはWindows 8.1)上のHotfix ICAWS760WX86022.mspまたはICAWS760WX64022.msp
  • ファイル転送ポリシーを変更するには:Citrix Studioを実行中のマシン上のグループポリシー管理(GPM)Hotfix GPMx240WX64002.msiまたはGPMx240WX86002.msi

制限事項

  • ユーザーが一度にアップロードまたはダウンロードできるのは、最大10ファイル
  • 最大ファイルサイズ:
    • アップロード:2147483647バイト(2GB)
    • ダウンロード:262144000バイト(250MB)

ファイル転送のポリシー

デフォルトでは、ファイル転送は有効になっています。Citrix Studioを使って、ユーザー設定のICA\ファイルリダイレクトにあるこれらのポリシーを変更します。ファイル転送のポリシーを使用する場合は、次のことについて考慮します:

  • デスクトップとクライアント間におけるファイル転送の許可。仮想XenDesktopセッションとユーザーデバイス間でのユーザーによるファイル転送を許可または拒否します。
  • デスクトップへのファイルのアップロード。ユーザーデバイスから仮想XenDesktopセッションへのユーザーによるファイルのアップロードを許可または拒否します。
  • デスクトップからのファイルのダウンロード。仮想XenDesktopセッションからユーザーデバイスへのユーザーによるファイルのダウンロードを許可または拒否します。

クリップボードサポートの強化

この機能が導入される前は、Citrix Receiverではローカルアプリケーションからそのほかのアプリケーション(Microsoft Excelなど)への形式を選択して貼り付け機能を使ったHTML形式テキストのコピーや貼り付けがサポートされていませんでした。そのため、ターゲットのアプリ(この上記の例ではMicrosoft Excel)にはHTML形式の特性が含まれませんでした。

Citrix Receiver for HTML5は、クライアントとセッション間でのプレーンテキストに加えて、HTML形式をサポートします。これは、Officeアプリやブラウザーで有用です。強化されたクリップボードはChromeおよびSafariブラウザー上でのみサポートされます。HTMLコンテンツをコピーしてその形式を維持できます。Chromeでリンクをコピーすると、<img>タグがHTML形式で追加され、テキストに加えて画像も効率的にコピーできます。この機能によりプレーンテキスト以外もコピーできますが、すべてのアプリケーションで機能するわけではありません。

クリップボードをサポートするには、次のレジストリエントリをVDAに追加します

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix\wfshell\Virtual Clipboard\Additional Formats\HTML Format “Name”=”HTML Format”

この機能の導入によって解決された問題について詳しくは、Knowledge CenterでCTX086028を参照してください。

警告

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、Windowsのインストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、Citrixでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

ツールバーの構成

ツールバーの拡張機能は、デフォルトで有効になります。

ツールバーを非表示にするには:

  1. 管理者としてログイン中に、C:\ProgramFiles\Citrix\Receiver StoreFront\HTML5Clientconfiguration.jsファイルにアクセスします。
  2. configuration.jsファイルで「menubar key」を検索します。
  3. configuration.jsファイルで、“menubar”:falseを設定します。

個別のアイコンを非表示にして、ツールバーに表示されないようにすることもできます。たとえば、ツールバーの[ctrl+alt+del]ボタンを非表示にするには、次の手順に従います:

  1. 管理者としてログイン中に、C:\ProgramFiles\Citrix\Receiver StoreFront\HTML5Clientconfiguration.jsファイルにアクセスします。
  2. configuration.jsファイルで「lock」を検索します。
  3. configuration.jsファイルで、“lock”:false を設定します。

セッション共有

このセッション共有機能を使用するには、アプリケーションが同じマシン上でホストされており、ウィンドウのサイズ、色深度、暗号化などのパラメーター設定が同じシームレスウィンドウモードで構成されている必要があります。ホストされているアプリケーションを使用できる場合は、デフォルトでセッション共有が有効になっています。

アプリケーションをホストするマシン上にApp Switcherがインストールされている場合は、ウィンドウ下部にタスクバーが表示されます。タスクバーには、セッションで現在実行中のアプリケーションがすべて表示され、ユーザーはアプリケーション間を切り替えることができます。ユーザーはタスクバーを自動的に非表示にしたり、アイコンのサイズを小さくしてタスクバーの領域を最小化したりできます。

Webブラウザーのタブには、Citrix Receiver for HTML5を操作するためのフリーツールバーが表示されます(下図)。クリップボードボタンを使用すると、ユーザーデバイス上のローカルクリップボードとWebブラウザー内に表示されているデスクトップやアプリケーションとの間でUnicodeプレーンテキストをコピーしたり貼り付けたりできます。ユーザーは標準的なWindowsショートカットキーを使用して、同じセッション内および異なるセッションのアプリケーション間で、文字、表、画像などのデータをコピーできます。また、ツールバーのボタンを使用すると、デスクトップやアプリケーションにCtrl+Alt+Delキーを送信できます。

Chrome html5ツールバーの画像

ホストされるアプリケーションまたは仮想デスクトップで実行中のアプリケーションで開いているドキュメントを印刷する場合、そのドキュメントをPDFで出力するオプションを実行できます。この場合、PDFをローカルデバイス上に転送して、そこで表示したりローカルプリンターで印刷したりできます。ユーザーがPDFを閉じると、ファイルがデバイスから削除されます。

ホストされているアプリケーションで開かれているドキュメント内のリンクをクリックするユーザーは、セッション内でホストされているブラウザーアプリケーションでURLを開くのか、またはローカルデバイスのブラウザーを使用するのかを選択できます。

Citrix Receiver for HTML5のログ

Citrix Receiver for HTML5は、ユーザーデバイスが生成したログにタイムスタンプを付けます。

問題のトラブルシューティングに役立てるため、Citrix Receiver for HTML5セッションログを表示できます。

ログページでは、以下の機能が使用できます:

  • ログを有効にする:ログを有効にしてHMTL5ログを表示します。
  • ログを無効にする:ログを無効にしてセッションのログを停止します。
  • ログを表示する:セッションで生成されたログを表示します。
  • ログを消去するツールバーを使用してCitrix Receiver for HTML5ログを表示するにはセッションで生成されたログファイルを削除します。
  • ログファイルをダウンロードする:希望する場所にログファイルをダウンロードします。

ログページに移動してCitrix Receiver for HTML5ログを表示するには:

  1. Citrix Receiver for Webサイトにログオンします。
  2. 別のブラウザータブまたはウィンドウで、<siteurl>/Clients/HTML5Client/src/ViewLog.htmlにアクセスします。ここで、<siteurl>はCitrix Receiver for WebサイトのURLで、通常は<http://server.domain/Citrix/StoreWeb>です。
  3. ログインページで[ログの開始]をクリックします。
  4. Citrix Receiver for Webサイトで、Citrix Receiver for HTML5を使ってデスクトップまたはアプリケーションにアクセスします。

Citrix Receiver for HTML5セッションで生成されたログファイルは、ログページに表示されます。また、ログファイルをダウンロードしてより詳細に分析することもできます。

ツールバーを使用してCitrix Receiver for HTML5ログを表示するには:

  1. Citrix Receiver for Webにログオンします。
  2. Citrix Receiver for Webで、デスクトップまたはアプリケーションにアクセスします。
  3. セッションツールバーで [ログ] をクリックします。
  4. [ログの開始] をクリックします。