リソース接続のトラブルシューティング

ユーザーがアクティブなコネクションを管理するには、コネクションセンターを使用します。セッションの動作が遅い、またはコネクションに問題がある場合、ユーザーや管理者はコネクションセンターを使用してトラブルシューティングを行えます。ユーザーは、コネクションセンターで以下の操作を行えます。

  • アプリケーションを終了する。
  • セッションからログオフする。これによりセッションが終了し、実行中のアプリケーションが終了します。
  • セッションから切断する。これにより、アプリケーションを実行したまま(切断時にアプリケーションを閉じるようにサーバーを構成していない場合)、選択したコネクションのサーバー接続が切断されます。
  • コネクションの転送統計値を参照する。

コネクションを管理するには

  1. Citrix Workspaceアプリメニューで[コネクションセンター]をクリックします。

    接続先のサーバーと、各サーバー上でアクティブなセッションが表示されます。

  2. 次のいずれかを行います:

    • サーバーを選択して、切断またはログオフしたり、プロパティを表示したりします。
    • アプリケーションを選択して、ウィンドウを閉じます。

リソース接続のトラブルシューティング