SDKおよびAPI

Citrix仮想チャネルSDK

Citrix仮想チャネルソフトウェア開発キット(SDK)は、ICAプロトコルを使用する追加の仮想チャネルのための、サーバー側アプリケーションやクライアント側ドライバーの作成をサポートします。サーバー側仮想チャネルアプリケーションは、XenAppまたはXenDesktopサーバー上にあります。このバージョンのSDKは、Receiver for Linux用の新しい仮想チャネルの作成をサポートします。他のクライアントプラットフォーム用の仮想ドライバーの作成については、Citrixにお問い合わせください。

仮想チャネルSDKには、以下のものが用意されています。

  • Citrix Server API SDK(WFAPI SDK)の仮想チャネル機能とともに使用して新しい仮想チャネルを作成する、Citrix Virtual Driver Application Programming Interface(VDAPI)。VDAPIによって提供される仮想チャネルサポートは、独自の仮想チャネルを容易に作成できるように設計されています。
  • プログラミングテクニックの実例となるいくつかの仮想チャネルサンプルプログラムの、実際に機能するソースコード。
  • 仮想チャネルSDKでは、WFAPI SDKで仮想チャネルのサーバー側を作成する必要があります。

SDKについては、「Citrix Virtual Channel SDK for Citrix Receiver for Linux」を参照してください。

コマンドラインのリファレンスとパラメーター

コマンドラインのリファレンスとパラメーターについて詳しくは、「Citrix Receiver for Linux Command Reference」を参照してください。

プラットフォーム最適化SDK

Citrix Receiver for LinuxのHDX SoC計画の一環として「プラットフォーム最適化SDK」を提供し、低コスト、省電力、高パフォーマンスのデバイスに画期的なフォームファクタを組み合わせたエコシステムを実現しました。

プラットフォーム最適化SDKは、Linuxベースのデバイスのパフォーマンスを改善する方法を探している開発者が、Citrix Receiver for LinuxのICAエンジンコンポーネント(wfica)の拡張プラグインを作成するために使用できます。プラグインは、wficaが動的に読み込む共有可能なライブラリとして構築されます。プラグインによって、Linuxデバイスのパフォーマンスを最適化して、以下の機能を実現できます。

  • セッション画面の描画に使用されるJPEGおよびH.264データのデコーディングをアクセラレート
  • セッション画面の描画に使用されるメモリの割り当てを制御
  • セッション画面の低レベル描画を制御してパフォーマンスを向上
  • X11をサポートしないOS環境で、画像の出力およびユーザーの入力サービスを提供

詳しくは、Citrix Receiver for Linux - Platform Optimization SDKを参照してください。