パスワードの管理

Citrix Single Sign-Onは、アプリケーションやWebサイトにアクセスするときに必要なログオン情報(ユーザー名やパスワードなど)を管理します。ユーザーのログオン情報は、Single Sign-Onが動作するすべてのコンピューターからアクセスできる、ネットワーク上のデータベースに保管されます。つまり、組織内のほかのコンピューターからこれらのアプリケーションやWebサイトにアクセスする場合でも、Single Sign-Onに登録済みの自分のログオン情報を使用して自動ログオンできます。

Single Sign-Onを使用すると、ログオン操作を自動化できるだけでなく、ヘルプデスクの手を煩わせずに自分でWindows用パスワードをリセットしたりアカウントのロックを解除したりできます。Single Sign-Onでは、安全なパスワードをユーザーに代わって自動生成することもできます。

管理者の設定により、ユーザーがコンピューターにログオンしたとき、またはパスワードで保護されたアプリケーションやWebサイトを初めて開いたときに、Single Sign-Onが自動的に起動します。Single Sign-Onが起動すると、ユーザーの情報が登録されているデータベースに接続して、ユーザーの同一性を確認します。同一性が正しく確認されると、ユーザーは、登録済みのログオン情報を使ってアプリケーションやWebサイトに自動的にログオンできるようになります。ログオン情報が登録されていないアプリケーションやWebサイトを開くと、ログオン情報を登録するかどうかを確認するメッセージが表示されます。

管理者の設定によっては、Single Sign-OnをWindowsの[スタート]メニューから起動することもできます。

  • [スタート]ボタンをクリックし、[(すべての)プログラム]>[Citrix]>[Citrix Single Sign-On]の順に選択します。

Single Sign-Onを終了するには、Citrix Receiver for Windowsを終了する必要があります。ただし、Citrix Receiverを終了せずにSingle Sign-Onだけを一時停止することができます。

重要:Single Sign-Onは、管理者が環境に合わせて設定をカスタマイズできる、柔軟性に富んだ製品です。管理者の設定によっては、このドキュメントに記載されている機能の一部がユーザー側で使用できない場合があります。たとえば、パスワード文字列を表示する機能などが無効に設定されている場合があります。また、操作の手順がこのヘルプの記述と異なる場合があります。このドキュメントはユーザー側のさまざまな状況を想定して作成されていますが、一部の状況が網羅されていない場合があります。Single Sign-Onに関するほかのドキュメントは、Citrixドキュメントサイトで公開されています。

パスワードの管理

In this article