ログオン情報の登録

ログオンが必要なアプリケーションやWebサイトをユーザーが開くと、シングルサインオンがそれを検出して、登録済みのログオン情報を使って自動的にログオンします。ログオン情報(ユーザー名、パスワードなど)が登録されている場合は、シングルサインオンにより自動的にログオンされます。

シングルサインオンは、ユーザーが起動したアプリケーションやWebサイトからのログオン要求を検出し、

  • ログオン情報がまだ登録されていない場合はここで登録するかどうかを確認するメッセージを表示します。
  • シングルサインオンがログオン要求を検出しない場合は、ユーザーがログオン情報を手作業で登録できます。

シングルサインオンでは、次の種類のアプリケーションのログオン情報を登録できます。

  • Windowsアプリケーション:一般的に[スタート]メニューやデスクトップから起動する、Lotus Notesなどのアプリケーションです。

  • WebアプリケーションまたはWebサイト:Webブラウザー上で表示したり操作したりするアプリケーションやサイトです。インターネットストアやWebベースの教育アプリケーションなどがあります。

    重要:シングルサインオンでサポートされるWebブラウザーは、Microsoft Internet Explorer(32ビット版)のみです。

  • ターミナルエミュレーターベースのアプリケーション:通常メインフレームコンピューターでホストされる、テキストベースのアプリケーションです。この種類のアプリケーションでは、一般的に深い緑色などの暗い色の背景に明るい同系色の文字が表示されます。

:ログオン時に必要な情報の種類は、アプリケーションによって異なる場合があります。ほとんどの場合、ユーザー名またはユーザーIDと、パスワードの入力が必要になります。必要なログオン情報が不明な場合は、ヘルプデスクに連絡してください。

ログオン情報を自動的に登録するには

  1. パスワードで保護されたアプリケーションやWebサイトを開きます。ログオン用のダイアログボックスまたはWebページが開きます。
  2. ログオン情報を登録するかどうかを確認するダイアログボックスで、[保存]をクリックします。
  3. WebサイトまたはWebアプリケーションの場合は、ログオン情報用のフィールドおよび送信用のボタンの枠が強調表示されます。これらのフィールドやボタンが正しく強調表示されているかどうかを確認するダイアログボックスで、[はい]をクリックします。
  4. [新規ログオン]ダイアログボックスでログオン情報を入力し、[完了]をクリックします。[新規ログオン]ダイアログボックスが閉じ、ログオン情報がシングルサインオンに登録され、アプリケーションにログオンされます。

ログオン情報を手作業で登録するには

  1. パスワードで保護されたアプリケーションやWebサイトを開きます。ログオン用のダイアログボックスまたはWebページが開きます。

  2. ログオン情報を登録するかどうかを確認するダイアログボックスが自動的に開かない場合は、ログオン情報を手作業でシングルサインオンに登録します。これを行うには、WindowsタスクバーのシステムトレイでCitrix Receiverのアイコンを右クリックし、[パスワード]>[パスワードの送信] の順に選択します。

    :管理者の設定によっては、ここでユーザーの同一性検証が必要になる場合があります。同一性検証用のダイアログボックスが開いた場合は、Windowsにログオンするときに使用したユーザー名とパスワードを入力します。スマートカードなど、ユーザー名/パスワード以外の認証方法でWindowsにログオンした場合は、その方法で同一性を検証する必要があります。

  3. ログオン情報を登録するかどうかを確認するダイアログボックスで、[保存]をクリックします。

  4. WebサイトまたはWebアプリケーションの場合は、ログオン情報用のフィールドおよび送信用のボタンの枠が強調表示されます。これらのフィールドやボタンが正しく強調表示されているかどうかを確認するダイアログボックスで、[はい]をクリックします。

  5. [新規ログオン]ダイアログボックスでログオン情報を入力し、[完了]をクリックします。[新規ログオン]ダイアログボックスが閉じ、ログオン情報がシングルサインオンに登録され、アプリケーションにログオンされます。

同じアプリケーションのログオン情報を複数登録する

1つのアプリケーションやWebサイトで複数のアカウントを使用する場合があります。次に例を示します。

  • 特定の用途の電子メールアカウントと通常の電子メールアカウントを使い分けている。
  • 2つのプロジェクトで物品を購入するために、取引先のWebサイトにプロジェクトごとの個別アカウントがある。

管理者によりシングルサインオンの複数アカウント機能が有効に設定されている場合、同じアプリケーションやWebサイトに対して複数のアカウント情報を登録できます。複数のアカウント情報を登録すると、シングルサインオンではログオン情報の選択機能を使って、使用するログオン情報を選択できるようになります。

シングルサインオンに登録済みのアプリケーションやWebサイトにログオン情報をさらに追加するには

  1. WindowsタスクバーのシステムトレイでCitrix Receiverのアイコン を右クリックし、[パスワード]>[パスワードの管理]の順に選択します。

  2. [パスワード管理]ダイアログボックスで、ログオンアカウントを追加するアプリケーションまたはWebサイトを選択します。

  3. [コピー] をクリックします。

    :管理者の設定によっては、ここでユーザーの同一性検証が必要になる場合があります。同一性検証用のダイアログボックスが開いた場合は、Windowsにログオンするときに使用したユーザー名とパスワードを入力します。スマートカードなど、ユーザー名/パスワード以外の認証方法でWindowsにログオンした場合は、その方法で同一性を検証する必要があります。

    選択したアプリケーションまたはWebサイトの複製が一覧に追加されます。

  4. 追加された項目を選択して、[編集]をクリックします。ダイアログボックスが開き、コピーされたログオン情報が表示されます。

  5. 必要に応じて、ログオン情報を変更します。

  6. [アプリケーション名]ボックスで、複製元のアプリケーションと区別しやすい名前を設定します。

  7. [OK] をクリックします。

複数のログオン情報を登録しているアプリケーションへのログオン

同じアプリケーションまたはWebサイトで複数のログオン情報を登録している場合は、シングルサインオンのログオン情報の選択機能で、使用するログオン情報を選択します。

ログオン情報を複数登録したアプリケーションまたはWebサイトにログオンするには

  1. アプリケーションまたはWebサイトのログオン画面を開きます。[ログオン情報の選択]ダイアログボックスが開きます。
  2. [ログオン情報の選択]ダイアログボックスで、使用するログオンアカウントを選択し、[OK]をクリックします。[ログオン情報の選択]ダイアログボックスが閉じて、アプリケーションまたはWebサイトにログオンされます。