複合USBデバイスリダイレクトの構成

グループポリシーオブジェクト(GPO)管理用テンプレートで複合USBリダイレクトを構成する

  1. gpedit.mscを実行して、Citrix Receiverグループポリシーオブジェクト管理用テンプレートを開きます。
  2. [ユーザー構成]ノード配下で、[管理用テンプレート] > [Citrixコンポーネント] > [Citrix Receiver] > [クライアントデバイスをリモート処理します] > [一般的なUSBのリモート処理] の順に移動します。
  3. SplitDevicesポリシーを選択します。
  4. [有効] をクリックします。
  5. [適用] をクリックします。
  6. [OK] をクリックしてポリシーを保存します。

グループポリシーオブジェクト管理用テンプレートでインターフェイスを許可または禁止するには

  1. gpedit.mscを実行して、Citrix Receiverグループポリシーオブジェクト管理用テンプレートを開きます。
  2. [ユーザー構成]ノード配下で、[管理用テンプレート]>[Citrixコンポーネント]>[Citrix Receiver]>[クライアントデバイスをリモート処理します]>[一般的なUSBのリモート処理] の順に移動します。
  3. USBデバイス規則ポリシーを選択します。
  4. [有効] をクリックします。
  5. [USBデバイス規則] テキストボックスで、許可または禁止するUSBデバイスを追加します。 たとえば、ALLOW: vid=047F pid= C039 split=01 intf=00,03 //00および03インターフェイスを許可、その他を制限。
  6. [適用][OK] の順にクリックします。

デスクトップセッションでは、分割されたUSBデバイスは [デバイス] のDesktop Viewerで表示されます。また、[基本設定] > [デバイス] から分割されたUSBデバイスを表示できます。

alt_text

アプリケーションセッションでは、分割デバイスはコネクションセンターで表示されます。

alt_text

以下の表は、USBインターフェイスが許可または禁止される場合の動作に関する詳細です。

インターフェイスを許可する場合:

Split Interface アクション
TRUE 有効な数字 0 -n 指定のインターフェイスを許可する
TRUE 無効な数 すべてのインターフェイスを許可する
FALSE 任意の値 親デバイスの汎用USBを許可する
指定なし 任意の値 親デバイスの汎用USBを許可する

たとえば、SplitDevices- trueは、すべてのデバイスが分割されることを示します。

インターフェイスを禁止する場合:

Split Interface アクション
TRUE 有効な数字 0 -n 指定のインターフェイスを禁止する
TRUE 無効な数 すべてのインターフェイスを禁止する
FALSE 任意の値 親デバイスの汎用USBを禁止する
指定なし 任意の値 親デバイスの汎用USBを禁止する

たとえば、SplitDevices- falseは、デバイスが指定されたインターフェイス番号で分割されないことを示します。

例:My_<plantronics> headset

インターフェイス番号

  • オーディオインターフェイスクラス -0
  • HIDインターフェイスクラス -3

My_<plantronics>ヘッドセットで使用される規則例:

  • ALLOW: vid=047F pid= C039 split=01 intf=00,03 //00および03インターフェイスを許可、その他を制限。
  • DENY: vid=047F pid= C039 split=01 intf=00,03 //00および03を禁止

制限事項:

Webカメラのインターフェイスは分割しないことをお勧めします。代わりに、汎用USBリダイレクトを使用してデバイスを単一のデバイスにリダイレクトします。パフォーマンスを向上させるには、最適化された仮想チャネルを使用してください。