AnalyticsとMicrosoftのActive Directory の統合

Active Directory に接続し、組織のドメインで使用可能なユーザー情報とユーザーグループをCitrix Analytics にインポートします。この統合により、Citrix Analytics ユーザープロファイルが強化されます。ユーザープロファイルページでは、危険のあるユーザーの役職、組織、オフィスの場所、電子メール、連絡先の詳細などの情報を表示できます。リスクの高いユーザープロファイルの可視性が向上します。ユーザーグループ ページには、Active Directory からインポートされたユーザーグループのリストが表示されます。

現在、Active Directory との統合は、米国および欧州連合の地域でのみサポートされています。組織が他の地域でオンボーディングされている場合、Citrix Analytics はイベントを受信しません。サポートされているリージョンの詳細については、「地理的な考慮事項」を参照してください。

前提条件

Active Directory をCitrix Analytics に接続する前に、まずActive Directory をCitrix Cloudアカウントに接続する必要があります。詳しくは、「Active Directory をCitrix Cloudに接続する」を参照してください。

Microsoft Active Directory をCitrix Analytics に接続する

Active Directory をCitrix Analytics に接続するには、次の手順に従います。

  1. [ 設定] > [データソース に移動し、外部データソース に移動します。

  2. Active Directory サイトカードで、プラス記号 ( + ) をクリックします。

    Active Directory オンボーディング

  3. Citrix Analytics では、Active Directory をCitrix Cloudアカウントに接続するよう求められます。詳しくは、「前提条件」を参照してください。

Active Directory をCitrix Cloudアカウントに接続すると、この新しいデータソースが自動的に検出されます。データソース ページで、Active Directory サイトカードに データ処理 と表示されます。

AD データ

データ処理オン ステータスは、Active Directory が検出され、ユーザー情報が Active Directory から取得されていることを示します。

ユーザー情報の表示

セキュリティ タブで、危険なユーザーをクリックして、ユーザープロファイルページを表示します。ユーザーが Active Directory で利用可能な場合は、ユーザープロファイルページで役職、組織、電子メール、連絡先番号を表示できます。

ユーザープロフィール

ユーザー・グループの表示

[ 設定 タブで、ユーザーグループ をクリックします。ユーザーグループ ページには、Active Directory からインポートされたグループが表示されます。ユーザグループ内のユーザとその詳細を表示するには、特定のユーザグループ名をクリックします。特定のユーザグループページで、Action リストからユーザグループをエグゼクティブグループとしてマークできます。このアクションにより、グループ内のユーザーは特権ユーザーになります。特権ユーザーの詳細については、特権ユーザーを参照してください。

ユーザー グループ