Session Recording

展開計画

接続の要件

Session Recordingクラウドクライアント

Session Recordingクラウドクライアントには、次のアドレスへのアクセスが必要です:

ポート

接続元 接続先 種類 ポート 詳細
各Session Recordingサーバー上のSession Recordingクラウドクライアント Citrix CloudとMicrosoft Azure TCP(HTTPS) 443 Citrix CloudとMicrosoft Azureの通信。

プロキシ

Session Recordingクラウドクライアントをインストールするときにプロキシを設定できます。詳しくは、「既存のSession Recordingサーバーのクラウドへの接続」を参照してください。

転送パケットサイズを増やす

  1. クラウドクライアントをインストールしたSession Recordingサーバーで、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\SessionRecording\CloudClientService\BlockSizeMultipleに移動します。

  2. BlockSizeMultiple値を編集します。

    デフォルト値は4(16KB)です。値を8(32KB)に設定することをお勧めします。

    BlockSizeMultiple値

IISに証明書をインストール

注:

バージョン7.37.9010.3以降のクラウドクライアントを使用していて、クラウドプレーヤーのみを使用する場合は、この手順を省略できます。

IISにSSLバインドを追加することで、以下が可能になります:

  • Session Recordingサーバーは、Citrix Cloudに正しく接続できます。
  • HTTPSを使用してPlayerにアクセスできます。

詳しくは、「HTTPS構成」の手順1を参照してください。

Webストリーミングサービスバージョン2.0への切り替え

注:

バージョン7.37.9010.3以降のクラウドクライアントを使用していて、クラウドプレーヤーのみを使用する場合は、この手順を省略できます。

Session Recording 2103以降を新規インストールすると、Playerにアクセスしたとき、IISでホストされているWebストリーミングサービスにWebブラウザーが接続されます。HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\SmartAuditor\ServerWebSocketServerVersionで示されているように、IISでホストされているWebストリーミングサービスのバージョンは2.0です。

Webストリーミングサービスバージョン

以前のバージョンからSession Recording 2103以降にアップグレードインストールすると、WebブラウザーがPythonベースのWebストリーミングサービス(バージョン1.0)に接続されます。IISでホストされているWebストリーミングサービスに接続するには、<Session Recording Server installation path>\Bin\SsRecUtils.exe ‑enablestreamingserviceコマンドを実行します。

展開計画