管理ダッシュボード

Session Recording管理ダッシュボードは、システムに関する分析情報を得るのに役立ちます。以下を含む、システムのさまざまな側面を監視できます:

  • サーバーの状態
  • ストレージ消費量
  • セッションの統計情報
  • クライアントデバイス情報

ダッシュボードの例として、以下のスクリーンショットを参照してください:

Session Recording管理ダッシュボードの例

ダッシュボードの使用に関するヒント

  • ダッシュボードは、Session Recordingサービスコンソールの新しいホームページです。次のいずれかの役割を割り当てられたCitrix Cloud管理者のみが使用できます:
    • フルアクセス
    • [Cloud Administrator, All] の役割
    • [Session Recording-FullAdmin, All] の役割
  • ダッシュボードには、左上隅のドロップダウンメニューから選択したサイトに関連するデータが表示されます。

    Session Recording管理ダッシュボードの例

  • [サーバー] セクションでは、120秒ごとにデータが自動的に更新されます。ダッシュボードページを開くか、サイトを選択するか、または [更新] をクリックすると、すぐにデータが更新されます。前回の更新が完了するまで、次のデータ更新は開始されません。そのため、データ更新中に [更新] をクリックすると、後で再試行するように求めるポップアップウィンドウが表示されます。

    更新ボタン

  • [ストレージ][セッション]、および [クライアント] セクションでは、データは毎日特定の時間に自動的に更新されます。ダッシュボードページを開くかサイトを選択すると、すぐにデータが更新されます。

  • アイコンをクリックすると、左上隅のドロップダウンメニューから選択したサイトのダッシュボード設定を表示し、構成できます。

    ダッシュボード設定を構成するためのアイコン

    ダッシュボード設定ウィンドウ

    ダッシュボードの設定では、以下の警告および重大しきい値を設定できます:

    • CPU使用率
    • メモリ使用率
    • ネットワーク(送信)
    • ネットワーク(受信)

    ダッシュボードの設定では、ストレージの場所で録画の格納に使用可能な領域サイズ、および領域の使用量の警告しきい値を設定することもできます。

    警告しきい値または重大しきい値に達すると、関連する項目にそれぞれオレンジ色または赤のアイコンが表示されます。

  • [サーバー] セクションでは、ライブセッションの数をクリックすると、ライブセッションを開いて再生できます。例:

    ライブセッションを開いて再生

    ライブセッション

  • [すべての録画の合計サイズ(GB)] セクションでは、ストレージの場所を切り替えて関連データを表示できます。グラフの上にカーソルを合わせると、特定の日のすべての録画の合計サイズを表示することもできます。

    特定の日のすべての録画の合計サイズを表示

  • [生成された録画のサイズ(GB)] セクションでは、特定の日の棒グラフの上にカーソルを合わせると、その日に新しく生成された録画のサイズを表示できます。

    特定の日に新しく生成された録画のサイズを表示

  • [セッション] セクションでは、[最長のセッション][セッションごとの最大ファイルサイズ] をクリックすると、セッションの詳細を表示できます。

    最長のセッションとセッションごとの最大ファイルサイズをクリック

    セッションの詳細

  • [クライアント] セクションには、異なるマシン名のプレフィックスを持つクライアントデバイスの割合と、異なるバージョンのCitrix Workspaceアプリで実行されているセッションの割合が表示されます。

    クライアントデバイス情報

管理ダッシュボード