XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR

XenAppおよびXenDesktop長期サービスリリース(LTSR)プログラムは、XenApp/XenDesktopリリースに安定性と長期サポートを提供します。

XenAppおよびXenDesktopのLTSRは現在、バージョン7.6および7.15で使用できます。累積更新プログラム3(CU3)は、7.15 LTSRの最新の更新プログラムです。初めてLTSRプログラムに参加し、7.6または7.15のLTSRの初期リリースを展開していない場合は、どちらも今すぐインストールする必要はありません。その代わりに、7.15 LTSR CU3から始めることをお勧めします。

また、Citrix Receiverおよびその他のコンポーネントは、指定のバージョンを使用することをお勧めします。LTSRに適合する上では必須ではありませんが、こうしたコンポーネントを推奨バージョンにアップグレードすることで、展開環境のメンテナンスが容易になり、最新の修正を利用できるようになります。

7.6 LTSRのリリース以降に追加された7.15 LTSRの機能の概要については、『XenAppとXenDesktopの機能概要の比較』の表を参照してください。

ダウンロード

7.15 LTSR XenAppおよびXenDesktop累積更新プログラム3(CU3)

便利なリンク

Supportability Packは、XenDesktop/XenApp製品の診断とトラブルシューティングを支援するためにCitrixエンジニアが作成した、一般的なツールのコレクションです。ツールは、簡単に見つけて使用できるように、機能およびコンポーネントごとにカタログ化されています。このパックの以前のバージョンは…

Citrix Windowsアプリ配信チームは、速いテンポで(2015年は四半期ベースで新しい製品リリースを提供)XenAppおよびXenDesktop製品ラインのためのイノベーションと拡張機能をリリースしてきました。このように速いペースでイノベーションをリリースすることで…

柔軟なサービスオプションにより、受けられるサポート内容が明確です。CitrixはXenAppおよびXenDesktopに新しい機能を短い間隔で提供することで、ビジネスの競争力を維持し、ITの運用を合理化し、データセキュリティを強化するとともに、従業員がどこからでもビジネスリソースにアクセスできるようにしています。…

製品のライフサイクル日程は、次の表を参照してください。以下の製品マトリクス表には、製品ライフサイクルがライフサイクルフェーズにより規定されるCitrix製品の情報が記載されています。製品のライフサイクルマイルストーンには、ステータス変更のお知らせ(Notice of Status Change:NSC)、販売終了(End of Sales:EOS)、メンテナンス終了(End of Maintenance:EOM)、および製品終了(End of Life:EOL)が含まれます。…

Citrix Receiver for Windows、Mac、Linux、HTML5、JavaまたはWinCEの各メジャーバージョン(v3.0など)で、ユーザーが利用できる最短ライフサイクルは4年間です。ライフサイクルは、最初に最低3年間のメインストリームメンテナンスフェーズがあり、その後、残りのメンテナンス期間で、延長メンテナンスフェーズへ移行…

XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR