解決された問題

XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR累積更新プログラム1(CU1)では、初期リリース以降に報告された80を超える問題が修正されています。

Citrix Director

  • Directorコンソールを開いて最初にユーザーを検索したときに、読み込みを示すバーが表示されません。その後の検索では、バーは期待通りに表示されます。[ LC8190 ]

Citrixポリシー

  • Active Directoryでユーザーポリシーに新しいUSBリダイレクト規則を追加しようとすると、失敗することがあります。この問題は、スクロールバーが利用できない場合に発生します。[ LC8112 ]

  • 「プリンター割り当て」ポリシーを管理しようとすると、以下の問題が発生することがあります。

    • プリンター割り当てポリシーを追加または編集しようとすると、例外「InvalidCastException」が発生します。
    • 新しいセッションプリンターを追加しようとすると、例外「InvalidOperationException」が発生します。
    • プリンター割り当てポリシーからセッションプリンターを削除しようとすると失敗します。この問題は、[Remove]オプションを無効にすると発生します。
    • 「プリンター割り当て」ポリシーの検索ボックスで入力をやめると、検索処理が開始されません。
    • セッションプリンターの上書き設定チェックボックス(PrintQuality、PaperSize、Scale、TrueTypeOption)は、前回無効にした場合でも、常に有効になっています。[ LC8146 ]

Citrix Studio

  • ユーザーが割り当てたマシンをデリバリーグループに追加しようとすると、未割り当てのマシンが[マシン割り当て]ページに表示されることがあります。[ LC6755 ]

  • Citrix Studioのマシンカタログにアクセスしようとすると、Citrix Studioが予期せず終了して次の例外が発生することがあります。

    「エラーID:XDDS:ABB14FD9」[LC7961]

  • 英語以外のWindowsオペレーティングシステムで実行されている場合、[接続およびリソースの追加]ページで[Use storage local to the hypervisor]オプションのテキストが省略されることがあります。[ LC8041 ]

  • Citrix Studioをバージョン7.14.1にアップグレードした後、既存のApp-Vパッケージの[使用者]列(アプリケーションが使用されるデリバリーグループを指す)が空白になることがあります。[ LC8075 ]

  • Citrix Studioでデリバリーグループリンクをクリックすると、選択したデリバリーグループノードに移動しないことがあります。[ LC8095 ]

  • 「プリンター割り当て」ポリシーを管理しようとすると、以下の問題が発生することがあります。

    • プリンター割り当てポリシーを追加または編集しようとすると、例外「InvalidCastException」が発生します。
    • 新しいセッションプリンターを追加しようとすると、例外「InvalidOperationException」が発生します。
    • プリンター割り当てポリシーからセッションプリンターを削除しようとすると失敗します。この問題は、[Remove]オプションを無効にすると発生します。
    • 「プリンター割り当て」ポリシーの検索ボックスで入力をやめると、検索処理が開始されません。
    • セッションプリンターの上書き設定チェックボックス(PrintQuality、PaperSize、Scale、TrueTypeOption)は、前回無効にした場合でも、常に有効になっています。 [ LC8146 ]
  • Delivery Controllerをバージョン7.15にアップグレードすると、Delivery ControllerでのCitrix Studioの起動に失敗することがあり、次のエラーメッセージが表示されます。

    “MissingMandatoryParameter,Citrix.Licensing.Admin.SDK.Commands.GetLicAlertsCommand” [ LC8396 ]

  • Citrix Studioでデリバリーグループノードを選択し、[アプリケーション]タブを選択すると、[アプリケーション]タブのリンクが機能しなくなることがあります。[ LC8555 ]

コントローラー

  • デリバリーグループに保守モードのもう1つのVDAが含まれる場合、公開アプリケーションを起動するデリバリーグループを選択できないことがあります。[ LC6943 ]

  • Machine Creation Services(MCS)を使用して作成されたマシンカタログを更新すると、vSAN 6以降のバージョンでホストされている仮想マシンが起動に失敗することがあります。VMwareコンソールに次のエラーメッセージが表示されます。

    「一般的なシステムエラーが発生しました:PreProcessReconfigureSpec中にPBMエラーが発生しました:pbm.fault.PBMFault;プリプロビジョニングの検証を実行しようとしたときにエラーが発生しました。」[ LC7860 ]

  • Citrix Studioのマシンカタログにアクセスしようとすると、Citrix Studioが予期せず終了して次の例外が発生することがあります。

    「エラーID:XDDS:ABB14FD9」 [LC7961]

  • Citrix Directorは1時間ごとに間違った切断セッション数を表示することがあります。[ LC8006 ]

  • サーバーOSでセッションの「AllowRestart」ポリシーによって、ユーザーが切断されたセッションからログオフできません。切断されたセッションを再起動すると、新しいセッションが開始されず、前回のセッションに再接続されます。[ LC8090 ]

  • 「プリンター割り当て」ポリシーを管理しようとすると、以下の問題が発生することがあります。

    • プリンター割り当てポリシーを追加または編集しようとすると、例外「InvalidCastException」が発生します。
    • 新しいセッションプリンターを追加しようとすると、例外「InvalidOperationException」が発生します。
    • プリンター割り当てポリシーからセッションプリンターを削除しようとすると失敗します。この問題は、[Remove]オプションを無効にすると発生します。
    • 「プリンター割り当て」ポリシーの検索ボックスで入力をやめると、検索処理が開始されません。
    • セッションプリンターの上書き設定チェックボックス(PrintQuality、PaperSize、Scale、TrueTypeOption)は、前回無効にした場合でも、常に有効になっています。 [ LC8146 ]
  • Monitoring Serviceが、監視データベースへの新しいセッションデータの挿入に失敗することがあります。[ LC8191 ]

  • [Director]>[傾向]>[ログオンパフォーマンス]の下の[ユーザーセッションごとのログオン期間]パネルに、一部のログオンレコードしか表示されないことがあります。[ LC8265 ]

  • Delivery Controllerをバージョン7.15にアップグレードすると、Delivery ControllerでのCitrix Studioの起動に失敗することがあり、次のエラーメッセージが表示されます。

    “MissingMandatoryParameter,Citrix.Licensing.Admin.SDK.Commands.GetLicAlertsCommand” [ LC8396 ]

  • 大規模なXenAppおよびXenDesktop環境では、Monitorデータベースのサイズが大きい場合、Monitorデータベースのグルーミングのストアドプロシージャが正しく動作しません。[ LC8770 ]

HDX MediaStream Flashリダイレクト

  • HDX MediaStream Flashリダイレクトを有効にしているときに、MSN.comおよびNews.comでFlashビデオの再生に失敗することがありました。[ LC6823 ]

Linux VDA

  • Linux VDAは、Delivery Controllerに登録してしばらくすると、登録を解除することがあります。[ LC8205 ]

  • Linux VDAのセッション表示を確認するために使用される一部のサードパーティアプリケーションでは、すべてのピクセルが表示されないことがあります。[ LC8419 ]

  • 複数のLDAPサーバーがある場合、ポリシーが更新されてセッションがタイムアウトした後、Linux VDAでアプリケーションを起動しようとすると失敗することがあります。[ LC8444 ]

Profile Management

  • Microsoft Windows 10のセッションの起動時に、Profile Managementにより黒い画面が表示されることがあります。この修正では、「同期するディレクトリ」ポリシーを構成し、フォルダー「*AppData\Local\Microsoft\Windows\Caches*」を追加する必要があります。[ LC7596 ]

  • Microsoft Windows 10上で動作しているVDAからログオフすると、ntuser.datファイルが使用中になり、Profile Managementストアにコピーされないことがあります。その結果、「HKEY_CURRENT_USER」レジストリキーでの変更が失われます。[ LC8068 ]

  • [ログオフ時にローカルでキャッシュしたプロファイルの削除]ポリシーを有効にし、[キャッシュしたプロファイルを削除する前の待ち時間]を2分に設定した場合、同じユーザーアカウントを使用して2分以内にセッションからログオフしてログオンしようとすると、新しいローカルプロファイルが作成されることがあります。[ LC8388 ]

Provisioning Services

StoreFront

  • 一部のアプリケーションで「TWIMode」が「Off」に設定されている場合、Citrix Receiver for Chromeを使用すると、すべてのアプリケーションがウィンドウモードで起動されます。[ LC7558 ]

  • StoreFrontに複数のストアがある場合、最初のストアまたは2番目のストアで[リモートアクセス設定の構成]をクリックすると、そのストア名が最近追加されたストアに複製されることがあります。[ LC8089 ]

  • StoreFrontで共有認証を使用してストアを構成した場合、新しいNetScalerアプライアンスをストアにリンクしようとすると、既にリンクされている既存のNetScaler Gatewayアプライアンスが削除されることがあります。ストアにログオンしようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。

    「ログオンの有効期限が切れました。続行するには、もう一度ログオンしてください。」

    さらに、StoreFrontコンソールには重複したストア名が表示されます。[ LC8219 ]

  • 「Import-STFConfiguration」PowerShellコマンドを使用してHTML5構成のストアをインポートすると、インポートが正常に完了することがあります。ただし、Citrix Receiver for HTML5を使用してアプリケーションを起動しようとすると失敗します。[ LC8290 ]

  • StoreFrontサーバーは、コンソールのReceiver for WebサイトでNULLエントリを表示することがあります。この問題は、URLのストア名が「discovery」で始まる場合に発生します。[ LC8320 ]

  • W3Cログサービスを有効にすると、StoreFront構成に変更を加えることができず、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

    「変更の保存時にエラーが発生しました。」[ LC8370 ]

  • ソケットプールを有効にした状態で、サイトデータベースの接続が一貫していない場合、継続的にログオンしてログオフすると、StoreFrontのソケットが過度に消費されることがあります。[ LC8514 ]

VDA for Desktop OS

HDX MediaStream Flashリダイレクト

  • HDX MediaStream Flashリダイレクトを有効にしているときに、MSN.comおよびNews.comでFlashビデオの再生に失敗することがありました。 [ LC6823 ]

  • HDXシームレスアプリが有効なセッションで実行されているMicrosoft Officeファイル(Microsoft Excelスプレッドシートなど)を保存しようとすると、ファイルが予期せず終了する場合があります。[ LC8572 ]

HDX Plug-n-Play

  • 複数のデバイスで同じシリアル番号があるUSBデバイス(Syn-Tech ProKee V2など)がVDAセッションにリダイレクトされないことがあります。以下のCDFトレースが表示されます。

    「Failed to assign the instance ID, error 0xc000000d.」[ LC8264 ]

印刷

  • アプリケーションがCitrix Print Managerサービス(cpsvc.exe)のミューテックスオブジェクトを待機しているときに、公開アプリケーションを起動しようとすると失敗することがあります。[ LC6829 ]

  • Citrix Print Manager Service(cpsvc.exe)が断続的に終了することがありました。[ LC7535 ]

  • クライアント間でセッションを移動すると、セッションプリンターを削除できません。たとえば、「プリンター割り当て」ポリシーを構成して、クライアントAからクライアントBに移動すると、プリンターA(クライアントAのプリンター)を削除できないことがあります。[[#LC8077]]

サーバー/サイトの管理

  • VDA 7.12以降のバージョンのレジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix\wfshell\TWIでシームレスフラグを”0x40000”(言語バーエージェントの無効化)に設定してシームレスセッションの言語バーを非表示にしようとすると、言語バーが非表示にならなくなります。[ LC8349 ]

セッション/接続

  • ローカルアプリケーションアクセスが有効な場合、インタラクティブなログオン時の免責事項ポリシーを使用すると、黒または灰色の画面が45秒間表示されることがあります。[ LC6518 ]

  • アプリケーションに再接続しようとすると、失敗することがあります。この問題は、セッションが最初に切断されたときに切断されたアプリケーションのいずれかが応答しなくなった場合に発生します。[ LC6550 ]

  • HDX 3D Proを使用してデュアルモニターセッションをロックすると、プライマリモニターだけがロックされます。[ LC7767 ]

  • Skype for Businessのビデオ通話を確立すると、サードパーティアプリケーションのウィンドウと交差した後、青色のウィンドウ枠が表示されることがあります。[ LC7773 ]

  • ローカルアプリケーションアクセスが有効な場合、インタラクティブなログオン時の免責事項ポリシーを使用すると、黒または灰色の画面が表示されることがあります。[ LC7798 ]

  • 一部の公開アプリケーションが、最大化されたときに画面全体が表示されないことがあります。[ LC7854 ]

  • VDAバージョン7.9上で実行される、2つのMicrosoft Excel 2010ワークシート間で挿入処理を実行する場合、Excelのウィンドウが応答しなくなることがあります。[ LC7912 ]

  • 特定のシナリオでは、シームレスモードでシームレスアプリケーションが表示されない、または一部の機能が動作しないことがあります。[ LC8030 ]

  • VDAでHDX 3D Proを有効にし、ログオン画面が表示されたときの「ログオンしようとしているユーザー向けのメッセージテキスト」のポリシーを有効にすると、公開されたデスクトップの起動に失敗し、灰色の画面が表示されることがあります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\HDX3D\BitmapRemotingConfig 名前:HKLM_DisableMontereyFBCOnInit 値:DWORD種類: 有効にする場合は1[LC8082]

  • ローカルアプリケーションアクセスを有効にした状態で、対話型のログオン免責事項ポリシーを使用すると、VDAに接続したときにDesktop Viewerに灰色の画面が表示されることがあります。[ LC8136 ]

  • Skype for BusinessやVLCメディアプレーヤーなど、リダイレクトされたWebカメラを使用するアプリケーションを使用していると、初期セッションの開始時にWebカメラがリダイレクトされて検出される場合があります。ただし、ユーザーセッションに再接続すると、Webカメラは検出されなくなります。代わりに、ビデオプレビューではなく灰色の画面が表示されます。[ LC8588 ]

スマートカード

  • スマートカードを使用してセッションにログオンすると、セッションを切断して再接続するまで、セッションが応答しなくなることがあります。 [#LC8036]

システムの例外

  • wfshell.exeプロセスが予期せず終了し、タスクバーのグループ化モジュールを指すことがあります。[ LC6968 ]

  • USBリダイレクトポリシーを有効にすると、VDAに致命的な例外が発生し、バグチェックコードSYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED(7e)のブルースクリーンが表示されることがあります。[ LC7999 ]

  • バグチェックコード0x7Eによる重大な例外エラーが発生し、VDAでブルースクリーンが表示されることがあります。この問題は、しばらくの間VDAセッションをアイドル状態のままにした場合に発生します。[ LC8045 ]

  • サーバーに致命的な例外が発生し、picavc.sysのバグチェックコードSYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED(7e)によるブルースクリーンが表示されることがあります。[ LC8063 ]

ユーザーエクスペリエンス

  • シームレスアプリケーションセッションに再接続したときに、アプリケーションウィンドウがクライアント側で正しく表示されないことがあります。代わりに、クライアント側の小さな四角形内にセッショングラフィックが描画されます。[ LC7857 ]

  • Windows Media Playerで、Microsoft AVI(.avi)ファイル形式が垂直方向に反転されて表示されることがあります。[ LC8308 ]

  • 公開されたアプリケーションが3番目のモニターの画面で最大化されると、アプリケーションが画面全体をカバーしないことがあります。代わりに、黒い線が表示されます。[ LC8472 ]

  • VDA 7.15でホストされているシームレスアプリケーションでは、アプリケーションウィンドウの移動時に、背景に灰色または黒色のフレームが表示されることがあります。[ LC8551 ]

ユーザーインターフェイス

  • Excel 2010で、複数のブックでスプレッドシートを開いた場合、タスクバーに最新のブックしか表示されません。[ LC7557 ]

VDA for Server OS

HDX MediaStream Flashリダイレクト

  • HDXシームレスアプリが有効なセッションで実行されているMicrosoft Officeファイル(Microsoft Excelスプレッドシートなど)を保存しようとすると、ファイルが予期せず終了する場合があります。 [ LC8572 ]

HDX Plug-n-Play

  • 複数のデバイスで同じシリアル番号があるUSBデバイス(Syn-Tech ProKee V2など)がVDAセッションにリダイレクトされないことがあります。以下のCDFトレースが表示されます。

    「Failed to assign the instance ID, error 0xc000000d.」 [ LC8264 ]

印刷

  • アプリケーションがCitrix Print Managerサービス(cpsvc.exe)のミューテックスオブジェクトを待機しているときに、公開アプリケーションを起動しようとすると失敗することがあります。 [ LC6829 ]

  • Citrix Print Manager Service(cpsvc.exe)が断続的に終了することがありました。 [ LC7535 ]

  • クライアント間でセッションを移動すると、セッションプリンターを削除できません。例えば、「プリンター割り当て」ポリシーを構成して、クライアントAからクライアントBに移動すると、プリンターA(クライアントAのプリンター)を削除できないことがあります。 [[#LC8077]]

サーバー/サイトの管理

  • VDA 7.12以降のバージョンのレジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix\wfshell\TWIでシームレスフラグを”0x40000”(言語バーエージェントの無効化)に設定してシームレスセッションの言語バーを非表示にしようとすると、言語バーが非表示にならなくなります。[#LC8349]

セッション/接続

  • アプリケーションに再接続しようとすると、失敗することがあります。この問題は、セッションが最初に切断されたときに切断されたアプリケーションのいずれかが応答しなくなった場合に発生します。 [ LC6550 ]

  • セッション開始の進行状況バーで[キャンセル]をクリックしたときに、間違ったセッション情報がDelivery Controllerに残る可能性があります。その結果、実際のセッションがVDAで作成されず、新しいセッションを開始できないことがあります。[ LC6779 ]

  • [クライアントマイクリダイレクト]ポリシーの値を[禁止]に設定した後にも、ユーザーセッションでマイクが断続的にリダイレクトされることがあります。

    この修正によりこの問題が解決されます。ただし、問題が解決されない場合は、マイク搭載デバイスに次のレジストリキーを適用してください。

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\ica-tcp\AudioConfig 名前:MaxPolicyAge 種類:DWORD 値:最後のポリシー評価とエンドポイントでのライセンス認証の間で許容される最長時間(秒単位)。デフォルトは30秒です。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\ica-tcp\AudioConfig 名前:PolicyTimeout 種類:DWORD 値:ポリシーが最新ではないと判断した後、システムがポリシーを待機する最長時間(ミリ秒単位)。デフォルトは4,000ミリ秒です。タイムアウトが発生すると、システムはポリシーを読み取り、初期化を続行します。この値を(0)に設定すると、Active Directoryポリシーチェックは行われず、ポリシーがすぐに処理されます。[ LC7495 ]
  • Skype for Businessのビデオ通話を確立すると、サードパーティアプリケーションのウィンドウと交差した後、青色のウィンドウ枠が表示されることがあります。 [ LC7773 ]

  • 一部の公開アプリケーションが、最大化されたときに画面全体が表示されないことがあります。 [ LC7854 ]

  • vGPUを使用しているときにVDAのバージョン7.13、7.14、または7.15にアップグレードすると、Microsoft Windows Serverオペレーティングシステムで実行されている公開アプリケーションまたはデスクトップに黒い領域が表示されることがあります。[ LC7875 ]

  • VDAバージョン7.9上で実行される、2つのMicrosoft Excel 2010ワークシート間で挿入処理を実行する場合、Excelのウィンドウが応答しなくなることがあります。 [ LC7912 ]

  • 特定のシナリオでは、シームレスモードでシームレスアプリケーションが表示されない、または一部の機能が動作しないことがあります。 [ LC8030 ]

  • ローカルアプリケーションアクセスを有効にした状態で、対話型のログオン免責事項ポリシーを使用すると、VDAに接続したときにDesktop Viewerに灰色の画面が表示されることがあります。 [ LC8136 ]

  • 障害通知がDelivery Controllerに送信されると、サーバーOSのVDAが断続的に再登録されることがあります。[ LC8228 ]

  • Skype for BusinessやVLCメディアプレーヤーなど、リダイレクトされたWebカメラを使用するアプリケーションを使用していると、初期セッションの開始時にWebカメラがリダイレクトされて検出される場合があります。ただし、ユーザーセッションに再接続すると、Webカメラは検出されなくなります。代わりに、ビデオプレビューではなく灰色の画面が表示されます。 [ LC8588 ]

スマートカード

  • スマートカードを使用してセッションにログオンすると、セッションを切断して再接続するまで、セッションが応答しなくなることがあります。[ LC8036 ]

システムの例外

  • wfshell.exeプロセスが予期せず終了し、タスクバーのグループ化モジュールを指すことがあります。 [ LC6968 ]

  • タスクバーのボリュームコントロールをクリックすると、Windowsシェルエクスペリエンスホストが突然終了することがあります。[ LC7000 ]

  • サービスホスト(svchost.exe)プロセスで、アクセス違反が発生して、予期せずに終了する場合があります。この問題は、icaendpoint.dllモジュールに障害がある場合に発生します。[ LC7900 ]

  • USBリダイレクトポリシーを有効にすると、VDAに致命的な例外が発生し、バグチェックコードSYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED(7e)のブルースクリーンが表示されることがあります。 [ LC7999 ]

  • サーバーに致命的な例外が発生し、picavc.sysのバグチェックコードSYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED(7e)によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [ LC8063 ]

ユーザーエクスペリエンス

  • シームレスアプリケーションセッションに再接続したときに、アプリケーションウィンドウがクライアント側で正しく表示されないことがあります。代わりに、クライアント側の小さな四角形内にセッショングラフィックが描画されます。 [ LC7857 ]

  • Windows Media Playerで、Microsoft AVI(.avi)ファイル形式が垂直方向に反転されて表示されることがあります。 [ LC8308 ]

  • 公開されたアプリケーションが3番目のモニターの画面で最大化されると、アプリケーションが画面全体をカバーしないことがあります。代わりに、黒い線が表示されます。 [ LC8472 ]

  • VDA 7.15でホストされているシームレスアプリケーションでは、アプリケーションウィンドウの移動時に、背景に灰色または黒色のフレームが表示されることがあります。 [ LC8551 ]

ユーザーインターフェイス

  • コネクションセンターを使用して、データを保存せずにシームレスなセッションからログオフすると、画面が黒くなり、以下のようなメッセージが表示されます。

    「プログラムを閉じる必要があります」。2つのオプション[ログオフを強制する]または[キャンセル]から選択してください。このときに、[キャンセル]オプションが動作しません。

    この修正をインストールすると、[キャンセル]オプションが正常に動作するようになります。[ LC6075 ]

  • Excel 2010で、複数のブックでスプレッドシートを開いた場合、タスクバーに最新のブックしか表示されません。 [ LC7557 ]

  • Microsoft Windows Server 2008 R2デスクトップセッションからログオフしようとすると、ログオフ画面が表示されないことがあります。セッションからログオフできたとしても、セッションが予期せずに切断されたように見えます。[ LC8016 ]

仮想デスクトップコンポーネント - その他

  • Citrix Directorは1時間ごとに間違った切断セッション数を表示することがあります。 [ LC8006 ]

  • Monitoring Serviceが、監視データベースへの新しいセッションデータの挿入に失敗することがあります。 [ LC8191 ]

  • [Director]>[傾向]>[ログオンパフォーマンス]の下の[ユーザーセッションごとのログオン期間]パネルに、一部のログオンレコードしか表示されないことがあります。 [ LC8265 ]

  • VDAをインストールしたMicrosoft Windows 10をBuild 1511からBuild 1703にアップグレードした後、System Center Configuration Manager(SCCM)クライアントが突然終了することがあります。[ LC8632 ]

  • Machine Creation Services(MCS)を使用している場合、Microsoft Office 2016のリセットがMicrosoft Windows 10で失敗する場合があります。[ LC8680 ]

  • 大規模なXenAppおよびXenDesktop環境では、Monitorデータベースのサイズが大きい場合、Monitorデータベースのグルーミングのストアドプロシージャが正しく動作しません。 [ LC8770 ]