解決された問題

Citrix Director

  • 同じActive Directoryフォレストに親ドメインと子ドメインの2つのドメインがあります。ユーザーは、XenDesktopデリバリーグループに自動的に属する子ドメインのドメインローカルグループに追加されます。親ドメインの管理者がDirectorにログオンすると、ダッシュボードにセッションの一覧が表示されます。管理者がセッションの詳細を表示しようとすると、次のエラーメッセージが表示されます:

    このユーザーには実行中のセッションや割り当てられたデスクトップがありません。

    ただし、子ドメインの管理者はこの問題に遭遇しません。 [LD0178]

  • Citrix Directorコンソールで、アプリケーションインスタンスの公開名でフィルタリングされた複数のユーザーにメッセージを送信すると、次のエラーメッセージが表示される場合があります:

    メッセージを送信できません。予期されないサーバーエラーです。詳しくは、Directorサーバーのイベントログを参照してください。 [LD1257]

  • Citrix Directorのユーザーデータセクションに個人設定データが表示されないことがあり、次のエラーメッセージが表示されます:

    予期されないサーバーエラーです。 [LD1353]

  • 複数セッション環境で[フィルター]>[セッション]>[すべて] に移動してセッションからログオフすると、セッションはログオフします。同じユーザー名の別のセッションを二度目に選択してログオフしようとすると、このエラーメッセージが開きます:

    データソースが応答しないか、エラーが報告されました。詳しくは、Directorサーバーのイベントログを参照してください。 [LD1441]

  • Citrix Directorでは、いくつかのテーブルレコードのみが表示され、その後に空白が表示される場合があります。残りのレコードは、テーブルを下にスクロールした場合のみ表示できます。 [LD1706]

Citrix Studio

  • XenAppエディション[詳細] を選択すると、新しいAmazon Web Services(AWS)ホスト接続を作成できない場合があります。 [LD1988]

  • カタログから仮想マシンを削除しようとすると、[System.ArgumentNullExceptionの値はNullにできません] という例外によって削除が失敗する場合があります。 [LD2014]

  • VDAに展開されたApp-Vパッケージが、誤ってVDAから削除される可能性があります。そのため、この修正ではHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\AppV\Featuresにレジストリキーが導入され、このキーで、クリーンアップを有効にするか無効にするかを制御できます。デフォルトでは、クリーンアップは無効になっています。有効にするには、次のレジストリキーを追加します:

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを作成します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\AppV\Features

    名前:RedundantPackageCleanup

    種類:REG_SZ

    データ:True [LD2025]

  • Citrix Studioを介してマシンカタログにマシンを追加しようとすると、次の例外が発生して失敗する場合があります:エラーID:XDDS:081419B3。この問題が発生するのは、Provisioning Servicesデータベースのdbo.deviceテーブルにNULL domainObjectSID属性が含まれる1つまたは複数のターゲットデバイスがあるProvisioning Servicesデバイスコレクションからマシンが追加されたときです。 [LD2029]

構成ログサービス

  • ユーザーのセキュリティ識別子(SID)の解決中に、サイト構成テストレポートでエラーが生成されることがあります。この問題は、構成ログSID IDがActive Directoryから解決できるかを検証するチェック機能で発生します。 [LD1569]

コントローラー

  • この修正により、VDAを再起動したときにCitrix High Availability Serviceで発生するメモリリークの問題が解決されます。 [LD1121]

  • Amazon Web Services(AWS)の使用中にマシンを再起動すると、数分の遅れが発生することがあります。 [LD1220]

  • SQL Serverでは、監視データベースのCPU使用率が非常に高くなる場合があります。この問題により、全体的なパフォーマンスが低下します。 [LD1478]

  • Amazon Web Servicesを(AWS)利用している場合、Citrix Studioから手動で実行した電源操作やその他のスケジュールされた電源操作が失敗することがあります。この問題は、マシンの電源がオンの状態のときに仮想マシンをリセットすると発生します。 [LD1548]

  • Citrix Broker Serviceを停止しようとすると失敗する場合があります。 [LD1753]

  • この修正は、基本コンポーネント内の1件の問題に対応しています。 [LD1808]

  • Citrix Scoutレポートを実行すると、Citrix Analytics Serviceが予期せず終了し、次のエラーメッセージが表示される場合があります:

    Citrix Analyticsサービスが停止しました。 [LD1860]

  • エラーメッセージや進行状況バーが表示されずに、カタログの更新が失敗することがあります。 [LD1980]

  • XenAppエディション[詳細] を選択すると、新しいAmazon Web Services(AWS)ホスト接続を作成できない場合があります。 [LD1988]

  • カタログから仮想マシンを削除しようとすると、[System.ArgumentNullExceptionの値はNullにできません] という例外によって削除が失敗する場合があります。 [LD2014]

  • [Citrix Director]>[傾向]>[容量管理]>[サーバーOS使用量] にアクセスすると、[最大同時接続サーバーOSデスクトップインスタンス数] が実際の数より多いセッション数を表示することがあります。この問題は、セッションの再接続によって [最大同時接続サーバーOSデスクトップインスタンス数] が単一のセッションを複数回として数えるために発生します。 [LD2122]

  • VMware環境でMachine Creation Services(MCS)を使用してマシンカタログを作成しようとすると失敗し、次のエラーメッセージが表示されます:

    FailedToCreateImagePreparationVm [LD2158]

  • Microsoft AzureでMachine Creation Services(MCS)カタログを作成または更新しようとすると失敗し、次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    エラー、例外の種類: “System.OutOfMemoryExceotion” [LD2160]

Linux VDA

Profile Management

  • Citrix Profile Managementを使用すると、ユーザーのログオン時にレジストリキー「 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SharedAccess\Parameters\FirewallPolicy」で作成されるファイアウォール規則を削除するためのMicrosoftの修正プログラムが機能しないことがあります。この問題は、Citrix Profile Managementがローカルプロファイルを削除するためのMicrosoftの標準APIを呼び出さないために発生します。この修正について詳しくは、Microsoft社のナレッジベースのKB4467684を参照してください。 [LD1074]

  • セッションから削除したファイルが、UPMストアから削除されないことがあります。 [LD1270]

  • VDAが提供するイベントログデータと比較すると、Citrix Directorが記録するログオン期間がずれている場合があります。 [LD1679]

  • Profile Managementは、破損したローカルプロファイルの読み込みに失敗した後、プロファイルストアへのコピー操作をキャンセルしませんNTUSER.DAT。代わりに、破損したレジストリハイブをプロファイルストアにコピーし、NTUSER.DATファイルとそのバックアップを上書きします。 [LD1816]

  • 除外の一覧にレジストリパスを追加しても、そのレジストリパスが引き続き保存される場合があります。この問題は、レジストリパスの末尾にバックスラッシュ(\)が存在する場合に発生します。 [LD1862]

  • Citrix Desktop Service(BrokerAgent.exe)が予期せず終了することがあり、Citrix Profile Managementサービスを再起動するまで次の例外が発生します:

    System_Management_Instrumentation_ni!WmiNative.WbemProvider.WmiNative.IWbemServices.CreateInstanceEnumAsync [LD2223]

[Provisioning Services](/ja-jp/provisioning/7-15/whats-new/fixed-issues.html#Provisioning-Services-7.15-CU5-(7.15.15))

StoreFront

  • 同じアイコンをクリックして以前に切断されたセッションに再接続しようとすると、セッションに再接続できない場合があります。この問題は、同じ名前を持つ複数のデスクトップがエンドユーザーに公開されている場合に発生します。 [LD1367]

  • ユーザーファームマッピングに割り当てられたControllerを編集して変更を保存しようとすると、Microsoft管理コンソール(MMC)が予期せず終了する場合があります。この問題は、Microsoft .NET Framework 4.7がインストールされているサーバーで発生します。 [LD1668]

ユニバーサルプリントサーバー

クライアント

  • 印刷スプーラーサービスが異常終了することがあります。この問題は、CRawStreamHeaderWriter::EndPageおよびCRawStreamHeaderWriter::StartPageがNullオブジェクトにアクセスしようとすると発生します。 [LC7893]

  • ユニバーサルプリントサーバーにより、印刷スプーラーサービスが応答しなくなることがあります。 [LC9341]

  • ドキュメントを印刷する前に、公開デスクトップセッションの印刷ダイアログボックスで使用可能なプリンターの一覧からプリンターを選択します。プリンターがドキュメントの印刷を開始するときに、遅延が発生することがあります。 [LC9601]

  • VDAのインストール後、プリンタープロパティのプリンターポートが、マップされたネットワークプリンターに表示されなくなることがあります。 [LD0949]

  • 一部のワークフローでは、ドキュメントの印刷に時間がかかる場合があります。 [LD1256]

  • [ユニバーサル印刷の使用] 設定を [ユニバーサル印刷のみを使用する] に設定すると、クライアントプリンターがセッションで自動作成されてないことがあります。 [LD1395]

User Profile Management VDA

  • セッションにログオンすると、ユーザーデータが予期せず削除されることがあります。この問題は、Citrixのフォルダーリダイレクトパスポリシー設定(デスクトップパス設定など)でファイルサーバーのアドレスをpath1からpath2に変更すると発生します。ただし、path1とpath2は同じ物理的な場所を指します。この問題を回避するには、Microsoftグループポリシー設定[フォルダーリダイレクトの前に古いターゲットと新しいターゲットが同じ共有を指すことを確認する] を有効にします。詳しくは、Citrixのフォルダーリダイレクトパスポリシー設定の説明部分を参照してください。 [LD1500]

VDA for Desktop OS

キーボード

  • 韓国語のIME(Input Method Editor)を使用してテキストを入力する場合、マウスをクリックするとテキストの最後の文字が消えることがあります。この問題は、Citrix Receiverで汎用クライアントIMEが有効になっている場合に発生します。 [LD1380]

  • Webサイトに移動してキーボードを非表示に設定しても、Webサイトの編集領域外にキーボードが引き続き表示される場合があります。 [LD1382]

印刷

  • 一部のワークフローでは、ドキュメントの印刷に時間がかかる場合があります。 [LD1256]

  • [ユニバーサル印刷の使用] 設定を [ユニバーサル印刷のみを使用する] に設定すると、クライアントプリンターがセッションで自動作成されてないことがあります。 [LD1395]

  • VDA for Desktop OSでは、マップされたクライアントプリンターでファイルを印刷しようとすると失敗することがあります。この問題は、VDAがWindows 10バージョン1903にインストールされている場合に発生します。 [LD2370]

セッション/接続

  • ユーザーセッションでオーディオを再生すると、ポンという音が聞こえる場合があります。この問題は、オーディオを再生するときに発生します。 [LD0455]

  • Citrix Receiver for Windowsでは、オーディオを再生すると断続的に音が聞こえることがあります。 [LD0624]

  • Adobe Acrobat ReaderとMicrosoft Outlookをシームレスモードで実行しているときに両方のプログラムを最大化すると、Acrobat Readerのメニューバー、最小化ボタン、元に戻すボタンおよび閉じるボタンが反応しなくなることがあります。 [LD1006]

  • USBマイクをユーザーデバイスに接続してセッションを起動すると、USBマイクがリダイレクトに失敗することがあります。USBデバイスは [最適化]、[ポリシー制限] として表示されます。 [LD1027]

  • オーディオを再生または一時停止すると、一部のサードパーティ製アプリケーションでノイズが発生する場合があります。 [LD1136]

  • VDAでセッションを開始しようとすると失敗する場合があります。 [LD1180]

  • VDAをインストールすると、USBルートハブもデバイスマネージャーにインストールされます。USB 2.0ルートハブまたはUSB 3.0ルートハブが既にインストールされている場合でも、USBルートハブはインストールされます。 [LD1196]

  • [従来のグラフィックモード] ポリシーが有効なときに、VDA for Desktop OSに接続しようとして失敗することがあります。この問題は、VDAがMicrosoft Windows Server 2008 R2にサーバーVDIとしてインストールされている場合に発生します。 [LD1296]

  • VDAを再起動した後の最初の接続で、[セッション画面の保持のタイムアウト]ポリシーが適用されないことがあります。ただし、その後の接続にポリシーを適用しようとするとうまくいく場合があります。 [LD1397]

  • Enlightened Data Transport(EDT)が有効な場合、VDAはバグチェックコードSYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED (0x1000007E)により予期せず終了することがあります。この問題は、Zscaler経由で外部からユーザーセッションにアクセスすると発生します。 [LD1493]

  • Citrix Studioなどの特定のレガシアプリケーションは、クライアント側の解像度が変更されるとシームレスセッションで正しく再描画されないことがあります。 [LD1554]

  • セッションに再接続すると、ユーザーデバイスのシステムトレイにVDA通知アイコンが表示されなくなることがあります。 [LD1629]

  • XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR累積更新プログラム(CU)2をCU3にアップグレード後、公開デスクトップセッションで一部の.Netアプリケーションが応答しなくなることがあります。この問題は、Windows Server 2008 R2上のVDAで発生します。 [LD1726]

  • ユーザーセッション内で視覚効果を変更すると、レジストリキーHKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktopの値UserPreferencesMaskが新しい値に更新されないことがあります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを作成します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\CtxHook\AppInit_DLLs\UI Tweak\SystemPropertiesComputerName.exe

    名前:HookProcess

    種類:REG_DWORD

    データ:1 [LD1827]

  • Microsoft Windowsオペレーティングシステムの日本語バージョンでは、[デバイスマネージャー]のデバイスの説明が破損している可能性があります。 [LD1834]

  • アクセス違反により、wfshell.exeプロセスが予期せず終了する場合があります。その結果、アプリケーションの起動に失敗します。 [LD2050]

スマートカード

  • スマートカードパススルー認証がWindows 2008またはWindows 2010で失敗することがあります。VDAセッションをロックしてからロック解除すると、ユーザーはスマートカードユーザーからドメインユーザーに変更されます。 [LD1365]

システムの例外

  • 位置情報APIを実装するWebアプリケーションを実行すると、Internet Explorer(iexplore.exe)プロセスが予期せず終了する場合があります。 [LD0677]

  • AMD Opteron(TM)プロセッサ6128 HEを搭載したマシンでCitrixソフトウェアグラフィックプロセス(Ctxgfx.exe)が予期せず終了する場合があります。 [LD0954]

  • VDAでwfshell.exeプロセスが、予期せずに終了する場合があります。この問題は、CtxUiMon.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [LD1359]

  • XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSRが実行されているVDAでは、ctxdvcs.sysで重大な例外が発生し、バグチェックコード0x0000007Eによりブルースクリーンが表示される場合があります。 [LD1688]

  • VDAでwfshell.exeプロセスが、予期せずに終了する場合があります。 [LD1847]

  • 修正LD0624を適用後、VDA for Desktop OSはctxad.sysにより重大な例外が発生しオーディオクライアントチェックコードでブルースクリーンを表示することがあります。 [LD1995]

  • wfshell.exeプロセスが予期せず終了すると、アプリケーションの起動に失敗することがあります。この問題は、cmpcom.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [LD2107]

ユーザーインターフェイス

  • 資格情報を手動で入力する必要があるときに、ログオンウィンドウが前面に表示されないことがあります。 [LC9861]

  • Citrix [切断] ボタンがインストールされた状態で [開始] ボタンをクリックするとボタンが開かないか、開くのに時間がかかることがあります。 [LD1149]

  • 公開アプリケーションのコンテキストメニューを右クリックしたときに、カーソルのある場所にメニューが開かないことがあります。 [LD1243]

  • Surface ProデバイスでVDAセッションを起動し、[ペンとWindowsインク] ページで [手書きパネルで指先を使って書く] 機能を有効にすると、問題が発生する場合があります。入力したテキストまたはイメージのフォントサイズが、マウスを使用して入力したサイズより大きくなることがあります。 [LD1472]

  • ウィンドウが断続的に移動するか、VDIデスクトップ画面から消えることがあります。 [LD1696]

VDA for Server OS

キーボード

  • 韓国語のIME(Input Method Editor)を使用してテキストを入力する場合、マウスをクリックするとテキストの最後の文字が消えることがあります。この問題は、Citrix Receiverで汎用クライアントIMEが有効になっている場合に発生します。 [LD1380]

  • Webサイトに移動してキーボードを非表示に設定しても、Webサイトの編集領域外にキーボードが引き続き表示される場合があります。 [LD1382]

印刷

  • ドキュメントを印刷する前に、公開デスクトップセッションの印刷ダイアログボックスで使用可能なプリンターの一覧からプリンターを選択します。プリンターがドキュメントの印刷を開始するときに、遅延が発生することがあります。 [LC9601]

  • 一部のワークフローでは、ドキュメントの印刷に時間がかかる場合があります。 [LD1256]

  • [ユニバーサル印刷の使用] 設定を [ユニバーサル印刷のみを使用する] に設定すると、クライアントプリンターがセッションで自動作成されてないことがあります。 [LD1395]

セッション/接続

  • Adobe Acrobat ReaderとMicrosoft Outlookをシームレスモードで実行しているときに両方のプログラムを最大化すると、Acrobat Readerのメニューバー、最小化ボタン、元に戻すボタンおよび閉じるボタンが反応しなくなることがあります。 [LD1006]

  • USBマイクをユーザーデバイスに接続してセッションを起動すると、USBマイクがリダイレクトに失敗することがあります。USBデバイスは [最適化]、[ポリシー制限] として表示されます。 [LD1027]

  • Citrix Broker Serviceは、イベントログに次のエラーを報告することがあります:

    Citrix Broker Serviceで、マシン’machine_name’のVirtual Desktop Agentに必要な基本設定を特定できません。

    例外:System.ArgumentNullException

    パラメーター名:enumStr [LD1315]

  • 複数のActive Directoryセキュリティグループが表示を制限するように構成されると、起動時間が長くなることがあります。 [LD1368]

  • VDAを再起動した後の最初の接続で、[セッション画面の保持のタイムアウト]ポリシーが適用されないことがあります。ただし、その後の接続にポリシーを適用しようとするとうまくいく場合があります。 [LD1397]

  • Winlogon.exeプロセスが予期せず終了すると、サーバーOS用のVDAが応答しなくなることがあります。 [LD1480]

  • Enlightened Data Transport(EDT)が有効な場合、VDAはバグチェックコードSYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED (0x1000007E)により予期せず終了することがあります。この問題は、Zscaler経由で外部からユーザーセッションにアクセスすると発生します。 [LD1493]

  • Citrix Studioなどの特定のレガシアプリケーションは、クライアント側の解像度が変更されるとシームレスセッションで正しく再描画されないことがあります。 [LD1554]

  • セッションに再接続すると、ユーザーデバイスのシステムトレイにVDA通知アイコンが表示されなくなることがあります。 [LD1629]

  • XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR累積更新プログラム(CU)2をCU3にアップグレード後、公開デスクトップセッションで一部の.Netアプリケーションが応答しなくなることがあります。この問題は、Windows Server 2008 R2上のVDAで発生します。 [LD1726]

  • ユーザーセッション内で視覚効果を変更すると、レジストリキーHKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktopの値UserPreferencesMaskが新しい値に更新されないことがあります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを作成します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\CtxHook\AppInit_DLLs\UI Tweak\SystemPropertiesComputerName.exe

    名前:HookProcess

    種類:REG_DWORD

    データ:1 [LD1827]

  • Microsoft Windowsオペレーティングシステムの日本語バージョンでは、[デバイスマネージャー]のデバイスの説明が破損している可能性があります。 [LD1834]

  • アクセス違反により、wfshell.exeプロセスが予期せず終了する場合があります。その結果、アプリケーションの起動に失敗します。 [LD2050]

システムの例外

  • 位置情報APIを実装するWebアプリケーションを実行すると、Internet Explorer(iexplore.exe)プロセスが予期せず終了する場合があります。 [LD0677]

  • AMD Opteron(TM)プロセッサ6128 HEを搭載したマシンでCitrixソフトウェアグラフィックプロセス(Ctxgfx.exe)が予期せず終了する場合があります。 [LD0954]

  • Microsoft Internet Explorerが予期せず終了する場合があります。この問題は、icaendpoint.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [LD1266]

  • VDAでwfshell.exeプロセスが、予期せずに終了する場合があります。この問題は、CtxUiMon.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [LD1359]

  • XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSRが実行されているVDAでは、ctxdvcs.sysで重大な例外が発生し、バグチェックコード0x0000007Eによりブルースクリーンが表示される場合があります。 [LD1688]

  • VDAでwfshell.exeプロセスが、予期せずに終了する場合があります。 [LD1847]

  • wfshell.exeプロセスが予期せず終了すると、アプリケーションの起動に失敗することがあります。この問題は、cmpcom.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [LD2107]

ユーザーエクスペリエンス

  • マウスの左ボタンを使用してタスクバーのボリュームコントロールをクリックすると、ボリュームコントロールを開けない場合があります。この問題は、英語版以外のMicrosoft Windowsオペレーティングシステムで発生します。 [LD0039]

ユーザーインターフェイス

  • 資格情報を手動で入力する必要があるときに、ログオンウィンドウが前面に表示されないことがあります。 [LC9861]

  • 公開アプリケーションのコンテキストメニューを右クリックしたときに、カーソルのある場所にメニューが開かないことがあります。 [LD1243]

  • Surface ProデバイスでVDAセッションを起動し、[ペンとWindowsインク] ページで [手書きパネルで指先を使って書く] 機能を有効にすると、問題が発生する場合があります。入力したテキストまたはイメージのフォントサイズが、マウスを使用して入力したサイズより大きくなることがあります。 [LD1472]

仮想デスクトップコンポーネント - その他

  • Internet Explorerの公開インスタンスでアプリケーションを取得すると、アプリケーション名の不一致が起きることがあります。その結果、同じマシンに接続している別のユーザーに対して、同じアプリケーション名が表示されます。 [LD0351]

  • ユーザー プリンシパル名(UPN)(user@domain)を使用してセッションにログオンすると、問題が発生することがあります。画面をロックすると、ロックされたデスクトップ上でUPN(ユーザー@ドメイン)ではなくSAMアカウント(ドメイン\ユーザー名)が表示されます。 [LD1141]

  • VDAでセッションを開始しようとすると失敗する場合があります。 [LD1180]

  • Citrix Broker Serviceは、イベントログに次のエラーを報告することがあります:

    Citrix Broker Serviceで、マシン’machine_name’のVirtual Desktop Agentに必要な基本設定を特定できません。

    例外:System.ArgumentNullException

    パラメーター名:enumStr [LD1315]

  • System Center Virtual Machine Managerをテンプレートとして作成したVMを使用してカタログを作成しようとすると、失敗することがあります。この問題は、VMにWindows 10バージョン1803以降がインストールされていて、VMでセキュアブートが有効になっている場合に発生します。 [LD1608]

  • VDAが提供するイベントログデータと比較すると、Citrix Directorが記録するログオン期間がずれている場合があります。 [LD1679]

  • Broker Agentは、持続的なデータの場所に.gpfファイルを書き込みません。 [LD1691]

  • VDAに展開されたApp-Vパッケージが、誤ってVDAから削除される可能性があります。そのため、この修正ではHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\AppV\Featuresにレジストリキーが導入され、このキーで、クリーンアップを有効にするか無効にするかを制御できます。デフォルトでは、クリーンアップは無効になっています。有効にするには、次のレジストリキーを追加します:

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを作成します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\AppV\Features

    名前:RedundantPackageCleanup

    種類:REG_SZ

    データ:True [LD2025]