XenApp and XenDesktop

解決された問題

Citrix Director

  • インターネットインフォメーションサービス(IIS)の再起動後、最初にCitrix Directorにログオンすると次のエラーメッセージが [傾向] ページに表示されることがあります:

    使用できる詳細はありません。

    [CVADHELP-12426]

  • 複数のユーザーへのメッセージの送信に失敗して、次のエラーメッセージが表示されることがありました:

    メッセージを送信できません。予期しないエラーです。詳しくは、Directorサーバーのイベントログを参照してください。

    [CVADHELP-12601]

  • Citrix DirectorがSMTPサーバーを使用して電子メール構成を設定しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    無効なメールサーバーです

    [CVADHELP-14449]

  • Citrix Directorを使用してスタンドアロンサーバー上にメールサーバーを構成しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    無効なメールサーバーです。

    この問題は、警告と通知のメールサーバーを構成するときに発生します。 [CVADHELP-14648]

Citrixポリシー

  • グループポリシーエンジン(CseEngine.exe)サービスを再起動しないと、サーバーが切断されるか応答しなくなることがあります。 [CVADHELP-12987]

Citrix Studio

  • App-Vアプリケーションの起動に失敗して、次のエラーメッセージが表示されることがありました:

    起動できません

    この問題は、大量のApp-Vパッケージが完全にVDAにストリーミングされないときに発生します。 [CVADHELP-12889]

  • Citrix Studioをバージョン7.6から7.15にアップグレードすると、一部のウィザード(マシンカタログやデリバリーグループなど)を開くときに時間がかかることがあります。 [CVADHELP-13267]

  • App-VパッケージをCitrix Studioを追加すると、一部のパッケージはカスタマイズされたアイコンではなくデフォルトのアイコンを表示することがあります。 [CVADHELP-13338]

  • PVSコレクションからデバイスをCitrix Studioのカタログに追加しようとすると、既にカタログに存在するマシンも含めてすべてのターゲットデバイスが表示されることがあります。 [CVADHELP-13403]

  • 実行可能なパスまたはアプリケーショングループに割り当てられた既存アプリのアイコンの場所を変更しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    デリバリー グループ内のマシンを参照できません。ローカルマシン上を参照しますか?

    [CVADHELP-14199]

  • Studioを公開アプリとして実行すると、Studioが応答しなくなることがあります。 [CVADHELP-14207]

Delivery Controller

  • Citrix Directorを使用して多くのユーザーにメッセージを送信しようとすると、失敗することがあります。このエラーメッセージが表示されます:

    メッセージを送信できません。データソースが応答しないか、エラーが報告されました。

    この修正は、この問題の発生を最小限に抑えることを意図しています。

    [CVADHELP-12066]

  • Citrix Directorからアプリケーションインスタンスのカスタムレポートを表示しようとすると、一部のフィールドにアプリケーションの終了時刻ではなくNull値が表示されることがあります。 [CVADHELP-12733]

  • アプリケーションを列挙すると、サイトデータベースをホストしているSQL ServerでCPU使用率の大幅な上昇につながることがあります。 [CVADHELP-13043]

  • 監視データベースの表からリソース利用率データをグルーミングしようとするとタイムアウトで失敗することがあります。 [CVADHELP-13075]

  • マシンカタログで [リモートPCアクセスのWake on LAN] 機能を有効にすると、ローカルホストキャッシュがデータの同期を停止することがあります。この問題は、Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)をホスティング接続として使用するときに発生します。 [CVADHELP-13122]

  • ユーザーセッションが実行されている仮想マシンが予期せずシャットダウンすることがあります。この問題は、クライアントの自動再接続機能がデータベースで保留中の [削除] 電源操作のトリガーに失敗すると発生します。 [CVADHELP-13165]

  • 2019年の夏時間の終了後、再起動スケジュールが構成されると、デリバリーグループでのみ予期しないスケジュールの再起動が発生します。 [CVADHELP-13486]

  • 他のドメインの管理者をCitrix Studioに追加すると、Studioに次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    エラー: Central Configuration Serviceの場所を検証できませんでした。

    Studioを使用してこのサイトを管理する十分な権限がないか、委託管理サービスに問題があります。

    この問題は、いずれかのドメインのドメインコントローラーに到達できない場合に発生します。 [CVADHELP-13651]

  • udadminコマンドを使用してライセンスサーバーレポートを生成すると、同じデバイスにライセンスが複数回発行されているという内容のレポートが表示されることがあります。この問題は、正しいハードウェアIDを持つ別のデバイスが、重複している名前に対して更新される場合に発生します。この問題は、ライセンスの消費には影響せず、レポートにのみ影響します。 [CVADHELP-13763]

  • ローカルホストキャッシュ(LHC)のファイルは、ダウンロードが開始された後、削除される可能性があります。その結果、古いファイルが残るか、LHCファイルがC:\Windows\ServiceProfiles\NetworkServiceに表示されません。 [CVADHELP-13980]

  • 同期構成をローカルホストキャッシュデータベースにインポートしようとすると、エラー505で繰り返し失敗することがあります。 [CVADHELP-14237]

  • XenAppおよびXenDesktop 7.15累積更新プログラム1を累積更新プログラム3にアップグレードした後、ローカルホストキャッシュ(LHC)をインポートしようとすると、エラー505で失敗することがあります。 [CVADHELP-14429]

フェデレーション認証サービス

  • GUIは、複数の認証機関(CA)サーバーをサポートしていません。 [CVADHELP-11919]

Linux Virtual Delivery Agent

Linux Virtual Delivery Agent 7.15 LTSR CU6のドキュメントでは、このリリースでの更新に関する具体的な情報を提供します。

Profile Management

  • Microsoft Windows 10バージョン2004でユーザープロファイルを作成しようとすると失敗する場合があります。 [CVADHELP-14235]

  • 一時プロファイルを使用してセッションにログオンすると、空のユーザープロファイルフォルダーがC:\Usersの下に作成されることがあります。Profile Managementによりログオフ時に一時プロファイルが削除され、空のユーザープロファイルフォルダーが残ります。 [CVADHELP-14297]

  • Profile Managementで[AppData(Roaming) フォルダーをリダイレクト]ポリシーが有効になっている場合、[スタート]メニューに一部のタイルが表示されないことがあります。この問題は、Citrix Virtual Apps and Desktops 1912以前を実行しているWindows Server 2016または2019マシンにログオンしたときに発生します。 [CVADHELP-14336]

  • [ログオン時の除外チェック] ポリシーを有効にすると、Profile Managementは除外されたフォルダーに含まれるファイルの同期に失敗する場合があります。そのため、ログオン時にこれらのファイルが削除または無視される場合があります。この問題は、[同期するファイルの一覧]ポリシーのワイルドカードが含まれるパスと一致するファイルで発生します。 [CVADHELP-14347]

Provisioning Services

[Provisioning Services 7.15 LTSR CU6](/ja-jp/provisioning/7-15/whats-new/fixed-issues.html#Provisioning-Services-7.15-CU6-(7.15.27)では、このリリースでの更新に関する具体的な情報を提供します。

StoreFront

  • StoreFrontバージョン3.12累積更新プログラム3が、SAML認証と複数のドメインを含む複雑なADアーキテクチャを使用して構成されている場合、フェデレーション認証サービス(FAS)でアプリケーションを起動できないことがあります。このエラーメッセージが表示されます:

    アプリケーションを起動できません。

    この問題は、ストアでFASが有効になっている場合に発生します。

    [CVADHELP-12865]

  • StoreFront管理コンソールにSAML認証を構成し、アドレスフィールドにIdP URL(PingID用)を入力すると、これらの変更が保存されないことがあります。このエラーメッセージが表示されます:

    表示されるエラー:変更の保存時にエラーが発生しました。

    [CVADHELP-13373]

  • サードパーティ製アプリケーションをIDプロバイダー(IdP)として使用すると、セキュリティアサーションマークアップランゲージ(SAML)認証が失敗する場合があります。

    次のエラーメッセージが表示されます:

    マップされたアカウントでエラーが発生しました。

    [CVADHELP-13396]

  • ストアフォルダーにカスタム構成ファイルが存在する場合、ストアフォルダー内のweb.configファイルのコンテンツがカスタムファイルで置き換えられることがあります。この問題は、StoreFrontをアップグレードするときに発生します。 [CVADHELP-13485]

  • この修正により、基本コンポーネント内のセキュリティ上の脆弱性の問題が解決されます。 [CVADHELP-13602]

  • アップグレード履歴に2.6、3.0.1、3.5、3.8が含まれる場合、Citrix StoreFront Protocol Transitionサービスが停止状態のときに3.12 CU*以降へのアップグレードが失敗することがあります。 [CVADHELP-13626]

  • StoreFrontにログオンすると、アプリケーションの列挙が完了するまでに時間がかかる場合があります。この問題は、ユーザー名をドメイン\ユーザー名形式で入力し、ユーザー認証がDelivery Controllerに委任されている場合に発生します。 [CVADHELP-13891]

  • StoreFrontコンソールで、アンダースコア(_)を含むドメイン名を信頼済みドメインリストに追加しようとすると、失敗することがあります。 [CVADHELP-14213]

  • この修正により、基本コンポーネント内のセキュリティ上の脆弱性の問題が解決されます。詳しくは、Knowledge Centerの記事CTX277455を参照してください。 [LCM-7272]

  • Delivery Controllerをインストールすると、StoreFrontがデフォルトでインストールされない場合があります。これをインストールするには、Citrix Virtual Apps and DesktopsメタインストーラーからCitrix StoreFrontオプションを使用します。 [LCM-7335]

ユニバーサルプリントサーバー

クライアント

  • アクセス違反のため、ユニバーサルプリントサーバー(UPServer.exe)が予期せず終了することがあります。 [CVADHELP-10627]

  • 印刷スプーラーサービス(spoolsv.exe)でデッドロックが発生することがあります。その結果、文書の印刷に失敗し、Microsoft Officeアプリケーションは起動しません。 [CVADHELP-13315]

  • アプリケーションを起動しようとすると、Citrix Print Manager Service(CpSvc.exe)が予期せず終了することがあります。 [CVADHELP-13945]

  • 印刷スプーラーサービスが異常終了することがあります。 [CVADHELP-13954]

サーバー

  • アクセス違反のため、ユニバーサルプリントサーバー(UPServer.exe)が予期せず終了することがあります。 [CVADHELP-10627]

  • ユニバーサルプリントサーバー(UPServer.exe)が予期せず終了することがあります。この問題は、prntvpt.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [CVADHELP-12651]

VDA for Desktop OS

キーボード

  • Citrixの汎用クライアント入力システム(IME)機能を有効にした場合、中国語のクライアントIMEを使用して特殊文字や数字を入力すると、アプリケーションが予期せず終了する場合があります。この問題は、Microsoft Windows 10バージョン1809およびWindows Server 2019を実行中のデスクトップおよびアプリセッションで発生します。 [CVADHELP-13961]

インストール、アンインストール、アップグレード

  • VDAをアップグレードすると、MaxVideoMemoryBytesレジストリキーがデフォルト値に戻ることがあります。 [CVADHELP-13629]

  • VDAをアップグレードするとき、[機能]ページで [パフォーマンス最適化] 機能を無効にできません。また、そのページで他の機能を有効にできません。 [CVADHELP-14560]

印刷

  • VDAをバージョン7.15累積更新プログラム4にアップグレード後、Citrix Print Manager Service(CpSvc.exe)が予期せず終了することがあります。 [CVADHELP-12888]

  • アプリケーションを起動しようとすると、Citrix Print Manager Service(CpSvc.exe)が予期せず終了することがあります。 [CVADHELP-13945]

セッション/接続

  • 専用デスクトップセッションを開始すると、ログオンに失敗し、ログオフプロセスが停止することがあります。Citrix Studioではセッションは接続済みと表示されますが、手動でマシンを再起動するまでログオフすることはできません。 [CVADHELP-10931]

  • Windows Media Playerがプレイリストの現在のトラックから次のトラックに移動すると、次のトラックの先頭でオーディオが再生されないことがあります。この問題は、Windows Mediaリダイレクトが有効になっている場合に発生します。 [CVADHELP-11639]

  • オーディオデバイスをユーザーセッションに追加すると、Skype for Businessのサウンド以外のデバイスからサウンドを聞くことはできません。このエラーメッセージが表示されます:

    エラー - 使用可能なデバイススロットがありません - デバイスを追加できませんでした。

    この問題は、8つを超える数の再生デバイスまたは録音デバイスがエンドポイントに接続されている場合に発生します。 [CVADHELP-12760]

  • VDAでセッションローミングが機能しないことがあります。この問題は、Dell Wyseシンクライアントデバイスで発生します。 [CVADHELP-13003]

  • 別のマシンのアクティブセッションに再接続すると、リダイレクトされたプリンターとクライアントドライブが失われることがあります。この問題は、アクティブなユーザーセッションをロックまたは切断せずに、あるマシンから別のマシンに移動したときに発生します。 [CVADHELP-13035]

  • アプリケーションがWebカメラを使用してビデオをキャプチャしているときに [キャンセル] ボタンをクリックすると、アプリケーションが応答しなくなることがあります。この問題は、MFDeviceSource.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [CVADHELP-13062]

  • VDAで次のレジストリキーの値を1に変更すると、クライアントドライブからのデータの読み取りに時間がかかることがあります。

    有効にするには、次のレジストリキーを追加します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\Wds\icawd

    名前:PacketIntegrityChecks

    種類:DWORD

    値:1

    [CVADHELP-13063]

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリでセッションを記録すると、マウスポインターの動きが記録されないことがあります。この問題は、VDAバージョン7.15.400で発生します。 [CVADHELP-13300]

  • サードパーティの脆弱性スキャナーを使用してVDAでセッションを起動しようとすると失敗することがあります。 [CVADHELP-13306]

  • 再起動後にVDAが応答しなくなることがあります。この問題は、Symantec SEPなどのセキュリティソフトウェアがセキュリティスキャンを実行するときに発生します。 [CVADHELP-13832]

  • アプリケーションウィンドウの一部が透明になり、アプリケーションがフォアグラウンドではなくバックグラウンドで実行されることがあります。この問題は、シームレスモードで発生します。 [CVADHELP-13903]

  • マルチモニター環境で、アプリケーションが同じモニターに一貫性をもって表示されないことがあります。この問題は、新しいワークステーションに移行するときに発生します。 [CVADHELP-13657]

スマートカード

  • Windows 10でスマートカード認証を構成した後、ユーザーセッションでデスクトップを起動すると、スマートカードパススルー認証が失敗することがあります。この問題は、シンクライアントからデスクトップを起動したときに発生します。 [CVADHELP-11757]

システムの例外

  • USBリダイレクトによりVDAに重大な例外が発生し、バグチェックコード SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED(7e) のブルースクリーンが表示されることがあります。また、USBリダイレクトのグローバルロックが解除されないことがあり、他のリダイレクトをブロックします。 [CVADHELP-9237]

  • VDAでctxdvcs.sysの重大な例外が発生し、ブルースクリーンが表示されることがあります。 [CVADHELP-13000]

  • VDAでctxdvcs.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0xc0000409によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [CVADHELP-13102]

  • Electronフレームワークを使用するアプリケーションは、次のエラーメッセージで予期せず終了することがあります:

    {例外} 不正な命令 不正な命令を実行しようとしました。

    [CVADHELP-13440]

ユーザーインターフェイス

  • Citrix Workspace – 基本設定ウィンドウで[デバイス]タブが見つからないことがあります([Desktop Viewer]ツールバー>[基本設定])。この問題は、サーバーVDIスイッチ経由でVDIデスクトップをMicrosoft Windows Server上で実行している場合に発生します。 [CVADHELP-14158]

VDA for Server OS

キーボード

  • Citrixの汎用クライアント入力システム(IME)機能を有効にした場合、中国語のクライアントIMEを使用して特殊文字や数字を入力すると、アプリケーションが予期せず終了する場合があります。この問題は、Microsoft Windows 10バージョン1809およびWindows Server 2019を実行中のデスクトップおよびアプリセッションで発生します。 [CVADHELP-13961]

印刷

  • VDAをバージョン7.15累積更新プログラム4にアップグレード後、Citrix Print Manager Service(CpSvc.exe)が予期せず終了することがあります。 [CVADHELP-12888]

  • ドキュメントを別の出力プリンタートレイに印刷しようとすると失敗することがあります。印刷ダイアログボックスで別のトレイを選択した場合でも、印刷ジョブはデフォルトのトレイにドキュメントを出力します。 [CVADHELP-13492]

  • アプリケーションを起動しようとすると、Citrix Print Manager Service(CpSvc.exe)が予期せず終了することがあります。 [CVADHELP-13945]

セッション/接続

  • Windows Media Playerがプレイリストの現在のトラックから次のトラックに移動すると、次のトラックの先頭でオーディオが再生されないことがあります。この問題は、Windows Mediaリダイレクトが有効になっている場合に発生します。 [CVADHELP-11639]

  • VDA for Server OSで公開アプリケーションを起動すると、Windows RunOnceレジストリキーが実行されないことがあります。 [CVADHELP-11991]

  • Delivery Controllerに無効なセッション情報が表示されることがあります。この問題は、VDAがDelivery Controllerに送信するセッション情報にIPアドレス127.0.0.1が含まれている場合に発生します。 [CVADHELP-12767]

  • アプリケーションを起動できないことがあります。その結果、[タスクマネージャー] 下のセッションの詳細が見つからず、Citrix Studioに次のアプリケーションステータスが表示されます:アプリケーションが実行されていません。問題が発生すると、VDAが再登録され、次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    イベントID 1048:ブローカーによるWCFの失敗または拒否

    [CVADHELP-12856]

  • ユーザーセッションでテキストをハイライトしようとすると、パフォーマンスの問題が発生することがあります。この問題は、公開デスクトップで実行されているMicrosoft Outlookバージョン2016でそれを行う場合に発生します。

    有効にするには、次のレジストリキーを追加します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Graphics\

    名前:CursorShapeChangeMinInterval

    種類:DWORD

    値:設定可能な値:10~100。推奨値:50。デフォルトは0で、これは無効を意味します。

    [CVADHELP-12886]

  • アプリケーションがWebカメラを使用してビデオをキャプチャしているときに[キャンセル]ボタンをクリックすると、アプリケーションが応答しなくなることがあります。この問題は、MFDeviceSource.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [CVADHELP-13062]

  • VDAで次のレジストリキーの値を1に変更すると、クライアントドライブからのデータの読み取りに時間がかかることがあります。

    有効にするには、次のレジストリキーを追加します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\Wds\icawd

    名前:PacketIntegrityChecks

    種類:DWORD

    値:1

    [CVADHELP-13063]

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリでセッションを記録すると、マウスポインターの動きが記録されないことがあります。この問題は、VDAバージョン7.15.400で発生します。 [CVADHELP-13300]

  • Citrix StudioとCitrix Directorを使用してユーザーセッションからログオフしようとすると、そのセッションで公開アプリケーションを起動するときに、失敗することがあります。 [CVADHELP-13307]

  • マルチモニター環境で、アプリケーションが同じモニターに一貫性をもって表示されないことがあります。この問題は、新しいワークステーションに移行するときに発生します。 [CVADHELP-13657]

  • 再起動後にVDAが応答しなくなることがあります。この問題は、Symantec SEPなどのセキュリティソフトウェアがセキュリティスキャンを実行するときに発生します。 [CVADHELP-13832]

  • アプリケーションウィンドウの一部が透明になり、アプリケーションがフォアグラウンドではなくバックグラウンドで実行されることがあります。この問題は、シームレスモードで発生します。 [CVADHELP-13903]

  • ネットワークの切断後にクライアントの自動再接続(ACR)がセッションに再接続しようとすると、COMポートリダイレクトが機能しないことがあります。 [CVADHELP-13926]

  • メモリ使用量が高いことが原因でVDAが負荷限界を報告した後、メモリ使用量が低いレベルまで低下しても、読み込みインデックス値が10,000のままになることがあります。 [CVADHELP-14563]

  • シームレスセッションをロックすると、セッションウィンドウのサイズに関係なく、ログオンウィンドウが全画面表示されることがあります。その結果、エンドポイントのデスクトップやその他のアプリケーションにアクセスできなくなります。 [CVADHELP-14589]

スマートカード

  • スマートカードを使用したパススルー認証が断続的に失敗することがあります。この問題は、Windows Server 2016でHDXセッションを起動するときに発生します。 [CVADHELP-13054]

システムの例外

  • USBリダイレクトによりVDAに重大な例外が発生し、バグチェックコード SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED(7e) のブルースクリーンが表示されることがあります。また、USBリダイレクトのグローバルロックが解除されないことがあり、他のリダイレクトをブロックします。 [CVADHELP-9237]

  • VDAでctxdvcs.sysの重大な例外が発生し、ブルースクリーンが表示されることがあります。 [CVADHELP-13000]

  • VDAでctxdvcs.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0xc0000409によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [CVADHELP-13102]

  • サーバーでicardd.dllの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x0000003Bによるブルースクリーンが表示されることがあります。 [CVADHELP-13330]

  • Electronフレームワークを使用するアプリケーションは、次のエラーメッセージで予期せず終了することがあります:

    {例外} 不正な命令 不正な命令を実行しようとしました。

    [CVADHELP-13440]

  • サービスホスト(svchost.exe)プロセスまたはwfshell.exeプロセスで、アクセス違反が発生して予期せず終了することがあります。この問題は、icaendpoint.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [CVADHELP-14276]

  • VDAでpicadm.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x22によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [CVADHELP-14332]

  • 9台を超える数のモニターを持つデバイスでは、ユーザーセッションの起動が致命的な例外で失敗し、バグチェックコード0x3Bによるブルースクリーンが表示されることがあります。 [CVADHELP-14775]

仮想デスクトップコンポーネント - その他

  • 多くのApp-VアプリケーションをホストしているVDAからApp-Vアプリケーションを起動すると、VDAが登録解除されることがあります。この問題は、関連するポリシーファイルの処理に時間がかかる場合に発生します。 [CVADHELP-12592]