XenApp and XenDesktop

解決された問題

Citrix Director

  • ネットワーク接続が不十分なシナリオでは、大規模なサイトを含む環境でCitrix Directorを使用すると、IISワーカープロセス(w3wp.exe)が大量のメモリを消費する場合があります。Citrix Directorページの読み込みが停止します。 [CVADHELP-14959]

  • VDAをアンインストールした後、Citrix Windows Management Instrumentation(WMI)の名前空間が残る場合があります。 [CVADHELP-14965]

  • [マシン使用率の履歴] ページの [上位10位のプロセス] テーブルのデータが表示されない場合があります。次のメッセージが表示されます:

    このマシンではプロセスデータ収集が無効になっています。収集を開始するには、プロセス監視ポリシーを有効にしてください。

    [CVADHELP-15893]

  • [Director]>[傾向]>[ログオンパフォーマンス]>[レポートのエクスポート] ページでレポートを生成してエクスポートすると、レポートに間違った仲介時間の値が表示されることがあります。この問題は、.,に置き換えられるドイツ語のレポートで発生します。 [CVADHELP-16097]

Citrixポリシー

  • Citrix Group Policy Engineをバージョン1.7からバージョン7.15にアップグレードすると、Citrixユーザーポリシーの下のプリンター割り当てポリシーが表示されない場合があります。 [CVADHELP-15608]

Citrix Studio

  • Azureへのホスト接続を作成しているときに、サービスプリンシパルを作成しようとすると、ADSTS700016エラーで失敗する場合があります。 [CVADHELP-16219]

Delivery Controller

  • 公開アプリケーションによっては、アプリケーションの列挙が失敗することがあります。この問題は、.exeファイルに破損したアプリケーションアイコンが存在する場合に発生します。 [CVADHELP-13133]

  • 大規模なCitrix Virtual Apps and Desktops環境では、監視データベースのクリーンアップ用のストアドプロシージャが機能しない場合があります。この問題は、監視データベースのサイズが大きい場合に発生します。 [CVADHELP-13287]

  • Delivery Controllerがイベントログで次のローカルホストキャッシュエラー505を受け取ることがあります:不明なエラー。 [CVADHELP-14428]

  • メモリ使用量が高いことが原因でVDAが負荷限界を報告した後、メモリ使用量が低いレベルまで低下しても、読み込みインデックス値が10,000のままになることがあります。 [CVADHELP-14563]

  • PowerShellを使用してAzureでMachine Creation Services(MCS)カタログを作成しようとすると失敗し、次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    パス「Citrix.AzureRmPlugin.InventoryItemPath」でアイテムを見つけることができませんでした。

    この問題は、Shared Azureサブスクリプションをスコープが狭いサービスプリンシパルと組み合わせて使用すると発生します。 [CVADHELP-14640]

  • Citrix Directorを使用して新しいセッションにログオンすると、[傾向]にある [ログオンパフォーマンス] タブの [平均ログオン処理時間] グラフに、そのログオンが表示されないことがあります。ただし、そのログオンは [ユーザーセッションごとのログオン処理時間] フォームに表示されます。 [CVADHELP-14740]

  • vSANストレージポリシーが、Machine Creation Services(MCS)を使用して作成された仮想マシンに適用されないことがあります。この問題は、マシンに接続されているディスクのバージョンが正しくない場合に発生します。 [CVADHELP-14935]

  • Studioのナビゲーションペインで[マシンカタログ]を選択すると、Studioがカタログのリストを表示できないことがあります。このエラーメッセージが表示されます:

    カタログを表示できません。

    この問題は、StudioではPowerShellコマンドの「Get-ProvSchemeMasterVMImageHistory」でオブジェクトのリストを取得できないために発生します。 [CVADHELP-15211]

  • VMware vSphere 7.0を使用してMachine Creation Services(MCS)カタログを作成しようとすると失敗する場合があります。 [CVADHELP-15237]

  • 特定のサードパーティアプリケーションサービスを使用してDelivery ControllerのXMLサービスに認証要求を送信すると、パフォーマンスの問題が発生する可能性があります。

    有効にするには、次のレジストリキーを追加します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Citrix\DesktopServer

    名前:DisableGetPasswordExpiryInfo

    種類:DWORD

    値:1

    [CVADHELP-15536]

  • この修正にはMicrosoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)2019によるMachine Creation Service(MCS)のサポートが含まれます。 [CVADHELP-15779]

Metainstaller

  • VDAのインストール時に、GUIで選択していなくてもPersonal vDiskなどの追加コンポーネントがインストールされる場合があります。 [CVADHELP-15572]

  • VDAをアップグレードするとき、[機能]ページで [パフォーマンス最適化] 機能を無効にできません。また、そのページで他の機能を有効にできません。 [CVADHELP-14560]

Profile Management

  • Profile Managementで [プロファイルストリーミング] ポリシーが有効になっている場合、Internet Explorer 11でファイルをダウンロードしようとすると失敗することがあります。 [CVADHELP-12970]

  • [コントロールパネル]>[システムとセキュリティ]>[設定の変更]>[詳細設定]>[ユーザープロファイル]>[設定] の順に移動すると、ログインユーザーのプロファイルの[サイズ]フィールドに疑問符(?)マークが表示されます。他のユーザープロファイルは正しいサイズを表示しています。 [CVADHELP-13993]

  • Appdata\local\tempを [除外の一覧 - ディレクトリ] に追加すると、Profile ManagementはユーザープロファイルにAppdata\local\tempフォルダーを作成せず、Microsoft Outlookなどの一部のアプリケーションでランタイムエラーが発生します。この問題は、[ログオフ時にローカルでキャッシュしたプロファイルの削除] ポリシーが有効になっている場合に、2回目以降のログオン中に発生します。 [CVADHELP-14054]

  • Profile Managementが、 [レジストリの包含の一覧]にあるレジストリキーのサブキーを同期しません。たとえば、 [レジストリの包含の一覧] にSoftware\Citrixを追加するとき、ユーザーストアにはHKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Citrixのみが保存されます。サブキーが保存されません。 [CVADHELP-14815]

  • [ミラーリングするフォルダー] 一覧にあるフォルダーがログオン時にユーザーストアに存在しない場合、ローカルのユーザープロファイルが削除されます。 [CVADHELP-15248]

  • Desktop[除外の一覧-ディレクトリ ] ポリシーに追加した場合、ユーザーが公開アプリケーションまたはデスクトップで変更を保存しようとすると、エラーが発生することがあります。 [CVADHELP-15792]

Provisioning Services

Provisioning Services 7.15 LTSR CU7では、このリリースでの更新に関する具体的な情報を提供します。

StoreFront

  • iPadOS 13以降では、ユーザーがログオンしようとすると、StoreFront Webページがフリーズすることがあります。この問題は、StoreFront展開で[クラシックエクスペリエンスを有効にする]ポリシーが有効になっている場合に発生します。 [CVADHELP-14905]

  • ストアフォルダーにカスタム構成ファイルが存在する場合、ストアフォルダー内のweb.configファイルのコンテンツがカスタムファイルで置き換えられることがあります。この問題は、StoreFrontをアップグレードするときに発生します。 [CVADHELP-13485]

VDA for Desktop OS

セッション/接続

  • 複数のUSBデバイスがセッションにリダイレクトされると、そのうちの1つが正しく機能しない場合があります。 [CVADHELP-12516]

  • セッションのデフォルトのオーディオデバイスは、ユーザーデバイスのデフォルトのオーディオデバイスと異なる場合があります。セッションでは、オーディオデバイス一覧の一番上のデバイスがデフォルトになります。 [CVADHELP-13324]

  • XenAppおよびXenDesktopバージョン7.15 LTSR CU4がMicrosoft Windows Server 2016で実行されているサイトで、公開アプリケーションを起動しようとすると、アプリケーションセッションが応答しなくなることがあります。このエラーメッセージが表示されます:

    ローカルセッションマネージャーをお待ちください

    [CVADHELP-13967]

  • SAS通知が有効になっている場合、コンソールで既存のセッションに接続している複数のモニターを持つユーザーは、モニターのレイアウトが正しく復元されていないことを発見することがあります。たとえば、右側のモニターが1で、メインモニターとして選択され、左側のモニターが2の場合、ユーザーは再接続時に位置が入れ替わっていることに気付く可能性があります。この問題は、物理デスクトップを使用しているリモートPCユーザーにのみ影響します。これは、2つの機能間で互換性がないことによるものです。 [CVADHELP-14249]

  • IPv6が有効になっていると、VDAが断続的に登録解除されることがあります。 [CVADHELP-14847]

  • この修正により、UDP接続経由で小さなデータグラムを送信するタイマーが提供され、ホストとクライアント間の接続が維持されます。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    • 32ビットシステム

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Audio

      名前:KeepAliveTimer

      種類:DWORD

      値:Keep-Aliveメッセージ間の待機時間間隔(秒単位)を示します。空のままにするか0に設定すると、Keep-Aliveパケットは送信されず、Keep-Alive機能は動作しません。推奨値は15です。

    • 64ビットシステム

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Citrix\Audio

      名前:KeepAliveTimer

      種類:DWORD

      値:Keep-Aliveメッセージ間の待機時間間隔(秒単位)を示します。空のままにするか0に設定すると、Keep-Aliveパケットは送信されず、Keep-Alive機能は動作しません。推奨値は15です。

      [CVADHELP-15122]

  • CtxUvi Hookingドライバーを無効にすると、イベントログが生成されない場合があります。この問題は、使用可能なシステムリソースが少ない場合に発生します。 [CVADHELP-15241]

  • この修正により、VDAでNTLM認証を有効にせずに複数のフォレスト展開を構成できる新機能がサポートされます。ただし、NTLM認証を有効にするための以前の機能は、その他の信頼を伴わない展開用に保持されます。VDAでNTLM認証が不要に有効になることを回避するために、SupportMultipleForestDdcLookupという名前のレジストリエントリが追加されています(NTLMはKerberosよりも安全性が低くなります)。SupportMultipleForestエントリの代わりにSupportMultipleForestDdcLookupを使用できます。SupportMultipleForestは、後方互換性のために引き続き使用できます。SupportMultipleForestDdcLookupレジストリキーは、VDAがDelivery Controllerのルックアップを実行する方法を決定します。詳しくは、「複数のActive Directoryフォレスト環境での展開」を参照してください。 [CVADHELP-15467]

  • VDAがDelivery Controllerに登録しようとすると、Broker Agentはローカルドメインで最初のDNSルックアップを実行します。このルックアップにより、Delivery Controllerに到達できることを確認します。DNSルックアップが失敗すると、Broker AgentはActive Directoryでトップダウンクエリを実行するようにフォールバックし、すべてのドメインで検索を繰り返し実行します。Delivery Controllerのアドレスが無効な場合(たとえば、管理者がVDAのインストール時にFQDNを誤って入力した場合)、クエリ操作によってドメインコントローラーでDDoSのような結果が発生する可能性があります。詳しくは、「VDA登録中のControllerの検索」を参照してください。 [CVADHELP-15484]

  • タイムゾーンポリシーが [サーバーのタイムゾーンを使用する] に設定されていても、ユーザーセッションを介してクライアント側のタイムゾーンがVDAにリダイレクトされることがあります。 [CVADHELP-15628]

  • 従来のグラフィックモードポリシーを有効にすると、セッションを起動したときに灰色の画面が表示される場合があります。この問題は、VDAバージョン7.15.6000で発生します。 [CVADHELP-15841]

  • サーバーVDI VDAで、[スタート] メニューの電源ボタンに[切断]オプションが表示されない場合があります。 [CVADHELP-16595]

システムの例外

  • VDAをバージョン7.15累積更新プログラム5(CU5)からCU6またはバージョン2003にアップグレードした後、グループポリシーエンジン(CseEngine.exe)サービスが予期せず終了することがあります。 [CVADHELP-14515]

  • Citrix Audio Redirection ServiceÂ(CTXAudioSvc)が、イベントID 1000と例外コード0x0c0000005で予期せず終了することがあります。この問題は、CtxVorbisDmo64.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [CVADHELP-14898]

  • VDAでpicadm.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコードAPC_INDEX_MISMATCH (1)によるブルースクリーンが表示されることがあります。この問題は、マップされたクライアントドライブにアクセスしようとすると発生します。 [CVADHELP-15003]

  • VDAでtdica.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x1000007eによるブルースクリーンが表示されることがあります。この問題は、HTML5向けCitrix Workspaceアプリ経由でセッションを起動したときに発生します。 [CVADHELP-15220]

  • VDAでpicadm.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x93(INVALID_KERNEL_HANDLE)によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [CVADHELP-15326]

  • Webアプリケーションで埋め込みのWindows Mediaファイルを表示しようとすると、Internet Explorerが予期せず終了する場合があります。この問題は、HostMMTransport.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [CVADHELP-15598]

VDA for Server OS

セッション/接続

  • 複数のUSBデバイスがセッションにリダイレクトされると、そのうちの1つが正しく機能しない場合があります。 [CVADHELP-12516]

  • XenAppおよびXenDesktopバージョン7.15 LTSR CU4がMicrosoft Windows Server 2016で実行されているサイトで、公開アプリケーションを起動しようとすると、アプリケーションセッションが応答しなくなることがあります。このエラーメッセージが表示されます:

    ローカルセッションマネージャーをお待ちください

    [CVADHELP-13967]

  • 音声処理のサンドボックス化を許可するポリシーを有効にすると、Citrix Virtual Apps and Desktopsから開いたGoogle Chromeでオーディオが機能しない場合があります。 [CVADHELP-14784]

  • HTML5用のCitrix Workspaceアプリを介してセッションを起動しようとすると、セッションが全画面モードではなくウィンドウモードで実行されることがあります。この問題は、Windows Server 2012で実行されているVDAで発生します。 [CVADHELP-14865]

  • ライセンス統計は、サイト間で一貫していない可能性があります。たとえば、Citrix同時接続ユーザー(CCU)によって消費されるライセンスと、複数のサイトの一意のユーザーに割り当てられるライセンスとの間に明らかな不一致がある可能性があります。 [CVADHELP-14950]

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    • 32ビットシステム

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Audio

      名前:KeepAliveTimer

      種類:DWORD

      値:Keep-Aliveメッセージ間の待機時間間隔(秒単位)を示します。空のままにするか0に設定すると、Keep-Aliveパケットは送信されず、Keep-Alive機能は動作しません。推奨値は15です。

    • 64ビットシステム

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Citrix\Audio

      名前:KeepAliveTimer

      種類:DWORD

      値:Keep-Aliveメッセージ間の待機時間間隔(秒単位)を示します。空のままにするか0に設定すると、Keep-Aliveパケットは送信されず、Keep-Alive機能は動作しません。推奨値は15です。

      [CVADHELP-15122]

  • CtxUvi Hookingドライバーを無効にすると、イベントログが生成されない場合があります。この問題は、使用可能なシステムリソースが少ない場合に発生します。 [CVADHELP-15241]

  • クロックドリフトが発生すると、Microsoft Teamsは最適化モードでの読み込みに失敗する場合があります。このドリフトによって、Citrix証明書が無効または期限切れであると見なされます。この問題を回避するには、HTML5ビデオリダイレクトサービス(txHdxWebSocketService)のスタートアップの種類を、デフォルトの [自動] ではなく [自動(遅延開始)] に変更します。 [CVADHELP-15298]

  • この修正により、VDAでNTLM認証を有効にせずに複数のフォレスト展開を構成できる新機能がサポートされます。ただし、NTLM認証を有効にするための以前の機能は、その他の信頼を伴わない展開用に保持されます。VDAでNTLM認証が不要に有効になることを回避するために、SupportMultipleForestDdcLookupという名前のレジストリエントリが追加されています(NTLMはKerberosよりも安全性が低くなります)。SupportMultipleForestエントリの代わりにSupportMultipleForestDdcLookupを使用できます。SupportMultipleForestは、後方互換性のために引き続き使用できます。SupportMultipleForestDdcLookupレジストリキーは、VDAがDelivery Controllerのルックアップを実行する方法を決定します。詳しくは、「複数のActive Directoryフォレスト環境での展開」を参照してください。 [CVADHELP-15467]

  • VDAがDelivery Controllerに登録しようとすると、Broker Agentはローカルドメインで最初のDNSルックアップを実行します。このルックアップにより、Delivery Controllerに到達できることを確認します。DNSルックアップが失敗すると、Broker AgentはActive Directoryでトップダウンクエリを実行するようにフォールバックし、すべてのドメインで検索を繰り返し実行します。Delivery Controllerのアドレスが無効な場合(たとえば、管理者がVDAのインストール時にFQDNを誤って入力した場合)、クエリ操作によってドメインコントローラーでDDoSのような結果が発生する可能性があります。 [CVADHELP-15484]

  • リモートデスクトップセッションを切断して再接続すると、VDA for Server OSで無効なXenAppセッションが開始されることがあります。無効なセッションは、VDAを再起動するまで残ります。 [CVADHELP-16453]

システムの例外

  • Windowsオーディオサービスをホストするサービスホスト(svchost.exe)プロセスが、ユーザーセッション内で予期せず終了することがあります。この問題は、メモリリークが原因で発生します。 [CVADHELP-13687]

  • VDAでpicadm.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコードAPC_INDEX_MISMATCH (1)によるブルースクリーンが表示されることがあります。この問題は、マップされたクライアントドライブにアクセスしようとすると発生します。 [CVADHELP-15003]

  • VDAでtdica.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x1000007eによるブルースクリーンが表示されることがあります。この問題は、HTML5向けCitrix Workspaceアプリ経由でセッションを起動したときに発生します。 [CVADHELP-15220]

  • VDAでpicadm.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x93(INVALID_KERNEL_HANDLE)によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [CVADHELP-15326]

  • Webアプリケーションで埋め込みのWindows Mediaファイルを表示しようとすると、Internet Explorerが予期せず終了する場合があります。この問題は、HostMMTransport.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [CVADHELP-15598]

  • Linux向けCitrix Workspaceアプリから起動されたマルチポート対応TCPセッションに再接続しようとすると、VDAが予期せず終了する場合があります。 [CVADHELP-15674]

仮想デスクトップコンポーネント - その他

  • 多くのApp-VアプリケーションをホストしているVDAからApp-Vアプリケーションを起動すると、VDAが登録解除されることがあります。この問題は、関連するポリシーファイルの処理に時間がかかる場合に発生します。 [CVADHELP-12592]

  • この修正により、基本コンポーネント内のセキュリティ上の脆弱性の問題が解決されます。詳しくは、Knowledge Centerの記事CTX285059を参照してください。 [CVADHELP-14755]