Citrix Cloud

管理者グループを管理する

Active DirectoryまたはAzure Active Directory(AD)のグループを使用して、Citrix Cloudアカウントに管理者を追加できます。その後、グループ内のすべての管理者のサービスアクセス許可を管理できます。

ADの前提条件

Citrix Cloudは、SAML 2.0によるADグループ認証をサポートしています。AD管理者グループのメンバーをCitrix Cloudに追加する前に、Citrix CloudとSAMLプロバイダー間の接続を構成する必要があります。詳しくは、「SAMLをIDプロバイダーとしてCitrix Cloudに接続する」を参照してください。

既にCitrix CloudにSAML接続している場合は、AD管理者グループを追加する前に、SAMLプロバイダーをCitrix Cloudに再接続する必要があります。SAMLを再接続しないと、AD管理者グループの追加に失敗する場合があります。詳しくは、「管理者認証に既存のSAML接続を使用する」を参照してください。

Azure ADの前提条件

Azure ADグループ認証を使用するには、Azure ADをCitrix Cloudに接続する最新バージョンのAzure ADアプリケーションが必要です。このアプリケーションは、Azure ADに初めて接続したときにCitrix Cloudが取得しています。2019年5月以前にAzure ADをCitrix Cloudに接続していた場合は、Citrix CloudがAzure ADへの接続で最新のアプリケーションを使用していない可能性があります。アカウントで使用しているアプリケーションが最新のものでない場合、Citrix CloudでAzure ADグループを表示できません。

Citrix CloudでAzure ADグループを使用する前に、次のタスクを実行します:

  1. Azure AD接続に最新のアプリケーションを使用していることを確認します。最新のアプリケーションを使用していない場合、Citrix Cloudで通知が表示されます。
  2. アプリケーションを更新する必要がある場合は、Azure ADをCitrix Cloudに再接続します。Azure ADに再接続することにより、アプリケーションレベルの読み取り専用権限がCitrix Cloudに付与され、Citrix CloudがAzure ADに再接続できるようになります。再接続中に、これらの権限のリストが表示されるので確認してください。Citrix Cloudが要求する権限について詳しくは、「Citrix Cloud用のAzure Active Directoryの権限」を参照してください。

    重要:

    このタスクを完了するには、Azure ADのグローバル管理者である必要があります。また、Citrix IDプロバイダーのフルアクセス管理者アカウントを使用して、Citrix Cloudにサインインしている必要があります。Azure ADの資格情報を使用してサインインすると、再接続に失敗します。Citrix IDプロバイダーを使用している管理者がいない場合は、管理者を一時的に追加してこのタスクを実行し、後で削除することができます。

Azure ADへの接続を確認するには

  1. Citrix IDプロバイダーのフルアクセス管理者アカウントを使用して、Citrix Cloudにサインインします。
  2. Citrix Cloudメニューから、[IDおよびアクセス管理] を選択し、次に [認証] を選択します。
  3. Azure Active Directoryを見つけます。Azure ADに接続するためにCitrix Cloudでアプリケーションをアップデートする必要がある場合、通知が表示されます。

    Citrix CloudコンソールのAzure ADへの再接続のプロンプト

    Citrix Cloudが既に最新のアプリケーションを使用している場合、通知は表示されません。

Azure ADに再接続するには

  1. Citrix CloudコンソールのAzure ADの通知から、[再接続] のリンクをクリックします。要求されたAzure権限のリストが表示されます。
  2. 権限を確認してから [許可] を選択します。

サポートされているサービスと権限

次のサービスは、管理者グループのカスタムアクセス権限をサポートしています:

  • Citrix Application Delivery Managementサービス
  • Citrix DaaS
  • Workspace Environment Managementサービス

サポートされているサービスに対してのみ、カスタムアクセス権限を割り当てることができます。フルアクセス権限はサポートされていません。

管理者グループは、他のサービスにアクセスできません。アクセス権限のあるサポート対象サービスのみを管理できます。

既にサインインしている管理者グループメンバーのアクセス権限の変更は、サインアウトして再度サインインした後でのみ有効になります。

Citrix、AD、およびAzure ADのIDを持つ管理者の最終的な権限

管理者がCitrix Cloudにサインインするとき、管理者がCitrix ID(Citrix CloudのデフォルトのIDプロバイダー)と、ADまたはAzure ADで取得したシングルユーザーまたはグループベースのIDを持っている場合、使用できるのは特定の権限のみである場合があります。このセクションの表では、これらのIDの各組み合わせで使用できる権限について説明します。

_シングルユーザーのADまたはAzure ADのID_とは、個々のアカウントを通じて管理者に付与されるADまたはAzure ADの権限を指します。_グループベースのADまたはAzure ADのID_とは、Azure ADグループのメンバーとして付与されるADまたはAzure AD権限を指します。

Citrix ID シングルユーザーのADまたはAzure ADのID グループベースのADまたはAzure ADのID 認証後に利用可能な権限
X X   管理者は、Citrix IDまたはAzure AD IDのいずれかで認証に成功した後、両方のIDの累積的な権限を有します。
X   X 各IDは独立したエンティティとして扱われます。使用可能な権限は、管理者が認証にCitrix IDとAzure AD IDのどちらを使用しているかによって異なります。
  X X 管理者は、Azure ADを使用してCitrix Cloudに認証するときに、両方のIDの累積的な権限を有します。
X X X 管理者は、Citrix IDを使用して認証する場合、Citrix IDとシングルユーザーのAzure AD IDの両方の累積的な権限を有します。Azure ADで認証する場合、管理者は3つのIDすべての累積的な権限を有します。

管理者のサインインエクスペリエンス

ADまたはAzure ADグループをCitrix Cloudに追加し、サービスの権限を定義した後、グループ内の管理者は、Citrix Cloudサインインページで [会社の資格情報でサインイン] を選択し、アカウントのサインインURLを入力してサインインするだけです(例:https://citrix.cloud.com/go/mycompany)。個々の管理者を追加するのとは異なり、グループの管理者は明示的に招待されないため、Citrix Cloud管理者としての招待を受諾するためのメールを受信しません。

サインイン後、管理者はタイルから [管理] を選択して、サービスの管理コンソールにアクセスします。

Citrix DaaSタイルを使用したスタートパッド

グループのメンバーとしての権限しか付与されていない管理者は、Citrix CloudアカウントのサインインURLを使用してCitrix Cloudアカウントにアクセスできます。

個々のアカウントを介して、およびグループのメンバーとして権限が付与されている管理者は、アクセスするCitrix Cloudアカウントを選択できます。管理者が複数のCitrix Cloudアカウントのメンバーである場合、認証に成功した後、カスタマーピッカーからCitrix Cloudアカウントを選択できます。

制限事項

プラットフォームとサービス機能へのアクセス

管理者グループのメンバーは、「コンソールの権限」で説明されているCitrix Cloudプラットフォーム機能を使用できません。

また、クイック展開ユーザー割り当てなどのCitrix Cloudプラットフォーム機能に依存するCitrix DaaSの機能は使用できません。

アプリケーションのパフォーマンスに対する複数のグループの影響

1人の管理者が属するCitrix Cloudに追加済みのグループの数は、20個以下を推奨します。これより多くのグループに所属すると、アプリケーションのパフォーマンスが低下する可能性があります。

認証に対する複数のグループの影響

グループベースの管理者がADまたはAzure ADの複数のグループに割り当てられている場合、グループの数が多すぎるために認証に失敗する可能性があります。この問題は、Citrix CloudとADまたはAzure ADとの統合に制限があるために発生します。管理者がサインインしようとすると、Citrix Cloudは取得されるグループの数を圧縮しようとします。Citrix Cloudが圧縮を正常に適用できない場合、いずれのグループも取得できず、認証に失敗します。

この問題は、ADまたはAzure ADを介してCitrix Workspaceに認証するユーザーにも影響を与える可能性があります。ユーザーが複数のグループに属している場合、グループの数が多すぎるために認証に失敗する可能性があります。

この問題を解決するには、管理者またはユーザーアカウントを確認し、組織での役割に必要なグループにのみ属していることを確認します。

役割/スコープのペアの割り当てが多すぎることによるグループの追加エラー

複数の役割/スコープのペアを持つグループを追加するときに、グループを作成できないことを示すエラーが発生する可能性があります。このエラーは、グループに割り当てられている役割/スコープのペアの数が大きすぎるために発生します。このエラーを解決するには、役割/スコープのペアを2つ以上のグループに分割して、管理者をそれらのグループに割り当てます。

Citrix Cloudに管理者グループを追加する

  1. Citrix Cloudメニューから、[IDおよびアクセス管理]を選択し、[管理者]を選択します。
  2. [管理者/グループを追加する] を選択します。
  3. [管理者の詳細] で、[Azure AD]を選択し、必要に応じてAzureにサインインします。[次へ] を選択します。
  4. ADを使用している場合は、使用するドメインを選択します。
  5. 追加するグループを検索し、グループを選択します。
  6. [アクセスの設定] で、グループに割り当てる役割を選択します。少なくとも1つの役割を選択する必要があります。
  7. 完了したら、[保存] を選択します。

管理者グループのサービス権限を変更する

  1. Citrix Cloudメニューから、[IDおよびアクセス管理]を選択し、[管理者]を選択します。
  2. 管理する管理者グループを見つけ、省略記号メニューから [アクセスの編集] を選択します。 [アクセスの編集]が選択された状態のグループ
  3. 必要に応じて、1つ以上の役割とスコープのペアの横にあるチェックマークを選択またはクリアします。
  4. 完了したら、[保存] を選択します。

管理者グループを削除する

  1. Citrix Cloudメニューから、[IDおよびアクセス管理]を選択し、[管理者]を選択します。
  2. 管理する管理者グループを見つけ、省略記号メニューから [グループの削除] を選択します。 [グループの削除]が選択された状態の省略記号メニュー

    確認のメッセージが表示されます。 グループ削除の確認メッセージ

  3. このグループを削除すると、グループの管理者がCitrix Cloudにアクセスできなくなることを了承し、 グループを削除した場合の影響を認識していることを確認します。
  4. [削除] を選択します。

複数のCitrix Cloudアカウントの切り替え

注:

このセクションでは、Azure AD管理者グループのメンバーのみに影響するシナリオについて説明します。

デフォルトでは、Azure AD管理者グループのメンバーは、アクセス可能な他のCitrix Cloudアカウントを切り替えることはできません。Azure AD管理者グループの管理者の場合、Citrix Cloudユーザーメニューに、下の画像に示されている [顧客の変更] オプションが表示されません。

[顧客の変更]ボタンが強調表示されたユーザーメニュー

このメニューオプションを有効にして、Azure ADグループメンバーが他のCitrix Cloudアカウントを切り替えられるようにするには、変更するアカウントとアカウントをリンクする必要があります。

Citrix Cloudアカウントのリンクには、ハブ&スポークアプローチが用いられます。アカウントをリンクする前に、ほかのアカウントにアクセスするアカウント(「ハブ」)として機能するCitrix Cloudアカウントと、カスタマーピッカーに表示するアカウント(「スポーク」)を決定します。

アカウントをリンクする前に、次の要件を満たしていることを確認してください:

  • Citrix Cloudのフルアクセス権限を有している。
  • Windows PowerShell Integrated Scripting Environment(ISE)にアクセスできる。
  • リンクするCitrix Cloudアカウントの顧客IDがある。顧客IDは、各アカウントの管理コンソールの右上隅に表示されます。 顧客IDが強調表示されたCitrix Cloudコンソール
  • ハブアカウントとしてリンクするCitrix CloudアカウントのCitrix CWSAuthベアラートークンを有している。このベアラートークンを取得するには、CTX330675の指示に従います。Citrix Cloudアカウントをリンクするときに、この情報を入力する必要があります。

Citrix Cloudアカウントをリンクするには

  1. PowerShell ISEを開き、次のスクリプトを作業ペインに貼り付けます:

    $headers = @{}
    $headers.Add("Accept","application/json")
    $headers.Add("Content-Type","application/json")
    $headers.Add("Authorization","CWSAuth bearer=XXXXXXX")
    
    $uri = "https://trust.citrixworkspacesapi.net/HubCustomerID/links"
    
    $resp = Invoke-RestMethod -Method Get -Uri $uri -Headers $headers
    $allLinks = $resp.linkedCustomers + @("SpokeCustomerID")
    
    $body = @{"customers"=$allLinks}
    $bodyjson = $body | ConvertTo-Json
    
    $resp = Invoke-WebRequest -Method Post -Uri $uri -Headers $headers -Body $bodyjson -ContentType 'application/json'
    Write-Host "Citrix Cloud Status Code: $($resp.RawContent)"
    <!--NeedCopy-->
    
  2. 4行目で、CWSAuth bearer=XXXXXXXをCWSAuth値(例:CWSAuth bearer=AbCdef123Ghik…)に置き換えます。この値は、証明書キーに似た長いハッシュです。
  3. 6行目で、HubCustomerIDをハブアカウントの顧客IDに置き換えます。
  4. 9行目で、SpokeCustomerIDをスポークアカウントの顧客IDに置き換えます。
  5. スクリプトを実行します。
  6. 手順3〜5を繰り返して、追加のアカウントをスポークとしてリンクします。

Citrix Cloudアカウントのリンクを解除するには

  1. PowerShell ISEを開きます。PowerShell ISEが既に開いている場合は、作業ペインをクリアします。
  2. 次のスクリプトを作業ペインに貼り付けます:

    $headers = @{}
    $headers.Add("Accept","application/json")
    $headers.Add("Content-Type","application/json")
    $headers.Add("Authorization","CWSAuth bearer=XXXXXXX")
    
    $uri = "https://trust.citrixworkspacesapi.net/HubCustomerID/links/SpokeCustomerID"
    
    $resp = Invoke-WebRequest -Method Delete -Uri $uri -Headers $headers
    Write-Host "Response: $($resp.RawContent)"
    <!--NeedCopy-->
    
  3. 4行目で、CWSAuth bearer=xxxxxxx1をCWSAuth値(例:CWSAuth bearer=AbCdef123Ghik…)に置き換えます。この値は、証明書キーに似た長いハッシュです。
  4. 6行目で、HubCustomerIDをハブアカウントの顧客IDに置き換えます。
  5. 6行目で、SpokeCustomerIDをスポークアカウントの顧客IDに置き換えます。
  6. スクリプトを実行します。
  7. 手順4〜6を繰り返して、追加のアカウントのリンクを解除します。