Citrix Cloud

Citrix Cloud Connectorのログ収集

CDFログは、シトリックス製品内のトラブルシューティングを目的として使用されます。シトリックスサポートは、CDFトレースを使用して、アプリケーションとデスクトップの仲介、ユーザー認証、Virtual Delivery Agent(VDA)登録に関する問題を特定します。この記事では、環境で発生する可能性のある問題のトラブルシューティングと解決に使用できるCloud Connectorデータをキャプチャする方法について説明します。

重要な注意事項:

  • リソースの場所にあるすべてのCloud Connectorマシンでログを有効にします。
  • データの全範囲を確実にキャプチャするために、VDAにあるCDFControlキャプチャツールを使用することをお勧めします。詳しくは、Citrix Support Knowledge CenterのCTX111961を参照してください。Citrix Workspaceアプリのログ収集について詳しくは、CTX141751を参照してください。
  • CDFトレースをシトリックスに送信するには、シトリックスサポートケースが開かれている必要があります。シトリックスのサポート技術者は、既存のサポートケースに添付されていないCDFトレースを確認することはできません。

手順1:問題を再現する

この手順では、使用環境で発生している問題を再現します。問題がアプリの起動または仲介に関連している場合は、起動の失敗を再現します。問題がVDA登録に関連している場合は、VDAマシンでCitrix Desktop Serviceを手動で再起動して、再度VDA登録の作成を試みます。

手順2:CDFトレースを収集する

この手順では、リソースの場所にある各Cloud ConnectorからCDFフラッシュトレースを収集します。

  1. ドメイン管理者またはローカル管理者アカウントを使用してRDP接続を開始することにより、Cloud Connectorマシンにアクセスします。
  2. Cloud Connectorマシンで、ファイルエクスプローラーを開き、C:\logsに移動します。 フラッシュCDFが強調表示されたWindowsエクスプローラー
  3. フラッシュCDFを実行します。Cloud Connectorマシンのタスクバーにアイコンが短時間表示された後、消えます。
  4. ファイルエクスプローラーからC:\logs\CDFに移動し、!–FLUSH–!で終わる最新のフォルダーを特定します。 フラッシュトレースファイルが強調表示されたWindowsエクスプローラー
  5. リソースの場所にあるすべてのCloud Connectorマシンで手順1〜5を実行し、すべてのCloud Connectorのフラッシュトレースを1つのZIPアーカイブに結合します。すべてのCloud ConnectorマシンからフラッシュトレースのZIPアーカイブを作成しない場合は、一度に1ファイルずつシトリックスに送信する必要があります。

手順3:シトリックスにデータを送信する

この手順では、トレースファイルをシトリックスサポートケースに添付し、レビューのために送信します。

  1. https://cis.citrix.com/にアクセスし、Citrix.comの資格情報を使用してサインインします。
  2. [Diagnostics] を選択します。
  3. [Tools][Upload Data] の順に選択します。 [Tools]メニューが強調表示されたCISダッシュボード
  4. [Case Number] に、既存のサポートケースのシトリックスサポートケース番号を入力してください。シトリックスサポート技術者は、データのアップロードにケース番号が添付されていないと、CDFトレースを適切に確認できません。 [ファイルのアップロード]ダイアログ
  5. [説明(オプション)]には簡単な説明を入力するか、このフィールドを空白のままにすることができます。
  6. [Upload File] を選択し、前に作成したZIPアーカイブを選択します。すべてのCloud ConnectorマシンからフラッシュトレースのZIPアーカイブを作成しなかった場合は、手順3〜6を繰り返して、送信する各フラッシュトレースを添付します。

フラッシュトレースを送信すると、Citrix Insight Servicesはそれらを処理し、指定したサポートケースに添付します。このプロセスは、ファイルのサイズによっては最大24時間かかる場合があります。

Citrix Cloud Connectorのログ収集