Citrix Cloud

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの顧客のライセンスと使用状況の監視

Citrix Service Providers(CSP) の顧客は、Citrix Cloudで、ユーザーのVirtual Apps and Desktopsサービスライセンスを簡単に監視できます。CSPの顧客として、Citrix Cloudでご自身のアカウントにサインインすることにより、詳細情報にアクセスできます。シングルテナントとマルチテナントの顧客について集計されたライセンス使用状況データを表示する方法については、「Cloudサービスのライセンス使用状況とレポート(Citrix Service Providers向け)」を参照してください。

顧客は、Citrix Cloudメニューで [ライセンス] を選択することで、ライセンスデータを表示できます。

Citrix Cloudの[ライセンス]メニュー

ライセンス割り当て

Citrix Cloudは、一意のカスタマーユーザーがアプリまたはデスクトップをその月で初めて起動したときに、ライセンスを割り当てます。

ライセンスの概要

[クラウドサービス] タブのライセンスの概要で、次の情報を一目で確認できます:

  • 購入済みライセンス合計に対する割り当て済みライセンスの割合。割合が100%に近づくにつれて、表示は緑色から黄色に変わります。割合が100%を超えると、表示が赤になります。
  • 購入したライセンスに対する割り当てられたライセンスの比率、および使用可能なライセンスの残りの数。
  • 割り当て超過ライセンスの数(割り当て超過がある場合)。割り当て済みライセンスの数が購入済みライセンスの総数を超えると、アラートメッセージが表示されます。

使用状況の傾向とライセンスアクティビティ

ライセンス概要の右端にある [使用状況の詳細の表示] を選択すると、ライセンスの詳細ビューが表示されます。

[使用状況の傾向] セクションには次の情報の内訳が表示されます:

  • ライセンス合計: 合計したクラウドサービス使用権のために購入済みのライセンス合計数。
  • 割り当てられたユーザー: 各月にカスタマーユーザーに割り当てられたライセンスの累積数。
  • 割り当て超過ユーザー: 購入済みライセンスの合計を超えて、各月に割り当てられたライセンスの数。

[ライセンスアクティビティ] セクションには、当月中にライセンスが割り当てられた個別のカスタマーユーザーの一覧が表示されます。この一覧には、各ユーザーが属するドメイン、ライセンスが割り当てられた日付、およびサービスが最後に使用された日時も表示されます。

ライセンスの毎月の解放

毎月1日に、前月の割り当て済みライセンスが自動的に解放されます。解放が行われると、割り当てられたライセンスの数が0にリセットされ、ライセンスを割り当てられたカスタマーユーザーの一覧がクリアされます。ユーザーが新しい月に初めてアプリまたはデスクトップを起動したときに、ライセンスが再割り当てされます。

毎月のライセンス履歴の確認

毎月1日に、割り当て済みライセンスの数が0にリセットされると、前月にライセンスを割り当てられたカスタマーユーザーの一覧([ライセンスアクティビティ] の下にあります)がクリアされます。ただし、必要に応じていつでも、前月のユーザーの詳細にアクセスして、CSVファイルとしてダウンロードできます。

  1. [ライセンスアクティビティ] セクションで、セクションの右端にある [ライセンス履歴を表示] を選択します。
  2. 表示する月を選択します。選択した月のユーザー詳細一覧が表示されます。
  3. 一覧をエクスポートするには、セクションの右端にある [CSVにエクスポート] を選択して、ファイルを保存します。

ライセンス詳細のエクスポート

詳細な分析のために、顧客はいつでも、ライセンスを割り当てられたユーザーの詳細をCSVファイルにエクスポートできます。その後、必要に応じてCSVファイルを使用して、ライセンスの詳細を分析できます。

当月の詳細をエクスポートするには、[ライセンスアクティビティ] セクションの右端にある [CSVにエクスポート] を選択して、ファイルを保存します。

前月の詳細をエクスポートするには、「毎月のライセンス履歴の確認」の説明に従って、選択した月の一覧を生成します。[CSVにエクスポート] を選択してファイルを保存します。

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの顧客のライセンスと使用状況の監視