導入

セットアップ

ログインすると、デスクトップおよびアプリケーションが表示されます。ユーザーはリソースを検索でき、アイコンをクリックして新しいウィンドウでデスクトップやアプリケーションを起動できます。

ユーザーが追加のアプリケーションを起動すると、新しいセッションを作成する前に既存のセッション内でアプリケーションを起動できるかどうかがChrome向けCitrix Workspaceアプリによりチェックされます。これによって、単一セッションで複数のアプリケーションにアクセスできるようになります。

Chrome向けCitrix Workspaceアプリの機能は、 次の方法で構成できます:

  • Google管理ポリシー
  • StoreFrontのWeb.config
  • default.ica
  • configuration.js

注:

バージョン1901以降、スプラッシュスクリーンはユーザーに表示されません。スキーマ “splashScreen”: false” は、将来のリリースではサポートされなくなりました。このスキーマが存在する場合は、Google管理ポリシーまたはconfiguration.jsファイルから削除する必要があります。

Google管理ポリシーを使用する

注:

Chrome向けCitrix Workspaceアプリをユーザー向けに再パッケージする場合のみ、この方法を使用することをお勧めします。

バージョン2.1より前は、ストア/ビーコンに関連する構成はGoogle管理ポリシーを使ってプッシュできました。ポリシーについて詳しくは、Knowledge CenterのCTX141844CTX229141を参照してください。

Chrome向けCitrix Workspaceアプリバージョン2.1では、他のChrome構成もGoogle管理ポリシーを使ってプッシュできます。

詳しくは、以下のサンプルポリシーテキストを参照してください:

    {
        "settings": {
          "Value": {
         "settings_version": "1.0",
          "store_settings": {
            "name": "RTST",
            "gateways": [
             {
             "url":“https://yourcompany.gateway.com",
             "is_default": true
               }
               ],
               "beacons": {
              "internal": [
              {
            "url": “http://yourcompany.internalwebsite.net"
              }
              ],
              "external": [
             {
             "url": “http://www.yourcompany.externalwebsite.com"
              }
              ]
              },
             "rf_web": {
             "url": “http://yourcompany.storefrontstoreweb.net”
              }
              },
              "engine_settings":{
              "ui":{
              "sessionsize": {
              "windowstate": "fullscreen",
              "available" : {
               "default" : "Fit_To_Window",
             "values" : ["Fit_To_Window", "Use_Device_Pixel_Ratio","1280x800","1440x900","1600x1200"]
                }
                },
               "toolbar": {
               "menubar":true,
               "usb": true,
               "fileTransfer":true,
               "about":true,
                "lock":true,
                "disconnect":true,
                "logoff":true,
                "fullscreen":true,
                "multitouch":true,
                "preferences":true,
                "gestureGuide":true
                }
                }, “features”:{
                “com”:{
                “portname” :”COM5”
                 },
                 "graphics" : {
                "features" : {
                "graphics" : {
                 "jpegSupport" : true,
                 "h264Support" : {
                 "enabled" : true,
                 "losslessOverlays" : true,
                 "dirtyRegions" : true,
                 "yuv444Support" : false
                  }
                  },
                  "filetransfer" : {
                  "allowupload" : true,
                  "allowdownload" : true,
                  "maxuploadsize"               : 2147483647,
                  "maxdownloadsize" : 2147483647
                   }
                   },
                   "nacl" : {
                   "supportNacl" : true,
                   "graphics": {
                   "enable": true
                   },
                   "video": {
                   "enable": true
                    },
                    "audio": {
                   "enable": true
                    }
                    }
                    }
                    }
                    }  }

Web.configファイルの使用

注:

Chrome向けCitrix Workspaceアプリのストアバージョンを使用している場合、web.configファイルの方法は構成目的でのみ使用することをお勧めします。

Web.configファイルを使用して構成を変更するには:

  1. Citrix Workspace for Webサイトのweb.configファイルを開きます。このファイルは通常、C:\inetpub\wwwroot\Citrix\storenameWebにあります。ここでstorenameは、ストアが作成されたときに特定した名前です。
  2. chromeAppPreferencesフィールドを見つけて、構成の値をJSON文字列として設定します。

次に例を示します:

chromeAppPreferences = ‘{“ui”: {“toolbar”: {“menubar”: false}}}’

default.icaファイルの使用

注:

default.icaファイルの方法は、Web Interfaceユーザー向けに構成する場合のみ使用することをお勧めします。

Chrome向けCitrix Workspaceアプリでは、初期プログラム値なしでカスタムICAファイルを使用できます。

default.icaファイルを使用して構成を変更するには:

  1. default.icaファイルを開きます。Web Interfaceユーザーの場合、このファイルは通常、C:\inetpub\wwwroot\Citrix\site name\conf\default.icaディレクトリにあります。ここで、sitenameはストアの作成時に指定した名前です。 StoreFrontユーザーの場合、default.icaファイルは通常、C:\inetpub\wwwroot\Citrix\Storename\App_Data\default.icaにあります。ここで、storenameはストアの作成時に指定した名前です。
  2. ファイルの末尾に新しいキーchromeAppPreferencesを追加して、構成の値をJSONオブジェクトとして設定します。

次に例を示します:

chromeAppPreferences={“ui”:{“toolbar”: {“menubar”: false}}}

サンプルdefault.icaファイルは、次のようになります:

``` ;

; ICA上書きファイル

;

; クライアントデバイスに送信されるICAファイル設定を

; このファイルに追加します。このファイルに含まれる設定は

; デリバリーサービスで生成される設定を上書きします。

;


[WFClient]

Version=2

RemoveICAFile=yes

ProxyTimeout=30000

ProxyFavorIEConnectionSetting=Yes

ProxyUseFQDN=Off


[ApplicationServers]

Application=


[Application]

TransportDriver=TCP/IP

DoNotUseDefaultCSL=On

BrowserProtocol=HTTPonTCP

LocHttpBrowserAddress=!

WinStationDriver=ICA 3.0

ProxyTimeout=30000

AutologonAllowed=ON

;EncryptionLevelSession=RC5 (128 bit)


[EncRC5-0]

DriverNameWin16=pdc0w.dll

DriverNameWin32=pdc0n.dll


[EncRC5-40]

DriverNameWin16=pdc40w.dll

DriverNameWin32=pdc40n.dll


[EncRC5-56]

DriverNameWin16=pdc56w.dll

DriverNameWin32=pdc56n.dll


[EncRC5-128]

DriverNameWin16=pdc128w.dll

DriverNameWin32=pdc128n.dll


[Compress]

DriverNameWin16=pdcompw.dll

DriverNameWin32=pdcompn.dll

chromeAppPreferences={"ui" : {"toolbar" : { "menubar" : false}}}
```

configuration.jsファイルを使用する

configuration.jsファイルは、ChromeAppルートフォルダーにあります。Chrome向けCitrix Workspaceアプリに変更を加える場合は、直接このファイルにアクセスします。

注:

  • configuration.jsファイルに変更を加える前に、バックアップを作成することをお勧めします。
  • configuration.jsファイルを編集するには、管理者レベルの資格情報が必要です。ファイルを編集した後、ツールバー要素の追加変更を行うには、アプリを再パッケージしてください。
  • キオスクモードでは、ツールバーはデフォルトで非表示になっています。configuration.jsファイルを編集してツールバーを有効にする場合、キオスクモードを無効にしてください。ツールバーを有効にするそのほかの方法(default.icaファイルなど)を使用することをお勧めします。