システム要件

ユーザーデバイスの要件

すべてのデバイスは、オペレーティングシステムのハードウェア要件を満たしている必要があります。

Chrome向けCitrix Workspaceアプリを使ってデスクトップやアプリにアクセスするには、Google Chromeオペレーティングシステム(Version 50以降)を実行するユーザーデバイスが必要です。Google Chromeの安定したチャネルからのリリースとともにChrome向けCitrix Workspaceアプリを使用することをお勧めします。Chrome向けCitrix WorkspaceアプリはChrome OS上でのみサポートされます。

サポートされるサーバープラットフォーム

Chrome向けCitrix WorkspaceアプリはStoreFrontの次のバージョンを介したデスクトップおよびアプリケーションへのアクセスをサポートします。ストアには、Citrix Workspace for Webサイトを介してアクセスする必要があります。Chrome向けCitrix Workspaceアプリは、ストアURLまたはXenApp Services URLのいずれかを使ったStoreFrontストアへの直接アクセスはサポートしません。

  • StoreFront 2.5以降
  • Web Interface 5.4

次の製品バージョンにより配信されるデスクトップやアプリケーションへChrome向けCitrix Workspaceアプリを使ってアクセスできます:

  • XenAppおよびXenDesktop 7.6以降
  • XenApp 6.5

ユーザー接続の保護

実稼働環境では、Citrix Workspace for Webサイトとユーザーのデバイス間の通信をCitrix GatewayおよびHTTPSで保護することをお勧めします。Chrome向けCitrix Workspaceアプリが展開される環境においては、キーサイズが1024ビット以上のSSL証明書を使用することをお勧めします。Chrome向けCitrix Workspaceアプリを次のバージョンのCitrix Gatewayと組み合わせると、ユーザーはパブリックネットワークからデスクトップおよびアプリケーションにアクセスできます。

  • NetScaler Gateway 10.5以降

Chrome向けCitrix Workspaceアプリは、HDX Insight分析を使ってCloudBridge Insight Centerで表示するのに加えて、圧縮およびプリンター圧縮を無効にするCloudBridgeをサポートするようになりました。

  • CloudBridge 7.4以降

SSLを有効にしたVDAおよびChrome向けCitrix Workspaceアプリへの接続に問題がある場合、「VDA上のTLS設定」で指定された暗号の組み合わせを構成します。

SecureICA

Chrome向けCitrix Workspaceアプリは、バージョン2.1よりRC5(128ビット)暗号化をサポートするようになりました。

基本の暗号化以外の暗号化形式が設定されると、Chrome向けCitrix WorkspaceアプリはRC5(128ビット)にアップグレードします。

ヒント: エンドツーエンドのSSL暗号化のために、SSLを有効にしたVDAを使用することをお勧めします。