トラブルシューティング

ログを収集する方法

ログ

Chrome OS向けCitrix Workspaceアプリは、ユーザーデバイスが生成したログにタイムスタンプを付けます。

エンドユーザーが接続の問題のトラブルーシューティングに役立てるため、ユーザーデバイスとデスクトップやアプリケーションを提供するマシンの両方でログを生成できます。

ユーザーデバイスでログ機能を有効にするには

  1. ユーザーデバイスで、Citrix Workspaceアプリを起動し、ログインページに移動します。
  2. 右下隅にある設定の画像ボタンを選択します。
  3. [設定] ダイアログボックスで [ログの開始] を選択します。

    [設定] ダイアログボックスに、収集されたログファイルの詳細が一覧で表示されます。

  4. [ログの停止] を選択してユーザーデバイス上でのログの収集を終了します。

クライアントログ

  1. Citrix Workspaceアプリのサインイン画面の 右下にある設定ボタンをクリックします。 設定
  2. [アカウント] の下の [ログの開始] ボタンをクリックして、ログの収集を有効にします。 アカウント
  3. [ログの開始] ボタンが [ログの停止] に変わります。この変更は、ログの収集が有効になっていることを示します。 [ログの停止] [アカウント] ダイアログボックスを閉じます。
  4. Citrix Workspaceアプリ仮想デスクトップにログインして仮想アプリセッションを起動し、問題を再現してログを収集します。 Citrix wa 問題を再現するために、セッションで作業を続けます。
  5. 問題が再現されたら、セッションを閉じます。
  6. 設定ボタンをもう一度クリックして、[アカウント] ダイアログボックスを開きます。
  7. [アカウント] ダイアログボックスには、キャプチャされたログファイルの一覧が表示されます。 ログファイル
  8. ログファイルの上にマウスを移動すると、右側に小さな矢印が表示されます。 矢印
  9. 矢印ボタンをクリックして、ログファイルをダウンロードして保存します。
  10. [ログファイル] の下に一覧表示されているすべてのログファイルを保存し、管理者またはCitrixサポートエンジニアと共有し ます。
  11. [ログの停止] をクリックします。

注:

キオスクモードの場合、ファイルはUSBリムーバブルデバイスに保存できます。

コンソールログ

  1. Citrix WorkspaceアプリのGoogle Chromeブラウザーでchrome://inspect/#appsページを開きます。
  2. [Apps] タブで、Citrix Workspace関連のすべてのウィンドウ(SessionWindow.html、Main.html、およびその子ノード)で [inspect] をクリックします。 Chromeのinspect [Inspect]
  3. 開かれた開発者ツールウィンドウごとに、[Console] をクリックします。次に、右クリックして [Save as] オプションを選択し、ログ全体を保存します。 Console

USBリダイレクトログ

  1. Chrome OSの場合は「web.configファイルの使用」の手順に従い、次の方法でUSBのmoreLogsを有効にします: StoreFrontのweb.configファイルでchromeAppPreferencesにmoreLogs構成値を追加します: chromeAppPreferences ='{"moreLogs":{"usb":true}}'
  2. 次に、Google Chromeブラウザーで新しいタブを開き、chrome://device-logを入力して ログを共有します。 デバイスログ

ファイル転送ログ

ファイル転送ログは、クライアントおよびサーバーの両方から取得できます。

クライアントからファイル転送ログを取得するには:

  1. ブラウザーを起動します。
  2. 次のURLでログ取得を開始します。 <storefronturl>/clients/html5client/src/viewlog.html ここで、<storefronturl>は、ストアが構成されたStoreFrontサーバーFQDNまたはIPアドレスです。

詳しくは、HTML5およびChromeファイル転送に関するブログを参照してください。

Microsoft Teamsの最適化ログ

Microsoft Teamsの最適化は、最新のshimライブラリバージョン1.8.0.12をサポートします。

使用している現在のshimバージョンを確認するには:

  1. Microsoft Teamsアプリケーションを起動し、ユーザーの1人との通話を開始します。
  2. 通話が確立されたら、Microsoft Teamsウィンドウを最大化します。
  3. セッション内のスクリーンキーボードを開き、Ctrl + Alt + Shift + 1キーをクリックします。 これで、ダウンロードフォルダーにあるログファイルを表示できます。
  4. MSTeams_Diagnostics Log <日付><時間>.txtファイルを開いて、 type_script でshimバージョンを検索します。 shimバージョンが1.8.0.12かを確認します。
  5. (オプション)shimのバージョンが1.8.0.12でない場合は、管理者に連絡して最新バージョンにアップグレードしてください。

キオスクモードのクライアントログ

キオスクモードでログを収集するには:

  1. リムーバブルUSBデバイスをChromebookに接続します。
  2. ログファイルをダウンロードします。
  3. 接続されているUSBデバイスにログファイルを保存します。 ログファイルがUSBデバイスに転送されます。
トラブルシューティング