Citrix Analytics for Performanceを使用したオンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktopsサイトの構成

オンプレミスのCitrix Virtual Apps and DesktopsサイトからCitrix Cloud上のCitrix Analytics for Performance にパフォーマンスデータを送信して、高度なパフォーマンス分析機能を活用できます。Performance Analyticsを表示および使用するには、最初に、オンプレミス監視ツール Citrix DirectorからCitrix Analytics for Performanceを使用してオンプレミスサイトを構成する必要があります。

オンボーディング

パフォーマンス分析は安全な方法でデータにアクセスし、Citrix Cloudからオンプレミス環境にデータが転送されることはありません。

前提条件

DirectorからCitrix Analytics for Performance を構成するには、新しいコンポーネントをインストールする必要はありません。次の要件が満たされていることを確認します:

  • Delivery ControllerとDirectorのバージョンは1909以降を使用しています。詳しくは、「機能の互換性マトリックス」を参照してください。

  • この構成を実行するための [Analytics] タブには、すべての管理権限を実行できる管理者のみがアクセスできます。

  • パフォーマンス分析でパフォーマンスメトリックにアクセスする場合、アウトバウンドインターネットアクセスは、すべてのDelivery Controller、およびDirectorがインストールされているマシンで利用できます。具体的には、次のURLにアクセスできるようにしてください。

    • Citrixキーの登録:https://*.citrixnetworkapi.net/
    • Citrix Cloud:https://*.citrixworkspacesapi.net/
    • Citrix Analytics:https://*.cloud.com/
    • Microsoft Azure:https://*.windows.net/

Delivery ControllerとDirectorマシンがイントラネット内にあり、送信用のインターネットアクセスがプロキシサーバーを経由している場合、以下を確認してください:

  • プロキシサーバーは、前述のURL一覧を許可する必要があります。

  • Directorのweb.configファイルとcitrix.monitor.exe.configファイルに次の構成を追加します:

    <system.net>
    <defaultProxy>
    <proxy  usesystemdefault = "false"  proxyaddress = "http://<your_proxyserver_address>:80" bypassonlocal = "true"  />
    </defaultProxy>
    </system.net>
    
    • Director web.configは、directorがインストールされているマシンの C:\inetpub\wwwroot\Director\web.config にあります。
    • citrix.monitor.exe.configは、Delivery ControllerがインストールされているマシンのC:\Program Files\Citrix\Monitor\Service\Citrix.Monitor.exe.Configにあります。

    この設定はMicrosoftによってIISで提供されます。詳しくは、「https://docs.microsoft.com/en-us/dotnet/framework/network-programming/proxy-configuration」を参照してください。

    構成ファイルの defaultproxy フィールドは、DirectorおよびMonitorServiceのアウトバウンドアクセスを制御します。Performance Analyticsの構成および通信で、defaultproxyフィールドをtrueに設定する必要があります。適用されるポリシーでこのフィールドをfalseに設定することもできます。この場合、フィールドを手動でtrueに設定する必要があります。変更を加える前に、構成ファイルのバックアップを取ってください。変更を有効にするには、Delivery ControllerのMonitoring Serviceを再起動します。

  • Citrix Analytics for Performanceを使用するアクティブなCitrix Cloud使用権があります。

  • Citrix Cloudアカウントは、製品登録操作の権限を持つ管理者アカウントです。管理者権限について詳しくは、「管理者権限の変更」を参照してください。

構成の手順

前提条件を確認したら、次の操作を行います:

  1. すべての管理権限を実行できる管理者としてDirectorにログオンし、パフォーマンス分析で構成するサイトを選択します。

  2. [Analytics] タブをクリックします。[構成] ページが表示されます。

    [Analytics]タブ

  3. 手順を確認し、サービス利用規約を選択し、[導入] をクリックします。

    導入

  4. 前提条件を確認し、それらが満たされていることを確認します。サイトの詳細を確認します。

  5. [サイトを接続する] をクリックして、構成プロセスを開始します。

    サイトを接続する

  6. 本サイトをCitrix Cloudに登録するために使用する一意の8桁の登録コードが生成されます。

    登録コード

  7. [コードのコピー] をクリックしてコードをコピーし、[Citrix Cloudに登録] をクリックします。

  8. Citrix Cloudの登録URLにリダイレクトされます。Citrix Cloudの資格情報でログインし、顧客を選択します。

  9. コピーした登録コードをCitrix Cloudの[製品の登録]ページに貼り付けます。[続行] をクリックして登録します。登録の詳細を確認してから、[登録] をクリックします。

    Citrix Cloudに登録

  10. オンプレミスサイトがCitrix Cloudに登録されます。次に、Directorから [Analytics] タブで [Analyticsに移動] をクリックします。

    Analyticsに移動

  11. Citrix Analytics for Performanceは、ブラウザーの新しいタブで開きます。 パフォーマンス分析ダッシュボード

    Citrix Cloudセッションの有効期限が切れている場合、Citrix.comまたはMy Citrixアカウントのログオンページにリダイレクトされることがあります。

  12. 複数のサイトをPerformance Analyticsに登録するには、Directorのサイトごとに前述の構成手順を繰り返します。すべての構成済みサイトのメトリックは、パフォーマンス分析ダッシュボードに表示されます。

    サイトごとに複数のDirectorインスタンスが実行されている場合は、任意のDirectorインスタンスから構成します。サイトに接続されている他のすべてのDirectorインスタンスは、構成プロセス後の次回の更新時に更新されます。

  13. Citrix Cloudからサイトを切断するには、[サイトを切断する] をクリックします。このオプションは、既存の構成を削除します。

    メモ:

    サイトを初めて構成するときに、サイトからのイベントの処理に多少の時間(約1時間)がかかる場合があります。このため、Performance Analyticsダッシュボードでのメトリックの表示に遅延が生じます。その後、イベントは定期的に更新されます。

    切断すると、新しいアカウントからのイベントが転送されるまで、古いアカウントからのデータ送信がしばらく継続されます。データ送信が停止してから約1時間、古いアカウントに関連する分析が パフォーマンス分析ダッシュボードに表示されたままになります。

    Citrix Analyticsサービスの使用権限の有効期限が切れると、パフォーマンス分析へのサイトメトリックの送信を停止するまでに1日ほどかかります。

Citrix Analytics for Performanceを使用したオンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktopsサイトの構成