Citrix Virtual Apps and Desktops

既知の問題

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2109リリースでは、次の問題が確認されています。個別に文書化されているコンポーネントおよび機能には、それぞれ既知の問題に関する記事があります。

レジストリエントリの変更を伴う回避策については、次の点に注意してください:

警告:

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、シトリックスでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

一般

  • Citrix WorkspaceアプリをVDAにインストールしてVDAをアップグレードすると、クライアントWebカメラが仮想セッションで実行されている32ビットアプリケーションを適切にリダイレクトしない場合があります。この問題の回避方法については、CTX291350を参照してください。[CVADHELP-16854]

  • アプリバーを起動してから、Windows向けCitrix Workspaceアプリでコネクションセンターメニューを開くと、アプリバーがホストサーバーの下に表示されません。[HDX-27504]

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリを使用していて、アプリバーを縦向きで起動すると、バーが[スタート]メニューまたはシステムクロックトレイに重なって表示されます。[HDX-27505]

  • Chrome WebブラウザーでWebブラウザーのコンテンツのリダイレクトが有効になっている場合、新しいタブを開くリンクをクリックしてもタブが開かないことがあります。この問題を回避するには、Pop-ups blockedメッセージでAlways allow pop-ups and redirectsを選択します。[HDX-23950]

  • Skype for Business Webアプリケーションプラグインをインストールすると、Webカメラが列挙されないことや、Firefox上の会議ページが自動的に更新されないことがあります。[HDX-13288]

  • StoreFrontからアプリケーションを起動したとき、アプリケーションがフォアグラウンドで起動されないか、フォアグラウンドではあるがフォーカスを持たないことがあります。この問題を回避するには、タスクバーのアイコンをクリックしてアプリケーションを前面に移動させるか、アプリケーション画面でフォーカスに移動させます。[HDX-10126]

  • Windows 10 1809 LTSCを使用している場合、VCLibs依存関係のインストールに失敗します。[HDX-16754]

  • ユーザーが既にホストでフォーカスされているコンボボックスを選択すると、コンボボックスが正しく表示されない場合があります。この問題を回避するには、別のUI要素を選択してからコンボボックスを選択します。[HDX-21671]

  • ローカルアプリアクセスを有効にしました。Windows 2012 R2 VDAセッションを開始し、セッションを切断して再接続し、ローカルアプリケーションを開始して最大化すると、VDAタスクバーがアプリケーションを省略することがあります。[HDX-21913]

  • Microsoft Office 365ビルド16.0.7967以降のアプリケーションがWindows Server 2019ホストからアプリケーションとして公開されると、Officeライセンスのアクティブ化に失敗します。Citrixは、Microsoftと協力して、このMicrosoftの制限に対処しています。サポートされている回避策は、Windows Server 2016 VDAをインストールすることです。これには、誤動作の原因であるWeb Authentication Managerコンポーネントが含まれていません。[LCM-7637]

  • Windows Defenderを使用すると、C:\Program Files\Citrixにある情報をCitrix Scoutが収集する際に、通常よりも時間がかかる場合があります。

この問題を回避するには、以下の手順を実行します:

  1. [スタート] > [設定] > [更新とセキュリティ] > [Windowsセキュリティ] > [ウイルスと脅威の防止] の順に移動します
  2. [ウイルスと脅威の防止] 設定で、[設定の管理] をクリックします。
  3. [除外] で、[除外の追加または削除] をクリックします。
  4. C:\Program Files\Citrix\Telemetry Service\ScoutUI.exeまたはC:\Program Files\Citrix\を除外として追加します。[XAXDTELE-3248]

Director

  • Microsoft Edge 44およびFirefox 68 ESRのWebブラウザーで[Citrix Director]>[マシン詳細]の [コンソール] リンクをクリックしても、マシンコンソールが起動しません。[DIR-8160]

  • Director 7 1903以降にアップグレードし、Webブラウザーのキャッシュをクリアしなかった場合( [キャッシュを無効にする] チェックボックスをオンにしなかった場合)、以前に作成したカスタムレポートは失われます。また、Directorの [カスタムレポート] タブに「Unexpected Server error」と表示されます。過去のバージョンと最新のバージョンとでDirectorのUIデザインが異なる場合に、この問題が発生することがあります。古いカスタムレポートを表示して新しいカスタムレポートを作成するには、キャッシュを無効にしてハードリフレッシュを実行します。[DIR-7634]

グラフィック

  • [ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する] ポリシーを [禁止] に設定すると、ESXiおよびHyper-Vで機能しません。[HDX-22002]

  • Theora圧縮形式で64ビットWebカメラを使用してビデオプレビューを起動すると、セッションがクラッシュすることがあります。[HDX-21443]

  • SkypeユニバーサルWindowsアプリ(UWA)が黒い背景で起動します。この背景がクライアントの画面全体を占めることがあります。[HDX-22088]

  • DPIがクライアント上で変更され、セッションが再接続されたときに、Windows Server 2016または2019で実行されているセッションでDPIが一致しないことがあります。この問題を解決するには、DPIに応じてセッションウィンドウのサイズを変更します。[HDX-17313]

  • 別のアプリケーションにフォーカスがあるときに、アプリケーションがバックグラウンドで起動することがあります。その結果、ローカルウィンドウの順序が変更されます。[HDX-21569]

  • XenDesktopセッションを切断した後、XenCenterコンソールに空白の画面が表示されることがあります。この問題を回避するには、XenCenterコンソールにCTLR+ALT+DELを送信して、コンソール画面を表示します。[HDX-17261]

印刷

  • 仮想デスクトップで選択されたユニバーサルプリントサーバープリンターがコントロールパネルの [デバイスとプリンター] ウィンドウに表示されません。この問題が発生しても、アプリケーションからこのプリンターを使って正しく印刷できます。この問題は、Windows Server 2012、Windows 10、およびWindows 8プラットフォームでのみ発生します。詳しくは、CTX213540を参照してください。[HDX-5043、335153]

  • 印刷ダイアログウィンドウで、通常使うプリンターが正しくマークされていないことがあります。この問題は、通常使うプリンターに送信される印刷ジョブには影響しません。[HDX-12755]

サードパーティの問題

  • Chromeは、Webページ関連のツールバー、タブ、メニュー、ボタンに対してのみUIオートメーションをサポートします。Chromeのこの問題によって、タッチデバイスのChromeブラウザーでは自動キーボード表示機能が動作しない場合があります。この問題を回避するには、chrome --force-renderer-accessibilityを実行するか新しいブラウザータブを開いてchrome://accessibilityを入力し、特定のページまたは全ページでネイティブのAccessibility APIを有効にします。さらに、シームレスアプリの公開時に、Chromeで--force-renderer-accessibilityスイッチを公開できます。[HDX -20858]

  • Webブラウザーコンテンツのリダイレクトでは、YouTube HTML5ビデオプレーヤーを使用してYouTube動画を開始すると、全画面モードが動作しないことがあります。ビデオの右下隅にあるアイコンをクリックすると、ビデオのサイズが変更されず、黒い背景がページの全領域に残されます。回避策として、全画面ボタンをクリックし、シアターモードを選択します。[HDX-11294]

  • ファイルエクスプローラー(explorer.exe)がWindows Server 2019でアプリケーションとして公開されている場合、フォルダーの作成、名前変更、または削除のあと、表示が正しく更新されません。回避策として、次のレジストリキーを作成します。[CTX263595]

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\EXPLORER.EXE

    DWORD: DontUseDesktopChangeRouter

    値:1

既知の問題