Citrix Virtual Apps and Desktops

既知の問題

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2203リリースでは、次の問題が確認されています。個別に文書化されているコンポーネントおよび機能には、それぞれ既知の問題に関する記事があります。

レジストリエントリの変更を伴う回避策については、次の点に注意してください:

警告:

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、シトリックスでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

一般

  • 1000を超えるアプリケーションウィンドウが開いている場合、アプリケーション共有の列挙は失敗し、共有トレイにアプリケーションが一覧表示されません。[HDX-36930]

  • アプリバーを起動してから、Windows向けCitrix Workspaceアプリでコネクションセンターメニューを開くと、アプリバーがホストサーバーの下に表示されません。[HDX-27504]

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリを使用していて、アプリバーを縦向きで起動すると、バーが[スタート]メニューまたはシステムクロックトレイに重なって表示されます。[HDX-27505]

  • Skype for Business Webアプリケーションプラグインをインストールすると、Webカメラが列挙されないことや、Firefox上の会議ページが自動的に更新されないことがあります。[HDX-13288]

  • StoreFrontからアプリケーションを起動したとき、アプリケーションがフォアグラウンドで起動されないか、フォアグラウンドではあるがフォーカスを持たないことがあります。この問題を回避するには、タスクバーのアイコンをクリックしてアプリケーションを前面に移動させるか、アプリケーション画面でフォーカスに移動させます。[HDX-10126]

  • Windows 10 1809 LTSCを使用している場合、VCLibs依存関係のインストールに失敗します。[HDX-16754]

  • ユーザーが既にホストでフォーカスされているコンボボックスを選択すると、コンボボックスが正しく表示されない場合があります。この問題を回避するには、別のUI要素を選択してからコンボボックスを選択します。[HDX-21671]

  • ローカルアプリアクセスを有効にしました。Windows 2012 R2 VDAセッションを開始し、セッションを切断して再接続し、ローカルアプリケーションを開始して最大化すると、VDAタスクバーがアプリケーションを省略することがあります。[HDX-21913]

  • Citrix Hypervisorは、MCSフルクローン仮想マシンでのGFS2ストレージリポジトリの使用をサポートしていません。[XSI-832]

  • Citrix Hypervisor 8.2でホストされているVMを使用したCitrix Virtual Apps and Desktopsの展開で、単一のMCSカタログで複数のGFS2 SRを使用する場合、カタログ内のVMは展開中にVDIにアクセスできません。「VDIは現在使用中です」というエラーが報告されます。[XSI-802]

  • Microsoft Office 365ビルド16.0.7967以降のアプリケーションがWindows Server 2019ホストからアプリケーションとして公開されると、Officeライセンスのアクティブ化に失敗します。Citrixは、Microsoftと協力して、このMicrosoftの制限に対処しています。サポートされている回避策は、Windows Server 2016 VDAをインストールすることです。これには、誤動作の原因であるWeb Authentication Managerコンポーネントが含まれていません。[LCM-7637]

Studio

  • サイトの作成中に、ハイブリッド権利ライセンスを有効にするライセンスを追加した後、サイトの作成が完了するまで、パブリッククラウドホスト(Microsoft Azure、Google Cloud Platform、Amazon Web Servicesなど)は接続の種類のリストに表示されません。[STUD-17441]

Director

  • Microsoft Edge 44およびFirefox 68 ESRのWebブラウザーで[Citrix Director]>[マシン詳細]の [コンソール] リンクをクリックしても、マシンコンソールが起動しません。[DIR-8160]

グラフィック

  • 最小化されたアプリを共有する場合、アプリのタイトルバーも共有されることがあります。[HDX-33898]

  • [ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する] ポリシーを [禁止] に設定すると、ESXiおよびHyper-Vで機能しません。[HDX-22002]

  • Theora圧縮形式で64ビットWebカメラを使用してビデオプレビューを起動すると、セッションがクラッシュすることがあります。[HDX-21443]

印刷

  • 仮想デスクトップで選択されたユニバーサルプリントサーバープリンターがコントロールパネルの [デバイスとプリンター] ウィンドウに表示されません。この問題が発生しても、アプリケーションからこのプリンターを使って正しく印刷できます。この問題は、Windows Server 2012、Windows 10、およびWindows 8プラットフォームでのみ発生します。詳しくは、CTX213540を参照してください。[HDX-5043, 335153]

  • 印刷ダイアログウィンドウで、通常使うプリンターが正しくマークされていないことがあります。この問題は、通常使うプリンターに送信される印刷ジョブには影響しません。[HDX-12755]

サードパーティの問題

  • Chromeは、Webページ関連のツールバー、タブ、メニュー、ボタンに対してのみUIオートメーションをサポートします。Chromeのこの問題によって、タッチデバイスのChromeブラウザーでは自動キーボード表示機能が動作しない場合があります。この問題を回避するには、chrome --force-renderer-accessibilityを実行するか新しいブラウザータブを開いてchrome://accessibilityを入力し、特定のページまたは全ページでネイティブのAccessibility APIを有効にします。さらに、シームレスアプリの公開時に、Chromeで--force-renderer-accessibilityスイッチを公開できます。[HDX-20858]

  • ブラウザのコンテンツリダイレクトで、YouTube HTML5ビデオプレーヤーを使用してYouTubeビデオを開始した後、フルスクリーンモードが機能しない場合があります。ビデオの右下隅にあるアイコンをクリックすると、ビデオのサイズが変更されず、黒い背景がページの全領域に残されます。回避策として、全画面ボタンをクリックし、シアターモードを選択します。[HDX-11294]

既知の問題