Webストリーミングサービスバージョン2.0への切り替え

Session Recording 2103以降を新規インストールすると、Playerにアクセスしたとき、IISでホストされているWebストリーミングサービスにWebブラウザーが接続されます。HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\SmartAuditor\ServerWebSocketServerVersionで示されているように、IISでホストされているWebストリーミングサービスのバージョンは2.0です。

Webストリーミングサービスバージョン

以前のバージョンからSession Recording 2103以降にアップグレードインストールすると、WebブラウザーがPythonベースのWebストリーミングサービス(バージョン1.0)に接続されます。IISでホストされているWebストリーミングサービスに接続するには、<Session Recording Server installation path>\Bin\SsRecUtils.exe ‑enablestreamingserviceコマンドを実行します。

Webストリーミングサービスバージョン2.0への切り替え

この記事の概要