録画へのアクセス制限の設定

概要

Session Recordingサービス内から選択した録画へのアクセスを制限できます。再生権限に加えて、この機能でより詳細なアクセス制御ができます。

次のアクセス権限のいずれかが割り当てられたCitrix Cloud管理者は、録画にアクセス制限を設定できます:

  • フルアクセス
  • [Cloud Administrator, All] の役割
  • [Session Recording-FullAdmin, All] の役割
  • [Session Recording-PrivilegedPlayerAdmin, All] の役割
  • [Session Recording-ReadOnlyAdmin, All] の役割

制限付き録画には、Session Recordingの読み取り専用管理者([Session Recording-ReadOnlyAdmin, All] の役割のみが割り当てられたCitrix Cloud管理者)はアクセスできません。Session Recordingの読み取り専用管理者には、[制限] ページにアクセスしたり、ページのアクセス制限を解除したりする権限がありません。

注:

  • この機能には、Session Recordingサーバー2209以降が必要です。
  • ライブ録画へのアクセス制限はサポートされていません。

録画へのアクセス制限の設定および削除

  1. Session Recordingサービスの左側ナビゲーションで、[録画]>[すべての録画] を選択します。
  2. Session Recordingサーバー2209以降で構成されるサイトを選択します。

    サイトの選択

  3. [すべての録画] ページで、1つまたは複数の録画を選択します。

    注:

    一度に選択する録画は、40個を超えないようにすることをお勧めします。そうしないと、アクセス制限に失敗する場合があります。

  4. [アクセス制限を設定する] をクリックします。

    アクセス制限の設定

  5. プロンプトを読み、[確認] をクリックします。

    確認

  6. アクセス制限を設定した選択した録画が、[すべての録画] ページから [制限] ページに移動したことを確認します。

  7. [制限] ページで、必要に応じてアクセス制限を解除します。アクセス制限が解除されると、録画は [すべての録画] ページに戻ります。

    アクセス制限の解除

録画へのアクセス制限の設定