パフォーマンスデータポイントの表示

再生中に、[統計を表示] コントロールをクリックすることで、録画されたセッションに関連する次のデータポイントをオーバーレイで表示できます:

  • 往復時間
  • ネットワーク(送信)
  • ネットワーク(受信)
  • CPU使用率
  • メモリ使用率

セッションデータオーバーレイ

注:

  • Session Recordingは、15秒ごとに往復時間を収集し、残りのデータポイントを1秒ごとに収集します。
  • 理論的には、Session Recordingは5秒ごとに往復時間のデータを更新します。ただし、往復時間データは、収集サイクルのため、実際には15秒ごとに更新されます。
  • Session Recordingは、残りのデータポイントを5秒ごとに更新し、それらの平均値をオーバーレイに表示します。

オーバーレイは半透明です。移動したり、非表示にしたりすることができます。

  • オーバーレイを移動するには、マウスを8つのドットの上に置いてから、ドラッグアンドドロップを実行します。
  • オーバーレイを非表示にするには、[統計を非表示] をクリックします。

イベント検出ポリシーを作成するときに、[パフォーマンスデータをログに記録する] を選択すると、オーバーレイを有効にできます。詳しくは、「イベント検出ポリシーの構成」を参照してください。

パフォーマンスデータポイントの表示

この記事の概要