解決された問題

Citrix Director

  • DNS名でマシンをフィルター処理すると、Citrix Directorがマシンを表示しなかったり、重複したエントリが表示されたりすることがあります。この問題は、最初にマシンがMonitorデータベースに追加されたものの、2つの異なるDelivery Controllerから同時に追加された場合に発生します。その結果、2つのマシンエントリが作成されます。[LC4905]

  • カスタム管理者として、マシンカタログからリモートPC設定を取得できない場合、例外が発生することがあります。この問題は、マシンカタログを管理する権限があるにもかかわらず、スコープに特定のカタログが含まれていない場合に発生します。[LC8170]

  • Citrix Directorで[フィルター]>[セッション]の順に移動してWebブラウザーのサイズを変更しようとするときに、テーブル全体が正しく配置されないことがあります。[LC8624]

  • Citrix Directorからデータをエクスポートすると、CSVファイルが使用できなくなります。英語以外のバージョンのMicrosoft WindowsをDirectorの表示言語として設定すると、カンマが値の区切り文字と小数点記号の両方として使用される可能性があるため、この問題が発生することがあります。[LC8625]

  • Citrix Directorを起動すると、[インフラストラクチャ]タブに次のエラーメッセージが表示されます:

    「データを取得できません。Web サーバーとのネットワーク接続が無効になりました。ネットワーク接続を確認して再試行してください。」[LC8752]

  • 複数のCitrix Directorサイトを構成するとサイト名の一部が削除されることがありました。[LC9258]

Citrixポリシー

  • グループポリシーエディター(gpedit.msc)の2番目のインスタンスを開くと、Citrixポリシーノードが開かず、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

    「Managed Codeスナップインでの未処理の例外。」[LC7600]

  • グループポリシー管理コンソール(GPMC)を使用してCitrixポリシーを適用すると、GPMCポリシー設定でポリシーが表示されないことがあります。ただし、グループポリシーオブジェクト(GPO)の編集で、ポリシーと設定が有効であることが表示されます。[LC8282]

  • Citrixグループポリシー管理3.1を使用してActive Directoryの [ユーザーポリシー][プリンター割り当て] 設定を追加すると、ウィンドウのサイズが変更されるという問題が発生することがあります。ウィンドウを開いた後、ウィンドウのサイズが、画面の角に達するまで自動的に横方向に拡大されることがあります。その結果、すべての列にはアクセスできないため、ポリシーの編集が難しくなる場合があります。[LC8684]

  • ローカルポリシーキャッシュフォルダー(%ProgramData%/CitrixCseCache)のファイルが「読み取り専用」に設定されていると、ポリシー設定が正常に適用されないことがあります。[LC8750]

  • VDAからシングルユーザー管理モードでApp-Vアプリケーションを起動しようとすると、失敗することがあります。この問題は、ApplicationStartDetailsレジストリキーの値が空の場合、またはアプリケーションの詳細がレジストリキーに存在しない場合に発生します。[LC8798]

  • ユーザーの関連付けにNETBIOS名を使って、デリバリーグループにマシンを追加しようとすると、失敗する場合があります。代わりに、ドメイン名が表示されることがあります。この問題はNETBIOS名が間違ったURLを使った場合に発生します。[LC9393]

Citrix Studio

  • Linux VDAからアプリケーションを手動で追加しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

    「Value cannot be null while publishing the application.」

    ただし、表示されたエラーメッセージで[OK]をクリックすると、アプリケーションは正常に追加されます。[LC7910]

  • アプリケーションがCitrix StudioのApplicationノードのサブフォルダーにある場合、デリバリーグループからアプリケーションを削除しようとすると失敗することがあります。[LC8705]

  • ユーザーの関連付けにNETBIOS名を使って、デリバリーグループにマシンを追加しようとすると、失敗する場合があります。代わりに、ドメイン名が表示されることがあります。この問題はNETBIOS名が間違ったURLを使った場合に発生します。 [LC9393]

コントローラー

  • 日本語OS上にインストールされたCitrixサービスの「サービス表示名」と「サービスの説明」の末尾に、不必要な文字が表示される場合があります。[LC5208]

  • Citrix Directorからセッションのデータを取得しようとすると、nullエントリが監視データベースに表示されます。その結果、特定のデータがCitrix Directorに表示されず、次のエラーメッセージが表示されます。

    「データを取得できませんでした」[LC6273]

  • Linux VDAからアプリケーションを手動で追加しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

    「Value cannot be null while publishing the application.」

    ただし、表示されたエラーメッセージで[OK]をクリックすると、アプリケーションは正常に追加されます。 [LC7910]

  • Delivery Controllerをバージョン7.15 LTSRにアップグレードすると、マシンカタログの更新後に作成された古い基本ディスクがハイパーバイザーのイメージから削除されません。[LC8637]

  • Citrix Broker Service(Brokerservice.exe)が突然終了することがあります。この問題は、LicPolEng.dllモジュールに障害がある場合に発生します。[LC8638]

  • Machine Creation Servicesを使用して最小限必要なVMware権限で仮想マシン(VM)をプロビジョニングすると、VMの削除が失敗することがあります。このエラーは、最小限許可されているVMware権限でも発生する可能性があります。[LC8868]

  • Premium Storageを使用するマシンカタログを作成しようとすると、EシリーズまたはLシリーズタイプの仮想マシンサイズを選択するオプションが使用できない場合があります。[LC9052]

  • ゾーン基本設定が割り当てられているActive Directoryユーザーが削除されると、セカンダリブローカーへのブローカー構成のインポートが失敗することがあります。XenDesktopを最新のバージョンにアップグレード後、インポート操作が失敗することがあります。[LC9269]

  • ユーザーの関連付けにNETBIOS名を使って、デリバリーグループにマシンを追加しようとすると、失敗する場合があります。代わりに、ドメイン名が表示されることがあります。この問題はNETBIOS名が間違ったURLを使った場合に発生します。 [LC9393]

HDX MediaStream Flashリダイレクト

  • HDX MediaStream Flashリダイレクトが有効な場合、VDAセッションをQumu.comに再接続すると、FlashコンテンツがMicrosoft Internet Explorerに読み込まれないことがあります。[LC9193]

インストーラー

  • Delivery Controllerのインストールディレクトリのパスを変更しようとすると、XaXdProxy.msiで機能しないことがあります。[LC8691]

Linux VDA

  • Delivery Controllerを使用したLinux VDAの登録が断続的に失敗することがあります。[LC7982]

  • Red Hat Enterprise Linux Server 7.3で動作しているCitrix Director 7.13で、マシンのセッションの詳細が表示されないことがあります。次のエラーメッセージが表示されます:

    「データを取得できません。」[LC8204]

  • Linux VDAは、Delivery Controllerに登録してしばらくすると、登録を解除することがあります。[LC8205]

  • Linux VDAのセッション表示を確認するために使用される一部のサードパーティアプリケーションでは、すべてのピクセルが表示されないことがあります。[LC8419]

  • 複数のLDAPサーバーがある場合、ポリシーが更新されてセッションがタイムアウトした後、Linux VDAでアプリケーションを起動しようとすると失敗することがあります。[LC8444]

  • セッションがLinux VDAに接続されている場合、ctxhdxプロセスがsegfaultエラーで予期せず終了することがあります。[LC8611]

  • Linux VDA 7.16 Early Access Releaseを使用すると、ブローカーエージェントがアプリケーション名を取得できないことがあります。この問題により、Directorがエージェント要求エラーを表示し、その後再登録が開始されます。[LC9243]

Profile Management

  • Profile Managementサービスを再起動すると、Citrix Directorがユーザーのログオン情報および個人設定情報を表示しないことがあります。[LC6942]

Provisioning Services

  • フィンランドのロケールをインストールしたProvisioning Servicesサーバーを使用する場合、XenDesktopセットアップウィザードを使用して仮想マシンを作成しようとすると失敗することがあり、次のエラーメッセージが表示されます:

    「bdmCreatedフィールドが正しくフォーマットされていません。正しいフォーマットはYYYY-MM-DD HH:MMです。」[#LC7866]

  • 起動デバイスマネージャ(BDM)がDHCP Discover、Offer、Request and Acknowledge(DORA)プロセス用に構成されていると、プロセスが完了しないことがあります。この問題は、DHCPリレーが「OFFER」パケットをユニキャストパケットとして送信する時に発生します。[#LC8130]

  • ターゲットデバイスのマシンアカウントパスワードが期限切れになると、Linuxターゲットデバイスの信頼関係がActive Directoryで失われる可能性があります。[#LC8331]

  • ターゲットデバイスを正しく起動できず、このため再起動が繰り返されます。[#LC8358]

  • 以前のPVSバージョンからのアップグレード後に、デリバリーグループの一部であるターゲットデバイスの起動に失敗します。[#LC8378]

  • XenDesktopセットアップウィザードが、間違ったHyper-Vホストに接続しようとする可能性があります。この問題は、複数のクラスタが同じMicrosoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)サーバーによって管理されている場合に発生します。[#LC8415]

  • 構成ウィザードとProvisioning Servicesコンソールの操作の応答が遅くなるか、Active Directory環境でコンソールがタイムアウトする可能性があります。[#LC8692]

  • ターゲットデバイスは、Personal vDiskからの最初の読み取り操作中(シングルI/Oステージ)に、Provisioning Servicesサーバーとの通信をランダムに停止する可能性があります。[#LC8745]

  • 2つのvDisk間でvDiskプロパティをコピーして貼り付けようとすると、そのプロパティをもう一方のvDiskに貼り付けられないことがあります。[#LC8767]

  • この拡張機能は、Provisioning Services 7.17で導入された機能のバックポートです。これは顧客の要望に対応したものです。詳細については、「強化された複数層のActive Directoryグループ検索」を参照してください。[#LC9064、#LC9066]

  • Provisioning Servicesサーバーがサーバーノードで停止しているように見える場合、Stream Serviceが予期せず終了することがあります。[#LC9138]

  • ターゲットデバイスが応答しなくなることがあります。[#LC7911]

  • UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)ターゲットデバイスのCVhdMp.sysで停止コード0x0000007Eによるブルースクリーンエラーが発生することがあります。この例外は、NICチーミングで構成されたvDiskからUEFIターゲットデバイスを起動する時に発生することがあります。[#LC8548]

  • ターゲットデバイスが応答しなくなることがあります。[#LC8897]

  • Microsoft Windows 10 v1709は、プライベートモードでブルースクリーンを表示する重大な例外が発生することがあります。[#LC8979] Microsoft Windows 10 v1709 32ビットはプライベートイメージモードのvDiskからは起動できません。[#LC8980]

  • Microsoft Windows 10で実行されているターゲットデバイスが、再起動中に[デバイスの準備中]画面で応答しなくなることがあります。[#LC8844]

  • Windowsのロゴが表示される起動画面でターゲットデバイスが応答しなくなることがあります。[#LC9104]

StoreFront

  • 「デスクトップを自動的に起動する」設定を有効にすると、「複数起動を防止する」オプションが機能しないことがあります。その結果、それ以降のデスクトップの同じインスタンスを起動する要求が失敗します。[LC7430]

  • デフォルト以外のドライブにインストールされているStoreFront 2.6をアップグレードすると、ユーザーのアプリケーションサブスクリプションデータが保持されないことがあります。[LC8046]

  • StoreFront MMCコンソールを再起動すると、[デスクトップビューアーを表示する]チェックボックスの値が誤って表示されることがあります。[LC8520]

  • StoreFrontをカスタマイズするためのPNGファイル(透過性がサポートされている)で Set-STFWebReceiverSiteStyle コマンドを実行すると、PNGファイルはJPEGファイルに変換されます。このJPEGファイル形式で、透過性がサポートされないことがあります。[LC8677]

  • Set-STFWebReceiverApplicationShortcutsコマンドを実行してCitrix Receiver for Webサイトのアプリケーションショートカットに信頼されるURLを設定すると、URLの最後にスラッシュ(/)が追加されることがあります。[LC8761]

  • Set-STFWebReceiverSiteStyleコマンドを使用してStoreFrontをカスタマイズすると、style.cssがCustomフォルダーで正しく変更されないことがあります。その結果、StoreFrontコンソールはカスタマイズ内容を読み取ることができません。[LC8776]

  • StoreFrontサーバーで認証エラーが発生することがあります。この問題は、TCP動的ポートを使い果たすことによって発生します。[LC8795]

  • Set-STFWebReceiverSiteStyleコマンドを使用してStoreFrontロゴを変更しようとすると、失敗することがあります。[LC8994]

  • Citrix Receiver for Webサイトのカスタムファイルディレクトリ内に読み取り専用ファイルが存在する場合、StoreFrontをアップグレードしようとすると失敗することがあります。[LC9252]

VDA for Desktop OS

HDX 3D Pro

  • Microsoft Windows 10で実行されているVDAでHDX 3D Proとカスタム解像度を有効にすると、ログオン時に灰色の画面が断続的に表示されることがあります。[LC8417]

HDX MediaStream Flashリダイレクト

  • HDX MediaStream Flashリダイレクトが有効な場合、VDAセッションをQumu.comに再接続すると、FlashコンテンツがMicrosoft Internet Explorerに読み込まれないことがあります。 [LC9193]

HDX MediaStream Windows Mediaリダイレクト

  • HDX MediaStream Windows Mediaリダイレクトが無効な場合、Windows Media Playerで特定のビデオファイル形式を開こうとすると、再生中のビデオが垂直方向に反転することがあります。[LC9194]

HDX RealTime

  • RealTime Connectorがインストールされています。Skype for BusinessのようなリダイレクトされたWebカメラを使用するアプリケーションを使用していると、初期セッションの開始時にVDA for Desktop OS上のWebカメラがリダイレクトされて検出されることがあります。ただし、ユーザーセッションに再接続すると、Webカメラは検出されなくなります。この問題は、RealTime Media Engineがユーザーデバイスにインストールされていない場合に発生します。[LC8793]

キーボード

  • Androidデバイスでアプリケーションを起動しテキストフィールドに入力しようとすると、キーボードが自動的に表示されないことがあります。また、開始や終了は常にキーボードボタンで行う必要があります。[LC8936]

印刷

  • Microsoft Wordを使用してプリンター設定で用紙の両面に印刷しようとすると、失敗することがあります。[LC7501]

  • 公開されたMicrosoft Internet Explorerインスタンスから文書を印刷しようとすると、失敗することがあります。[LC8093]

  • 表示言語としてフランス語がVDAにインストールされている場合、文書を印刷しようとすると失敗することがあります。[LC8209]

  • ユーザーデバイスからリダイレクトされるプリンターは、セッションに再接続するとリダイレクトされないことがあります。[LC8762]

  • 最初のセッションの開始中に印刷スプーラーサービスを停止すると、Citrix Print Manager Service(cpsvc.exe)を再起動できないことがあります。[LC9192]

セッション/接続

  • マップされたクライアントドライブからファイルを読み取るとき、ファイルの長さがクライアントセッションの外部で変更されていると、古いキャッシュ済みのファイルの長さが返されることがあります。また、削除された文字の代わりにNull文字が挿入されます。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリ値を「0」に設定します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\picadm\Parameters 名前:CacheTimeout 種類:REG_DWORD 値:デフォルト値は60秒です。CacheTimeOutが「0」に設定されている場合、ファイルの長さは直ちに再ロードされます。「0」に設定されていない場合は、定義されたタイムアウトが経過した後にロードされます。[LC6314]

  • 従来のグラフィックモードを使用している場合、VDA for Desktop OSで実行されているセッションが応答しなくなることがあります。問題が発生すると、Desktop Viewerで更新操作ができなくなる場合がありますが、Desktop Viewerは応答します。また、30〜60分後には応答していなかったセッションも回復します。[LC7777]

  • 残留セッション機能を有効にしてアプリケーションを起動すると、アプリケーションが表示された後にセッションがログオフすることがあります。[LC8245]

  • VDA for Desktop OSを起動しようとすると、デスクトップが起動されてから数秒後に消えることがあります。[LC8373]

  • 以下のいずれかの場合、Windowsエクスプローラーは予期せずに閉じてしまうことがあります。

    • 名前に260文字を越える文字が含まれているファイルを大量に選択して、[送る]>[FAX受信者]オプションを選択した場合。
    • サードパーティのアプリケーションを開こうとした場合。
    • Nitro PDFを使用して、ファイルを結合しようとした場合。[LC8423]
  • [視覚効果]の下の[システムの詳細設定]の変更が、現在のVDA for Desktop OSセッションには適用されても、それ以降のセッションには保持されないことがあります。この変更を永続的にするには、以下のレジストリキーを設定します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix 名前:EnableVisualEffect 種類:DWORD 値:1 [LC8049、LC8658]

  • セッションを切断すると、次のローカルログオン時にmonitor1がプライマリモニターとして誤って表示されることがあります。この現象は、マルチモニター環境でリモートPCアクセスVDAにローカルでログオンし、monitor2をプライマリモニターとして構成してからユーザーデバイス経由で接続し、Desktop Viewerを使用してセッションを切断する時に発生することがあります。[LC8675]

  • Microsoft Windows Server 2012または2016で実行されている公開アプリケーションを開始しようとすると、ロックアウトされる可能性があります。[LC8681]

  • マルチモニター環境でアプリケーションを起動すると、両方のモニターにわたってログオンバナーが表示されることがあります。1台のモニターを使用する場合、ログオンバナーウィンドウは全画面で表示されます。[LC8741]

  • ローカルアプリケーションアクセスが有効な場合、Microsoft Windows 10で実行されている公開デスクトップでアプリケーションを開こうとすると、アプリケーションを最小化できません。[LC8813]

  • DLPソフトウェアがUNCリンクでファイルをスキャンできないことがあります。[LC8893]

  • 公開アプリケーションを起動すると、NumLockキーが機能しません。この問題は、NumLockキーのLEDがユーザーデバイス上で表示されているにもかかわらず、ユーザーセッション内で数字が機能していない場合に発生します。新しく作成されたリモートデスクトップがLED状態を初期化するよりも早くクライアントがLEDの更新を要求した場合に発生します。この場合、WinStationはLED状態を更新せず、LED状態がエンドポイントとVDA間で同期していない可能性があります。[LC8921]

  • アプリケーションやデスクトップを起動しようとしても失敗することがあります。VDA for Server OSが応答しなくなると、この問題が発生することがあります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\SmartCard 名前:EnableSCardHookVcResponseTimeout 種類:DWORD 値:1 [LC8969]

  • VM Hosted Appsを開こうとして失敗することがあります。[LC9001]

  • セッションに再接続できないことがあります。[LC9040]

  • セッションでWFAPI SDK WFQuerySessionInformationコマンドを使用して、インストールされているVDAのバージョン情報を取得するときに、コマンドが機能しないことがあります。[LC9041]

  • XenAppおよびXenDesktopをバージョン7.14から7.15にアップグレードした後、公開アプリケーションのタブを切り替えると、アプリケーションが応答しなくなる可能性があります。また、シームレスウィンドウのサイズを小さなサイズに変更してからウィンドウを広げると、ウィンドウ内のすべての要素を描画するのに時間がかかります。[LC9078]

  • 公開アプリケーションは、アプリケーションの起動直後に断続的に終了することがあります。[LC9167]

  • 初期接続とは異なる画面解像度でMillenniumスイート内のシームレスなアプリケーションに再接続すると、アプリケーションが誤ったサイズに変更されることがあります。その結果、ウィンドウが切り捨てられることがあります。[LC9214]

  • ユーザーデバイス経由でWindows 10バージョン1709の公開デスクトップに接続しようとすると、灰色の画面が表示されることがあります。ハイパーバイザーのコンソールから公開デスクトップに接続しようとすると、黒い画面に回転ホイールが表示されます。ただし、RDP経由で公開デスクトップに接続すると正常に機能します。[LC9215]

  • Citrix Receiver for Macからアプリケーションを起動できないことがあります。この問題は、クライアントライセンス(LicenseRequestClientLicense)を取得できない場合に発生します。[LC9286]

  • HDX 3D Proが有効な場合、XenDesktopを起動しようとすると断続的に失敗することがあります。この問題は、GPUに障害が発生した場合に発生します。[LC9343]

  • スムースローミングで、ユーザーセッションから管理対象外リモートデスクトップセッションにセッションが正しく表示されない可能性があります。[LC9471]

スマートカード

  • スマートカードを使用すると、特定のサードパーティアプリケーションが、PINプロンプトを表示するのでなく応答しなくなることがあります。[LC8805]

システムの例外

  • サーバーにおいて、バグチェックコード0x22の重大な例外がpicadm.sysで発生し、ブルースクリーンが表示されることがあります。[LC6177]

  • サーバーの重大な例外が発生し、picadm.sysのバグチェックコード0x00000050(PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA)によるブルースクリーンが表示されことがあります。[LC6985]

  • サーバーにおいて、バグチェックコード0x22の重大な例外がpicadm.sysで発生し、ブルースクリーンが表示されることがあります。[LC7574]

  • サーバーでvdtw30.dllの致命的な例外が発生し、停止コードSYSTEM_SERVICE_EXCEPTION(3b)によるブルースクリーンが表示されることがあります。[LC8087]

  • サーバーにおいて、バグチェックコード0x3Bの重大な例外がpdcrypt2.sysで発生し、ブルースクリーンが表示されることがあります。この問題は、VDAを起動するときに発生します。[LC8328]

  • HDX 3D ProおよびGPUハードウェアエンコーディングが有効になっている場合に、NVIDIA GPUを使用すると、Citrixソフトウェアグラフィックスプロセス(Ctxgfx.exe)が予期せず終了することがあります。この問題は、高解像度の画面を使用する場合に発生します。LC8435]

  • VDA for Server OSのpicadm.sysでブルースクリーンエラーが発生することがあります。[LC8708]

  • VDAでpicadm.sysの致命的な例外が発生し、バグチェックコード0x22によるブルースクリーンが表示されることがあります。[LC8749]

  • VDAを再起動して初めてログオンすると、予期しないアクセス違反の例外が発生することがあります。Citrixソフトウェアグラフィックプロセス(Ctxgfx.exe)が予期せず終了します。その結果、VDAに表示される画像やテキストの品質が低下する可能性があります。[LC9005]

  • 以下のいずれかの場合、Windowsエクスプローラーは予期せずに閉じてしまうことがあります。

    • 260文字を超える名前のファイルを大量に選択して、[送る]>[FAX受信者]オプションを選択した場合。
    • サードパーティのアプリケーションを開こうとした場合。
    • Nitro PDFを使用して、ファイルを結合しようとした場合。[LC9076]

ユーザーエクスペリエンス

  • クライアント上で実行されているアプリケーションからコンテンツをコピーして、ユーザーセッションでアプリケーションに貼り付けるときに、そのコンテンツが貼り付けられないことがあります。また、[貼り付け]が無効になっていることがあります。[LC8516]

  • 以前ロックされたセッションにログオンしようとすると、ログオン画面が表示されないことがあります。[LC8774]

ユーザーインターフェイス

  • デスクトップの壁紙が、「デスクトップの壁紙」ポリシーを[禁止]に設定した後にも表示されます。[LC8398]

その他

  • この修正では、Enlightened Data Transport(EDT)のパフォーマンスおよび品質のマイナーな強化に対応しています。[LC9278]

VDA for Server OS

HDX MediaStream Windows Mediaリダイレクト

  • HDX MediaStream Windows Mediaリダイレクトが無効な場合、Windows Media Playerで特定のビデオファイル形式を開こうとすると、再生中のビデオが垂直方向に反転することがあります。 [LC9194]

HDX RealTime

  • RealTime Connectorがインストールされています。Skype for BusinessのようなリダイレクトされたWebカメラを使用するアプリケーションを使用していると、初期セッションの開始時にVDA for Desktop OS上のWebカメラがリダイレクトされて検出されることがあります。ただし、ユーザーセッションに再接続すると、Webカメラは検出されなくなります。この問題は、RealTime Media Engineがユーザーデバイスにインストールされていない場合に発生します。 [LC8793]

キーボード

  • Androidデバイスでアプリケーションを起動しテキストフィールドに入力しようとすると、キーボードが自動的に表示されないことがあります。また、開始や終了は常にキーボードボタンで行う必要があります。 [LC8936]

印刷

  • Microsoft Wordを使用してプリンター設定で用紙の両面に印刷しようとすると、失敗することがあります。 [LC7501]

  • 公開されたMicrosoft Internet Explorerインスタンスから文書を印刷しようとすると、失敗することがあります。 [LC8093]

  • 表示言語としてフランス語がVDAにインストールされている場合、文書を印刷しようとすると失敗することがあります。 [LC8209]

  • 最初のセッションの開始中に印刷スプーラーサービスを停止すると、Citrix Print Manager Service(cpsvc.exe)を再起動できないことがあります。 [LC9192]

サーバー/サイトの管理

  • 複数のドメインに同じ名前のグループが2つ以上ある場合、VDAがユーザーのグループメンバーシップをチェックしたときに、Citrix Stack Control Service(SCService64.exe)が予期せず終了することがあります。この問題は、DS_DOMAIN_TRUSTSW構造体の文字列 「DnsDomainName」が空の場合に発生します。[LC8484]

セッション/接続

  • XenApp 7.6 LTSR CU2 VDA for Server OSまたは以前のバージョンを起動すると、システムイベントログで次の警告メッセージが表示されることがあります。

    「SemsServiceへの接続に失敗しました。エラー コード0x2。」[LC6311]

  • マップされたクライアントドライブからファイルを読み取るとき、ファイルの長さがクライアントセッションの外部で変更されていると、古いキャッシュ済みのファイルの長さが返されることがあります。また、削除された文字の代わりにNull文字が挿入されます。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリ値を「0」に設定します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\picadm\Parameters 名前:CacheTimeout 種類:REG_DWORD 値:デフォルト値は60秒です。CacheTimeOutが「0」に設定されている場合、ファイルの長さは直ちに再ロードされます。「0」に設定されていない場合は、定義されたタイムアウトが経過した後にロードされます。 [LC6314]

  • ラップトップを切り離した後に、セッション共有が失敗することがあります。この問題は、自動クライアント再接続中に障害通知がトリガーされているときに、VDAがDelivery Controllerに再登録すると発生します。[LC7450]

  • 従来のグラフィックモードを使用している場合、VDA for Desktop OSで実行されているセッションが応答しなくなることがあります。問題が発生すると、Desktop Viewerで更新操作ができなくなる場合がありますが、Desktop Viewerは応答します。また、30〜60分後には応答していなかったセッションも回復します。 [LC7777]

  • VDAにインストールされたApp-Vクライアントを使用して公開アプリケーションを閉じ、セッションで構成設定「EnablePubilishingRefreshUI」と [セッションの残留] が有効になっていると、iOSデバイスで黒いウィンドウが開いたままになることがあります。この問題は、セッションがアクティブな残留状態にある時に発生します。[LC8080]

  • 残留セッション機能を有効にしてアプリケーションを起動すると、アプリケーションが表示された後にセッションがログオフすることがあります。 [LC8245]

  • RPM.dllでサーバーが応答しなくなり、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

    「イベントID 1009、picadm: クライアントからの応答メッセージを待機中のタイムアウト」[LC8339]

  • 以下のいずれかの場合、Windowsエクスプローラーは予期せずに閉じてしまうことがあります。

    • 名前に260文字を越える文字が含まれているファイルを大量に選択して、[送る]>[FAX受信者]オプションを選択した場合。
    • サードパーティのアプリケーションを開こうとした場合。
    • Nitro PDFを使用して、ファイルを結合しようとした場合。 [LC8423]
  • Citrix Directorで、複数の接続障害が報告されることがあります。この問題は、アプリケーションの表示制限を制御するために割り当てられたグループの拡張が、ユーザーごとに使用されている場合に発生します。この拡張プロセスは完了までに時間がかかり、複数のドメインにまたがる多数のグループがある大規模なネットワークで発生することがあります。[LC8652]

  • COMポートは、バージョン7.15のVDAにマップできないことがあります。[LC8656]

  • Microsoft Windows Server 2012または2016で実行されている公開アプリケーションを開始しようとすると、ロックアウトされる可能性があります。 [LC8681]

  • マルチモニター環境でアプリケーションを起動すると、両方のモニターにわたってログオンバナーが表示されることがあります。1台のモニターを使用する場合、ログオンバナーウィンドウは全画面で表示されます。 [LC8741]

  • ローカルアプリアクセスが有効な場合、Microsoft Windows 10で実行されている公開デスクトップでアプリケーションを開こうとすると、アプリケーションを最小化できません。 [LC8813]

  • ユーザーデバイスをVDAに接続すると、デスクトップが表示されないことがあります。代わりに、灰色の画面がデスクトップに表示されます。[LC8821]

  • DLPソフトウェアがUNCリンクでファイルをスキャンできないことがあります。 [LC8893]

  • 公開アプリケーションを起動すると、NumLockキーが機能しません。この問題は、NumLockキーのLEDがユーザーデバイス上で表示されているにもかかわらず、ユーザーセッション内で数字が機能していない場合に発生します。新しく作成されたリモートデスクトップがLED状態を初期化するよりも早くクライアントがLEDの更新を要求した場合に発生します。この場合、WinStationはLED状態を更新せず、LED状態がエンドポイントとVDA間で同期していない可能性があります。 [LC8921]

  • アプリケーションやデスクトップを起動しようとしても失敗することがあります。VDA for Server OSが応答しなくなると、この問題が発生することがあります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\SmartCard 名前:EnableSCardHookVcResponseTimeout 種類:DWORD 値:1 [LC8969]

  • VM Hosted Appsを開こうとして失敗することがあります。 [LC9001]

  • セッションでWFAPI SDK WFQuerySessionInformationコマンドを使用して、インストールされているVDAのバージョン情報を取得するときに、コマンドが機能しないことがあります。 [LC9041]

  • XenAppおよびXenDesktopをバージョン7.14から7.15にアップグレードした後、公開アプリケーションのタブを切り替えると、アプリケーションが応答しなくなる可能性があります。また、シームレスウィンドウのサイズを小さなサイズに変更してからウィンドウを広げると、ウィンドウ内のすべての要素を描画するのに時間がかかります。 [LC9078]

  • 公開アプリケーションは、アプリケーションの起動直後に断続的に終了することがあります。 [LC9167]

  • 初期接続とは異なる画面解像度でMillenniumスイート内のシームレスなアプリケーションに再接続すると、アプリケーションが誤ったサイズに変更されることがあります。その結果、ウィンドウが切り捨てられることがあります。 [LC9214]

  • Citrix Receiver for Macからアプリケーションを起動できないことがあります。この問題は、クライアントライセンス(LicenseRequestClientLicense)を取得できない場合に発生します。 [LC9286]

スマートカード

  • スマートカードを使用すると、特定のサードパーティアプリケーションが、PINプロンプトを表示するのでなく応答しなくなることがあります。 [LC8805]

システムの例外

  • サーバーにおいて、バグチェックコード0x22の重大な例外がpicadm.sysで発生し、ブルースクリーンが表示されることがあります。 [LC6177]

  • サーバーの致命的な例外が発生し、picadm.sysのバグチェックコード0x00000050(PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA)によるブルースクリーンが表示されことがあります。 [LC6985]

  • サーバーにおいて、バグチェックコード0x22の重大な例外がpicadm.sysで発生し、ブルースクリーンが表示されることがあります。 [LC7574]

  • サービスホスト(svchost.exe)プロセスで、アクセス違反が発生して、予期せずに終了する場合があります。この問題は、icaendpoint.dllモジュールに障害がある場合に発生します。[LC7694]

  • サーバーでvdtw30.dllの致命的な例外が発生し、停止コードSYSTEM_SERVICE_EXCEPTION(3b)によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LC8087]

  • サーバーにおいて、バグチェックコード0x3Bの重大な例外がpdcrypt2.sysで発生し、ブルースクリーンが表示されることがあります。この問題は、VDAを起動するときに発生します。 [LC8328]

  • HDX 3D ProおよびGPUハードウェアエンコーディングが有効になっている場合に、NVIDIA GPUを使用すると、Citrixソフトウェアグラフィックスプロセス(Ctxgfx.exe)が予期せず終了することがあります。この問題は、高解像度の画面を使用する場合に発生します。[LC8435]

  • サーバーで重大な例外が発生し、icardd.dllのバグチェックコード0x0000003Bによるブルースクリーンが表示されることがあります。[LC8492]

  • VDA for Server OSのpicadm.sysでブルースクリーンエラーが発生することがあります。 [LC8708]

  • サーバーで重大な例外が発生し、icardd.dllのバグチェックコード0x0000003Bによるブルースクリーンが表示されることがあります。[LC8732]

  • VDAでpicadm.sysの致命的な例外が発生し、バグチェックコード0x22によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LC8749]

  • VDAを再起動して初めてログオンすると、予期しないアクセス違反の例外が発生することがあります。Citrixソフトウェアグラフィックプロセス(Ctxgfx.exe)が予期せず終了します。その結果、VDAに表示される画像やテキストの品質が低下する可能性があります。 [LC9005]

  • 以下のいずれかの場合、Windowsエクスプローラーは予期せずに閉じてしまうことがあります。

    • 260文字を超える名前のファイルを大量に選択して、[送る]>[FAX受信者]オプションを選択した場合。
    • サードパーティのアプリケーションを開こうとした場合。
    • Nitro PDFを使用して、ファイルを結合しようとした場合。 [LC9076]

ユーザーエクスペリエンス

  • クライアント上で実行されているアプリケーションからコンテンツをコピーして、ユーザーセッションでアプリケーションに貼り付けるときに、そのコンテンツが貼り付けられないことがあります。また、[貼り付け]が無効になっていることがあります。 [LC8516]

  • VDA for Server OSでは、マウスカーソルがセッションから消えることがあります。この問題は、カーソルがテキスト選択カーソルに変更され、背景色がテキスト選択カーソルの色と同じである場合に発生します。Microsoft Windowsの編集可能領域のデフォルトの背景色は白で、デフォルトのテキスト選択カーソルの色も常に白です。その結果、カーソルが表示されなくなる可能性があります。[LC8807]

  • Microsoft Windowsで、正しい資格情報を送信した後でも、セッションログオン中にパスワードフィールドが編集可能のままになることがあります。[LC9407]

ユーザーインターフェイス

  • 「デスクトップの壁紙」ポリシーを[禁止]に設定した後でも、デスクトップの壁紙が表示されます。 [LC8398]

その他

  • Linux VDAのセッション表示を確認するために使用される一部のサードパーティアプリケーションでは、すべてのピクセルが表示されないことがあります。 [LC8419]

  • RunOnceレジストリキーが正しく実装されていない可能性があります。[LC9260]

  • この修正では、Enlightened Data Transport(EDT)のパフォーマンスおよび品質のマイナーな強化に対応しています。 [LC9278]

仮想デスクトップコンポーネント - その他

  • VDAバージョン7.15 LTSRを使用している場合に、Active DirectoryのLastPasswordset属性が正しく更新されないことがあります。[LC8387]

  • Delivery Controllerをバージョン7.15にアップグレードすると、匿名ユーザー用のアクティブなセッションで、ログオンが継続中であると表示されます。この状況により、VDAの読み込みインデックスが不正になります。[LC8771]

  • 起動されたアプリケーションが、ダブルホップシナリオでCitrix Directorのアクティビティマネージャーに表示されないことがあります。[LC8985]

  • Delivery ControllerとVDA間の登録ステータスが一致せず、VDAの起動時に再登録が必要になることがあります。[LC9216]

その他

Citrix Telemetry Serviceが無効になっているか停止している場合、メタインストーラーを使用してXenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSRを累積更新プログラム1(CU1)にアップグレードすると、次の警告メッセージが表示されることがあります:

「Call Home に登録するための Citrix サービスを開始できません。ガイダンスについては、CTX218094を参照してください。」[LCM-3642]