解決された問題

Citrix Director

  • カスタムロールを持つ委任管理者がCitrix Studio、PowerShell、またはCitrix Directorを使用しているデスクトップからユーザー割り当てを削除しようとすると、失敗することがあります。この問題は、カスタム管理者が配信グループの操作を実行する権限を持っていても、コンピュータカタログに対するアクセス許可がない場合に発生します。 [LC8174]

  • ユーザーをマシンに割り当てる時にユーザーを検索しようとすると、失敗することがあります。選択したユーザーはnullとして表示されます。 [LC8395]

  • UDPベースのデータ転送プロトコル(UDT) を使用している場合、Citrix DirectorがマルチストリームICAを非アクティブとして報告することがあります。この問題は、HDX WMIプロバイダがEDTまたはUDTセッションのアカウントに更新されていない場合に発生します。 [LC8960]

  • w3wp.exeプロセスのCPU使用率が、Citrix Directorで非常に高くなる可能性があります。 [LC9222]

  • ブラウザの言語を英語以外の特定の言語に設定してCitrix Directorを起動すると、セッションが実行されていなくても、セッションの詳細ペインにアクティブなセッションが1つ表示されることがあります。 [LC9392]

  • Citrix Directorを使用している場合、Microsoft Internet Explorer 11の[フィルタ]>[マシン]>[すべてのマシン]ページの [マシンの詳細] セクションに、機能しないスクロールバーが表示されることがあります。 [LC9505]

  • Google Analyticsコールは、レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\MetaInstallで自動アップロードが無効になっても、ダッシュボードとアプリダッシュボードのCitrix Directorで設定されます。自動アップロードは、Citrix Insight Servicesの「インストールとアップグレード分析」の手順に従うと無効になります。 [LC9736]

  • Citrix DirectorのログオンパフォーマンスをCSV形式で生成したレポートで、ローカル時間ではなくUTCタイムゾーンが使用されることがあります。 [LC9854]

  • 管理者によっては、web.configドメインリストに追加された一部のドメインにアクセスできない場合があります。その結果、ユーザーのセッションを検索すると例外が発生し、セッションの詳細は表示されません。 [LC9865]

  • ExportCsvDrilldownLimitは、Citrix Directorのカスタムレポートに適用されないことがあります。 [LD0004]

Citrixポリシー

  • マージモードでループバックポリシーをVDAに適用し、StoreFrontのURLをCitrix StudioのVDAのデリバリーグループに追加すると、公開アプリケーションのアイコンが重複して表示されることがあります。 [LC8889]

  • マシンカタログを作成しようとすると、サマリーを作成できないという例外が発生して失敗する場合があります。また、作成カタログウィザードを使用しているとき、例外が表示される前に、ドメインを一覧表示するはずのドロップダウンリストが空になります。 [LC9636]

  • VDA 7.15.2000と共にインストールされているマシンのグループポリシー管理コンソールからグループポリシーの結果ツールを実行すると、次のエラーメッセージが表示されます:レポートの生成中にエラーが発生しました:見つかりません。 [LC9825]

  • Citrix Print Manager Service(cpsvc.exe)が予期せず終了することがあります。この問題は、グループポリシーオブジェクト(GPO)に接続されている印刷レジストリキーにガベージエントリがある場合に発生します。 [LC9921]

  • グループポリシーエンジンが、ApplicationStartDetailsレジストリキーへのすべての値の挿入に失敗することがあります。その結果、App-Vアプリケーションを起動しようとしても失敗する場合があります。 [LC9942]

  • レジストリエントリがレジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Citrixのセッションキーに手動で事前入力されている場合、セッション開始時にキーが更新されないことがあります。 [LC9977]

  • 組織単位(OU)フィルターを使用してCitrixポリシーをCitrix Studioに適用しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります:不明なエラーが発生しました

    次の例外が表示されます: コレクションが変更されました。列挙操作が実行されないことがあります。[LD0044]

  • グループポリシーをバックアップし、グループポリシー管理コンソール(GPMC)バージョン3.1.2でグループポリシーをインポートしようとすると、GPMCが応答しなくなることがあります。しかし、このポリシーはインポートされます。 [LD0173]

Citrix Studio

  • カスタムロールを持つ委任管理者がCitrix Studio、PowerShell、またはCitrix Directorを使用しているデスクトップからユーザー割り当てを削除しようとすると、失敗することがあります。この問題は、カスタム管理者が配信グループの操作を実行する権限を持っていても、コンピュータカタログに対するアクセス許可がない場合に発生します。 [LC8174]

  • Delivery Controllerのうち1つがオフラインになったり使用できなくなったりすると、Citrix Studioが数分後に開き、次のメッセージが表示されることがあります:

    このスナップインは応答していません。 [LC8993]

  • VDAからApp-Vパッケージを非公開および削除しようとすると失敗する可能性があります。 [LC9161]

  • [操作] ペインの [デリバリーグループの編集] を選択後、[マシン割り当て]ページを2回目に表示したとき、[マシン割り当て]ページが空白になり、マシン名やユーザーなどの詳細が表示されないことがあります。 [LC9465]

  • アプリケーショングループの公開アプリケーションを移動させた後、Citrix Studioのアプリケーションフォルダーを削除しようとすると、権限エラーで失敗する可能性があります。 [LC9520]

  • Citrix Studioをバージョン7.15の累積更新プログラム2にアップグレードすると、ポリシーがローカライズされないことがあります。詳しくは、Knowledge CenterのCTX234711を参照してください。 [LC9613]

  • マシンカタログを作成しようとすると、サマリーを作成できないという例外が発生して失敗する場合があります。また、作成カタログウィザードを使用しているとき、例外が表示される前に、ドメインを一覧表示するはずのドロップダウンリストが空になります。 [LC9636]

  • デリバリーグループからApp-Vアプリケーションを削除しようとすると、アプリケーションが削除されることがあります。エラーメッセージが表示されます。 [LC9985]

  • 組織単位(OU)フィルターを使用してCitrixポリシーをCitrix Studioに適用しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります:不明なエラーが発生しました

    次の例外が表示されます: コレクションが変更されました。列挙操作が実行されないことがあります。 [LD0044]

  • 組織単位(OU)フィルターを使用してCitrixスタジオでCitrixポリシーを適用しようとするか、カタログウィザードでOUを追加すると、例外が発生します。 [LD0112]

コントローラー

  • カスタムロールを持つ委任管理者がCitrix Studio、PowerShell、またはCitrix Directorを使用しているデスクトップからユーザー割り当てを削除しようとすると、失敗することがあります。この問題は、カスタム管理者が配信グループの操作を実行する権限を持っていても、コンピュータカタログに対するアクセス許可がない場合に発生します。 [LC8174]

  • Citrix StudioでVDAの電源状態が断続的に無効になることがあります。Studioは、VDAが動作しているときでも電源状態がオフであることを示します。 [LC8898]

  • Delivery Controllerのうち1つがオフラインになったり使用できなくなったりすると、Citrix Studioが数分後に開き、次のメッセージが表示されることがあります:

    このスナップインは応答していません [LC8993]

  • プリンシパルブローカーからローカルホストキャッシュ(LHC)データベースに変更をインポートし、Citrix Studioからはユーザーまたはマシンを削除せずにActive Directoryからユーザーまたはマシンを削除します。その結果、エラーが発生し、LHCが更新されません。 [LC9054]

  • 接続時間のピーク時に、アプリケーションイベントID 2013のXenAppでデッドロックが発生することがあります。次のエラーメッセージが表示されます:

    Citrix Broker ServiceがHTTP要求を処理している間に予期しない例外が発生しました。 [LC9134]

  • XenApp 7.6をXenApp 7.15にアップグレードすると、C:\Windows\ServiceProfiles\NetworkService\Licensing配下のDelivery Controller上にあるLicensingフォルダーのアクセス許可が上書きされます。 [LC9445]

  • Citrix High Availability Service(HighAvailabilityService.exe)のメモリ使用量が2GBを超える場合があります。 [LC9446]

  • Citrix StudioからターゲットVDAに再起動コマンドを送信すると、ターゲットVDAがシャットダウンすることがあります。 [LC9479]

  • アプリケーショングループの公開アプリケーションを移動させた後、Citrix Studioのアプリケーションフォルダーを削除しようとすると、権限エラーで失敗する可能性があります。 [LC9520]

  • ESXiホスト上でホスティングされている仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)は電源状態が不明になる可能性があり、自動的に電源が投入されることはありません。この問題は、ESXiホストがメンテナンスモードから外れた後に仮想マシン(VM)がESXiホストに移動した後に発生します。 [LC9619]

  • マシンカタログを作成しようとすると、サマリーを作成できないという例外が発生して失敗する場合があります。また、作成カタログウィザードを使用しているとき、例外が表示される前に、ドメインを一覧表示するはずのドロップダウンリストが空になります。 [LC9636]

  • Citrix Studioに [開始] オプションが表示されません。その結果、Remote PCの電源がオンになりません。 [LC9702]

  • このパフォーマンス向上機能をMonitorサービスに使用すると、Monitorデータベースが大規模である場合に、SQLサーバーのCPU使用率が低下します。 [LC9726]

  • セキュアブートが有効になっていると、Machine Creation Services(MCS)でプロビジョニングされた仮想マシン(VM)が作成されないことがあります。この問題は、Extensible Firmware Interface(EFI)を使用して、かつセキュアブートが有効な状態でマスターテンプレートが作成された場合でも起こることがあります。 [LC9841]

  • デフォルトでは、Machine Creation Services(MCS)でプロビジョニングされたマシンのAmazon Web Services(AWS)IDは非永続的です。これにより、仮想マシンの電源管理アクションがAWSで失敗する可能性があります。

    AWS IDの永続性を設定するには、次のオプションを使用できます:

    • AWS IDの永続化を有効にするには、ホスト接続の詳細プロパティの[接続]オプションを「CreateNewInstanceOnReset=False」に設定します。
    • AWS IDの永続性を無効にするには、ホスト接続の詳細プロパティの[接続]オプションを「CreateNewInstanceOnReset=True」に設定するか、オプションを削除します。

    変更したオプションが適用されるまで、10秒ほどかかります。 [LC9960]

  • New-BrokerApplicationコマンドと-AdminFolderパラメーターを使用してアプリケーションを作成しようとすると、特定のシナリオで指定されたフォルダーが作成されない場合があります。 [LC9982]

  • デリバリーグループからApp-Vアプリケーションを削除しようとすると、アプリケーションが削除されることがあります。エラーメッセージが表示されます。 [LC9985]

  • 多くのアプリケーショングループが使用されている大規模な環境では、Studioの[アプリケーション]タブをクリックすると、Get-BrokerApplicationGroup出力のフェッチ中にセッションがタイムアウトします。その結果、次の例外が表示されます:

    データベースに接続できませんでした

    例外をスローする前に、Studioは応答しなくなり、アプリケーショングループを列挙します。 [LD0012]

  • 組織単位(OU)フィルターを使用してCitrixポリシーをCitrix Studioに適用しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります:不明なエラーが発生しました

    次の例外が表示されます: コレクションが変更されました。列挙操作が実行されないことがあります。 [LD0044]

  • 特殊文字を含むデリバリーグループ名を使用してローカルホストキャッシュを再作成しようとすると、イベントID 505で失敗することがあります。 [LD0068]

  • Citrix Studioホスティング接続では、HTTPS接続がサポートされていない場合でも、HTTPSをXenServerホスティング接続用に使用するよう警告するメッセージが表示されることがあります。 [LD0210]

  • XenAppおよびXenDesktopをバージョン7.15にアップグレードすると、次にスケジュールされているイベントで開始するのではなく、最初の再起動スケジュールがすぐに開始される可能性があります。 [LD0308]

HDX RealTime Optimization Pack

IDアサーション

  • ログオンするセッションで使用可能な認証証明書にアクセスしようとすると、失敗することがあります。 [LC9728]

  • セッション中のFederated Authentication Serviceを使ってTLS 1.1(またはそれ以前)の接続を認証しようとすると、接続に失敗する場合があります。ハッシュIDがサポートされていないことを示す、イベントID 305がログに記録されます。Federated Authentication Serviceは、SHAMD5ハッシュをサポートしません。 [LD0018]

インストーラー

  • 既にAdobe Acrobat Reader 2015 DCアプリケーションがインストールされている環境にVDAをインストールしようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    コンピューターからmfc120u.dllが見つからないため、プログラムを開始できません。問題を解決するにはプログラムを再インストールしてください。 [LC9979]

Linux VDA

Profile Management

  • Citrix Directorで [プロファイルのリセット] をクリックしてMicrosoft Active Directoryポリシーを使用してフォルダーリダイレクトを構成すると、リダイレクトされたフォルダもリセットされます。その結果、ドキュメントピクチャミュージックビデオお気に入りなどの特定のフォルダーの名前が変更されます。しかし、スタートメニュー連絡先ダウンロードリンク検索保存したゲームなどのフォルダーの名前は変更されません。 [LC9237]

  • Profile Managementサービスが例外コード0xc0000374で予期せず終了することがあります。 [LC9355]

  • プロファイル管理は、Microsoft Windows 10、バージョン1709で実行されているVDAの特定の設定を同期させないことがあります。 [LC9503]

  • アクティブライトバックレジストリポリシーを有効にすると、Software\Microsoft\AppV\Client\IntegrationやSoftware\Microsoft\AppV\Client\Publishingといった、レジストリを除外するデフォルトのポリシーが機能しないことがあります。 [LC9550]

  • 既定のユーザープロファイルに対する完全なアクセス許可があります。最初のログオン時に、プロファイル管理によって、ポリシーによって構成された除外されたフォルダーが既定のユーザープロファイルから削除されることがあります。この問題は、ログオン除外チェックが除外されたファイルとフォルダを削除するように構成されている場合に発生します。 [LC9575]

  • 設定されたプロファイル管理アクティブなライトバックレジストリすべてのレジストリを処理し、レジストリが除外されているか含まれているかにかかわらず、すべての変更を一時ファイルに記録します。その結果、CPU使用率が高くなります。 [LC9624]

  • 7.15 LTSR CU2セッションが黒い画面として起動することがあります。この問題は、Profile Managementが有効なときに、XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR CU2および7.17 VDAで実行されているセッションで発生します。回避策などを含め、詳しくはKnowledge CenterのCTX235100を参照してください。 [LC9648]

  • Profile Managementの[ミラーリングするフォルダー]ポリシーが機能しないことがあります。 [LC9691]

  • Profile Managementを有効にすると、公開デスクトップの [スタート] メニューに空のアイコンが表示されることがあります。この問題は、2回目以降のログオン時に発生します。

    :この修正は、新規インストールでのみ有効です。アップグレードシナリオでは、HDXグループポリシーエディターまたはActive Directoryポリシーエディターで手動で [ミラーリングするフォルダー] ポリシーを設定する必要があります。 [LC9692]

  • Profile ManagementでAppData(Roaming)フォルダーのリダイレクトが失敗し、次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    アクセスが拒否されました

    この問題は、AppData/Roamingから共有フォルダーへ正しくリンクされず、誤って/Application Data/Roamingが付加された場合に発生します。 [LC9830]

[Provisioning Services]((/ja-jp/provisioning/7-15/whats-new/fixed-issues.html#Provisioning-Services-7.15-CU3-(7.15.9))

Remote Broker Provider

  • デフォルトでは、Machine Creation Services(MCS)でプロビジョニングされたマシンのAmazon Web Services(AWS)IDは非永続的です。これにより、仮想マシンの電源管理アクションがAWSで失敗する可能性があります。

    AWS IDの永続性を設定するには、次のオプションを使用できます:

    • AWS IDの永続化を有効にするには、ホスト接続の詳細プロパティの[接続]オプションを「CreateNewInstanceOnReset=False」に設定します。
    • AWS IDの永続性を無効にするには、ホスト接続の詳細プロパティの[接続]オプションを「CreateNewInstanceOnReset=True」に設定するか、オプションを削除します。

    変更したオプションが適用されるまで、10秒ほどかかります。 [LC9960]

Session Recording

管理

  • ドメインBのユーザーがドメインAのSession Recordingサーバーにログオンして、Session Recordingプロパティを更新しようとしても、マシンのグローバル一意識別子が生成されず、エラーが発生します。この問題は、ユーザーがドメインBに存在する一方、Session RecordingサーバーがドメインAに存在することが原因です。 [LC9562]

エージェント

  • 発行されたMicrosoft Internet Explorerのインスタンスが、Session Recording Playerリストでexplorer.exeと表示されることがあります。正しいファイル名はIexplore.exeです。 [LC9622]

StoreFront

  • ブラウザを125%にズームすると、カスタムロゴが表示されなくなることがあります。 [LC9018]

  • OverrideIcaClientnameが有効な場合、リモートデスクトップクライアントからのリモートセッションの確立に失敗することがあります。この問題は、ライセンスが更新されていない場合に発生します。次のエラーメッセージのいずれかが表示されることがあります:

    「ライセンスを更新できなかったため、リモートデスクトップクライアントWR_XxXXxXXXからリモートセッションを確立できませんでした。」

    または

    「一時ライセンスの有効期限が切れのため、リモートデスクトップクライアントWR_XxXXxXXXからリモートセッションを確立できませんでした。」 [LC9246]

  • Delivery Controller証明書をTLS v1.2に更新した後、アプリケーションを列挙しようとすると失敗することがあります。 [LC9337]

  • XenDesktopのセットアップ中、構成されたサイトを選択すると、StoreFrontでデフォルトの認証サービスを使用するデフォルトのストアが作成されることがあります。このストアを削除すると、Citrix Receiver for Windowsユーザーはストアを追加できなくなり、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

    「認証サービスとの通信中にプロトコルエラーが発生しました。」 [LC9404]

  • StoreFrontにログオンしようとすると、[要求を完了できません]エラーで失敗する可能性があります。この問題は、公開アプリケーションに最小解像度のカスタムアイコンがある場合に発生します。 [LC9521]

  • StoreFront SDKを使用して特定の機能をカスタマイズし、ストアのアグリゲーションを構成すると、[要求を完了できません]エラーでログオンが失敗することがあります。 [LC9561]

  • [キーワードによるリソースフィルター] を構成するとセッションの事前起動が機能しないことがあります。 [LC9642]

  • ICAファイルは、NetScaler Gateway接続を使用している場合でも、UDPICAPortエントリにVDAの完全修飾ドメイン名(FQDN)を表示することがあります。 [LC9760]

ユニバーサルプリントサーバー

クライアント

  • ユニバーサルプリントサーバーにより、印刷スプーラーサービスが応答しなくなることがあります。 [LC9341]

User Profile Management VDA

  • VDAをバージョン7.13からバージョン7.15.2000にアップグレードすると、Citrix Directorがリダイレクトされたフォルダーを表示しないことがあります。この問題は、フォルダーのリダイレクトが引き続き機能している場合に発生します。 [LC9968]

  • brokeragent.exeプロセスのCPU使用率が高い可能性があります。 [LD0310]

VDA for Desktop OS

HDX

  • Citrix HDX HTML5ビデオリダイレクションサービス(WebSocketService.exe)が予期せず終了し、ビデオがHTML5ページにリダイレクトされないことがあります。 [LC8825]

  • VDAで実行されている公開アプリケーションで、%ProgramFiles%や%ProgramFiles(x86)%などの汎用パスを使用している場合は、セッションを再接続している間に新しい複製アプリケーションウィンドウが開くことがあります。 [LC9741]

印刷

  • CpSvc!CDispatcher::UpdateCountersのアクセス違反により、Citrix Print Manager Service(cpsvc.exe)が予期せず終了することがあります。 [LC8804]

  • .NET以外のアプリケーションでは、デフォルトプリンターが設定されていない場合があります。デフォルトのプリンターがCitrixのマップされたプリンターである場合、Microsoft Windows Server 2016はレジストリキーHKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Windows\Deviceの値を更新できません。 [LC8984]

  • デフォルトのプリンターがセッションで正しく設定されていない可能性があります。この問題は、デフォルトプリンターが他のランダムプリンターに切り替わるときに発生します。 [LC8999]

  • セッションに再接続する際、従来のプリンター名を使用していると、セッションにマップされたプリンターの読み込みが遅くなることがあります。 [LC9079]

  • 特定のMicrosoft Excelファイルで [Excel]>[印刷] に移動し、CitrixユニバーサルプリンタEMFドライバーを使用してクライアントプリンターを自動作成すると、印刷プレビューイメージの文字が小さく表示されることがあります。 [LC9700]

  • Citrix Print Manager Service(cpsvc.exe)が予期せず終了することがあります。この問題は、CpWSGetPrinterConnectionsFromPolicyがNullポインターを比較文字列[MS] _wcsicmpに渡すと発生します。 [LC9796]

セッション/接続

  • Webカメラがユーザーセッション内で応答しなくなることがあります。この問題は、以下のいずれかの操作を実行すると発生します。

    • 特定のサードパーティのアプリケーションを使用してユーザーセッションでWebカメラを選択すると、Webカメラのビデオフレームが応答しなくなります。
    • GraphEditツールを使用して仮想Webカメラを起動し、メニューで[クロックを使用する]オプションを選択した場合。
    • Citrix Diagnostics Facility(CDF)トレースを分析すると、VDAとCitrix Receiver for Windows間のデリバリーパイプラインが確立されたときに、ビデオサンプルが1つしか配信されません。 [LC8382]
  • レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\CtxHookExcludedImageNamesに複数の実行可能ファイルが追加されている場合、Citrix Hookを無効にできないことがあります。 [LC8614]

  • UDPベースのデータ転送プロトコル(UDT) を使用している場合、Citrix DirectorがマルチストリームICAを非アクティブとして報告することがあります。この問題は、HDX WMIプロバイダがEDTまたはUDTセッションのアカウントに更新されていない場合に発生します。 [LC8960]

  • H構成を使用するマルチモニター環境では、マウスの動作が一貫しないことがあります。Microsoft Skype for Businessセッションを開始し、他のユーザーと画面の共有を開始します。Citrixグラフィックドライバーは、オペレーティングシステムから誤ったマウスの位置情報を受け取ります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ICA

    名前:DisableAppendMouse

    種類:DWORD

    データ: 00000001

    ただし、レジストリキーを設定した後でHDXセッションを使用すると、プログラムによってマウスポインターの位置を設定する特定の機能が意図したとおりに機能しない場合があります。以下は対象の機能です。

    • マウススナップ機能。
    • ユーザー間のマウスの位置をGotoMeetingの画面共有と同期させる機能。
    • ユーザー間のマウスの位置をSkype for Businessの画面共有と同期させる機能。 [LC8976]
  • 特定のシナリオで、VDAがイベントID 1048で自動的に再登録されることがあります。たとえば、Lotus NotesとLotus Notes Standardという似た名前の2つのアプリケーションを起動し、起動した2つ目のアプリケーションを閉じると、1つ目のアプリケーションのエントリがレジストリから削除されます。この情報が通知を介してDelivery Controllerに送信されると、その通知は拒否され、再登録が行われます。 [LC9223]

  • HDX RealTime Connectorが予期せず終了することがあります。ビデオプレビューウィンドウが閉じるか、ビデオプレビューウィンドウにブラックボックスが短時間表示され、その後閉じます。この問題は、HDX RealTime Media Engineがエンドポイントにインストールされていない場合に発生します。 [LC9282]

  • Citrix Audio Serviceが予期せず終了し、再度再起動することがあります。2番目のエンドポイント(シンクライアント)から同じセッションに再接続すると、新しいデバイスはセッションに正しくマッピングされません。 [LC9381]

  • VDA上で実行されている公開アプリケーションでクリップボードのクリアまたは削除を選択すると、VDAクリップボードはクリアされますが、テキストはエンドポイントのクリップボードに残ります。 [LC9434]

  • 最初のエンドポイントからユーザーセッションを切断し、2番目のエンドポイント(シンクライアント)から同じセッションを再接続すると、クライアント側のオーディオデバイスがVDA内で誤った順序でリストされることがあります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Audio

    名前:CleanMappingWhenDisconnect

    種類:DWORD

    値:1 [LC9440]

  • 公開アプリケーションセッションが切断され、ユーザーセッションがVDAから正しくログオフされないことがあります。問題が発生すると、再接続できなくなり、Citrix Studioから切断できなくなる可能性があります。この状況を解決するには、PowerShellコマンドを使用してセッションを非表示に設定するか、VDAを再起動します。 [LC9444]

  • VDAバージョン7.15.1000を使用している場合、twi3.dllから異常な数のCPU命令が発生し、Winlogon.exeプロセスを通過することがあります。 [LC9450]

  • クライアントドライブのリダイレクトポリシーを無効にして、ユーザーデバイスからアプリケーションを2回目に起動すると、アプリケーションの起動に時間がかかることがあります。 [LC9477]

  • 別のエンドポイントからアクティブな既存のセッションに再接続しようとすると、次のエラーメッセージが表示されます:

    接続が中断されました。受信者は5分間再接続を続けます

    この問題は、VDA 7.15がインストールされているMicrosoft Windows 7で発生します。 [LC9485]

  • Webベースのアプリケーションは、Microsoft Internet ExplorerまたはMozilla Firefoxブラウザーを使用して開かれます。アプリケーションで特定のタブを開くと、デスクトップ全体が応答しなくなることがあります。 [LC9508]

  • サーバー合計インスタンスのパフォーマンスカウンターがICAセッションカウンターに存在しない可能性があります。 [LC9537]

  • ファイルが分散ファイルシステム(DFS)ドライブ上にある場合、ローカルアプリアクセスとのファイルタイプの関連付けは、有効になっていても機能しないことがあります。 [LC9538]

  • イベントID 31「接続のリスンを開始します」がイベントビューアーに渡されないことがあります。 [LC9556]

  • Unicodeキーボードレイアウトマッピングを有効にすると、公開アプリケーションをログオフできません。 [LC9590]

  • キーボードレイアウトを切り替えると、ポップアップウィンドウが表示されることがあります。次のレジストリキーを設定して、ポップアップウィンドウを非表示にします:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\IcaIme

    名前:HideNotificationWindow

    種類:DWORD

    値:1 [LC9592]

  • 公開アプリケーションは、予期されない失敗のため、アプリケーションの起動直後に断続的に終了することがあります。この問題は、アクティブなプロセスに関する情報が取得されたときに発生します。 [LC9661]

  • XenAppおよびXenDesktopをバージョン7.6からバージョン7.15 LTSR累積更新プログラム1にアップグレードすると、特定のサービスが予期せず停止または終了したり、ログオン中に断続的に応答しなくなることがあります。 [LC9679]

  • XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR累積更新プログラム2をインストールすると、VDAが応答しなくなることがあります。 [LC9701]

  • MicrosoftレジストリHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL\Ciphersで特定の暗号を無効にすると、TLSが有効にならない場合があります。 [LC9743]

  • リモートPCアクセスを使用してWindowsワークステーションにアクセスし、リモートPCアクセスセッションから切断すると、ワークステーションがロックされないことがあります。したがって、当該のワークステーションには、そのワークステーションに物理的に到達できるすべての人がアクセスできます。 [LC9812]

  • VDAにログオンすると、日本語IME(Input Method Editor)のかな言語入力キーが自動的に有効になることがあります。 [LC9932]

  • この修正により、ホワイトリストプロセスメカニズムがSCardHookに追加されました。ホワイトリストがレジストリで定義されている場合、ホワイトリストに含まれるプロセスのみがスマートカードのリダイレクトを使用できます。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\SmartCard

    名前:HookProcessWhitelist

    種類:REG_SZ

    値:<process name> [LC9961]

  • 最初のエンドポイントからユーザーセッションを切断し、シンクライアントから同じセッションを再接続すると、クライアント側のオーディオデバイスがVDA内で誤った順序でリストされることがあります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Audio

    名前:CleanMappingWhenDisconnect

    種類:DWORD

    値:1 [LD0458]

システムの例外

  • サーバーでpicadm.sysの致命的な例外が発生し、バグチェックコード0x22(FILE_SYSTEM)によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LC7726]

  • Enlightened Data Transport(EDT)が有効な場合、サーバーでtdica.sysに関する重大な例外が発生し、バグチェックコード SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED (7e) のブルースクリーンが表示されることがあります。 [LC8794]

  • サーバーでpicadm.sysの致命的な例外が発生し、バグチェックコード0x000000D1(DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL)によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LC8830]

  • VDAでwdica.sysの致命的な例外が発生し、ブルースクリーンエラーが発生することがあります。 [LC9695]

  • 公開アプリケーションを開始しようとすると、wfshell.exeプロセスが予期せず終了することがあります。この問題は双方向コンテンツリダイレクトポリシーが有効な場合に発生し、URLは提供されません。 [LC9705]

  • Microsoft Windows Server 2008 R2で重大な例外が発生し、バグチェックコード SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED (0x1000007E) によるブルースクリーンが表示されることがあります。この問題は、XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR CU2がMicrosoft Windows Serverにインストールされている場合に発生します。 [LC9849]

  • picavc.sysでサーバーに重大な例外が発生し、バグチェックコード SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED (7e) によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LD0006]

ユーザーエクスペリエンス

  • 公開アプリケーションのサイズを変更し、そのアプリケーションをあるモニターから別のモニターに移動しようとすると、アプリケーションの周りに白い罫線が表示されることがあります。 [LC9570]

  • Unicodeキーボードレイアウトマッピングを使用するようにVDAを設定して、ローカルIMEを有効にした状態でCitrix ReceiverからHDXセッションを確立します。公開アプリケーションで任意の文字を入力し、出力された文字の一部または全部を選択すると、選択した文字が新しい文字に置き換わるのではなく、選択した文字の前に新しい文字が挿入されます。 [LC9591]

  • 画面の解像度を変更してVDA for Desktop OSから公開アプリケーションに再接続すると、アプリケーションウィンドウが切り捨てられることがあります。 [LC9947]

  • マルチモニター環境において、特定のシナリオでは画面が正しくロックされません。 [LD0186]

ユーザーインターフェイス

  • シームレスなセッションのアプリケーションウィンドウが応答しなくなると、アプリケーションウィンドウのタスクバーアイコンが削除され、再度作成される可能性があります。 [LC9807]

VDA for Server OS

HDX

  • Citrix HDX HTML5ビデオリダイレクションサービス(WebSocketService.exe)が予期せず終了し、ビデオがHTML5ページにリダイレクトされないことがあります。 [LC8825]

  • VDAで実行されている公開アプリケーションで、%ProgramFiles%や%ProgramFiles(x86)%などの汎用パスを使用している場合は、セッションを再接続している間に新しい複製アプリケーションウィンドウが開くことがあります。 [LC9741]

印刷

  • CpSvc!CDispatcher::UpdateCountersのアクセス違反により、Citrix Print Manager Service(cpsvc.exe)が予期せず終了することがあります。 [LC8804]

  • .NET以外のアプリケーションでは、デフォルトプリンターが設定されていない場合があります。デフォルトのプリンターがCitrixのマップされたプリンターである場合、Microsoft Windows Server 2016はレジストリキーHKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Windows\Deviceの値を更新できません。 [LC8984]

  • デフォルトのプリンターがセッションで正しく設定されていない可能性があります。この問題は、デフォルトプリンターが他のランダムプリンターに切り替わるときに発生します。 [LC8999]

  • セッションに再接続する際、従来のプリンター名を使用していると、セッションにマップされたプリンターの読み込みが遅くなることがあります。 [LC9079]

  • 特定のMicrosoft Excelファイルで [Excel]>[印刷] に移動し、CitrixユニバーサルプリンタEMFドライバーを使用してクライアントプリンターを自動作成すると、印刷プレビューイメージの文字が小さく表示されることがあります。 [LC9700]

  • Citrix Print Manager Service(cpsvc.exe)が予期せず終了することがあります。この問題は、CpWSGetPrinterConnectionsFromPolicyがNullポインターを比較文字列[MS]_wcsicmpに渡すと発生します。 [LC9796]

セッション/接続

  • VDAをバージョン7.12からバージョン7.13にアップグレードすると、バッジリーダーが動作しなくなる可能性があります。 [LC7667]

  • Webカメラがユーザーセッション内で応答しなくなることがあります。この問題は、以下のいずれかの操作を実行すると発生します。

    • 特定のサードパーティのアプリケーションを使用してユーザーセッションでWebカメラを選択すると、Webカメラのビデオフレームが応答しなくなります。
    • GraphEditツールを使用して仮想Webカメラを起動し、メニューで[クロックを使用する]オプションを選択した場合。
    • Citrix Diagnostics Facility(CDF)トレースを分析すると、VDAとCitrix Receiver for Windows間のデリバリーパイプラインが確立されたときに、ビデオサンプルが1つしか配信されません。 [LC8382]
  • レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\CtxHookExcludedImageNamesに複数の実行可能ファイルが追加されている場合、Citrix Hookを無効にできないことがあります。 [LC8614]

  • リモートデスクトップセッションが切断されて再接続すると、VDA for Server OSに偽のXenAppセッションが作成されることがあります。 [LC8706]

  • H構成を使用するマルチモニター環境では、マウスの動作が一貫しないことがあります。Microsoft Skype for Businessセッションを開始し、他のユーザーと画面の共有を開始します。Citrixグラフィックドライバーは、オペレーティングシステムから誤ったマウスの位置情報を受け取ります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ICA

    名前:DisableAppendMouse

    種類:DWORD

    値:00000001

    ただし、レジストリキーを設定した後でHDXセッションを使用すると、プログラムによってマウスポインターの位置を設定する特定の機能が意図したとおりに機能しない場合があります。以下は対象の機能です。

    • マウススナップ機能。
    • ユーザー間のマウスの位置をGotoMeetingの画面共有と同期させる機能。
    • ユーザー間のマウスの位置をSkype for Businessの画面共有と同期させる機能。 [LC8976]
  • 特定のシナリオで、VDAがイベントID 1048で自動的に再登録されることがあります。たとえば、Lotus NotesとLotus Notes Standardという似た名前の2つのアプリケーションを起動し、起動した2つ目のアプリケーションを閉じると、1つ目のアプリケーションのエントリがレジストリから削除されます。この情報が通知を介してDelivery Controllerに送信されると、その通知は拒否され、再登録が行われます。 [LC9223]

  • HDX RealTime Connectorが予期せず終了することがあります。ビデオプレビューウィンドウが閉じるか、ビデオプレビューウィンドウにブラックボックスが短時間表示され、その後閉じます。この問題は、HDX RealTime Media Engineがエンドポイントにインストールされていない場合に発生します。 [LC9282]

  • 公開デスクトップでMicrosoft Excel 2007を起動し、マクロを有効にした.xslmファイルを開き、Desktop Viewerのウィンドウモードでファイルのサイズを変更します。セッションが応答しなくなることがあります。キーボードショートカットのAlt+Enterキーを使用しているときに、この問題が発生します。 [LC9379]

  • Citrix Audio Serviceが予期せず終了し、再度再起動することがあります。2番目のエンドポイント(シンクライアント)から同じセッションに再接続すると、新しいデバイスはセッションに正しくマッピングされません。 [LC9381]

  • VDA上で実行されている公開アプリケーションでクリップボードのクリアまたは削除を選択すると、VDAクリップボードはクリアされますが、テキストはエンドポイントのクリップボードに残ります。 [LC9434]

  • 公開アプリケーションセッションが切断され、ユーザーセッションがVDAから正しくログオフされないことがあります。問題が発生すると、再接続できなくなり、Citrix Studioから切断できなくなる可能性があります。この状況を解決するには、PowerShellコマンドを使用してセッションを非表示に設定するか、VDAを再起動します。 [LC9444]

  • VDAバージョン7.15.1000を使用している場合、twi3.dllから異常な数のCPU命令が発生し、Winlogon.exeプロセスを通過することがあります。 [LC9450]

  • クライアントドライブのリダイレクトポリシーを無効にして、ユーザーデバイスからアプリケーションを2回目に起動すると、アプリケーションの起動に時間がかかることがあります。 [LC9477]

  • Webベースのアプリケーションは、Microsoft Internet ExplorerまたはMozilla Firefoxブラウザを使用して開かれます。アプリケーションで特定のタブを開くと、デスクトップ全体が応答しなくなることがあります。 [LC9508]

  • サーバー合計インスタンスのパフォーマンスカウンターがICAセッションカウンターに存在しない可能性があります。 [LC9537]

  • ファイルが分散ファイルシステム(DFS)ドライブ上にある場合、ローカルアプリアクセスとのファイルタイプの関連付けは、有効になっていても機能しないことがあります。 [LC9538]

  • Unicodeキーボードレイアウトマッピングを有効にすると、公開アプリケーションをログオフできません。 [LC9590]

  • キーボードレイアウトを切り替えると、ポップアップウィンドウが表示されることがあります。次のレジストリキーを設定して、ポップアップウィンドウを非表示にします:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\IcaIme

    名前:HideNotificationWindow

    種類:DWORD

    値:1 [LC9592]

  • 公開アプリケーションは、予期されない失敗のため、アプリケーションの起動直後に断続的に終了することがあります。この問題は、アクティブなプロセスに関する情報が取得されたときに発生します。 [LC9661]

  • 複数ドメインまたは複数フォレスト環境では、ローカルグループの可視性が制限されている場合、2番目のアプリケーションを起動できないことがあります。 [LC9665]

  • XenAppおよびXenDesktopをバージョン7.6からバージョン7.15 LTSR累積更新プログラム1にアップグレードすると、特定のサービスが予期せず停止または終了したり、ログオン中に断続的に応答しなくなることがあります。 [LC9679]

  • XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR累積更新プログラム2をインストールすると、VDAが応答しなくなることがあります。 [LC9701]

  • MicrosoftレジストリHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL\Ciphersで特定の暗号を無効にすると、TLSが有効にならない場合があります。 [LC9743]

  • セッションログオン中にUSBストレージデバイスを接続すると、一般モードでリダイレクトされます。USBデバイスを取り外した後もドライブが存在する可能性があります。 [LC9783]

  • VDAにログオンすると、日本語IME(Input Method Editor)のかな言語入力キーが自動的に有効になることがあります。 [LC9932]

  • この修正により、ホワイトリストプロセスメカニズムがSCardHookに追加されました。ホワイトリストがレジストリで定義されている場合、ホワイトリストに含まれるプロセスのみがスマートカードのリダイレクトを使用できます。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\SmartCard

    名前:HideNotificationWindow

    種類:REG_SZ

    値:<process name> [LC9961]

  • wfshell.exeプロセスが、予期せずに終了する場合があります。この結果、その公開アプリケーションの起動に失敗します。 [LD0102]

  • VDAをバージョン7.15の累積更新プログラム2にアップグレードするか、バージョン7.15の累積更新プログラム1から累積更新プログラム2にアップグレードすると、レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix配下の構成された値AnonymousUserIdleTimeMaxAnonymousUsersが削除される可能性があります。 [LD0378]

スマートカード

  • レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Citrix Virtual Desktop Agentのレジストリ値DisableLogonUISuppressionを0に設定します。公開アプリケーションを起動すると、VDAではスマートカードPINの入力が必要になる場合があります。DisableLogonUISuppression値0によりLogonUI PINプロンプトが表示されないため、Citrix Receiver for Windowsに「ローカルセッションマネージャーをお待ちください…」というメッセージが表示され、最終的にタイムアウトします。結果として、PINプロンプトが表示されなくなります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Citrix Virtual Desktop Agent

    名前:DisableLogonUISuppressionForSmartCardPublishedApps

    種類:DWORD

    値:1 [LC9059]

システムの例外

  • サーバーでpicadm.sysの致命的な例外が発生し、バグチェックコード0x22(FILE_SYSTEM)によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LC7726]

  • Enlightened Data Transport(EDT)が有効な場合、サーバーでtdica.sysに関する重大な例外が発生し、バグチェックコード SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED (7e) のブルースクリーンが表示されることがあります。 [LC8794]

  • サーバーでpicadm.sysの致命的な例外が発生し、バグチェックコード0x000000D1(DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL)によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LC8830]

  • VDAでwdica.sysの致命的な例外が発生し、ブルースクリーンエラーが発生することがあります。 [LC9695]

  • 公開アプリケーションを開始しようとすると、wfshell.exeプロセスが予期せず終了することがあります。この問題は双方向コンテンツリダイレクトポリシーが有効な場合に発生し、URLは提供されません。 [LC9705]

  • アプリケーションを起動すると、wfshell.exeプロセスが予期せず終了することがあります。この問題は、icaendpoint.dllモジュールに障害がある場合に発生します。 [LC9737]

  • Microsoft Windows Server 2008 R2で重大な例外が発生し、バグチェックコード SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED (0x1000007E) によるブルースクリーンが表示されることがあります。この問題は、XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR CU2がMicrosoft Windows Serverにインストールされている場合に発生します。 [LC9849]

  • picavc.sysでサーバーに重大な例外が発生し、バグチェックコード SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED (7e) によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LD0006]

ユーザーエクスペリエンス

  • VDA for Server OSで実行されている特定のサードパーティアプリケーション(Aurionなど)からハイパーリンクを開こうとすると、URLの先頭に余分な文字列「%1」が追加されることがあります。 [LC8952]

  • 公開アプリケーションのサイズを変更し、そのアプリケーションをあるモニターから別のモニターに移動しようとすると、アプリケーションの周りに白い罫線が表示されることがあります。 [LC9570]

  • Unicodeキーボードレイアウトマッピングを使用するようにVDAを設定して、ローカルIMEを有効にした状態でCitrix ReceiverからHDXセッションを確立します。公開アプリケーションで任意の文字を入力し、出力された文字の一部または全部を選択すると、選択した文字が新しい文字に置き換わるのではなく、選択した文字の前に新しい文字が挿入されます。 [LC9591]

ユーザーインターフェイス

  • 法的通知はユーザーセッションのログオン画面の開始時に表示されます。ローカルアプリアクセスを有効にした状態で、ログオン画面で [OK] をクリックして続行すると、ログオンを続行する前に画面に法的通知が数秒間表示されることがあります。 [LC9408]

  • シームレスなセッションのアプリケーションウィンドウが応答しなくなると、アプリケーションウィンドウのタスクバーアイコンが削除され、再度作成される可能性があります。 [LC9807]

  • 公開アプリケーションを起動しようとすると、Citrix Receiver for Windowsの画面が右下に表示されることがあります。 [LC9817]

仮想デスクトップコンポーネント - その他

  • VDAからApp-Vパッケージを非公開および削除しようとすると失敗する可能性があります。 [LC9161]

  • Machine Creation Servicesのストレージ最適化(MCSIO)でキャッシュオーバーフローが発生すると、XenServer仮想マシンのパフォーマンスが低下する可能性があります。 [LC9351]

  • VDAで実行されているWMIクエリは、無期限に応答しなくなる可能性があります。 [LC9510]

  • 同じセッションで同じApp-Vアプリケーションの複数のインスタンスを実行しようとすると、失敗する可能性があります。この問題は、実行中のプロセスがマニフェストファイルで定義されているプロセスと異なる場合に発生します。 [LC9652]

  • Microsoft EdgeブラウザがVDAで実行されている場合、ユーザーを検索する際に、Citrix Directorのアクティビティマネージャーで、複数のアプリケーションエントリが表示されることがあります。 [LC9673]