このリリースについて

新機能

1906の新機能

Citrix Castingの更新

周辺機器を使用してCitrix Readyワークスペースハブでセッションを制御します。ハブとデバイスの両方でキーボードとマウスを使用してセッションを管理できるようになりました。詳しくは、「Citrix Readyワークスペースハブ」を参照してください。

言語サポート

Mac向けCitrix Workspaceアプリがオランダ語で利用できるようになりました。

1903.1の新機能

Citrix Castingの更新

Citrix Castingは、新機能および機能強化によって総合的に更新されました。Citrix Castingについて詳しくは、「Citrix Casting」を参照してください。

1901の新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

1812の新機能

Citrix Casting

Citrix Castingは、近くのCitrix ReadyワークスペースハブデバイスにMacの画面をキャストするために使用されます。このリリースでは、Macの画面をワークスペースハブに接続されたモニターにミラーリングするためのサポートが提供されています。

Citrix Castingについて詳しくは、「Citrix Castingの構成」を参照してください。

キーボードレイアウトの同期

このリリース以降、Mac向けCitrix WorkspaceアプリはセッションでクライアントからLinux VDAにキーボードレイアウトを動的に同期できます。クライアントデバイスの優先キーボードレイアウトを切り替えることができ、たとえば、キーボードのレイアウトを英語からスペイン語に変更するときに、一貫したユーザーエクスペリエンスを提供します。

キーボードレイアウトの構成について詳しくは、「キーボードレイアウト」を参照してください。Linux VDAでのキーボードレイアウトの同期の構成について詳しくは、「動的なキーボードレイアウトの同期」を参照してください

クライアントIME機能の拡張

このリリース以降、Mac向けCitrix WorkspaceアプリはクライアントのIME入力およびLinux VDAに関してより優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。この機能を使用すると、クライアントのIME入力が以下の2つの点で向上します:

  • 入力文字の候補一覧を表示するウィンドウは、以前のような左下隅ではなく常に挿入ポイントの横に表示されます。
  • VDAに表示された入力文字には、確定文字と混同しないようにマークが付けられています。

クライアントIME機能の拡張は、キーボードレイアウトの同期機能に依存します。

クライアントIME機能の拡張を構成する方法について詳しくは、「拡張クライアントIME」を参照してください。Linux VDAでクライアントIMEを構成する方法について詳しくは、「クライアント側IMEユーザーインターフェイスの同期」を参照してください。

選択的H264

選択的H264を使用すると、ビデオの再生時などに、画面の急激に変化する部分をH264ストリームとして受信できます。選択的H264を有効にするには、[圧縮にビデオコーデックを使用する] ポリシーを [領域をアクティブに変更] に設定します。

1809の新機能

macOS Mojaveのサポート

Mac向けCitrix Workspaceアプリは、ダークモードなどのMacOS Mojaveの機能を完全にサポートしています。

WebAppのサポート

Mac向けCitrix WorkspaceアプリのSecure BrowserがCookieをサポートし、Citrix Gateway使用時のリダイレクトをサポートするようになりました。

1808の新機能

64ビットのサポート

Mac向けCitrix Workspaceアプリは完全64ビット版です。

注:

Citrix Workspaceアプリにアップグレードすると、ビット数が一致しないため最適化されたSkype for Business(Lync)環境を利用できません。Mac向けCitrix Workspaceアプリは64ビット版ですが、現在インストールされているバージョンのRTMEは32ビット版です。RTMEの64ビット版のリリースは、2018年9月下旬に予定されています。この問題を回避するために、RTMEのTech Previewリリースの使用を検討してください。

注:

32ビットのカスタム仮想チャネルは機能しなくなるため、64ビットに更新する必要があります。

Federated認証

Mac向けCitrix Workspaceアプリは、Azure Active Directoryを使用したFederated認証をサポートするようになりました。

リモート言語バーを表示または非表示にする

このリリースから、グラフィカルユーザーインターフェイスを使用して、アプリケーションセッションでリモート言語バーを表示または非表示にすることができます。言語バーには、セッションで優先される入力言語が表示されます。以前のリリースでは、VDAのレジストリキーを使用することによってのみ、この設定を変更できました。Mac向けCitrix Workspaceアプリのバージョン1808以降では、[環境設定]ダイアログを使用して変更できます。言語バーは、デフォルトでセッションに表示されます。

詳しくは、「構成」およびKnowledge CenterのCTX231913を参照してください。

注:

この機能は、VDA 7.17以降で動作するセッションで使用できます。

Citrix Analyticsのサポート

Citrix Workspaceアプリには、Citrix Analyticsにログをセキュアに送信するための機能があります。有効になっている場合、ログは分析され、Citrix Analyticsに保存されます。Citrix Analyticsについて詳しくは、Citrix Analyticsのドキュメントを参照してください。

解決された問題

1906で解決された問題

  • スマートカードセッションがランダムに切断されることがあります。 [RFMAC-1816, RFMAC-2313]
  • セッションが切断されると、Mac向けCitrix Workspaceアプリが応答しなくなることがあります。 [RFMAC-2137]
  • Webビューのウィンドウはすべてのアプリケーションの手前に表示されます。 [RFMAC-2146]
  • MacBookをスリープ状態から起動後、Mac向けCitrix Workspaceアプリが繰り返し認証を要求します。 [RFMAC-2161]
  • ログオン時に、サーバーが見つからなかったというエラーが表示されることがあります。 [RFMAC-2192]
  • シングルサインオンを構成せずにWebアプリを起動すると、資格情報が要求されずに401エラーが発生することがあります。 [RFMAC-2194]
  • セカンダリモニターに移動すると、シームレスアプリケーションのウィンドウが表示されなくなることがあります。 [RFMAC-2314]
  • 「ページを読み込めませんでした」というエラーページが表示されることがあります。 [RFMAC-2322]
  • 公開されているMicrosoft Outlookの使用中に、ユーザーがメニューを選択できないことがあります。[RFMAC-2335]
  • Webフォームを使用すると認証エラーが表示されることがあります。 [RFMAC-2349]
  • Citrix Gateway経由で接続を試行しているときにvServerで署名済み中間証明書の使用が構成されている場合、Mac向けCitrix WorkspaceアプリがSSLエラー61で予期せず終了します。 [RFMAC-2393]
  • 特定のWebサイトの資格情報が消去され、ユーザーがサインインできなくなることがあります。 [RFMAC-2394]
  • Outlook Webアプリを起動すると、空白のページが表示されます。 [RFMAC-2395]
  • シームレスアプリケーションを最小化して最大化すると、アプリが正しく再描画しなくなることがあります。 [RFMAC-2411]
  • 公開アプリとして起動すると、ユーザーがJiraにファイルをアップロードできない可能性があります。[RFMAC-2467]

1903.1で解決された問題

  • デスクトップセッションを起動すると、Mac向けCitrix Workspaceアプリが予期せず終了することがあります。
  • 特定のカスタムアプリケーションが起動しないことがあります。 [RFMAC-2081]
  • メモ帳アプリを移動すると、2つ以上のアプリがアクティブなときにアプリがバックグラウンドに移動することがあります。 [RFMAC-2107]
  • Citrix Workspaceのストアを編集しようとすると、代わりにCitrix FilesのUIが表示されます。 [RFMAC-2111]
  • シームレスアプリの起動後、アプリが完全に起動される前にドックアイコンをクリックすると、セッションはシームレスではなくなります。[RFMAC-2139]
  • MacBookをスリープ状態から起動後、Citrix Workspaceが繰り返し認証を要求します。 [RFMAC-2161]
  • シームレスVDAセッションに再接続すると、セッション内のグラフィックが歪んで表示されることがあります。[RFMAC-2176]
  • ローカルキーボードレイアウトと日本語キーボードを使用している場合、確定していない入力文字を削除すると正しく動作しないことがあります。 [RFMAC-2287]

1901で解決された問題

  • Mac向けCitrix Workspaceアプリをアップグレードした後に、アプリが起動しないことがあります。 [RFMAC-2003]
  • USBオーディオリダイレクトが正常に機能しないことがあります。 [RFMAC-2043]
  • シームレスバージョンのMicrosoft Outlookでは、ドロップダウンメニューを選択できません。 [RFMAC-2079]
  • シームレスアプリケーションを使用している場合、セッションが応答しなくなることがあります。 [RFMAC-2083]
  • 複数のモニターに表示されたウィンドウを最小化または最大化するときに、セッションが応答しなくなることがあります。 [RFMAC-2103]

1812で解決された問題

  • Microsoft Officeアプリケーション内でヒントを閉じた後、ヒントが表示されていた場所に黒い領域が残ります。 [RFMAC-1793]
  • Retinaディスプレイの場合、セッションがぼやけて表示されることがあります。 [RFMAC-1944]
  • 3台のモニターで実行されているセッション中にトラックパッドで3本指でのスワイプジェスチャを使用すると、正しく動作しないことがあります。 [RFMAC-1968]
  • Citrix Viewerをバックグラウンドで実行している場合、App Nap機能が働くことがあります。 [RFMAC-1979]
  • ネットワーク接続が切断された後、ネットワークに再接続すると、 ログオンページが表示されるまでに通常より長い時間がかかることがあります。 [RFMAC-2001]
  • deleteキーを押すと、複数の文字が削除されることがあります。 [RFMAC-2011]
  • YouTubeの動画を3分以上再生すると、EDTが有効になっているVDAが応答しなくなることがあります。 [RFMAC-2017]
  • Citrix Receiver LauncherがGoogle Chromeに登録されている場合、Citrix Workspaceアプリにアップグレードすると、セッションがChromeから起動しなくなります。 [RFMAC-2020]
  • [圧縮にビデオコーデックを使用する]ポリシーが正常に機能しない場合があります。 [RFMAC-2021]

1809で解決された問題

  • 再接続したセッションが接続されていないことがあります。 [RFMAC-1823]

1808で解決された問題

  • デュアルGPUのMacデバイスで、クライアントがバッテリー電源で電力効率の高い統合GPUではなく単体GPUを使用することがあります。 [RFMAC-1439]
  • JamFが同時にインストールされている場合、クライアントが正しくアップグレードされないことがあります。 [RFMAC-1523]
  • USBデバイスは、一般的なUSBのリダイレクトに使用しようとするとセッションに表示されないことがあります。 [RFMAC-1592]
  • クライアントの更新プログラムを確認するときに、「更新の確認の問題」エラーが発生することがあります。 [RFMAC-1589]
  • 複数の公開アプリウィンドウが開いている場合、公開アプリケーションウィンドウをアクティブにすると、別の公開アプリウィンドウが最前面に表示されることがあります。 [RFMAC-1696]

既知の問題

1906での既知の問題

  • MacBook Pro 2018以降およびFaceTimeを使用している場合、ビデオプレビューの下部に緑色のバーが表示されることがあります。 [RFMAC-2317]

1903.1での既知の問題

  • スマートカードセッションがランダムに切断されることがあります。 [RFMAC-1816]
  • ログオン時に、サーバーが見つからなかったというエラーが表示されることがあります。 [RFMAC-2192]
  • MacBook Pro 2018以降およびFaceTimeを使用している場合、ビデオプレビューの下部に緑色のバーが表示されることがあります。 [RFMAC-2317]

1901での既知の問題

  • スマートカードセッションがランダムに切断されることがあります。 [RFMAC-1816]

1812での既知の問題

  • スマートカードセッションがランダムに切断されることがあります。 [RFMAC-1816]
  • USBオーディオリダイレクトが正常に機能しないことがあります。 [RFMAC-2043]

1809での既知の問題

  • Safariバージョン12を使用している場合、アプリセッションやデスクトップセッションが起動しないことがあります。この問題を回避するには、Knowledge CenterのCTX238286を参照してください。回避策の実行後は、ユーザーはセッションを開始するたびにSafariに権限を許可する必要があります。

1808での既知の問題

  • セキュアなSaaSアプリでエラーが発生すると、ブラウザーに表示されるエラーはローカライズされません。 [RFMAC-1836]

このリリースについて