Mac向けCitrix Workspaceアプリの新機能

1901の新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

1812の新機能

Citrix Casting

Citrix Castingは、近くのCitrix ReadyワークスペースハブデバイスにMacの画面をキャストするために使用されます。このリリースでは、Macの画面をワークスペースハブに接続されたモニターにミラーリングするためのサポートが提供されています。

Citrix Castingについて詳しくは、「Citrix Castingの構成」を参照してください。

キーボードレイアウトの同期

このリリース以降、Mac向けCitrix WorkspaceアプリはセッションでクライアントからLinux VDAにキーボードレイアウトを動的に同期できます。クライアントデバイスの優先キーボードレイアウトを切り替えることができ、たとえば、キーボードのレイアウトを英語からスペイン語に変更するときに、一貫したユーザーエクスペリエンスを提供します。

キーボードレイアウトの構成について詳しくは、「キーボードレイアウト」を参照してください。Linux VDAでのキーボードレイアウトの同期の構成について詳しくは、「動的なキーボードレイアウトの同期」を参照してください

クライアントIME機能の拡張

このリリース以降、Mac向けCitrix WorkspaceアプリはクライアントのIME入力およびLinux VDAに関してより優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。この機能を使用すると、クライアントのIME入力が以下の2つの点で向上します:

  • 入力文字の候補一覧を表示するウィンドウは、以前のような左下隅ではなく常に挿入ポイントの横に表示されます。
  • VDAに表示された入力文字には、確定文字と混同しないようにマークが付けられています。

クライアントIME機能の拡張は、キーボードレイアウトの同期機能に依存します。

クライアントIME機能の拡張を構成する方法について詳しくは、「構成ファイルを使用した拡張クライアントIMEの構成」を参照してください。Linux VDAでクライアントIMEを構成する方法について詳しくは、「クライアント側IMEユーザーインターフェイスの同期」を参照してください。

選択的H264

選択的H264を使用すると、ビデオの再生時などに、画面の急激に変化する部分をH264ストリームとして受信できます。選択的H264を有効にするには、[圧縮にビデオコーデックを使用する] ポリシーを [領域をアクティブに変更] に設定します。

1809の新機能

macOS Mojaveのサポート

Mac向けCitrix Workspaceアプリは、ダークモードなどのMacOS Mojaveの機能を完全にサポートしています。

WebAppのサポート

Mac向けCitrix WorkspaceアプリのSecure BrowserがCookieをサポートし、Citrix Gateway使用時のリダイレクトをサポートするようになりました。

1808の新機能

64ビットのサポート

Mac向けCitrix Workspaceアプリは完全64ビット版です。

注:

Citrix Workspaceアプリにアップグレードすると、ビット数が一致しないため最適化されたSkype for Business(Lync)環境を利用できません。Mac向けCitrix Workspaceアプリは64ビット版ですが、現在インストールされているバージョンのRTMEは32ビット版です。RTMEの64ビット版のリリースは、2018年9月下旬に予定されています。この問題を回避するために、RTMEのTech Previewリリースの使用を検討してください。

注:

32ビットのカスタム仮想チャネルは機能しなくなるため、64ビットに更新する必要があります。

Federated認証

Mac向けCitrix Workspaceアプリは、Azure Active Directoryを使用したFederated認証をサポートするようになりました。

リモート言語バーを表示または非表示にする

このリリースから、グラフィカルユーザーインターフェイスを使用して、アプリケーションセッションでリモート言語バーを表示または非表示にすることができます。言語バーには、セッションで優先される入力言語が表示されます。以前のリリースでは、VDAのレジストリキーを使用することによってのみ、この設定を変更できました。Mac向けCitrix Workspaceアプリのバージョン1808以降では、[環境設定]ダイアログを使用して変更できます。言語バーは、デフォルトでセッションに表示されます。

詳しくは、「構成」およびKnowledge CenterのCTX231913を参照してください。

注:

この機能は、VDA 7.17以降で動作するセッションで使用できます。

Citrix Analyticsのサポート

Citrix Workspaceアプリには、Citrix Analyticsにログをセキュアに送信するための機能があります。有効になっている場合、ログは分析され、Citrix Analyticsに保存されます。Citrix Analyticsについて詳しくは、Citrix Analyticsのドキュメントを参照してください。

Mac向けCitrix Workspaceアプリの新機能