パフォーマンス向け Citrix Analytics(パフォーマンス分析)

パフォーマンス分析とは何ですか

Performance Analyticsは、アプリケーションおよびデスクトップ環境の主要パフォーマンス指標を追跡、集約、視覚化できるCitrix Analyticsサービス(CAS)です。

  • Performance Analytics は、サイトのパフォーマンス指標を、見やすいユーザーエクスペリエンスとインフラストラクチャダッシュボードに集約します。ダッシュボードは、ユーザーエクスペリエンスを分析し、アプリとデスクトップサイトの使用を最適化するのに役立ちます。

  • パフォーマンス分析は、マルチサイトの集約とレポートをサポートしています。クラウドとオンプレミスのセットアップ全体のパフォーマンスメトリクスを集約します。したがって、環境内のすべてのサイトのデータを 1 つのコンソールで表示できます。

  • パフォーマンス分析は、ユーザーのパフォーマンス要因を定量化し、これらの要因に基づいてユーザーを分類します。障害、画面の遅れ、セッションログオンの遅延、およびその他のパフォーマンス指標のトラブルシューティングに役立つ実用的な洞察を提供します。

  • パフォーマンス分析では、メトリックを検索してフィルタリングし、パフォーマンスの問題に直面している特定のユーザーまたはセッションに絞り込むことができます。

パフォーマンス分析の使用方法

ユーザーエクスペリエンスダッシュボード

[ユーザーエクスペリエンス] ダッシュボードには、セッションの応答性、セッションログオン時間、セッションの失敗、セッションの再接続などの要因に関するサイトのパフォーマンスが表示されます。これらを組み合わせてユーザーエクスペリエンスを定義します。

組織内の仮想アプリケーションおよびデスクトップの複数のユーザーをサポートしており、アプリまたはデスクトップの起動中に遅延が発生することがある場合には、ログオン時間メトリックで問題の洞察を得ることができます。ドリルダウンは、問題の原因となる要因を特定するのに役立ちます。

インフラストラクチャダッシュボード

インフラストラクチャダッシュボードには、サイト内のコンピュータのステータスと正常性が表示されます。ユーザーダッシュボードとインフラストラクチャダッシュボードを併用すると、リソースの可用性をプロアクティブにチェックし、サイトのパフォーマンスのボトルネックを特定するのに役立ちます。

  • ユーザーまたはセッションの傾向が低下し、サイトにログインしているユーザーまたはセッションの数が減少している場合は、このインジケータを使用して、ハイパーバイザーが再起動されたかどうか、またはマシンの数が不足しているかどうかを確認します。

  • セッションの起動に失敗するケースが複数ある場合は、ドリルダウンして失敗の原因を特定します。ライセンス数が不足しているか、Delivery Controllerへのマシン接続に問題がある可能性があります。

注:

インフラストラクチャ分析ダッシュボードは 、現在 [プレビュー] の下にあります。

Performance Analytics を使用すると、問題を迅速に分析し、トラブルシューティングして解決し、アプリケーションとデスクトップの最適なサービスレベルを維持できます。

はじめに

前提条件

  1. お使いのワークステーションに、サポートされているブラウザの記事に記載されているサポートされている Web ブラウザがあるかどうかを確認します 。システム要件について詳しくは、「 Citrix Analytics のシステム要件 」を参照してください。

  2. アナリティクスサービスを使用するには、Citrix Cloud アカウントが必要です。Citrix Cloudアカウントを作成する方法の詳細については、「Citrix Cloudへのサインアップ」を参照してください。 https://citrix.cloud.com にアクセスし、Citrix Cloud アカウントでサインインします。

  3. Citrix Analytics for Performanceは、サブスクリプションベースのオファリングとして、スタンドアロンオファリングとして、またはCitrix Analytics for Securityにバンドルされています。Citrix Analytics for Performanceをサブスクライブする方法については、「https://www.citrix.com/products/citrix-analytics-performance.html)」を参照してください。

  4. サポートされているバージョンのデータソースについては、「 データソース 」の記事を参照してください。

  5. Citrix Profile Managementをすべてのマシンにインストールする必要があります。

  6. エンドユーザーエクスペリエンス監視 (EUEM) サービスが実行されており、対応するポリシーがすべてのマシンで構成されている必要があります。詳細については、「 エンドユーザーの監視ポリシー設定」を参照してください。

アクセス

  1. Citrix Cloudにログオンします。Analytics サービスタイルを探して、[ 管理] をクリックします。概要ページには、Analytics ポートフォリオで使用可能なオファリングが表示されます。

  2. パフォーマンスオファリングで 、オファリングの試用版を使用するには、[ トライアルのリクエスト] をクリックします。パフォーマンス向け Citrix Analytics オファリングを購入した場合は、代わりに[ 管理 ]リンクをクリックします。 パフォーマンス分析

  3. Citrix Analytics for Performanceが開き、ダッシュボードにユーザーエクスペリエンスとインフラストラクチャパフォーマンス分析が表示されます。 パフォーマンス分析

アジア太平洋南地域からのアクセス

Citrix Analytics for Performance は、アジア太平洋南部(APS)地域のトライアル版のお客様とサブスクリプションベースのお客様向けに自動的にオンボーディングされるようになりました。Citrix Cloud でサポートされているリージョンの詳細については、「 地理的考慮事項」を参照してください。

APSリージョンからパフォーマンス分析にアクセスするには、テナントをCitrix Cloud にオンボーディングする際にアジア太平洋南部リージョンを選択します。Citrix Cloud にログオンし、Citrix CloudのAPSリージョンでテナントを選択します。 https://analytics-aps.cloud.com URLを使用して、Citrix Analytics クラウドサービスにアクセスします。

  • Citrix Analytics for Performanceは、組織のユーザーイベントとメタデータをホームリージョンとして選択すると、アジア太平洋南部リージョンに保存されるようになりました。詳しくは、「データガバナンス」を参照してください。

  • アジア太平洋南部リージョンのネットワーク要件については、「 テクニカルセキュリティの概要」を参照してください。

データソースの設定

パフォーマンス分析を使用して、オンプレミスまたはクラウドサイトを監視できます。このオファリングは、純粋なオンプレミスのお客様、クラウドのお客様、またはオンプレミスとクラウドサイトが混在するハイブリッドのお客様のいずれでも使用できます。

パフォーマンス分析は、Citrix DaaS(旧Citrix Virtual Apps and Desktops サービス)を自動的に検出します。 オンプレミスのお客様の場合は、

  • まず、Citrix Virtual Apps and Desktopsサイトをパフォーマンス分析にオンボードします。
  • パフォーマンス分析でネットワーク関連の情報を取得するには、オンプレミスのCitrix Gateway もオンボードする必要があります。

「データソース」の記事の説明に従って、 必要なデータソースを構成します

注:

サービス継続性

サービスが中断した場合、Citrix Analytics for Performanceは限られた容量で動作します。

管理者は、 現在の画面で利用可能なデータを維持して表示するかダウングレードモードでダッシュボードに移動するかを選択できます

[復元力の読み取り] ダイアログ

ダウングレードモードでは、ユーザーは過去1日のすべてのサイトのデータを含むダッシュボードに切り替わります。 いずれの場合も、サービスが通常の動作に復元されるまで、すべてのフィルタとドリルダウンは無効になります。

読み取りレジリエンシー

この更新により、製品の耐障害性が向上し、 サービスレベルアグリーメントとの整合性が向上します

パフォーマンス向け Citrix Analytics(パフォーマンス分析)