解決された問題

Citrix Receiver for Windows 4.12

修正前のバージョン: Citrix Receiver for Windows 4.11

HDX MediaStream Flashリダイレクト

  • HDX MediaStream Flashリダイレクトの設定を有効にすると、セッションを切断した時PseudoContainer2.exeプロセスが予期せず終了することがあります。[#LC8802]

キーボード

  • StoreFrontからダウンロードされたAPPSRV.INIまたはICAファイルを使用して、サーバーのデフォルトまたは選択したキーボードレイアウトを使用しようとすると、失敗することがあります。

    以下は、このシナリオの制限事項です。

    • 以前にレイアウトを設定した場合でも、最初に設定する時には、コントロールパネルからセッションで手動でキーボードレイアウトを設定する必要があります。
    • キーボードレイアウトの同期を、[高度な設定][いいえ] に設定する必要があります。レイアウトを [はい] に設定すると、ローカルIMEがリダイレクトされます。[#LC9593]

セッション/接続

  • Microsoft Internet Explorer 11を使用してデスクトップを起動しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    「The connection to <published_desktop> failed with status (Unknown client error 0).」[#LC8841]

  • StoreFrontの2つのサイト間でアグリゲーションをセットアップすると、起動前セッションは作成されません。[#LC8847]

  • 特定のDVDビデオは、マップされたクライアントドライブを経由するとセッション内で再生されないことがあります。[#LC8912]

  • 第1ホップがVDA for Desktop OS、第2ホップがVDA内で起動されるアプリケーションのダブルホップ環境では、VDA for Desktop OSを実行している最初のホップに再接続すると、数秒間画面がちらつくことがあります。[#LC9071]

  • 双方向コンテンツをVDAにリダイレクトすると、ブラウザーが既に開いている場合、2番目のURLが新しいブラウザーで開きます。[#LC9157]

  • アプリケーションを起動すると、Citrix Receiver for Windowsが「接続中です…」と表示して起動できないことがあります。次のエラーメッセージが表示されます:

    「The published resource is not available currently. Contact your system administrator for assistance.」[#LC9170]

  • Citrix Receiver for Windowsを使用してウィンドウモードおよび非シームレスモードでセッションを開始すると、灰色の画面が表示されることがあります。この問題は、ICAファイルの解像度がクライアントのエンドポイントの解像度よりも大きい場合に発生します。[#LC9266]

  • Citrix Receiver for Macからアプリケーションを起動できないことがあります。この問題は、クライアントライセンス(LicenseRequestClientLicense)を取得できない場合に発生します。[#LC9286]

  • Citrix Receiver for Windowsを使用してデスクトップを起動しようとすると失敗することがあります。StoreFrontを使用してLaunchTimeoutMsで起動時間を長く設定した場合でも、この問題が発生します。[#LC9369]

  • VDA for Server OS上で実行されている公開アプリケーションでクリップボードのクリアまたは削除を選択すると、VDAクリップボードはクリアされますが、テキストはエンドポイントのクリップボードに残ります。[#LC9434]

  • System Center Configuration Manager(SCCM)を使用してCitrix Receiver for Windowsをアップグレードすると、Receiver for Windowsがシステムの再起動を要求することがあります。[#LC9706]

  • System Center Configuration Manager(SCCM)またはPSExec経由でCitrix Receiver for Windowsをインストールすると、無人インストールが行われることがあります。[#RFWIN-8188]

スマートカード

  • スマートカード認証を使用して公開デスクトップを全画面モードで起動しようとすると、Desktop ViewerにPINプロンプトが表示されないことがあります。[#LC8579]

システムの例外:

  • タッチ操作可能なデバイスを使用してVDAに接続すると、wfica32プロセスが断続的に終了することがあります。[#LC9228]

  • wfica32.exeプロセスが断続的に終了することがあります。[#LC9397]

ユーザーエクスペリエンス:

  • グラフィックのハードウェアアクセラレーションを有効にして公開デスクトップを起動すると、Desktop Viewerの灰色のプレビューがツールバーに表示されることがあります。[#LC8545]

  • デスクトップの起動後すぐにデスクトップが非表示になることがあります。この問題は、Citrix Receiver for Windowsから送信されたTLSパケットが重複しているため発生します。[#LC8724]

  • Citrix Receiver for Windows内のアプリケーションを更新すると、[スタート]メニューとタスクバーアイコンがちらついて表示されることがあります。[#LC8890]

  • H.265ビデオコーデックを使用して公開デスクトップを起動すると、公開デスクトップの画面に緑色が表示されます。[#LC9083]

  • Citrix Receiver for WindowsをCitrix XenApp Servicesサイトとともに使用すると、アプリケーションとアイコンがファイルの種類に部分的に関連付けられることがあります。[#LC9402]

  • [キーボードと言語バー] ページで [いいえ。サーバーのキーボードレイアウトを使用します。] を選択すると、キーボードレイアウトの同期が動的にサポートされないことがあります。[はい] を選択すると、キーボードレイアウトの同期が動的にサポートされます。ただし、キーボードレイアウトは、どちらの場合でも最初の接続時には同期されます。[#RFWIN-7999]

  • 64ビットマシンで、%ProgramFiles%のレジストリエントリがあるアプリケーションの32ビットインスタンスを起動すると、エントリはC:\Program Fileに展開されますが、C:\Program Files (X86)\には展開されません。その結果、アプリケーションの32ビットインスタンスの起動がサーバーインスタンスの起動にフォールバックし、アプリケーションのvPreferが失敗します。[#RFWIN-8025]

その他

  • この修正では、Enlightened Data Transport(EDT)のパフォーマンスおよび品質のマイナーな強化に対応しています。[#LC9417]

:このバージョンのCitrix Receiver for Windowsには、4.114.10.14.104.94.84.74.64.54.44.34.24.14.0の各バージョンに含まれるすべての修正も入っています。

解決された問題