インストールと構成

個々の展開手順を開始する前に、参考記事を確認して、展開中に何が起こるか、何を指定する必要があるのかを前もって確認してください。

次の手順に従って、XenAppまたはXenDesktopを展開します。

準備

インストールの準備」を確認し、必要なタスクをすべて完了します。

  • コンセプト、機能、これまでのリリースとの差異、システム要件、およびデータベースに関する情報の参照先。
  • コアコンポーネントのインストール先を決定する際の考慮事項。
  • Active Directoryの権限と要件。
  • 利用できるインストーラー、ツール、およびインターフェイスに関する情報。

コアコンポーネントのインストール

Delivery Controller、Citrix Studio、Citrix Director、Citrixライセンスサーバー、Citrix StoreFrontをインストールします。詳しくは、「コアコンポーネントのインストール」または「コマンドラインを使ったインストール」を参照してください。

サイトの作成

コアコンポーネントのインストール後、Studioを起動すると、操作は自動的にサイトの作成へ誘導されます。

1つまたは複数のVirtual Delivery Agent(VDA)のインストール

Windowsオペレーティングシステムが実行されているマシンにVDAをインストールします。このとき、マスターイメージにインストールすることも、各マシン上に直接インストールすることもできます。「VDAのインストール」または「コマンドラインを使ったインストール」を参照してください。Active Directory経由でVDAをインストールする場合のスクリプト例が用意されています。

Linuxオペレーティングシステムを使用しているマシンでは、「Linux Virtual Delivery Agent」のガイダンスに従ってください。

リモートPCアクセス機能を使用する場合は、オフィスにある各ユーザーのコンピューター上にVDA for Desktop OSをインストールします。コアVDAサービスのみが必要な場合は、スタンドアロンのVDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーと、既存の電子ソフトウェア配信(ESD)の方法を使用します。(利用できるVDAのインストーラーに関する完全な情報については、「インストールの準備」を参照してください。)

その他のオプションコンポーネントのインストール

Citrix ユニバーサルプリントサーバーの使用を計画している場合は、そのサーバーコンポーネントをプリントサーバーにインストールします。「コアコンポーネントのインストール」または「コマンドラインを使ったインストール」を参照してください。

StoreFrontでの認証オプション(SAMLアサーションなど)の使用を許可するには、Citrix Federated認証サービスをインストールします。

エンドユーザーが自身のユーザーアカウントをより詳細に制御できるようにするには、セルフサービスパスワードリセットをインストールします。詳しくは、「セルフサービスパスワードリセット」ドキュメントを参照してください。

必要に応じて、XenApp/XenDesktop展開にCitrixコンポーネントをさらに統合します。

  • Provisioning ServicesはXenAppおよびXenDesktopのオプションコンポーネントで、マスターイメージをターゲットデバイスにストリーム配信してマシンをプロビジョニングします。
  • Citrix NetScaler Gatewayはアプリケーションアクセスのセキュリティを保護するソリューションで、詳細なアプリケーションレベルのポリシーと操作の制御機能を管理者に提供し、アプリケーションとデータへのアクセスのセキュリティを保護します。
  • Citrix NetScaler SD-WANは、WAN接続のパフォーマンスを最適化するための一連のアプライアンスです。

インストールのガイダンスについては、これらのコンポーネント、機能、およびテクノロジに関するドキュメントを参照してください。

マシンカタログの作成

Studioでサイトの作成が完了すると、マシンカタログの作成へ誘導されます。

カタログには、物理マシンまたは仮想マシン(VM)のどちらでも使用できます。仮想マシンはマスターイメージから作成できます。VMの提供に、ハイパーバイザーまたはクラウドサービスを使用している場合は、まず、そのホストにマスターイメージを作成します。その後、カタログ作成時に、このイメージを指定します。これはVMを作成するときに使用されます。

デリバリーグループの作成

Studioで1つ目のマシンカタログの作成が完了すると、デリバリーグループの作成へ誘導されます。

デリバリーグループは、選択されたカタログにあるマシンにアクセスできるユーザーと、そのユーザーが利用可能なアプリケーションを指定します。

アプリケーショングループの作成(オプション)

デリバリーグループの作成後、オプションでアプリケーショングループを作成できます。さまざまなデリバリーグループで共有されているアプリケーションや、デリバリーグループ内のユーザーのサブセットで使用されるアプリケーションについて、アプリケーショングループを作成できます。