Citrix Cloud

パートナー向けのCitrix Cloud

Citrix Cloudには、顧客とパートナーの両方用に設計されたサービス、機能、エクスペリエンスが含まれています。このセクションでは、Citrix Cloudサービスおよびソリューション上でシトリックスパートナーが利用できる、顧客とのコラボレーションに役立つ機能について説明します。

パートナーID

パートナーは、Citrix組織ID(ORGID)に基づいてCitrix Cloudで識別されます。Citrix Cloudの各アカウントはCitrix ORGIDに関連付けられています。Citrix ORGIDはCitrix Cloudのアカウントの詳細で確認できます。

アカウントのORGIDがシトリックスパートナープログラム(Citrix Solution AdvisorやCitrix Service Provider)のアクティブなメンバーである場合は、シトリックスパートナーがこのアカウントを所有していることを示すプログラムバッジが表示されます。パートナーIDは、追加のクラウドサービスや機能へのアクセスを管理するために使用されます。

Citrix Cloudコンソールのパートナーアカウント設定ページ

顧客ダッシュボード

顧客ダッシュボードは、パートナーが統合されたビューで複数のCitrix Cloud顧客の状態を確認できるように設計されています。顧客がダッシュボードに表示されるためには、パートナーと顧客の間で接続が確立されている必要があります。顧客ダッシュボードは、パートナーバッジを持つCitrix Cloudアカウントで使用できます。

Citrix Cloudコンソールの[顧客ダッシュボード]ページ

顧客との接続

Citrix Cloudソリューションで顧客とコラボレーションしているパートナーは、アカウント間で信頼済みリンクを確立できます。このアカウントレベルの関係によって、顧客は特定の情報を簡単にパートナーと共有できるようになります。顧客はパートナーとの接続を承諾することにより、Citrix Cloudアカウントおよびシトリックスとの関係に関する情報を閲覧する権限をパートナーに付与します。

パートナー接続を確立すると、以下のことが可能になります。

  • 顧客がパートナーのダッシュボードに表示される
  • 顧客アカウントの設定にパートナーがアクティブな接続として表示される
  • Citrix Cloudサービス使用権のパートナーへの表示
  • ライセンス使用状況とアクティブなCitrix Cloudサービス使用権のパートナーへの表示

以下は、パートナー接続に関するその他の情報です。

  • パートナーは複数の顧客との接続を確立できる
  • 顧客は複数のパートナーとの接続を確立できる
  • 顧客とパートナーとの接続数に制限はない
  • 顧客またはパートナーのいずれも、接続を随時終了できる
    • 顧客の場合はアカウントの詳細ページから
    • パートナーの場合は顧客ダッシュボードから
  • Citrix Cloudの通知は、接続ワークフローに従って送信される
    • 顧客の接続が作成されるとパートナーに通知される
    • 顧客が接続を終了するとパートナーに通知される
    • パートナーが接続を終了すると顧客に通知される
  • ライセンスの表示は、ライセンスの割り当てと使用状況の傾向の概要に限定される
  • パートナーから顧客への接続に有効期限はない

パートナーと顧客との接続が確立されると、パートナーの管理者は、顧客の基本アカウント情報、顧客の注文の詳細とともに、サービス、ライセンス数、有効期限などの使用権情報を表示できます。

ライセンスの傾向

パートナーは、対象顧客の横の省略記号ボタンをクリックし、[ライセンスの表示] を選択することで、顧客ダッシュボードからライセンス情報を表示できます。

[ライセンス]メニューが選択された顧客ダッシュボード

注:

シトリックスパートナーは、ライセンスの概要ビューと、アクティブな使用状況の履歴の傾向のみを表示できます。特定のサービスのライセンスを消費する個々のユーザーを表示することはできません。

概要を表示するには、顧客ページの [使用状況] タブで [使用状況の傾向の表示] を選択します。概要には、購入済みライセンスに対する割り当て済みライセンスの比率、割り当て済みライセンスの内訳、および月ごと/日ごとのアクティブユーザーなどが表示されます。必要に応じて、パートナーはこの情報を.csvファイルとしてエクスポートできます。

割り当てグラフが表示された使用状況の概要

使用状況の傾向が表示された使用状況の概要

顧客を接続に招待する

パートナーは、以下の簡単な3つの手順で顧客に接続できます。

  1. パートナーが顧客ダッシュボードから招待リンクを取得します。

    Citrix Cloudコンソールの[顧客を招待する]ダイアログボックス

  2. パートナーが招待リンクをコピーして顧客に送信します。
  3. 顧客がリンクをクリックし、サインイン(または登録)して接続要求を承諾します。

    招待の承認ダイアログボックス

以下は、パートナー招待リンクに関するその他の情報です。

  • パートナーには、1つの招待リンクが提供されます。リンクは固定されており、カスタマイズや変更はできません。
  • 接続を確立するためにリンクを使用できる回数に制限はない
  • 接続を再作成する必要がある場合はリンクを再使用できる
  • リンクは失効しない

Citrix Cloudサービス使用権のパートナーへの表示

顧客がシトリックスパートナーの接続の招待を承諾すると、パートナーは顧客のCitrix Cloudサービス使用権の状態の基本情報を閲覧できるようになります。この情報には、トライアルとトライアル以外の両方の使用権の状態が含まれます。さらに、以下の情報が含まれます。

  • アクティブなサービストライアル
  • 保留中のサービストライアルリクエスト
  • 期限切れのサービストライアル
  • アクティブなサービスの使用権(顧客が購入したサービス、または権限が付与されたサービスや有効なサービス)
  • 使用権のライセンス数と有効期限

[サービス]タブが表示されたパートナーダッシュボード

ライセンスの傾向

パートナーは、対象顧客の横の省略記号ボタンをクリックし、[ライセンスの表示] を選択することで、顧客ダッシュボードからライセンス情報を表示できます。

[ライセンス]メニューが選択された顧客ダッシュボード

注:

シトリックスパートナーは、ライセンスの概要ビューと、アクティブな使用状況の履歴の傾向のみを表示できます。特定のサービスのライセンスを消費する個々のユーザーを表示することはできません。

顧客ページの [使用状況] タブで [使用状況の傾向の表示] をクリックすると、購入済みライセンスに対する割り当て済みライセンスの比率、割り当て済みライセンスの内訳、および月ごと/日ごとのアクティブユーザーを含む概要が表示されます。必要に応じて、パートナーはこの情報を.csvファイルとしてエクスポートできます。

割り当てグラフが表示された使用状況の概要

使用状況の傾向が表示された使用状況の概要

Citrix Service Providerの顧客のライセンスと使用状況

Citrix Cloudのライセンス機能により、Citrix Service Provider(CSP)の顧客は、サポートされているVirtual Apps and Desktops製品のライセンスと使用状況を監視できます。CSPは、顧客のCitrix Cloudアカウントでサインインして、この情報を表示およびエクスポートすることもできます。詳しくは、次の記事を参照してください:

顧客のサポートチケットおよび通知のパートナーへの表示

パートナーは、接続された顧客のサポートチケットと通知を表示できます。また、特定の顧客ごとに通知を絞り込み、通知を消去するなどの対応を取ることもできます。消去された通知は、パートナーには表示されません。ただし、顧客はCitrix Cloudにサインインした後、アカウントで通知を表示できます。

[顧客通知]ページ

顧客サポートチケットの表示は、パートナーが顧客のために問題を解決するのに役立ち、合理化されたエラーのないエクスペリエンスをユーザーに提供できるようになります。

[カスタマーサポートのチケット]ページ

Citrix Service Providerのフェデレーションドメイン

_フェデレーションドメイン_を使用すると、顧客ユーザーは、Citrix Service Providerのリソースの場所に関連付けられたドメインの資格情報を使用して、ワークスペースにサインインできます。これにより、顧客ユーザーがcustomer.cloud.comなどのカスタムワークスペースのURLを使用してアクセスできる専用のワークスペースを提供できます。リソースの場所は引き続きパートナーのCitrix Cloudアカウント上にあります。顧客がCitrix Serivce ProviderワークスペースのURL(csppartner.cloud.comなど)を使用してアクセスできる共有ワークスペースとともに、専用のワークスペースを提供できます。顧客が専用のワークスペースにアクセスできるようにするには、管理する適切なドメインに顧客を追加します。ワークスペースを構成した後、顧客ユーザーはワークスペースにサインインして、Virtual Apps and Desktopsサービスで利用可能にしたアプリとデスクトップにアクセスできます。

フェデレーションドメインから顧客を削除すると、顧客のユーザーはパートナーのドメインの資格情報を使用してワークスペースにアクセスできなくなります。

フェデレーションドメインを使用してアプリとデスクトップを配信する方法について詳しくは、「Citrix Service Provider用のCitrix Virtual Apps and Desktopsサービス」を参照してください。

Citrix Service Providerのワークスペースの外観オプション

カスタムテーマを使用して、ワークスペースの色とロゴを構成できます。カスタムテーマを作成する方法については、「ワークスペースの外観をカスタマイズする」を参照してください。

カスタムテーマはシングルテナント機能です。サービスプロバイダーのテナントがリソースの場所、Cloud Connector、およびActive Directoryドメイン(マルチテナント)を共有するCitrix Service Providerは、現在サポートされていません。専用のリソースの場所、Cloud Connector、および専用のActive Directoryドメイン(シングルテナント)を持つCitrix Service Providerテナントが完全にサポートされています。