展開

Chrome向けCitrix Workspaceアプリには多くの展開オプションがあります。

  • Google App管理コンソールでは、Googleポリシーを使用してCitrix Workspaceを構成できます。Chromeの構成について詳しくは、Knowledge CenterのCTX141844を参照してください。
  • Chrome向けCitrix Workspaceアプリを再パッケージして、生成済みのCitrix Workspace構成(.cr)ファイルをパッケージ内に含めることができます。.crファイルには、ユーザーのデスクトップおよびアプリケーションを提供するCitrix GatewayおよびCitrix Workspace for Webサイトに関する接続の詳細が含まれています。ユーザーはchrome://extensionsを参照してから、再パッケージしたアプリ(.crx)ファイルをChromeウィンドウにドラッグアンドドロップしてChrome向けCitrix Workspaceアプリをインストールします。アプリが事前構成されるため、ユーザーはChrome向けCitrix Workspaceアプリをインストールすると追加構成をすることなくすぐに使用を開始できます。

次の方法で、ユーザーにカスタムChrome向けCitrix Workspaceアプリを配信できます:

  • Google管理コンソールを使い、Google Apps for Businessを介してユーザー用に再パッケージしたアプリケーションを公開します。
  • メールなどそのほかの方法で、ユーザーに.crxファイルを提供します。
  • ChromeウェブストアでCitrix Workspaceを検索して[追加]をクリックし、Chrome向けCitrix Workspaceアプリをインストールします。

インストールしたら、ユーザーのデスクトップおよびアプリを提供するCitrix GatewayおよびCitrix Workspace for Webサイトに関する接続の詳細でChrome向けCitrix Workspaceアプリを構成する必要があります。これは2通りの方法で実行できます:

  • 適切な接続の詳細を含む.crファイルを生成し、このファイルをユーザーに配布します。Chrome向けCitrix Workspaceアプリを構成するには、ユーザーが.crファイルをダブルクリックして、プロンプトが表示されたら[追加]をクリックします。StoreFrontから.crファイルを生成する方法については、「ユーザー用のストアプロビジョニングファイルのエクスポート」を参照してください。
  • ユーザーが初めてChrome向けCitrix Workspaceアプリを起動する時に手動で入力するURLを指示します。

Chrome向けCitrix Workspaceアプリを再パッケージ化するには

ユーザーに対する展開処理を簡素化するには、新しい.crファイルでChrome向けCitrix Workspaceアプリを再パッケージして、環境に適した接続の詳細でChrome向けCitrix Workspaceアプリを再構成できます。ユーザーはChrome向けCitrix Workspaceアプリをインストールすると追加構成を一切することなくすぐにその使用を開始できます。

  1. Chrome向けCitrix Workspaceアプリのパッケージ化されていないバージョンを適切な場所にダウンロードします。

  2. サンプルの構成ファイルをダウンロードして、環境に適合するようにそれをカスタマイズします。

  3. 修正した構成ファイルの名前をdefault.crと変更し、Chrome向けCitrix Workspaceアプリのルートディレクトリにコピーします。

    Chrome向けCitrix Workspaceアプリを再パッケージする場合、別の名前または別の場所にある構成ファイルは含まれません。

  4. ユーザーが、Ctrl+Alt+Deleteキーの組み合わせをデスクトップやアプリケーションに送信できるインセッションツールバーを有効にするには、次の手順に従います。 注:configuration.jsファイルに変更を加える前に、バックアップを作成することをお勧めします。

    1. テキストエディターを使ってChrome向けCitrix Workspaceアプリルートディレクトリにあるconfiguration.jsファイルを開きます。

    2. ファイル内で次のセクションを検索します。

      pre codeblock 'appPrefs':{ 'chromeApp':{ 'ui' : { 'toolbar' : { 'menubar':false, 'clipboard': false

    3. menubar属性の設定をtrueに変更します。

      この方法でインセッションツールバーを有効にすると、Citrix Workspace for Webサイト構成ファイルでツールバーを有効にする必要がありません。

  5. Chrome向けCitrix Workspaceアプリは、デフォルトでVDAのFileAccessコンポーネントを使用し、Googleドライブでファイルを開くためのChromebookのファイルアプリであらゆる拡張子のファイルを開くことができます。管理者がこのオプションを無効にしてChrome向けCitrix Workspaceアプリのパッケージ化されてないファイルをダウンロードする場合、manifest.jsonの”file handlers”セクションを次のように編集します:

    "file handlers" :  {
            "text" :
                "extensions" :  [
                     "ica",
                      "cr"
                  ]
              }
       }  
    
  6. Chromeでchrome: //extensionsに移動し、ページ右上隅にある [デベロッパーモード] チェックボックスをオンにして [拡張機能のパッケージ化] ボタンをクリックします。

    セキュリティ上の理由により、StoreFrontは既知のChrome向けCitrix Workspaceアプリインスタンスからの接続のみを受け入れます。再パッケージしたアプリケーションをホワイトリストに登録して、ユーザーがCitrix Workspace for Webサイトに接続できるようにする必要があります。

  7. StoreFrontサーバーで、テキストエディターを使ってCitrix Workspace for Webサイトのweb.configファイルを開きます。このファイルは通常、C:\inetpub\wwwroot\Citrix\storename Webディレクトリにあります。ここで、storenameはストアの作成時に指定した名前です。

  8. ファイル内で次の要素を検索します。

    pre codeblock <html5 ... chromeAppOrigins="chrome-extension://haiffjcadagjlijoggckpgfnoeiflnem" ... />

  9. chromeAppOrigins属性の値をchrome-extension://haiffjcadagjlijoggckpgfnoeiflnem chrome-extension://packageidに変更します。ここでpackageidは、再パッケージしたアプリケーションに対して生成されたIDです。