Workspace Environment Management

新機能

Citrixの目的は、Workspace Environment Management(WEM)サービスのお客様が利用可能になったときに、新しい機能と製品の更新を提供することです。新しいリリースはより多くの価値を提供するため、更新を遅らせる理由はありません。更新は約 4 週間ごとにサービスリリースに公開されます。

このプロセスは、わかりやすいものになっています。更新は最初にCitrix社内サイトに適用され、その後徐々にお客様の環境に適用されます。段階的に更新することによって、製品の品質を確保しながら、最大限の可用性を実現しています。

一般に、ドキュメントへの更新は、すべてのお客様が新機能や製品の更新にアクセスできるようになる前に提供されます。

クラウドの規模とサービスの可用性に関する WEM サービスのサービスレベル目標の詳細については、「 サービスレベルの目標」を参照してください。サービスの中断および定期メンテナンスを監視するには、Service Health Dashboardを参照してください。

2024年6月

アプリアクセス制御ルールのテストのサポート

テスト環境または本番環境に展開する前に、ローカルマシンでアプリアクセス制御ルールを検証できるようになりました。詳しくは、「 アプリアクセス制御のルールジェネレーター」を参照してください。

GPO を表示する

WEM グループポリシー設定を表示できるようになりました。GPO の要約は、GPO を編集せずに読み取り専用モードで表示されます。この実装により、既存の設定を確認する際の設定ミスのリスクがなくなります。

詳細については、「 グループポリシー設定」を参照してください。

柔軟な管理のためのサードパーティのプラットフォームへのデータエクスポートをサポート

以前は、レポートをクラウドストレージまたはローカルマシンにしかエクスポートできず、タスクの結果を効果的に分析および監視することができませんでした。

この機能により、レポートデータを簡単に設定し、Grafana などのサードパーティのプラットフォームにエクスポートできるようになりました。この強化により、外部分析ツールをシームレスに統合して活用し、自動的にスケジュール設定するか手動で開始するかに関係なく、包括的なパフォーマンスの監視と分析が可能になります。

詳しくは、「レポート」を参照してください。

解決された問題

  • Workspace Environment Management バージョン 2402 にアップグレードすると、[アクション] > [外部タスク] > [1回実行] の設定が期待どおりに動作しない場合があります。[WEM-37104]

  • WEM エージェントは、ユーザーが属するすべてのグループを列挙できません。EveryoneAdministrator だけがリストされています。[WEM-37201]

WEM ヘルスチェックツールの WEM ツールハブへの統合

  • WEM ヘルスチェックツールツールが統合され、WEMツールハブのホームページに一覧表示されるようになり、アクセスと使用が容易になりました。このツールは、WEM エージェントまたはインフラストラクチャサーバーをチェックし、WEM 展開に関する潜在的な問題を特定します。詳しくは、「WEM ヘルスチェックツール」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2401.1.0.1

ハブエージェント

  • この機能により、WEM エージェントをハブエージェントロールに昇格させることができます。ハブエージェントは複数の構成セットを管理するように設定でき、オンプレミスリソースの利用を支援します。現在、ハブエージェントには次の 2 つの主な利点があります。

    • アプリケーションパッケージの配信: ハブエージェントを設定すると、アプリケーションパッケージを追加するときに、オンプレミス環境の SMB 共有からファイルを参照できるようになります。

    注記:

    ハブエージェントは、SMB 共有が配置されているサイトを管理するように設定する必要があります。

    • オンデマンドタスク実行: WEM コンソールからエージェントオンデマンドタスクを開始してもクラウドコネクタにアクセスできない場合、通知はターゲットエージェントが属する構成セットを管理するハブエージェントに送信されます。次に、ハブエージェントは、同じサブネット上のターゲットエージェントにタスクを実行するように通知しようとします。
  • 詳細については、「 ハブエージェント」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2406.1.0.1

WEM ツールハブのプロファイル移行ツール

新しいプロファイル移行ツールを使用して、さまざまなタイプのプロファイルを Citrix コンテナベースのプロファイルソリューションに移行できるようになりました。この機能により、プロファイルの移行プロセスが簡素化され、移行がスムーズになり、ユーザーワークフローの中断が最小限に抑えられます。次のタイプのプロファイルがサポートされています。

  • FSLogix プロファイルコンテナ
  • Citrix ファイルベースのソリューション
  • ローカルプロファイル

詳しくは、「プロファイル移行ツール」を参照してください。

WEM Web コンソールのアプリケーションセキュリティルール

  • この機能により、さまざまなタイプのアプリケーションセキュリティルールを作成して設定し、Web コンソールでユーザーに割り当てることができます。この機能は、アクションの割り当てに使用されるのと同じワークフローを使用します。AppLocker で構成されたルールをインポートして WEM で管理できるようになりました。WEM ツールハブを使用して、パス、発行元、ハッシュ値など、ルール構成に必要な情報を取得することもできます。詳細については、「アプリケーションセキュリティ」、「ファイル情報ビューア」、および「割り当てグループ」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2406.1.0.1

解決された問題

  • 特定のタイプの UPM ヘルスチェックで、 ユーザーは [タスク履歴] ページから [レポート] ページにアクセスできるようになりました。[WEM-36422]

2024年5月

外部タスク用の Windows イベントベーストリガー

  • 外部タスク用の Windows イベントベーストリガーで、外部タスク (セッションレベルのタスク) をトリガーに関連付けることができるようになりました。Windows イベントが定義された条件を満たすと、トリガーがアクティブになります。このトリガーは、Windows イベントに基づいて、セッションレベルのタスクを自動的に管理するのに役立つ関連する外部タスクの実行を開始します。詳細については、「 注意事項」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2404.1.0.1

WEM エージェント基本展開モード

  • WEM エージェントの基本的なデプロイモードが導入され、インフラストラクチャサービスに接続しなくても、システム最適化やログオン時間分析などの基本的なエージェント機能が提供されます。WEMには、デプロイメント全体にブローカー、データベース、コンソールなどのバックエンドコンポーネントをデプロイする必要があるユーザー環境管理用の強力な機能があります。基本的な機能だけを使いたい人もいるかもしれません。たとえば、以前は、最適化機能のみを使用する場合は、すべてのバックエンドコンポーネントをデプロイする必要がありました。この機能により、WEM を軽量にデプロイできるようになりました。このデプロイ方法を使用すると、WEM の基本機能を簡単に利用できます。WEMヘルスチェックツールは、これらのタイプのエージェントのチェックを実行し、エージェントをオンプレミスまたはサービスエージェントとして再構成する機能を提供します。これで、エージェントのヘルスチェックツールを基本デプロイモードで起動してチェックを実行できるようになりました。インフラストラクチャサービスまたはクラウドコネクタに関する必要な情報を提供することで、エージェントタイプをオンプレミスまたはサービスエージェントに切り替えることもできます。詳細については、「エージェントのインストール」、「基本展開エージェントの管理」、および「Windows ログオン分析」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2404.1.0.1

Profile Management

フォルダーリダイレクト設定:この機能では、ローカルフォルダーのパスを新しい場所にリダイレクトするためのルールセットを設定できます。各ルールセットは、アクセスするユーザーに基づいてフォルダーをリダイレクトする場所を指定します。

構成セットのフォルダーリダイレクトを構成するには、構成セットを見つけ、「 プロファイル」>「Profile Management 設定」>「フォルダーリダイレクト」に移動して、ルールセットを追加します。詳しくは、「 Citrix Profile Management の設定」を参照してください。

解決された問題

  • ユーザーログオン中に、次の Windows イベントログCVAD セッション起動イベントに関するユーザー情報の取得に失敗しましたおよびADクエリタイムアウト例外を伴う WEM ユーザーログオンサービスによってさらに遅延が発生します。[WEM-35792]

  • 一部のアプリケーションには 32 ビット版しかありません。Windows 2010 OS VDIは、呼び出し元が32ビットアプリケーションの場合、 デフォルトでパスsystem32syswow64にリダイレクトします。昇格エンジンがOptionalFeatures.exeなどのファイルにアクセスしようとしても、ファイルが見つかりません。デフォルトのリダイレクト動作を無効にすると、アプリケーションが昇格します。[WEM-35650]

2024年3月

構成セットの自動バックアップ制限の強化

WEM は構成セットの自動バックアップを提供します。自動バックアップの制限が強化され、最も古い既存のファイルを上書きする前に、構成セットごとに最大 25 個のバックアップファイルを保存できるようになりました。この機能強化により、特に大規模で複雑な環境での運用作業が軽減されます。詳細については、「 自動バックアップの管理」を参照してください。

Windows 11 の [スタート] メニューのレイアウトをカスタマイズする

  • ユーザーレベルの割り当てをサポートするために、Windows 11のスタートメニュー構成にWEMアクションJSONファイルを適用できるようになりました 。WEM Tool Hub の Windows 11 用の新しいツール [スタートメニューコンフィギュレーター ] を使用すると、[ スタート ] メニューの [ 固定表示 ] セクションに追加したいアプリケーションを選択し、必要に応じてレイアウトを調整できるようになりました。レイアウトをカスタマイズしたら、JSONファイルページに新しい JSON オブジェクトを追加するときに、設定データをコピーして Web コンソールに貼り付けます。詳細については、「 Windows 11 の [スタート] メニューのレイアウトのカスタマイズ」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2403.1.0.1

ユーザーストア作成ツール

このツールは、ユーザーストアの作成に役立つように WEM ツールハブに導入されています。ユーザーストアは、Citrixユーザープロファイルを格納するための一元的なネットワーク場所です。このツールは、ファイル共有を作成し、仕様に従って適切な権限を設定することで、ユーザーストアをセットアップするのに役立ちます。このツールは設定プロセスを簡素化し、エラーを減らします。ユーザーストアは、現在のマシン (ツールを実行している) に作成するか、別のマシンに作成するかを選択できます。詳細については、「 ユーザーストア作成ツール」を参照してください。

解決された問題

  • WEM Web コンソールでは、プリンター、ネットワークドライブ、またはユーザー DSN の作成または複製が非常に遅くなります。[WEM-32997]

  • WEM データベースを連続してアップグレードすると、「 指定されたキーが辞書に存在しませんでした」というエラーが表示されます。[WEM-34849]

  • Profile Management が正しく構成されている場合でも、「 Profile Management 状態」列に疑問符が表示されることがあります。この問題は、WEMエージェントが使用するUpmConfigCheck.ps1スクリプトが期待どおりに機能しない場合に発生します。この問題は、Profile Management 2203 LTSRがインストールされているマシンに影響します。[WEM-34822, CVADHELP-24723]

2024年2月

課題グループ (Technical Preview)

この機能により、個々のアクションをグループ化し、その割り当てを 1 か所で管理できます。課題はグループレベルではなくアクションごとに作成されます。グループにアクションを追加したり、アサインターゲットを選択したり、アサイングループを作成、編集、削除したりできるようになりました。フィルターやオプションなどの割り当ての詳細は、個々のアイテムレベルで管理されます。詳細については、「 課題グループ」を参照してください。

Web コンソールのヘルスチェックの強化

Workspace Environment Management により、Profile Management のステータスをより明確かつ詳細に把握できるようになりました:

  • 無効:Profile Management が見つからないか、有効になっていないことを示します。
  • エラー:Profile Management の設定に問題があることを示します。
  • 警告:Profile Management の状態が最適ではないことを示します。
  • 注意:Profile Management が許容できる状態であることを識別します。
  • 良好:ID Profile Management は正常な状態です。

詳しくは、「 統計情報 」の「 Profile Management の状態」列の説明を参照してください。

Windows ログオンの分析機能が強化されました

  • この機能強化により、 ユーザープロファイルとCitrixProfile Managementのデータ分析がより詳細に行えるようになりましたHDX接続のサブメトリックを有効にするとグループポリシーオブジェクトのサブメトリックが導入されました 。詳細については、「 Windows ログオン分析」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2401.1.0.1

WEM ヘルスチェックツール

これで、WEM スタンドアロンツールを開いて WEM コンポーネントのステータスを確認し、トラブルシューティングを行うことができます。このツールは、WEMエージェントまたはインフラストラクチャサーバーで実行でき、選択された(チェック)さまざまな項目の結果をそれぞれ提供します。チェックが完了すると、レポートがユーザーのマシンに保存されます。デバッグモードをオンにして、指定した場所にログファイルを取得できます。また、一部の構成上の問題を自動的に修正することもできます。詳細については、「 WEM ヘルスチェックツール」を参照してください。

解決された問題

  • WEMエージェントがWindows Server 2022で実行されている場合、特定のプロセスに適用するメモリ使用量の制限が正常に機能しない場合があります。[WEM-28773]

2024年1月

ユーザーデータソース名

Web コンソールを使用して、ユーザーデータソース名 (DSN) を追加してユーザーに割り当てることができるようになりました。詳細については、「 ユーザー DSN」を参照してください。

ポート

Web コンソールを使用して、ポートマッピングを追加してユーザーに割り当てることができるようになりました。 詳細については、「 ポート」を参照してください。

INI ファイル

Web コンソールを使用して、INI ファイル操作を追加してユーザーに割り当てることができるようになりました。詳細については、 INI ファイルを参照してください

エージェントオンデマンドタスク履歴

この機能強化により、過去 24 時間に開始されたタスクの進行状況と結果を確認できます。タスクをトリガーすると、各ターゲットエージェントのタスクステータスを確認できます。最近のタスクの履歴とそのステータスを表示することもできます。レポート付きのタスクでは、[レポート] タブからそれらのレポートに直接アクセスできます 。詳細については、「 エージェント」を参照してください。

レポート管理用のフィルター条件機能の強化

この機能強化により、 結果サマリー条件を選択したときに各値をセミコロンで区切ることで複数の値をフィルタリングして追加できるようになりました 。これにより、システムを監視および最適化できる柔軟なレポート管理方法が提供されます。

Profile Management

Workspace Environment Management は、2311までのProfile Management のすべてのサポート対象バージョンをサポートするようになりました 。次の機能が Web コンソールで利用できるようになりました。

  • ユーザーストアの選択方法。複数のユーザーストアが利用可能な場合のユーザーストアの選択方法を指定します。次のオプションがあります:

    • 構成の順序。Profile Management では、最も古い設定済みストアを選択できます。
    • アクセスパフォーマンス。Profile Management では、アクセスパフォーマンスが最も高いストアを選択できます。

    この機能は、「 プロファイル」>「Profile Management 設定」>「詳細設定」>「ユーザーストアの複製」の各構成セットで使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management の設定」を参照してください。

  • このサイズ以上のファイル (MB) の重複除外を行います。プロファイルコンテナから重複排除するファイルの最小サイズを指定します。デフォルトサイズは 256 MB です。

    この機能は、「 プロファイル」>「Profile Management 設定」>「ファイル重複排除」>「ファイル重複排除を有効にする」の各構成セットで使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management の設定」を参照してください。

  • ログオン中にプロファイルコンテナが使用できない場合は、ユーザーをログオフします。ユーザーログオン中にプロファイルコンテナが使用できない場合に、ユーザーを強制的にログオフするかどうかを指定します。

    この機能は、[ プロファイル] > [Profile Management 設定] > [プロファイルコンテナ] > [プロファイルコンテナを有効にする] の各構成セットで使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management の設定」を参照してください。

  • プロファイルコンテナにアクセスするユーザーとグループを設定します。プロファイルコンテナに対するRead & Execute権限を持つ AD ドメインのユーザーとグループを指定します。デフォルトでは、プロファイルコンテナにアクセスできるのはその所有者のみです。

    この機能は、「 プロファイル」>「Profile Management 設定」>「プロファイルコンテナ」の各構成セットで使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management の設定」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2311.1.0.1

解決された問題

  • エージェント自動アップグレード機能を使用すると、x32 プラットフォームでのアップグレードが失敗します。[WEM-32783]

  • 他の AD オブジェクトがドメイン内のエージェントと同じ名前を持つ場合、エージェントに割り当てられたマシンレベルの GPO が失敗することがあります。[WEM-32315、CVADHELP-23868]

2023年11月

エージェントの自動アップグレード

エージェントの自動アップグレード機能が次のように強化されました:

  • 一元管理された SMB 共有パッケージ保管場所から目的のエージェントパッケージを選択し、構成セット内のすべてのエージェントマシンの自動アップグレードをスケジュールできます。

  • これで、WEM が構成セット内のすべてのエージェントマシンにアップグレードを自動的にロールアウトする期間と曜日を指定できるようになりました。

  • WEM にアップグレードを自動的にロールアウトさせたい構成セットで、エージェントマシンのデバイス名と IP を指定できるようになりました。詳細については、「 アプリパッケージ配信」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2310.1.0.1

メモリ使用量制限機能の拡張制限

  • この機能が強化され、メモリ使用量制限機能の最大値に設定されていた制限が、64 ビット OS の 4 GB から 32 GB に拡張されました。この機能強化により、お客様のシステム環境の実際の状況に基づいた柔軟性が向上します。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2310.1.0.1

Windows ログオン分析

このツールは、ログオン期間データを収集し、最新のログオン期間データに関するレポートを生成します。各ログオンレポートはさらに分類され、潜在的な問題やボトルネックを特定できます。詳細については、「 Windows ログオン分析」を参照してください。

アプリケーションセキュリティログレポート

  • 管理者は、構成セットごとにアプリケーションセキュリティログの収集を有効にすることで、Web コンソールでアプリケーションセキュリティログを確認し、対応するレポートを取得できるようになりました。管理者は、各レポートの詳細内のサブタイプ別にログを表示できます。詳細については、「 レポート 」の「 アプリケーションセキュリティログ 」、「 監視設定 」の「 セキュリティログ」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2310.1.0.1

解決された問題

このリリースでは問題は確認されていません。

2023年10月

レジストリエントリ

Web コンソールを使用して、レジストリエントリを割り当て可能なアクションとして追加できるようになりました。これにより、ユーザー環境でレジストリ値を作成、設定、または削除できます。この機能が強化され、ユーザーエクスペリエンスが向上しました。さらに、レジストリエントリにタグを追加し、複数のレジストリエントリを同時に割り当てることができるようになりました。詳細については、「 レジストリエントリ」を参照してください。

レポート内の拡張データの強化

エージェントレポートには、 CSV (フォーマット) と JSON (フォーマット)の 2 つの新しいエクスポートオプションが導入されました。これらのオプションにより、レポート内の拡張データが読みやすくなります。詳しくは、「レポートのエクスポート」を参照してください。

Web コンソールでのProfile Management 設定の分類

この機能により、Profile Management 設定のビューを再編成できます。ファイルベースコンテナベースアプリアクセス制御の 3 つの組み込みタグはフィルターのように機能するため、選択したタグで使用できる設定に集中できます。最後に選択したタグは、管理者の設定として保持されます。詳しくは、「 Profile Management 設定」を参照してください。

最適化と使用状況に関する洞察の強化

この機能では、アプリケーション名を指定することで、除外するアプリケーションのリストを設定できます。プリファレンスの設定を使用して、除外されたアプリケーションを追加、編集、削除できます。詳しくは、「 除外アプリケーション」を参照してください。

Web コンソールでのファイルタイプアソシエーション (FTA) 設定のサポート

この機能により、管理者は FTA を作成、管理し、ユーザーに割り当てることができます。管理者は、 WEM Tool Hubのファイルタイプ関連付けアシスタントツールを使用して** 、Web コンソールで FTA を設定するために必要な情報を簡単に取得することもできます。詳細については、「 ファイルタイプの関連付け」を参照してください。

エージェント設定の強化

  • 新しい設定 [エージェントがキャッシュされたドメイン検索結果を使用できるようにする ] がエージェント設定に追加されました。有効にすると、エージェントはドメインクエリ結果のキャッシュを使用してパフォーマンスと耐障害性を向上させます。エージェントがドメインにアクセスできない場合は、WEM グループポリシーを更新することもできます。詳細については、「 エージェント設定」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2309.2.0.1

Web コンソールのヘルスチェックレポート機能の強化

この機能により、WEMによるProfile Management 設定のユーザーエクスペリエンスが向上します。エージェントヘルスチェック結果ページのProfile Management 設定へのリンクをたどると、結果にエラー/警告が表示され、 対応する設定がWebコンソールのProfile Management 設定ページで強調表示されます。その後、フッターに表示された結果に従って設定を変更できます。詳しくは、「レポート」を参照してください。

WEM ツールハブの新バージョン

WEMツールハブの新しいバージョンが利用可能になりました:. 2309.2.0.1 このバージョンには、パフォーマンスの強化、AAD/NDJ オブジェクトセレクターサポートのサポート、バグ修正が含まれています。詳細については、「 WEM ツールハブ」を参照してください。

解決された問題

  • 顧客がアプリケーション設定をファイルにエクスポートし、ファイルを ASCII エンコーディングで保存し、変更したファイルを再度WEMにインポートすると、アプリケーションが消えることがありました。[WEM-31180]

  • マシンの再起動後、WEM エージェントは[詳細設定] > [** ファイル共有] で設定した以前の SMB 共有を失う可能性があります。**[WEM-30209]

2023年9月

Citrix Optimizerでの Windows 11 と Windows Server 2022 のサポート

  • Citrix Optimizerに Windows 11 バージョン 21H2 (ビルド 2009) と Windows Server 2022 21H2 (ビルド 2009) のサポートを追加しました。WEM サービスを使用して、Windows 11 2009 および Windows Server 2022 2009 マシンのテンプレートベースのシステム最適化を実行できるようになりました。さらに、最新のスタンドアロンCitrix Optimizerで導入された変更を反映するために、既存のテンプレートをすべて更新しました。 Citrix オプティマイザーの使用について詳しくは、「Citrixオプティマイザー」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2309.1.0.1

手動バックアップ制限の強化

手動エクスポートの上限をアカウントあたり10から25に引き上げました。詳細については、「 構成セットのバックアップ」を参照してください。

最適化と使用状況に関する洞察のアプリケーション制限の強化

最適化インサイトアプリケーションと使用状況インサイトアプリケーションの制限を10から20に拡張しました。詳細については、「 インサイト」を参照してください。

レジストリエントリ (Technical Preview)

Web コンソールを使用して、レジストリエントリを割り当て可能なアクションとして追加できるようになりました。これにより、ユーザー環境でレジストリ値を作成、設定、または削除できます。この機能が強化され、ユーザーエクスペリエンスが向上しました。さらに、レジストリエントリにタグを追加し、複数のレジストリエントリを同時に割り当てることができるようになりました。詳細については、「 レジストリエントリ」を参照してください。

AAD/NDJ オブジェクトセレクターツール

  • 現在サポートされている AD ユーザー/グループ、およびドメインに参加しているマシンに加えて、アプリアクセスルールを AAD ユーザー/グループと NDJ マシンに割り当てることができるようになりました。Web コンソールで AAD/NDJ オブジェクトセレクタツールを使用できるようになりました 。このツールでは、オブジェクトデータを取得してルールジェネレータに貼り付けることができます。詳細については、「 AAD ユーザー/グループと NDJ マシンへのアプリアクセスルールの割り当て」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2309.1.0.1

Web コンソールでのファイルシステム操作

管理者は、Web コンソールを使用してファイルシステム操作を作成および管理し、ユーザーに割り当てることができます。詳細については、「 ファイルシステムの操作」を参照してください。

ユーザーレベルのProfile Management 設定

この機能により、Profile Management の設定をユーザーレベルで構成して、カスタマイズと正確な制御を行うことができます。この機能を使用して、特定のProfile Management 設定を個々のユーザーまたはユーザーグループに適用し、必要に応じてプロファイルのエクスペリエンスを調整します。詳しくは、「 ユーザーレベルのProfile Management 設定」を参照してください。

エージェントレポートによる レポートのサポート

  • 管理者は、構成セットごとにセキュリティログ収集を有効にすることで、Web コンソールで権限昇格ログを確認し、対応するレポートを取得できるようになりました。管理者は、各レポートの詳細内のサブタイプ別にログを表示できます。詳細については、 モニタリング設定のセキュリティログ」の説明を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2309.1.0.1

Profile Management

  • Workspace Environment Management は、2308までのProfile Management のすべてのサポート対象バージョンをサポートするようになりました 。Web コンソールでは以下の機能が使用できるようになりました。

    • プロファイルコンテナの VHD 自動拡張を有効にします。有効にすると、プロファイルコンテナの使用率が 90% に達すると、自動的に 10 GB ずつ拡張され、最大容量は 80 GB になります。必要に応じて、 自動拡張トリガーしきい値 (%)、自動拡張インクリメント (GB)、自動拡張制限 (GB)、自動拡張制限 (GB)**のオプションを使用してデフォルトの自動拡張設定を調整できます**。

      この機能は、[ プロファイル] > [Profile Management 設定] > [プロファイルコンテナー] の各構成セットで使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management の設定」を参照してください。

    • VHD コンテナのデフォルト容量。各 VHD コンテナのデフォルトのストレージ容量 (GB 単位) を指定します。

      この機能は、[ プロファイル] > [Profile Management 設定] > [詳細設定]の各構成セットで使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management の設定」を参照してください。

    • プロファイルコンテナへの排他アクセスを有効にします。有効にすると、プロファイルコンテナは一度に 1 つのアクセスしか許可しません。

      この機能は、[ プロファイル] > [Profile Management 設定] > [詳細設定]の各構成セットで使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management の設定」を参照してください。

    • OneDrive コンテナへの排他アクセスを有効にします。有効にすると、OneDrive コンテナは一度に 1 つのアクセスしか許可しません。

      この機能は、[ プロファイル] > [Profile Management 設定] > [詳細設定]の各構成セットで使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management の設定」を参照してください。

    • UWP アプリローミングを有効にします。有効にすると、UWP (ユニバーサル Windows プラットフォーム) アプリはユーザーと一緒にローミングします。その結果、ユーザーは異なるコンピューターから同じ UWP アプリにアクセスできます。

      この機能は、[ プロファイル] > [Profile Management 設定] > [詳細設定]の各構成セットで使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management の設定」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2307.1.0.1

タスク設定の構成

新しいオプション [タスク設定の構成 ] が [ スクリプトタスク ] ページに導入されました。これにより、[ スクリプトタスク設定] ページで特定のフィルタータスクウィザードに移動できます 。詳細については、「 タスク設定オプションの設定」を参照してください。

WEM ツールハブの新バージョン

WEMツールハブの新しいバージョンが利用可能になりました:. 2309.1.0.1 このバージョンには、パフォーマンスの強化、AAD/NDJ オブジェクトセレクターサポートのサポート、バグ修正が含まれています。詳細については、「 WEM ツールハブ」を参照してください。

解決された問題

  • Profile Management が正しく構成されていても、「Profile Management 状態」列にエラーが表示されることがあります。この問題は、WEM UpmConfigCheck.ps1 エージェントが使用するスクリプトが期待どおりに機能しないために発生します。この問題は、Profile Management 設定の[ ログファイルへのパス ]が有効で、その中に%SystemRoot%があるパスが含まれているマシンに影響します。[WEM-29519]

  • WEM エージェントは、次の更新(15 分ごと)を待つのではなく、ポリシー設定が更新されるたびに SMB 接続を更新するようになりました。[WEM-29142、CVADHELP-21957]

2023年7月

ユーザーレベルのProfile Management 設定 (Technical Preview)

  • この機能により、Profile Management の設定をユーザーレベルで構成して、カスタマイズと正確な制御を行うことができます。この機能を使用して、特定のProfile Management 設定を個々のユーザーまたはユーザーグループに適用し、必要に応じてプロファイルのエクスペリエンスを調整します。詳しくは、「 ユーザーレベルのProfile Management 設定」を参照してください。

  • この機能を有効にするには、 ホームに移動し右上隅にあるPreview機能アイコンをクリックしてユーザーレベルのProfileManagement 設定を有効にします。Preview機能を参照してください

WEM エージェントイベントロギングの強化

トラブルシューティング機能の向上を目的として、WEM エージェントのイベントログを強化しました。機能強化には以下が含まれます。

  • 包括的なイベントログ:包括的なイベントログを提供しており、エージェントのアクティビティの全体像を把握できます。

  • 固有のイベント ID: 各イベントログに個別の ID が割り当てられるようになったため、特定のイベントを簡単にフィルタリングして識別できます。

詳細については、「 エージェントイベントログ」を参照してください。

WEM トランスフォーマーのMicrosoft Edge ブラウザーサポート

  • WEM トランスフォーマーは Microsoft Edge ブラウザーの最新バージョンをサポートするようになりました。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2307.1.0.1

JSON オブジェクト割り当て

  • JSON オブジェクトを追加して割り当てて JSON ファイルを作成または変更できるようになりました。この機能を使用すると、JSON 構成ファイル (Microsoft Teams など) を使用してアプリケーションにパーソナライズされた設定を適用できます。この機能は Web コンソールでのみ使用できます。詳細については、「 アクション」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2306.1.0.1

すばやくアクセスできるようにローカルアプリケーションを追加

  • この機能により、ローカルアプリケーションを WEM Tool Hub に追加してすばやくアクセスできます。追加されたアプリケーションは個人データとみなされ、Profile Management 環境内でマシンを切り替えても保持されます。複数のアプリケーションを一度に追加および削除できます。詳細については、「 すばやくアクセスするためのローカルアプリケーションの追加」を参照してください。

WEM ツールハブの新バージョン

WEMツールハブの新しいバージョンが利用可能になりました:. 2307.1.0.1 このバージョンには、パフォーマンスの向上とバグ修正が含まれています。詳細については、「 WEM ツールハブ」を参照してください。

解決された問題

  • 構成セットに含まれるテンプレートベースのGPOが多すぎる (たとえば、10,000 個) 場合、構成セットを復元しようとすると失敗することがあります。[WEM-28447]

June 2023

CPU スパイク保護の強化

  • このリリースでは、CPU スパイク保護機能が強化され、よりきめ細かな制御が可能になりました。機能強化には、次の変更があります。

    • より簡単に構成できるように、直感的なロジックでCPUスパイク保護オプションを再編成しました。
    • CPU スパイク保護をカスタマイズする際、非整数値を使用して CPU 使用量制限を設定できるようになりました。
    • 新しい [ 単一の CPU コアを基準にして制限を設定] オプションが利用可能になりました。これにより、1 つの CPU コアを基準として CPU 使用量の制限を設定できます。

    詳しくは、「 CPU スパイク保護」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2306.1.0.1

環境変数

  • Web コンソールを使用して、環境変数を割り当て可能なアクションとして追加できるようになりました。割り当てられると、これらの環境変数はユーザー環境で作成または設定されます。この機能が強化され、ユーザーエクスペリエンスが向上しました。詳細については、「 環境変数」を参照してください。
  • 必要な最小エージェントバージョン:2306.1.0.1

グループポリシー設定の動的トークンサポート

グループポリシー設定で動的トークンを使用できるようになりました 。この機能により、さまざまな環境でより適応性の高いポリシー構成が可能になり、手動構成が減り、ポリシー管理が簡素化されます。詳しくは、「 グループポリシー設定の動的トークンサポート」を参照してください。

グループポリシー設定処理結果

このリリースでは、アクション処理結果レポート機能が導入されました。この機能により、ユーザーに割り当てられたすべてのアクションの結果を、4 時間ごとに更新される統合レポートで表示できるようになりました。レポートには、アクションの名前、割り当てられたユーザー、使用されたフィルター、処理結果などの情報が含まれます。この機能はすべてのアクションを対象としていますが、現在はグループポリシー設定の処理結果のみをサポートしています。この機能を使用するには、まずグループポリシー設定の結果収集を有効にします。詳しくは、「 [レポートとモニタリングの設定](/ja-jp/workspace-environment-management/service/manage/configuration-sets/advanced-settings.html#monitoring-preferences)」を参照してください。

JSON オブジェクト割り当て (Technical Preview)

  • JSON オブジェクトを追加して割り当てて JSON ファイルを作成または変更できるようになりました。この機能を使用すると、JSON 構成ファイル (Microsoft Teams など) を使用してアプリケーションにパーソナライズされた設定を適用できます。この機能は Web コンソールでのみ使用できます。詳細については、「 アクション」を参照してください。
  • この機能を有効にするには、ホームに移動し、右上隅にあるPreview機能アイコンをクリックして、JSON オブジェクト割り当てを有効にします。Preview機能を参照してください
  • 必要な最小エージェントバージョン:2306.1.0.1

2023年5月

Profile Management バックアップとクイックセットアップ

  • これで、Profile Management の設定をバックアップおよび復元できます。詳細については、「 バックアップと復元」を参照してください。さらに、クイックセットアップ機能が利用可能になり、新しいテンプレートから始める場合でも、バックアップから復元する場合でも、Profile Management をすばやく設定できます。詳細については、「 クイックセットアップ」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2304.2.0.1

ネットワークドライブ

  • Web コンソールを使用して、ネットワークドライブを割り当て可能なアクションとして追加できるようになりました。割り当てられると、それらのネットワークドライブはユーザーのデスクトップで使用できます。この機能が強化され、ユーザーエクスペリエンスが向上しました。詳細については、「 アクション」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2304.2.0.1

仮想ドライブ

  • Web コンソールを使用して、仮想ドライブを割り当て可能なアクションとして追加できるようになりました。割り当てられると、それらの仮想ドライブはユーザーのデスクトップで使用できます。この機能が強化され、ユーザーエクスペリエンスが向上しました。詳細については、「 アクション」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2304.2.0.1

Web コンソールで詳細設定が改善されました

詳細設定は Web コンソールに移行され、各構成セットの [詳細設定] で使用できます。ユーザーエクスペリエンスを向上させるために設定を再編成しました。詳細については、「 詳細設定」を参照してください。

スタートページを設定する

Web コンソールにサインインするたびにそのページが表示されるように、次のいずれかのページをスタートページとして設定できるようになりました。

  • エージェント
  • レポート
  • ユーザー統計
  • 使用状況に関する洞察
  • 最適化インサイト
  • プロファイルコンテナの洞察

開始ページが設定されていない場合は、代わりにホームページが表示されます。スタートページを設定したら、コンソールの左側のナビゲーションにある稲妻アイコン (稲妻アイコン) をクリックするとすぐにアクセスできます。

WEM ツールハブの新バージョン

WEMツールハブの新しいバージョン、2304.2.0.1が利用可能になりました。このバージョンには、パフォーマンスの向上とバグ修正が含まれています。詳細については、「 WEM ツールハブ」を参照してください。

解決された問題

  • Profile Management が正しく構成されていても、「Profile Management 状態」列にエラーが表示されることがあります。この問題は、WEM UpmConfigCheck.ps1 エージェントが使用するスクリプトが期待どおりに機能しないために発生します。この問題は、システムボリュームが 1 つしかないマシンに影響します。[WEM-27498]

2023年4月

アプリのアクセス制御

  • Web コンソールを使用して、ファイル、フォルダー、レジストリなどのアイテムへのユーザーアクセスを制御するルールを追加できるようになりました。一般的な使用例は、マシンにインストールされたアプリへのユーザーアクセスを制御するルールを適用することです。つまり、アプリを関連ユーザーに見えないようにするかどうかです。この機能により、アプリケーションとイメージの管理が簡単になります。たとえば、この機能を使用すると、同一のマシンをさまざまな部門に配布しながら、さまざまなアプリケーションのニーズを満たすことができるため、イメージの数を減らすことができます。詳しくは、「 アプリアクセス制御」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2304.1.0.1

プリンター

  • Web コンソールを使用して、ユーザーに割り当てるプリンターを追加できるようになりました。割り当てられると、それらのプリンターはユーザーのデスクトップで使用できます。この機能が強化され、ユーザーエクスペリエンスが向上しました。詳細については、「 アクション」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2304.1.0.1

WEM ツールハブ (Technical Preview)

WEM ツールハブで次の 2 つのツールを使用できるようになりました。

  • プリンタアシスタント。これを使用して印刷サーバーからプリンターのリストを取得し、管理コンソールに割り当て可能なアクションとして追加できるようにします。

  • アプリアクセス制御用のルールジェネレーター。これを使用して、ファイル、フォルダー、レジストリなどのアイテムへのユーザーアクセスを制御するルールを作成します。ルールはCitrixProfile Management を通じて実装されます。一般的な使用例は、マシンにインストールされたアプリへのユーザーアクセスを制御するルールを適用することです。つまり、アプリを関連ユーザーに見えないようにするかどうかです。

詳細については、「 WEM ツールハブ」を参照してください。

Profile Management

  • Workspace Environment Management は、2303までのProfile Management のすべてのサポート対象バージョンをサポートするようになりました 。次の機能がレガシーコンソールと Web コンソールの両方で使用できるようになりました。
    • セッションのロックと切断時にアクティブライトバックを有効にします。有効にすると、セッションがロックまたは切断されたときにのみ、プロファイルファイルとフォルダーが書き戻されます。このオプションと[ アクティブライトバックレジストリを有効にする] オプションの両方を有効にすると、セッションがロックまたは切断されたときにのみ、レジストリエントリが書き戻されます。
      • Web コンソールでは、この機能は [ プロファイル] > [Profile Management 設定] > [基本設定]で設定されている各構成で使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
      • レガシーコンソールでは、この機能は [ ポリシーとプロファイル] > [Citrix Profile Management 設定] > [Citrix Profile Management のメイン設定]で利用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
    • アプリアクセス制御を有効にします。有効にすると、Profile Managementは、指定した規則に基づいて、アイテム(ファイル、フォルダー、レジストリなど)へのユーザーアクセスを制御します。
      • Web コンソールでは、この機能は [ プロファイル] > [Profile Management 設定] > [アプリアクセス制御] で設定した各設定で使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
      • レガシーコンソールでは、この機能は [ ポリシーとプロファイル] > [Citrix Profile Management 設定] > [アプリケーションアクセス制御] で使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
    • VHD ディスク圧縮を有効にします。有効にすると、特定の条件が満たされた場合、ユーザーログオフ時にVHDディスクが自動的に圧縮されます。このオプションを使用すると、プロファイルコンテナ、OneDrive コンテナおよびミラーフォルダコンテナが消費するストレージスペースを節約できます。
      • Web コンソールでは、この機能は [プロファイル] > [ Profile Management 設定] > [プロファイルコンテナ] で設定されている各設定で使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
      • レガシーコンソールでは、 この機能はポリシーとプロファイル > Citrix Profile Management 設定 > プロファイルコンテナ設定で使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
    • 空き容量比率を設定してVHDディスク圧縮をトリガーしログオフ回数を設定してVHDディスク圧縮をトリガーし、VHDディスク圧縮のデフラグを無効にします**。「 **VHD ディスク圧縮を有効にする 」が有効になっている場合は、次の 3 つのポリシーを使用してデフォルトの VHD 圧縮設定と動作を調整します。

      • Web コンソールでは、この機能は [ プロファイル] > [Profile Management 設定] > [詳細設定]で設定されている各構成で使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
      • レガシーコンソールでは、 この機能はポリシーとプロファイル > Citrix Profile Management 設定 > 詳細設定で使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
  • 必要な最小エージェントバージョン:2304.1.0.1

2023年2月

アプリケーション

  • Web コンソールを使用して、ユーザーに割り当てるアプリケーションを追加できるようになりました。これらのアプリケーションを割り当てると、構成に応じて、デスクトップ、スタートメニュー、またはタスクバーにショートカットが作成されます。この機能が強化され、ユーザーエクスペリエンスが向上しました。詳細については、「 アクション」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2302.1.0.1

WEM ツールハブ (Technical Preview)

WEM 管理者はツールセット WEM ツールハブを利用できるようになりました。管理者の設定操作を簡素化することを目的としたツール群が含まれています。ダウンロードするには、[ Citrix Cloud] > [WEM サービス] > [ユーティリティ]に移動します。詳細については、「 WEM ツールハブ」を参照してください。

外部タスクに新しい設定が追加されました

Web コンソールで外部タスクを使用する場合、関連設定を Legacy Console > Advanced Settings に移動しなくても、エージェントが外部タスクを処理するタイミングを直接設定できるようになりました。新しく追加された設定は次のとおりです。

  • ログオン時と更新時に外部タスクを処理
  • 再接続時に外部タスクを処理

この拡張機能では、エージェントが外部タスクを確実に処理する方法に関する詳細情報も提供されます。外部タスクの詳細については、「 アクション」を参照してください。

外部タスク-詳細設定

解決された問題

  • StudioのポリシーであるCitrix Cloud Connectorを使用してWorkspaceEnvironment Management 用のCloud Connectorを構成すると、ポリシーが期待どおりに機能しません。[WEM-25697]

  • レガシーコンソールでは、 State 列の見出しをクリックしてソートしても、項目が期待どおりにソートされません。[WEM-25978、WEMHELP-274]

  • 従来のコンソールでは、Web コンソールを使用して作成されたリソースを構成セットに含まれていなくても、バックアップウィザードを使用してグループポリシー設定をバックアップすると、[ バックアップアクション ] ボタンは使用できません。[WEM-26240]

  • 権限昇格機能が期待どおりに機能しない可能性があります。この問題は、Citrix WEMソフトウェアの署名に使用された証明書の有効期限が切れているために発生します。回避策として、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Norskale\Agent Hostで DWORD レジストリ値を作成し、値を 1に設定して、証明書の有効性チェックをバイパスしてください。[WEM-26420, WEMHELP-284]

2023年1月

エージェントの自動アップグレードの強化

  • エージェントの自動アップグレード機能はウェブコンソールに移行され、各構成セットの [詳細設定] > [エージェント設定] で使用できます。この機能により、ユーザーエクスペリエンスが向上し、機能が追加されました。エージェントの自動アップグレードをスケジュールできるだけでなく、エージェントのアップグレードを永続マシンに適用するか、非永続マシンに適用するかを柔軟に制御できるようになりました。詳細については、「 詳細設定」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2301.1.0.1

ドメインに参加していないエージェントを目的の構成セットに自動的にバインドする

  • バインドされていないドメインに参加していないエージェントのバインドルールを設定できるようになりました 。これらのルールは、一致するエージェントをどの構成セットにバインドするかを決定します。この機能により、ドメインに参加していないエージェントを WEM に追加して管理するプロセスが簡単になります。詳細については、「 ディレクトリオブジェクト」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2301.1.0.1

組織単位への GPO 割り当てのサポート

  • Web コンソールを使用して、GPO を組織単位に割り当てることができるようになりました。これにより、WEM で使用するために Active Directory 構造を変更する必要がなくなります。詳細については、「 割り当てターゲットの追加」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2301.1.0.1

解決された問題

  • オフラインモードで実行している場合、エージェントは [詳細設定] > [ファイル共有] で構成した SMB 共有に接続できません。この問題はエージェントの機能には影響しません。[WEM-25318]

2022年11月

外部タスク

  • Web コンソールを使用して、外部タスクを作成してユーザーに割り当てることができるようになりました。外部タスクはスクリプトでもアプリケーションでもかまいません。ユーザー環境を正確かつ効果的に管理するために、外部タスクをいつ実行するかを指定します。また、Web コンソールには外部タスク用の追加機能があり、スケジュールされたトリガーを外部タスクに関連付けて、いつ実行するかをスケジュールできます。詳細については、「 外部タスク」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2211.1.0.1

エージェントは必要な場合にのみ構成データをダウンロードする

  • 以前は、WEM エージェントは、構成の変更の有無にかかわらず、定期的に WEM サービスに接続して構成データをダウンロードしていました。エージェントは、構成が変更されていないかを定期的にサービスに確認するようになりました。

    • 「はい」の場合、エージェントは構成データをダウンロードします。
    • 「いいえ」の場合、構成データはダウンロードされません。

    この機能強化により、特に多数のエージェントを含む大規模な導入環境では、帯域幅の消費量が大幅に削減されます。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2211.1.0.1

解決された問題

  • 以前のバックアップから設定を復元すると、ユーザーストア関連の認証情報で問題が発生します。

    • 従来のコンソールでは、認証情報に加えられた変更を保存することはできません。
    • Web コンソールで、復元された認証情報が [詳細設定] > [ファイル共有] に表示されません。[WEM-23466]
  • Mozilla Firefox ブラウザでは、組み込みのスクリプトタスク Cloud Health Check がカスタムスクリプトタスクの上に表示されません。[WEM-24166]

  • 次の両方の条件が満たされると、アプリケーションセキュリティルールは機能しません。

    • 発行元タイプの例外ルールです。
    • ファイルバージョンに「An above」または「An Below」が選択されています。[WEM-24327, CVADHELP-21205]
  • レジストリファイルにレジストリ値のないレジストリキーが含まれている場合、Workspace Environment Management にインポートするためのファイルのスキャンは停止します。すでにスキャンされたレジストリキーがリストに表示されます。[WEM-24767]

フィルターの強化

  • この機能により、AND 演算子とOR 演算子を使用してフィルターを作成できます。演算子を使用して、2 つ以上の条件を組み合わせて 1 つの複合条件にすることができます。この機能により、課題やスクリプトタスクで使用するフィルターをより柔軟に構築できます。詳細については、「 フィルター」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2210.2.0.1

2022年10月

その他のトリガータイプも可能

  • トリガーの作成時に、次の組み込みトリガータイプを使用できるようになりました。

    • マシンがシャットダウンしました。マシンがシャットダウンしたときにトリガーをアクティブにします。
    • マシンの起動。マシンの起動時にトリガーをアクティブにします。
  • これらのタイプのトリガーを作成して、タスクをそれらに関連付けることができます。有効にすると、トリガーはユーザー環境でそれらのタスクを開始します。さらに 2 つのトリガータイプにより、スクリプトタスクを実行するタイミングをより柔軟に制御できます。詳細については、「 トリガー」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2210.1.0.1

タスク結果をトリガーとして使用するためのサポート

  • トリガーの作成時に、次のトリガータイプを使用できるようになりました。

    • Cloud Health Check の結果。Cloud Health Check が指定されたヘルスステータスを返したときにトリガーをアクティブにします。
    • Profile Management ヘルスチェック結果。Profile Management のヘルスチェックが指定されたヘルスステータスを返すときにトリガーをアクティブにします。
    • カスタムスクリプト形式のタスク結果。スクリプト化されたタスクが指定された結果を返すときにトリガーをアクティブにします。

    これらのタイプのトリガーを作成して、タスクをそれらに関連付けることができます。有効にすると、トリガーはユーザー環境でそれらのタスクを開始します。これらのトリガータイプにより、タスク実行結果に基づいてユーザー環境を自動的に管理できます。詳細については、「 トリガー」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2210.1.0.1

Profile Management

  • Workspace Environment Management は、2209までのProfile Management のすべてのサポート対象バージョンをサポートするようになりました 。以下の機能がレガシーコンソールと Web コンソールの両方で利用できるようになりました。

    • ファイル重複排除。有効にすると、Profile Management はユーザーストアから重複ファイルを削除し、それらのコピーを1つの場所に保存します。これにより、ファイルの重複を避けることでユーザーストアへの負荷が軽減され、ストレージコストが削減されます。
      • Webコンソールでは、この機能は [ プロファイル] > [Profile Management 設定] > [ファイル重複排除] の各構成セットで使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
      • 従来のコンソールでは、[ポリシーとプロファイル]>[Citrix Profile Management 設定]>[ファイル重複排除]でこの機能を使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
  • 必要な最小エージェントバージョン:2210.1.0.1

エージェントの登録状況を表示する

Web コンソールの [ 監視] > [管理] > [エージェント] に [ 登録] タブが表示されるようになりました。このタブでは、WEM 展開内のエージェントの登録ステータスを表示できます。この情報を使用して、エージェント登録の問題をトラブルシューティングできます。詳細については、「 管理」を参照してください。

アサインターゲットのクローニングのサポート

割り当てターゲット (ユーザーとグループ) をある構成セットから別の構成セットに複製できるようになりました。最初から追加する必要はありません。詳細については、「 課題ターゲット」を参照してください。

解決された問題

  • Web コンソールで、[ 監視] > [管理] > [ユーザー統計] でフィルターの [ 最終ログオン] を使用して結果を絞り込むと、フィルターが期待どおりに機能しない場合があります。この問題は、終了日を未指定のままにすると発生します。回避策として、フィルタを使用するときに終了日を指定します。[WEM-23705]

  • レガシーコンソール]>[ポリシーとプロファイル]>[Citrix Profile Management 設定]には、ストリームプロファイルとクロスプラットフォームプロファイルを使用するユーザーグループを追加するオプションはありません。[WEM-23874、CVADHELP-20951、WEMHELP-256]

2022年9月

インストールとアップグレード:Workspace Environment Managementエージェント

Workspace Environment Managementエージェントは、VDAインストールの追加コンポーネントとして含まれなくなりました。インストールするには、 スタンドアロンのWEMエージェントインストーラーまたはCitrixVirtual Apps and Desktops 製品ISOの全製品インストーラーを使用します

2022年8月

Windows イベントをトリガーとして使用

  • トリガーを作成すると、新しいトリガータイプ Windows イベントが使用可能になりました。Windows イベントベースのトリガーを作成できます。その後、タスクを関連付けることができます。Windows イベントが定義された条件を満たすと、トリガがアクティブ化され、関連するタスクが開始されます。このトリガータイプでは、Windows イベントに基づいてユーザー環境を自動的に管理できます。詳細については、「 トリガー」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2208.1.0.1

エージェント側のファイルダウンロードにはファイル共有を使用する

  • 以前は、エージェント側でのファイルのダウンロードは常にCitrix Cloud を介して行われていました。エージェント側でのファイルのダウンロードをファイル共有を通じて実行できるようになりました。これにより、他の重要な操作に必要なネットワークリソースが削減されます。この機能により、ネットワーク上のトラフィックが減少し、エージェントマシンにファイルをダウンロードする時間が短縮されます。詳細については、「 ファイル共有」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2208.1.0.1

スクリプト化されたタスクのタイムアウトを設定する

  • スクリプト化されたタスクを設定するときに、[タイムアウト値を設定する] オプションが使用できるようになりました。このオプションでは、タスクを強制終了するまでの時間 (分単位) を指定できます。タイムアウトを指定しない場合、タスクは実行され続け、他のタスクが実行されなくなる可能性があります。詳細については、「 スクリプト化されたタスク設定」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2207.2.0.1

エージェントを登録するようにユーザーを招待する

  • これで、Web コンソールで新しいノード Enrollmentが使用可能になりました。ノードには次の 2 つのページがあります。

    • 登録エージェント。登録されているすべてのエージェントを一覧表示します。必要に応じて管理できます。
    • 招待。登録招待状をユーザーに送信できます。各招待状には、招待コードと登録を完了するために必要な手順が含まれています。

    詳細については、「 登録」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2207.2.0.1

スクリプト化されたタスクをコンテキスト化する

  • スクリプト化されたタスクを設定するときに、[ 一般] で [ フィルタ ] オプションを使用できるようになりました。このオプションでは、フィルタを使用してタスクをコンテキスト化できます。その結果、WEM エージェントは、選択したフィルタのすべての条件が満たされた場合にのみタスクを実行します。詳細については、「 スクリプトタスクを設定する」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2207.2.0.1

解決された問題

10 MB を超えるスクリプトタスクを追加すると、タスクが正常に追加されても次のエラーメッセージが表示されます:Failed to add the scripted task。ビューを更新すると、タスクが表示されます。[WEM-21241]

2022年7月

ドメインに参加していないエージェントや登録済みのエージェントの管理タスクの実行をサポート

  • ドメインに参加していないエージェントや登録済みのエージェントに対して 、他のエージェントの場合と同様に、管理コンソールから管理タスク(キャッシュの更新、設定のリセット、エージェント情報の取得など)を実行できるようになりました。技術的には、この機能は別の実装です。ターゲットエージェントには、これらのタスクの実行がすぐには通知されません。通知は、ターゲットエージェントまたは同じサブネット上の他のエージェントがCitrix Cloud に接続して設定を更新するときに送信されます。そのため、タスクがエージェント側で実行されるまでに遅延が生じる可能性があります。同じサブネット上に存在するエージェントが多いほど、遅延は短くなります。

  • この機能は、レガシーコンソールと Web コンソールの両方で利用できます。
    • Web コンソールで、[ 監視] > [管理] > [エージェント] に移動します。詳細については、「 管理」を参照してください。
    • 従来のコンソールで、[ 管理] > [エージェント]に移動します。詳細については、「 管理」を参照してください。
  • 必要な最小エージェントバージョン:2207.1.0.1

グループポリシー管理用テンプレートを使用して Windows GPO を構成する

  • Web コンソールでは、各構成セットの [ アクション] > [グループポリシー設定] で、[ テンプレートベース ] タブを使用できるようになりました。このタブでは、グループポリシー管理用テンプレートを使用して Windows GPO を構成できます。GPO は、マシンレベルとユーザーレベルで構成できます。その後、レジストリベースの GPO の場合と同様に、ユーザーに割り当てて展開します。詳細については、「 グループポリシー設定」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2207.1.0.1

スクリプト化されたタスク設定で使用できる新機能

  • スクリプト化されたタスクを設定すると、次の新機能が利用可能になりました。

    • ファイルパス。ファイルパスをパラメータとしてSystem.IO.FileInfoクラスに渡すことができるパラメータ型。
    • ランタイムエラーが発生しても出力を収集します。タスクの実行中にエラーが発生した場合でも、出力ファイルの内容とコンソール出力を収集するかどうかを制御するオプション。

    詳細については、「 スクリプト化されたタスク設定」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2207.1.0.1

解決された問題

  • アプリケーションセキュリティルール (AppLocker ルール) を組み込みの管理者に割り当てると、ログオンしているユーザーが Administrators グループに属していても、そのルールがエージェントマシンで有効にならない場合があります。[WEM-21133、WEMHELP-229]

  • 管理コンソールでProfile Management の正常性ステータスを表示すると、Profile Managementが正しく構成されていてもエラーが表示されることがあります。この問題は、エージェントが実行されているローカルシステムアカウントにユーザーストアへのアクセス権限がない場合に発生します。[WEM-21247、CVADHELP-19963]

  • Web コンソールで、REG_QWORDおよびREG_QWORD_LITTLE_ENDIANの種類のレジストリ操作を追加または編集しようとすると失敗することがあります 。この問題は、9007199254740991を超える10 進数値、または1FFFFFFFFFFFFFを超える16 進数値を入力すると発生します。回避策として、代わりにレガシーコンソールを使用してください。

    Web コンソールを使用して、値が制限を超える 2 種類のレジストリ操作を編集すると、「 無効な値または形式」というエラーメッセージが表示されます。メッセージは却下できます。[WEM-22217]

Web コンソールから GPO を展開する

  • Web コンソールで、グループポリシー設定を管理できるようになりました。管理は、Windows グループポリシーオブジェクト (GPO) を構成する形式をとります。設定を追加またはインポートしたら、ユーザーに割り当てて展開します。詳細については、「 グループポリシー設定」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2206.2.0.1

Profile Management

  • Workspace Environment Management では、2206 までのすべてのバージョンのProfile Managementがサポートされるようになりました。次の新しいオプションが、レガシーコンソールと Web コンソールの両方で利用できるようになりました。

    • 保留エリアのプロファイルストリーミングを有効にします。有効にすると、保留領域のファイルは、要求された場合にのみローカルプロファイルにフェッチされます。これにより、同時セッションシナリオでの最適なログオンエクスペリエンスが保証されます。

      • Web コンソールでは、[プロファイル] > [ Profile Management 設定] > [ストリーム配信ユーザープロファイル] の各設定で、このオプションを使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
      • 従来のコンソールでは、[ ポリシーとプロファイル]>[Citrix Profile Management 設定]>[ストリーム配信ユーザープロファイル]でこのオプションを使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
    • 同時セッションのサポートを有効にします。同時セッションでネイティブの Outlook 検索エクスペリエンスを提供します。有効にすると、各同時セッションで個別の Outlook OST ファイルが使用されます。Outlook OSTファイルを格納するVHDXディスクの最大数を指定できます。

      ログオン時にユーザーグループポリシーの非同期処理を有効にします。有効にすると、Profile Management は、次回のユーザーログオンの処理モード(同期または非同期処理モード)を決定するためにWindowsが使用するレジストリ値をユーザーとともにローミングします。これにより、ユーザーがログオンするたびに実際の処理モードが適用されます。

      OneDrive コンテナを有効にします。有効にすると、Profile Management はVHDXディスクにフォルダーを保存することにより、ユーザーと共にOneDriveフォルダーをローミングします。ディスクはログオン時に接続され、ログオフ時には切り離されます。

      • Web コンソールでは、[ プロファイル] > [Profile Management 設定] > [詳細設定]の各設定で 3 つのオプションを使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
      • 従来のコンソールでは、[ ポリシーとプロファイル]>[Citrix Profile Management 設定]>[詳細設定]で3つのオプションを使用できます。詳しくは、「 Citrix Profile Management 設定」を参照してください。
  • 必要な最小エージェントバージョン:2206.2.0.1

アプリケーションランチャー

  • アプリケーション起動ツールである AppLauncherUtil.exeが、エージェントのインストールフォルダで使用できるようになりました。このツールは、管理コンソールを通じてユーザーに割り当てたすべてのアプリケーションを集約します。このツールを使用すると、ユーザーは割り当てられたすべてのアプリケーションを1か所で起動できます。詳細については、「 アプリケーションランチャー」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2206.2.0.1

解決された問題

  • VUEMRSAV.exe を使用して、現在のユーザーのアクショングループを通じて適用されたアクションの結果を表示すると、[ 適用されたアクション ] タブにアクションの誤ったソースが表示されることがあります。例:2 つのアクショングループ (Group1Group 2) がユーザーに割り当てられ、Group1Application1が含まれています 。[ 適用されたアクション ] タブには、Group2Application1が含まれていなくてもGroup2からApplication1と表示される場合があります 。デフォルトでは、VUEMRSAV.exe はエージェントインストールフォルダ %ProgramFiles%\ Citrix\ Workspace Environment Management エージェント\ VUEMRSAV.exe にあります。)[WEM-20002]

2022年5月

Citrix Cloud Connectorを構成せずにエージェントを登録する

  • 以前は、WEMエージェントが管理できるようにCloud Connectorを構成する必要がありました。Cloud Connectorは、次の2つの方法で構成できます。

    • エージェントのインストール時にCloud Connectorを設定します。詳細については、「 エージェントをインストールする」を参照してください。

    • CVADからCitrix Cloud Connectorを検出するサービスポリシーを構成します 。そのため、エージェントは関連するCitrix DaaS(以前のCitrix Virtual Apps and Desktops サービス)展開からCloud Connector情報を検出し、対応するCloud Connectorマシンに接続します。詳細については、「 グループポリシーを構成する (オプション)」を参照してください。

    このリリース以降、Citrix Cloud Connectorを構成しなくてもWEMエージェントを登録できます。登録は、ドメインに参加しているマシンとドメインに参加していないマシンの両方に適用されます。詳細については、「 エージェントを登録する」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2205.1.0.1

スクリプト化されたタスク更新

  • スクリプト化されたタスクでは、次の機能が利用可能になりました。

    • アップロードする複数のファイルを 1 つの zip ファイルにまとめることをサポートします。スクリプトタスクを追加するときに、複数のファイルを 1 つの zip ファイルにまとめてアップロードできるようになりました。この機能は、複数のスクリプトファイルで構成されるスクリプトタスクを実行する場合に便利です。zip ファイルをアップロードしたら、タスクの開始時に実行するファイルを示すエントリポイントを指定します。詳細については、「 スクリプト化されたタスク」を参照してください。

    • スクリプト化されたタスクレポートには、正規表現の一致のみを含めます。スクリプトタスクを設定するときに、[ レポートに正規表現の一致のみを含める] という新しいオプションが [ 出力 ] で使用できるようになりました。このオプションは、出力コンテンツ全体をレポートに含めるか、正規表現に一致するコンテンツのみを含めるかを制御します。このオプションを有効にすると、Citrix Cloud に送信されるデータ量が減少します。詳細については、「 スクリプト化されたタスク」を参照してください。

    • タグを使用してスクリプト化されたタスクを識別する機能。タグを使用して、スクリプト化されたタスクを識別できるようになりました。また、タグはフィルターとして機能し、重要な条件に応じてタスクの表示を再配置できます。詳細については、「 スクリプト化されたタスク」を参照してください。

    • スクリプト化されたタスクで利用できるスケジュールオプションが増えました。スクリプト化されたタスクを実行するタイミングを制御する追加オプションが追加されました。時間単位の繰り返しパターンに加えて、毎日、毎週、毎月の繰り返しパターンを設定できるようになりました。また、スクリプト化されたタスクを実行する日時を指定して、より正確に制御することもできます。2205.1.0.1より前のエージェントについては、この機能を使用する際の考慮事項に注意してください。詳細については、「 スクリプトタスクを設定する」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2205.1.0.1

Profile Management ヘルスチェックの機能強化

  • このリリースには、Profile Management ementのヘルスチェック機能が次のように強化されています。

    • 監視 > 管理 > エージェントの [ **詳細 ] メニューで、次の操作を行います**。

      • わかりやすくするために、 Profile Management 構成チェックの更新の名前をProfile Management ヘルスチェックの実行 」に変更しました。
      • Profile Management のヘルスチェックレポートを表示するオプションが追加されました。このオプションを使用すると、ターゲットエージェントマシンに関連するProfile Management の正常性レポートにすばやくアクセスできます。

      詳細については、「 管理」を参照してください。

    • 設定セットの [詳細設定] > [監視設定 ] で、次の手順を実行します

      • Profile Management のヘルスチェックセクションを追加しました。このセクションでは、Profile Management のヘルスチェックレポートでカバーする項目を指定できます。詳細については、「 詳細設定」を参照してください。
  • 必要なエージェントの最小バージョン:2205.1.0.1

新しいエージェントバージョン

WEM サービスエージェントの新しいバージョンが利用可能になりました: 2205.1.0.1

解決された問題

  • Microsoft AppLocker コンソールからエクスポートされた AppLocker ルールを WEM にインポートする場合、ハッシュタイプのルールはインポートできません。[WEM-20436]

  • [ レガシーコンソール] > [割り当て] > [モデリングウィザード] を使用すると、ネストされたグループ内のユーザーに対して実行されたアクションを表示できない場合があります。この問題は、アクションまたはアクショングループが割り当てられている最上位グループにユーザーがいない場合に発生します。例:最上位のグループはGroupAGroupBはそのメンバーで、UserAGroupBに所属しています。アクションまたはアクショングループをGroupAに割り当てた場合、モデリングウィザードを使用してUserAの結果のアクションを表示することはできません。[WEM-20842, WEMHELP-225]

レジストリファイルからグループポリシー設定をインポートする機能

[ レジストリファイルからグループポリシー設定をインポートする] オプションが、[ レガシーコンソール] > [アクション] > [グループポリシー設定]で使用できるようになりました。このオプションを使用すると、Windows レジストリエディターを使用してエクスポートしたレジストリ値を、管理および割り当て用の GPO に変換できます。レジストリエントリで使用できる[レジストリファイルのインポート] オプションに慣れている場合は、次の機能を使用できます:

  • HKEY_LOCAL_MACHINEHKEY_CURRENT_USERの両方でレジストリ値をインポートできます 。
  • REG_BINARYREG_MULTI_SZ型のレジストリ値をインポートできます。
  • .reg ファイルで定義したレジストリキーと値に関連する削除操作の変換をサポートします。

詳細については、「 グループポリシー設定」を参照してください。

Web コンソールでフィルターが利用可能になりました

Web コンソールで、新しいページ [ フィルター] が各構成セットの [割り当て] 内で使用できるようになりました。そのページを使用して、ユーザーにアクションを割り当てるタイミングを制御するフィルターを追加できます。詳細については、「 フィルター」を参照してください。

新しいエージェントバージョン

WEM サービスエージェントの新しいバージョンが利用可能になりました: 2204.2.0.1

解決された問題

  • 自己昇格または権限昇格が無効になっていると、WEM エージェントは、ユーザーの環境に問題がなくても Windows イベントログに次のエラーを書き込む可能性があります:System.ArgumentException: Cannot delete a subkey tree because the subkey does not exist。[WEM-20441]

2022年4月

[監視] > [管理] の [その他] メニューの更新

  • このリリースでは、[ Web コンソール] > [監視] > [管理 ] の [ その他 ] メニューの既存のオプションが、 エージェントプロファイルおよび電源管理のグループに分類されています。このアップデートにより、必要なものが簡単に見つかります。オプションを使用するワークフローは変わりません。

  • [その他] メニューのその他の更新内容は次のとおりです

    • **ウェイクアップエージェントの名前をウェイクに変更し** 、 電源管理グループに移動する
    • 次の 4 つの電源管理オプションを追加します。

      • シャットダウン。エージェントをシャットダウンできます。
      • 再起動。エージェントを再起動できます。
      • スリープ。エージェントをスリープモードにすることができます。
      • 休止状態。エージェントを休止モードにすることができます。

    詳細については、「 管理」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2204.1.0.1

スクリプト化されたタスクのクローン作成のサポート

既存のスクリプトタスクを複製して新しいタスクのテンプレートとして使用できるようになりました。同様のタスクを最初から作成する必要はありません。詳細については、「 スクリプト化されたタスク」を参照してください。

解決された問題

  • 自己昇格ルールを別の構成セットに復元しようとすると、失敗することがあります。[WEM-18602]

Citrix Optimization Pack を使用して Azure 仮想デスクトップを管理する

Azure 仮想デスクトップ向け Citrix Optimization Pack は、Azure 仮想デスクトップワークロードを最適化するための新しいCitrix 製品です。WEM サービスは、この Citrix Optimization Pack に含まれる主要なサービスです。このパックでは、WEM サービスを使用して、ネイティブの Azure 仮想デスクトップ環境を管理、最適化、および保護できます。詳しくは、「 Azure 仮想デスクトップ向け Citrix Optimization Pack」を参照してください。

2022年3月

Profile Management がWebコンソールで利用可能になりました

Webコンソールで、Citrix Profile Management を使用して、複数のセッションおよびデスクトップにわたるユーザープロファイルを管理できるようになりました。詳しくは、「 Profile Management 設定」を参照してください。

スクリプト化されたタスクにパラメーターを渡す機能

  • Web コンソールを使用して、実行時にスクリプトタスクにパラメーター変数として入力を提供できるようになりました。これにより、基になるコードを変更することなく、スクリプトタスクの動作を制御できます。また、WEM では、特定のタイプのオブジェクト (文字列、整数、スイッチなど) のみを受け入れるパラメーターと、パラメーターの名前を使用する名前付きパラメーター (パラメーターの名前を使用) など、使用するパラメーターを柔軟に設定できます。詳細については、「 スクリプト化されたタスク設定」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2203.2.0.1

エージェントをオンデマンドでアップグレードするオプション

  • WEM エージェントをコンソールからオンデマンドでアップグレードできるようになりました。このオプションは、レガシーコンソールと Web コンソールの両方で使用できます。この機能を使用するには、次の手順を実行します。

    • レガシーコンソールで、[ 管理] > [エージェント] に移動し、エージェントを右クリックして、[ エージェントを最新バージョンにアップグレード] を選択します。詳細については、「 管理」を参照してください。
    • Web コンソールで、[ モニタリング] > [管理] > [エージェント] に移動し、1 つ以上のエージェントを選択して [ 詳細] をクリックし、[ エージェントを最新バージョンにアップグレード] を選択します。詳細については、「 管理」を参照してください。
  • 必要なエージェントの最小バージョン:2203.2.0.1

Web コンソールの更新

このリリースでは、Web コンソールに次のページが導入されました。

  • ホーム。WEM 展開の概要と、WEM を迅速に理解して使用を開始するために必要な情報を提供します。このインタフェースは、次の 4 つの部分で構成されます。

    • 概要。WEM 展開の概要を説明します。
    • クイックアクセス。WEM が提供する主要機能のサブセットにすばやくアクセスできます。
    • ハイライト。WEM が提供する主な機能を示します。
    • Preview機能。現在Preview段階の機能を表示します。Preview機能は、ご自身で有効または無効にできます。

    詳しくは、ホームページを参照してください。

  • ディレクトリオブジェクト。WEM で管理するマシン、グループ、OU などを追加できます。これで、次の操作が可能になります。

    • WEM で管理するマシン、グループ、組織単位 (OU) などを追加します。
    • どの構成セットにもバインドされていないエージェントに設定を適用します。そのため、バインドされていないエージェントの動作を制御できます。

    詳細については、「 ディレクトリオブジェクト」を参照してください。

  • 割り当てターゲット。ユーザーとグループ (ターゲット) を追加して、アクションとセキュリティルールを割り当てることができます。詳細については、「 割り当て」を参照してください。

Web コンソールのホームページ

サービスインスタンスのお客様自身による移行のサポート

WEM サービスインスタンスが現在のリージョンに存在しない場合、Citrix テクニカルサポートに連絡しなくても、インスタンスを現在のリージョンに移行できます。Citrix Cloud にサインインし、[ Workspace Environment Management]>[ユーティリティ]に移動し、[ 移行の開始]を選択します。移行が正常に完了すると、通知が届きます。通知が届くまでに最長で 2 日かかる場合があります。最高のパフォーマンスを得るには、インスタンスを現在のリージョンに移行することをお勧めします。

2022年1月

Web コンソールがPreviewとして利用可能になりました

新しい Web ベースのWorkspace Environment Management (WEM) コンソールが利用可能になりました。現在、すべての機能をレガシーコンソールから Web コンソールに移行中です。Webコンソールは通常、従来のコンソールよりも速く応答します。[ Manage ] タブから Web コンソールとレガシーコンソールを簡単に切り替えて、設定または展開管理タスクを実行できます。[管理] の横にある下矢印をクリックして、以下のいずれかのオプションを選択します:

  • 従来のコンソール。従来のコンソールに移動します。
  • Web コンソール。新しいWebベースのコンソールに移動します。

[管理] メニューのオプション

次の機能は Web コンソールでのみ使用できます。

  • スクリプト化されたタスクを実行する。スクリプト化されたタスクを追加して、独自の環境管理ニーズに合わせてカスタマイズできます。その後、該当する構成セットで構成することで、WEM でこれらのタスクを自動化できます。詳細については、「 スクリプト化されたタスク」を参照してください。

  • 構成セットのバックアップを自動的に保存します。構成セットの自動バックアップを管理できます。詳細については、「 構成セット」を参照してください。

  • プロファイルコンテナ内の大容量ファイルをスキャンします。コンテナの使用量が指定したしきい値を超えたときに、WEM エージェントがプロファイルコンテナ上の大きなファイルのスキャンを実行できるようにすることができます。詳細については、「 詳細設定」を参照してください。

  • 子プロセスが CPU 優先度を継承しないようにします。CPU スパイク保護を適用すると、CPU スパイク保護をトリガーするプロセスの CPU 優先度がより低いレベルに調整されます。そのプロセスの子プロセスは、下げられた CPU 優先度を自動的に継承します。[ 構成セット] > [システム最適化] > [CPU 管理] > [CPU スパイク保護を有効にする] タイルに、[子プロセスが CPU優先度を継承しないようにする ] オプションを追加しました。このオプションでは、CPU 優先度を継承しない子プロセスのプロセスを指定できます。詳細については、「 システム最適化」を参照してください。

  • Web コンソールの言語ローカリゼーションサポート。Web コンソールは、英語以外の言語での使用に適しています。Web コンソールは、コンソール自体が管理者の優先言語にローカライズされていない場合でも、英語以外の文字とキーボード入力をサポートします。サポートされる言語は、フランス語、ドイツ語、スペイン語、日本語です。

バインドされていないエージェントに設定を適用する

  • どの構成セットにもバインドされていないエージェントに設定を適用できるようになりました。この機能により、バインドされていないエージェントの動作を制御できます。詳細については、「 Active Directory オブジェクト」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2201.2.0.1

Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure展開でのドメインに参加していないマシンの管理のサポート

  • WEM サービスを使用して、Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure展開で、ドメインに参加していないマシンを管理できるようになりました。このサポートにより、ドメインに参加していないマシンの場合と同様に、ドメインに参加していないマシンにポリシーと設定を割り当てることができます。詳しくは、「 ドメインに参加していないマシンの管理」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2201.2.0.1

Azure AD ユーザーとグループの列挙のサポート

WEM サービスでは、Azure Active Directory (AD) ユーザーとグループの列挙がサポートされるようになりました。Citrix Cloud アカウントを Azure AD に接続したら、WEM で管理する Azure AD ユーザーとグループを追加できます。Citrix Cloud アカウントを Azure AD に接続する方法については、「 Azure Active Directory を Citrix Cloud に接続する」を参照してください。

外部タスク

  • このリリースには、外部タスク機能の拡張が含まれています。この機能では、外部タスクを実行するタイミングを制御するための 3 つの追加オプションが提供されるようになりました。
    • 切断。エージェントが実行されているマシンからユーザーが切断したときに、外部タスクを実行するかどうかを制御します。
    • [ロック]。エージェントが実行されているマシンをユーザーがロックしたときに、外部タスクを実行するかどうかを制御します。
    • ロック解除。エージェントが実行されているマシンをユーザーがロック解除したときに、外部タスクを実行するかどうかを制御します。

    詳細については、「 外部タスク」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2201.1.0.1

Profile Management

  • Workspace Environment Management では、2112 までのすべてのバージョンのProfile Managementがサポートされるようになりました。また、[ 管理コンソール]>[ポリシーとプロファイル]>[Citrix Profile Management 設定 ]インターフェイスで、次の新しいオプションが使用できるようになりました。

    • プロファイルコンテナの [ファイルの除外] を有効にしますプロファイルコンテナ設定 (Profile Container Settings ) タブで使用可能で、リストされたファイルをプロファイルコンテナから除外するかどうかを制御します。
    • プロファイルコンテナのファイルインクルージョンを有効にしますプロファイルコンテナ設定 (Profile Container Settings ) タブで使用可能で、親フォルダが除外されたときに、リストされたファイルをプロファイルコンテナに保持するかどうかを制御します。
    • VHDX ファイルのストレージパスをカスタマイズします。[ 詳細設定 ]タブでは、異なるポリシーの VHDX ファイルを、指定したストレージパスの異なるフォルダに保存するかどうかを制御します。

    このリリースでは、Profile Management のワイルドカードもサポートされています。ファイルまたはフォルダを指定するときに、ワイルドカードを使用できるようになりました。詳しくは、「 Citrix Profile Management の設定」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2110.2.0.1

Azure Active Directory (AD) グループメンバーシップに基づく WEM サービスへの管理アクセス

Azure AD グループメンバーシップに基づいて WEM サービスへの管理アクセスを管理できるようになりました。Azure AD グループ内のユーザー(管理者)は、Citrix Cloud に直接オンボーディングしてWEMサービスにアクセスできます。Citrix Cloud に手動で追加する必要はありません。この機能を使用する一般的なワークフローは次のとおりです。

  1. Citrix Cloud アカウントを Azure AD に接続します。
  2. Azure AD から Citrix Cloud に該当するグループを追加します。

その後、ユーザーはAzure AD の資格情報を使用してCitrix Cloud にサインインできます。詳しくは、「Azure Active DirectoryをCitrix Cloudに接続する」を参照してください。

解決された問題

  • [ 管理コンソール] > [ポリシーとプロファイル] > [Microsoft USV 設定] > [フォルダーリダイレクト] タブで、[AppData のリダイレクト (ローミング) ] と [ ローカルリダイレクトされたフォルダーの削除 ] の両方を有効にすると、WEM エージェントは次の設定を適用できません。

    • 連絡先のリダイレクト
    • ダウンロードのリダイレクト
    • リダイレクトリンク
    • リダイレクト検索 [WEM-15016、CVADHELP-18196]
  • 2103 以降にアップグレードすると、ユーザーの環境で問題が発生しない場合でも、WEM エージェントが 5 分おきに Windows イベントログにエラーを書き込むことがあります。[WEM-15466、CVADHELP-18352]

  • VUEMRSAV.exe を使用して、現在のユーザーの除外されたアクションまたは除外されたアクショングループに関する結果を表示すると、[ 除外されたアクション ] タブにアクショングループが表示されません。デフォルトでは、VUEMRSAV.exe はエージェントインストールフォルダ %ProgramFiles%\ Citrix\ Workspace Environment Management エージェント\ VUEMRSAV.exe にあります。)[WEM-17075]

2021年11月

インスタンス移行に関するメッセージ

別のリージョンのサービスを使用している場合、管理コンソールにサインインするとメッセージが表示されるようになりました。このメッセージは、サービスインスタンスを現在のリージョンに移行するよう促します。最適なパフォーマンスを得るには、そうすることをお勧めします。必要に応じて、Citrix テクニカルサポートに連絡してください。

統計をエクスポートするオプション

移行ツールに [ 統計のエクスポート] オプションが追加されました。エージェントとユーザの統計をエクスポートするかどうかを制御するには、オプションを使用します。詳しくは、「 移行」を参照してください。

解決された問題

  • [ 適用 ] をクリックして環境設定を保存すると、管理コンソールが予期せず終了することがあります。この問題は、 [環境設定] > [スタート] メニュー > [壁紙の設定] の [ **スタイル ] 設定が空のままになっているために発生します(以前に [ **スタイル ] を [ 塗りつぶし ] または [ フィット] に設定していた場合は、管理コンソールをバージョン 2109 にアップグレードした後に設定が空になりました)。回避策:[ スタイル ] の設定を空白のままにしないでください。[WEM-16351、WEMHELP-159]

2021年10月

ユーザーが特定のアプリケーションを自己昇格できるようにする

  • このリリースでは、権限昇格機能の自己昇格が導入されました。自己昇格を使用すると、事前に正確な実行可能ファイルを提供しなくても、特定のユーザーの権限昇格を自動化できます。これらのユーザーは、該当するファイルを右クリックして、コンテキストメニューで [ 管理者権限で実行する ] を選択するだけで、任意のファイルの自己昇格を要求できます。その後、昇格の理由を尋ねるプロンプトが表示されます。理由は監査目的です。条件が満たされると、昇格が適用され、ファイルは管理者権限で正常に実行されます。さらに、自己昇降機能により、ニーズに最適なソリューションを柔軟に選択できます。ユーザーに自己昇格を許可するファイルの許可リストを作成したり、ユーザーが自己昇格できないようにするファイルの禁止リストを作成できます。詳細については、「 自己昇格」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2109.2.0.1

Citrix DaaS カタログを構成セットにバインドする

Citrix DaaS(以前のCitrix Virtual Apps and Desktops サービス)のフル構成管理インターフェイスを使用して、カタログをWEM構成セットにバインドできるようになりました。これにより、WEMサービスを使用して、Citrix DaaSの展開に基づいてユーザーエクスペリエンスを最適化できます。既存のカタログ設定を再利用することで、可能な限り最高のワークスペースエクスペリエンスをユーザーにすばやく提供できます。詳しくは、「マシンカタログの作成」 および 「マシンカタログの管理」を参照してください。

Workspace Environment Management がCitrix Cloud Japanで利用可能になりました

Workspace Environment Management サービスは、Citrix Cloud から分離され分離されたクラウドであるCitrix Cloud Japanで利用可能になりました。日本のお客様は、Citrixが管理する専用環境でサービスを利用できます。このサービスには、Citrix Cloud Connectorバージョン6.29.0.58841以降が必要です。詳しくは、「 Citrix Cloud Japan」を参照してください。

Windows 11のサポート

サポートには、最低限のエージェントバージョン 2109.2.0.1 が必要です。

解決された問題

  • WEM エージェントは、大量のメモリ使用量を消費する可能性があります。場合によっては、メモリ消費量がセッションあたり 3 GB に増加することがあります。[WEM-14682、WEMHELP-133]

2021年9月

子プロセスへの特権昇格の適用をより詳細に制御

  • 以前は、ルールで [ 子プロセスに適用] 設定を使用すると、実行可能ファイルが開始したすべての子プロセスにルールを適用していました 。このリリースでは、3 つの追加オプションが提供され、子プロセスへの特権昇格の適用をより細かく制御できます。

    • 同じフォルダ内の実行可能ファイルにのみ適用する
    • 署名付き実行可能ファイルにのみ適用
    • 同じ発行元の実行可能ファイルにのみ適用する

    詳細については、「 権限の昇格」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2109.2.0.1

Windows Server 2022のサポート

サポートには、最低限のエージェントバージョン 2109.2.0.1 が必要です。

解決された問題

  • WEM PowerShell SDK モジュールを使用して WEM 構成セットをエクスポートまたはインポートする場合、アプリケーションセキュリティ (AppLocker) ルールなどの特定の設定は含まれません。[WEM-12811、CVADHELP-18383]

  • 32 ビットの実行可能ファイルに特権の昇格を適用すると、64 ビットの Windows オペレーティングシステムを実行しているコンピュータで、実行可能ファイルの特権を正常に昇格させることができます。ただし、実行可能規則で [ 子プロセスに適用] 設定が選択されているかどうかにかかわらず、その子プロセスはその特権を自動的に継承します 。[WEM-13592]

  • WEM を使用して特定のアプリケーションをタスクバーに固定すると、正常に固定されないことがあります。この問題は、Windows マルチセッション OS マシンで発生します。[WEM-14812]

  • パスにスラッシュ (/) が含まれている場合、WEM はレジストリキーの展開に失敗します。この問題は、WEM がスラッシュをセパレータとして誤って処理するために発生します。[WEM-15561、WEMHELP-146]

2021年8月

アジア太平洋南部を拠点とするインスタンスの有効化

WEM サービスはグローバルに利用できます。当初は、米国ベースのインスタンスと EU ベースのインスタンスのみでした。さらに、アジア太平洋南ベースのインスタンスが提供されるようになりました。

2021年7月

新しいエージェントバージョンに関する通知

このリリースでは、[ ユーティリティ ] タブで使用できる電子メール通知機能が更新されました。以前は、WEM サービスの今後のアップグレードに関する通知を受け取るかどうかを決定できました。このリリース以降、WEM サービスへのアップグレードに関する通知は受信されません。Workspace Environment Management サービスエージェントの新しいバージョンが利用可能になったことをお知らせするかどうかは、ユーザーが決定できます。

解決された問題

  • 英語以外のバージョンの Microsoft Windows オペレーティングシステムでは、ユーザーの環境で問題が発生しない場合でも、ログオン中に WEM エージェントが Windows イベントログにエラーを書き込みます。[WEM-12603、CVADHELP-17381]

  • WEM エージェントは、 アイドルプロセスのメモリ使用量の最適化機能が有効になるたびに 、Windows イベントログにエラーを書き込みます。また、この機能が動作しなかった場合、エージェントは Windows イベントログにエラーを書き込むことがあります。[WEM-12934]

  • [ADAttribute:objectSid]動的トークンを使用してobjectsid属性を抽出すると、WEM エージェントは対応する AD オブジェクトの属性を抽出できません。[WEM-13746]

  • 管理コンソールを使用してデスクトップの壁紙を設定すると、WEM エージェントは壁紙の塗りつぶし、フィット、またはタイル表示に失敗します。[WEM-14408]

2021年6月

権限昇格のパラメータマッチング

  • このリリースでは、権限昇格機能のパラメータマッチングが導入されています。パラメータマッチングでは、指定したパラメータに一致する実行可能ファイルに権限昇格を制限することで、より詳細な制御が可能になります。パラメータは一致基準として機能します。基準をさらに拡張するには、正規表現を使用できます。詳細については、「 権限の昇格」を参照してください。

  • 最低限必要なエージェントバージョン:2106.2.0.1

Windows インストーラーファイルの権限昇格のサポート

  • このリリース以降、 .msi および .msp Windows インストーラファイルに権限昇格を適用できます。この機能を使用して、管理者以外のユーザーの権限を、一部の Windows インストーラファイルに必要な管理者レベルに引き上げます。その結果、これらのユーザーは、管理者グループのメンバーであるかのようにこれらのファイルを実行できます。詳細については、「 権限の昇格」を参照してください。

  • 必要な最小エージェントバージョン:2105.1.0.1

Profile Management

  • Workspace Environment Management では、2106 までのすべてのバージョンのProfile Managementがサポートされるようになりました。管理コンソール > ポリシーとプロファイル > Citrix Profile Management設定のユーザーインターフェイスが変更されました

    • ユーザーストアを複製しますユーザーストアへのパスを設定オプションで指定されたパスに加えて、ログオンおよびログオフのたびに複数のパスにユーザーストアをレプリケートできる新しいオプション 。セッション中に変更されたユーザーストアのファイルおよびフォルダーと同期するには、アクティブライトバックを有効にします。このオプションを有効にすると、システム I/O が増加し、ログオフが延長される可能性があります。この機能は現在、完全なコンテナソリューションをサポートしていません。

    • フォルダのミラーリングを高速化します。フォルダのミラーリングを高速化する新しいオプション。このオプションを有効にすると、Profile ManagementはミラーフォルダをVHDXベースの仮想ディスクに保存できます。その結果、Profile Managementはログオン時に仮想ディスクをアタッチし、ログオフ時に仮想ディスクをデタッチします。これにより、ユーザーストアとローカルプロファイルの間でフォルダをコピーする必要がなくなります。

    • ユーザーストア認証情報。ユーザーストアにアクセスするときにProfile Managementに現在のユーザーを偽装させるかどうかを制御できる新しいタブ。Profile Managementで現在のユーザーを偽装できるようにするには、設定を無効にします。Profile Managementが現在のユーザーを偽装しないようにするには、設定を有効にします。その結果、Profile Managementは指定されたユーザーストアの資格情報を使用して、ユーザーに代わってユーザーストアにアクセスします。

    詳しくは、「 Citrix Profile Management の設定」を参照してください。

  • 最低限必要なエージェントバージョン:2106.2.0.1

解決された問題

  • フィルタに基づいてプリンタをユーザーに割り当てて、その割り当てがフィルタ条件を満たす場合、WEM エージェントはプリンタをユーザーに割り当てます。ただし、割り当てがフィルタ条件を満たさない場合でも、エージェントはユーザーが次回ログオンしたときにプリンタをユーザーに割り当てます。[WEM-11680、CVADHELP-16818]

  • Windows PowerShellスクリプト実行ポリシーが [ エージェントホストマシンで署名されたスクリプトのみを許可する ] に設定されている場合、WEMはProfile Managementのヘルスチェックを実行できません。ポリシーが [ ローカルスクリプトとリモート署名済みスクリプトを許可] または [ **すべてのスクリプトを許可**] に設定されている場合、WEMはProfile Managementのヘルスチェックを実行できますが、Windowsイベントログにエラー情報を書き込みます。[WEM-11917]

  • アクショングループを介してユーザーまたはユーザーグループにアクションを割り当てると、管理コンソールで [ 無効 ] に設定されていても、アクションは引き続き有効になります。[WEM-12757、CVADHELP-17406]

  • WEM エージェントは VUEMRSAV.exe (Workspace Environment Management 結果アクションビューア) をインストールします。これは、管理者が定義した WEM 構成をユーザーが表示できるようにするユーティリティです。ただし、ユーティリティの [ エージェントの設定 ] タブでは、管理コンソールで構成された [ キャッシュを使用してアクション処理を加速する ] オプションに関連付けられている設定が表示されません。[WEM-12847]

2021年5月

ユーザープロセスを外部タスクのトリガーとして構成する

  • このリリースには、外部タスク機能の拡張が含まれています。この機能では、外部タスクを実行するタイミングを制御するための 2 つの追加オプションが追加されました。

    • プロセスの開始時に実行します。指定したプロセスの開始時に外部タスクを実行するかどうかを制御します。
    • プロセスが終了したときに実行します。指定したプロセスの終了時に外部タスクを実行するかどうかを制御します。

    2 つのオプションを使用して、特定のプロセスが実行されている場合にのみリソースを提供し、プロセスの終了時にそれらのリソースを取り消す外部タスクを定義できます。プロセスを外部タスクのトリガーとして使用すると、ログオン時またはログオフ時に外部タスクを処理する場合に比べて、ユーザー環境をより正確に管理できます。詳細については、「 外部タスク」を参照してください。

  • 最低限必要なエージェントバージョン:2104.1.0.1

プロセス階層制御の機能強化

  • このリリースでは、プロセス階層制御機能が強化され、全体的なパフォーマンスと安定性が向上します。機能強化には、次の変更があります。

    • AppInfoViewer ツールが更新され、 **プロセス階層制御の有効化とプロセス階層制御の無効化の**2 つのオプションが追加されました。プロセス階層制御機能を機能させるには、まず各エージェントマシンでツールを使用してこの機能を有効にする必要があります。このツールを使用して機能を有効または無効にするたびに、マシンの再起動が必要です。
    • 特定のシナリオでは、エージェントのアップグレードまたはアンインストール後にエージェントマシンを再起動する必要があります。詳細については 、考慮事項を参照してください
  • 必要な最小エージェントバージョン:2105.1.0.1

解決された問題

  • ファイルシステム操作のアクションを割り当てて、後でそのアクションを更新すると、以前にユーザー環境にコピーされたファイルまたはフォルダーが削除される可能性があります。この問題は、WEM エージェントは、アクションを更新した後、以前に行われた割り当てを元に戻すために発生します。[WEM-11924、CVADHELP-16916]

  • [ 詳細設定] > [構成] > [メイン構成 ] タブで [ エージェントタイプ ] が [ CMD ] に設定されている場合、[ 監視] > [日次レポート] > [日次ログインレポート ] タブに、現在の構成に接続されているすべてのユーザーのログオン時間の概要が表示されないことがある設定。[WEM-12226]

2021年4月

プロセス階層制御

  • このリリースでは、プロセス階層制御機能が導入されました。この機能を使用すると、特定の子プロセスを親プロセスから起動できるかどうかを制御できます。ルールを作成するには、親プロセスを定義し、その子プロセスの許可リストまたは禁止リストを指定します。次に、ユーザー単位またはユーザーグループごとにルールを割り当てます。次の規則タイプを使用できます。

    • パス。実行ファイルのパスに従って、実行ファイルにルールを適用します。
    • 発行元。発行元情報に従ってルールを適用します。
    • ハッシュ。指定された同じ実行可能ファイルにルールを適用します。

    詳細については、 プロセス階層制御を参照してください

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2103.2.0.1

アプリケーション・セキュリティ・ルールを上書きまたはマージする

今回のリリースでは、[ 管理コンソール] > [セキュリティ] > [アプリケーションセキュリティ ] タブに、[ 上書き] と [ 結合 ] の 2 つの設定が追加されました。この設定により、エージェントがアプリケーションセキュリティルールを処理する方法を指定できます。

  • 既存のルールを上書きする場合は 、[上書き] を選択します。選択すると、最後に処理されたルールは、以前に処理されたルールを上書きします。この設定は、シングルセッションマシンにのみ適用することをお勧めします。
  • ルールを既存のルールとマージする場合は 、[マージ] を選択します。競合が発生すると、最後に処理されたルールは、以前に処理されたルールを上書きします。

詳細については、「 アプリケーションセキュリティ」を参照してください。

解決された問題

  • アプリケーションの処理時に WEM エージェントが応答しなくなり、正常に処理できないことがあります。[WEM-11435、CVADHELP-16706]

  • 公開アプリケーションセッションを起動または切断するときに、ログオンが遅い、セッションの切断が遅いなどのパフォーマンスの問題が発生することがあります。この問題は、WEM エージェント 2005 以降で発生します。[WEM-11693]

2021年3月

CVADサービスからCitrix Cloud Connectorを検出する

このリリースでは、「 CVADサービスからのCitrix Cloud Connectorのディスカバー」というポリシー設定が導入されました。エージェントのCloud Connectorをまだ構成していない場合は、この設定を使用して、エージェントが関連するCitrix Virtual Apps and Desktops(CVAD)サービスの展開からCloud Connector情報を検出するかどうかを制御します。その後、エージェントは対応するCloud Connectorマシンに自動的に接続します。詳細については、「 ステップ 2: グループポリシーを構成する (オプション)」を参照してください。

Windows 10 2009 テンプレートのサポート

Citrix Optimizerで導入されたWindows 10 2009(20H2)テンプレートのサポートを追加しました。WEM サービスを使用して、Windows 10 2009 マシンのテンプレートベースのシステム最適化を実行できるようになりました。さらに、最新のスタンドアロンCitrix Optimizerで導入された変更を反映するために、既存のテンプレートをすべて更新しました。Citrix Optimizerの使用について詳しくは、「Citrix Optimizer」を参照してください。

新しいホームページ

このリリースでは、WEM 管理コンソールのホームページが、WEM サービスの開始に必要な情報を提供するクイックスタートページに置き換えられます。画面の指示に従って、WEM 配置の設定を開始します。クイックスタートページを再度開くには、コンソールの右上隅にある [ クイックスタート ] (リボンで使用可能) をクリックします。詳細については、「 Workspace Environment Management サービスの開始」を参照してください。

Profile Management

Workspace Environment Management サービスは、2103までのすべてのバージョンのProfile Management をサポートするようになりました。また、[ 管理コンソール]>[ポリシーとプロファイル]>[Citrix Profile Management 設定 ]インターフェイスで、次の新しいオプションが使用できるようになりました。

  • プロファイルコンテナのローカルキャッシュを有効にする
    • [ プロファイルコンテナの設定 ] タブで使用できます。
    • 有効にすると、各ローカルプロファイルは、プロファイルコンテナのローカルキャッシュとして機能します。
  • プロファイルコンテナへのマルチセッションライトバックを有効にする
    • [ 詳細設定 ] タブで使用できます。
    • Citrix Profile Managementプロファイルコンテナのマルチセッションライトバックサポートに対応するため、以前のリリースの FSLogixプロファイルコンテナのマルチセッションライトバックの有効化を置き換えます
  • フォルダーのプロファイルストリーミングを有効にする
    • [ ストリーム配信ユーザープロファイル ] タブで使用できます。
    • 有効にすると、フォルダがアクセスされたときにのみフェッチされます。

詳しくは、「 Citrix Profile Management の設定」を参照してください。

解決された問題

  • ログレベルの変更をすぐに有効にするには、WEM エージェントが特定のレジストリキーに非常に頻繁にアクセスし、パフォーマンスが低下することがあります。[WEM-11217]

  • アクショングループが複数のユーザーまたはユーザーグループに割り当てられている場合、ユーザーまたはユーザーグループから割り当てを解除すると、その割り当てが期待どおりに機能しないことがあります。たとえば、アクショングループを 2 つのユーザーグループ (グループ A とグループB) に割り当てます。グループ A からアクショングループの割り当てを解除すると、アクショングループはグループ **AではなくグループB から割り当て解除されます。**[WEM-11459、WEMHELP-75]

  • 環境変数 ([アクション] > [環境変数]) を構成すると、 $Split(string,[splitter],index)$ 動的トークンを使用しようとすると失敗することがあります。この問題は、動的トークンが複数行の文字列をサポートしていないために発生します。[WEM-11915]

2021年1月

Microsoft Sync Framework 2.1の廃止

Microsoft Sync Framework 2.1 は 2021 年 1 月 12 日に終了しました。WEM は、そのフレームワークに基づくレガシー同期サービスを削除し、代わりにオープンソースの同期フレームワークである新しい同期フレームワーク dotmim.Syncを使用しています。この変更はあなたにどのような影響を与えますか?

  • WEM エージェントバージョン 1911 以降を使用している場合、この変更にはユーザーによる操作は必要ありません。
  • 1911 より前のバージョンの WEM エージェントを使用している場合は、エージェントを 1911 にアップグレードします。

Citrix Virtual Apps and Desktops製品ソフトウェアとのWEMエージェントの統合

WEMエージェントはCitrix Virtual Apps and Desktops製品ソフトウェアと統合されているため、Virtual Delivery Agent(VDA)のインストール時にWEMエージェントを含めることができます。この統合は、Citrix Virtual Apps and Desktops 2012 製品ソフトウェア以降にも反映されます。詳しくは、「Install Capture」を参照してください。

グループポリシー設定の条件ベースの割り当てのサポート

  • このリリースでは、フィルタを使用して割り当てをコンテキスト化することで、グループポリシー設定を条件付きにすることができます。フィルタは、ルールと複数の条件で構成されます。WEM エージェントは、ルール内のすべての条件が実行時にユーザー環境で満たされた場合にのみ、割り当てられたグループポリシー設定を適用します。そうしないと、エージェントはフィルタを適用するときにこれらの設定をスキップします。詳細については、「 グループポリシー設定のコンテキスト化」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2101.1.0.1

権限昇格

  • このリリースでは、特権昇格機能が導入されました。この機能を使用すると、管理者以外のユーザーの権限を、一部の実行可能ファイルに必要な管理者レベルまで昇格できます。その結果、これらのユーザーは、管理者グループのメンバーであるかのように、これらの実行可能ファイルを起動できます。

    この機能を使用すると、特定の実行可能ファイルのルールベースの特権の昇格を実装できます。次の規則タイプを使用できます。

    • パス。実行ファイルのパスに従って、実行ファイルにルールを適用します。
    • 発行元。発行元情報に従ってルールを適用します。
    • ハッシュ。指定された同じ実行可能ファイルにルールを適用します。

    オペレーティングシステムの種類に応じて、ルールの動作を構成できます。また、ルールが特定の時刻に有効になるか、特定の時間範囲内で有効にするかを設定することもできます。ルールは、ユーザー単位またはユーザーグループ単位で割り当てます。詳細については、「 権限の昇格」を参照してください。

  • 必要なエージェントの最小バージョン:2010.2.0.1

解決された問題

  • 特権昇格機能が正常に動作しない可能性があります。この問題は、WEM エージェントのバージョン 2010.2.0.1、2011.1.0.1、および **2101.1.0.1**で発生します。この問題は、Citrix WEMソフトウェアの署名に使用された証明書の有効期限が切れているために発生します。この問題を回避するには、関連する WEM エージェントをアンインストールし、最新の WEM エージェントをインストールして、エージェントホストを再起動します。[WEM-11918]

  • WEM エージェントがログオン中にアプリケーション処理を実行している間、Windows では [ ショートカットの問題 ] ダイアログボックスが表示され、正常に動作しなくなったショートカットを削除するようにエンドユーザーに要求されることがあります。この問題は、ショートカットが参照するアイテムが変更または移動されたときに発生します。[WEM-10257、CVADHELP-15968]

  • アプリケーションセキュリティ機能を使用すると、 [ルールの編集] または [ **ルールの追加** ] ウィンドウの [割り当て] セクションの [ **割り当て済み** ] 列に、ユーザーまたはユーザーグループの横に緑のチェックマークが表示されます。緑色のチェックマークアイコンは、ルールがそのユーザーまたはユーザー・グループに割り当てられていることを示すとは限りません。ルールが割り当てられるのは、青色の背景を持つユーザーまたはユーザー・グループのみです。[WEM-10047]

以前のリリースの新機能

以前のリリースの新機能については、「 新着履歴」を参照してください。