新機能

Citrix の目標は、新機能や製品アップデートを顧客に提供することです。新しいリリースでは、より便利な機能をご利用いただけます。今すぐ更新してください。

このプロセスは、お客様向けのわかりやすいものになっています。最初の更新は、Citrix内部サイトのみに適用され、その後徐々にお客様の環境に適用されます。アップデートを段階的に提供することで、製品の品質を確保し、可用性を最大限に高めることができます。

2020年4月23日

位置情報およびエンドポイントベースのセルフサービス検索

ユーザーおよびセッションのパフォーマンスデータのセルフサービスビューで、エンドポイントの国または都市に基づいてイベントを検索できるようになりました。さらに、セッションパフォーマンスデータのセルフサービスビューには、セッションエンドポイントOSとエンドポイントのバージョンに基づくフィルターがあります。

この情報は、パフォーマンスの問題が特定の地域、エンドポイント OS、またはバージョンにローカライズされているかどうかを分析するのに役立ちます。これらのフィルターは、Windowsバージョン1912以降のCitrix Workspace アプリで使用できます。

セルフサービス検索でのこれらのフィルタの使用方法について詳しくは、次を参照してください: パフォーマンスのセルフサービス検索

January 10, 2020

パフォーマンスに関するCitrix Analytics 正式リリース

Citrix Analytics for Performanceは、Citrix Analytics サービスからの新しいサブスクリプションベースのサービスです。これにより、Citrix Virtual Apps and Desktops環境の主要なパフォーマンス指標を追跡、集約、および視覚化することができます。これを使用して、オンプレミスとクラウドの両方でCitrix Virtual Apps and Desktops サイトのパフォーマンスの問題を分析できます。詳しくは、「パフォーマンス分析」を参照してください。