Android OS

注:

このページの内容は、Android Enterprise、Samsung KNOX、Samsung SAFE、またはSamsung SEAMSで管理されているデバイスには適用されません。これらのデバイスについて詳しくは、このセクションの他のページを参照してください。

Endpoint Managementは、AndroidまたはSamsungエンタープライズプログラム経由で管理されていないAndroid OSデバイスもサポートします。AndroidデバイスがEndpoint Managementサービスに接続する方法とタイミングを制御するには、Firebase Cloud Messaging(FCM)を使用します。詳しくは、「[Firebase Cloud Messaging]」((/ja-jp/citrix-endpoint-management/device-management/android/firebase-cloud-messaging.html))を参照してください。

Endpoint Managementは、AndroidデバイスをMDM+MAMモードまたはMDMモードに登録します。ユーザーは、任意でMAMのみモードで登録することもできます。Endpoint Managementは、MDM+MAMモードのAndroidデバイスに対して、次の種類の認証をサポートします。詳しくは、「証明書および認証」を参照してください。

  • ドメイン
  • ドメイン+セキュリティトークン
  • クライアント証明書
  • クライアント証明書およびドメイン
  • IDプロバイダー:
    • Azure Active Directory
    • Citrix IDプロバイダー

使用頻度が少ない別の認証方法には、クライアント証明書とセキュリティトークンの組み合わせがあります。詳しくは、https://support.citrix.com/article/CTX215200を参照してください。

Androidデバイスの管理を開始するための一般的なワークフローは次のとおりです:

  1. オンボーディングプロセスの完了。「オンボードとリソースのセットアップ」と「デバイス登録およびリソース配信の準備」を参照してください。

  2. 登録方法の選択と構成。「サポートされている登録方法」を参照してください。

  3. Androidデバイスポリシーを構成します

  4. Androidデバイスを登録します

  5. デバイスとアプリのセキュリティ操作の設定。「セキュリティ操作」を参照してください。

サポートされているAndroidデバイスについては、「サポートされるデバイスオペレーティングシステム」を参照してください。

サポートされている登録方法

次の表は、AndroidデバイスでサポートされているEndpoint Managementでの登録方法を示しています:

方法 サポート対象
一括登録 いいえ
手動登録 はい
登録招待 はい

Androidデバイスポリシーの構成

デバイスポリシーを使用して、Endpoint ManagementとAndroidを実行するデバイスとの通信に関する構成を行います。次の表は、Androidデバイスで使用可能なデバイスポリシーの一覧です。

     
APN アプリアクセス アプリインベントリ
アプリのロック アプリのアンインストール 資格情報
Endpoint Managementのオプション Endpoint Managementのアンインストール Exchange(Android HTC)
Exchange(Android TouchDown) ファイル Launcher構成
場所 パスコード 制限事項
スケジュール設定 ストア 使用条件
トンネル VPN Webクリップ
Wi-Fi    

Androidデバイスの登録

  1. AndroidデバイスでGoogle Playストアにアクセスして、Citrix Secure Hubアプリをダウンロードしてタップします。
  2. インストールを求めるメッセージが表示されたら、[次へ] をクリックし、[インストール] をクリックします。
  3. インストールが完了したら、[開く] をタップします。
  4. Android 6.0以降を実行しているデバイスの場合、必要な権限を承諾します:

    • Secure Hubによる通話の発信と管理を許可するか?(必須)
    • Secure Hubによるデバイス上の写真、メディア、ファイルへのアクセスを許可するか?(必須)
    • Secure Hubによるこのデバイスの場所へのアクセスを許可するか?(オプション)
  5. 会社の資格情報として、Endpoint Managementサーバー名、ユーザープリンシパル名(User Principal Name:UPN)、メールアドレスなどを入力します。入力後、[次へ] をクリックします。
  6. MDM+MAMモードのデバイスの場合は、デバイスの登録方法を選択します:

    • MDM+MAMモードで登録するには、[はい、登録します] をタップします。
    • MAMのみモードで登録するには、[いいえ] をタップします。
  7. [デバイス管理者を有効にしますか] 画面で、[有効にする] をタップします。
  8. 会社のパスワードを入力し、[サインオン] をタップします。
  9. Endpoint Managementの構成方法によっては、Citrix PINを作成するよう求められます。このPINを使用すると、Secure Hubやその他のEndpoint Management対応アプリ(Secure MailおよびCitrix Filesなど)にサインオンできます。Citrix PINは2回入力します。[Citrix PINの作成] 画面で、PINを入力します。
  10. PINを再入力します。Secure Hubが開きます。その後、アプリストアにアクセスすると、Androidデバイスにインストール可能なアプリを確認できます。
  11. 登録後にアプリをデバイスに自動的にプッシュするようにEndpoint Managementを構成している場合は、アプリのインストールを求めるプロンプトがユーザーに表示されます。また、Endpoint Managementで構成済みのポリシーがデバイスに展開されます。[インストール] をタップしてアプリをインストールします。

Androidデバイスを登録解除および再登録するには

ユーザーはSecure Hub内から登録解除できます。次の方法で登録解除する場合、デバイスはEndpoint Managementコンソールのデバイスインベントリに表示され続けます。ただし、そのデバイスで操作を実行することはできません。たとえば、該当デバイスを追跡したり、デバイスのコンプライアンスを監視したりすることはできません。

  1. Secure Hubアプリをタップして開きます。

  2. スマートフォンかタブレットかに応じて、次の操作を行います。

    スマートフォンの場合:

    • 画面左側からスワイプして設定ペインを開きます。

    • [設定][アカウント][アカウントの削除] の順にタップします。

    タブレットの場合:

    • 右上のメールアドレスの横の矢印をタップします。

    • [設定][アカウント][アカウントの削除] の順にタップします。

  3. [アカウントの削除] ウィンドウで、[はい、削除します] をタップします。 Secure Hubはデバイスの登録を解除します。画面の指示に従って、デバイスを再登録します。

セキュリティ操作

Androidは、以下のセキュリティ操作をサポートしています。各セキュリティ操作の説明については、「セキュリティ操作」を参照してください。

     
アプリのロック アプリのワイプ 証明書の書き換え
フルワイプ 検索 ロック
ロックとパスワードのリセット 通知 取り消し
選択的なワイプ    

注:

Android 6.0以降を実行するデバイスの場合、検索セキュリティ操作には、登録時にユーザーによって検索の権限が付与される必要があります。ユーザーは、検索の権限を付与しない選択をできます。登録時にユーザーによって権限が付与されないと、Endpoint Managementは検索コマンドの送信時に再度検索の権限を要求します。